Swipeトークン (SXP) とは?
目次
はじめに
Swipeトークン (SXP) とは?
Swipeトークン (SXP) の管理方法
SXPの供給と発行
SXPの使用方法とは?
まとめ
Swipeトークン (SXP) とは?
ホーム記事
Swipeトークン (SXP) とは?

Swipeトークン (SXP) とは?

初心者
Published Dec 10, 2020Updated Sep 16, 2021
5m

概要

SwipeのネイティブSXPトークンは、Swipeの決済エコシステムにおけるいくつかのユースケースを満たします。トークンの保有者は、トランザクション手数料のお支払いからステーキング、Swipeプラットフォームでの割引など、複数のメリットを享受することができます。


はじめに

成長を続ける 分散型金融 (DeFi) エコシステムの一員として、Swipeはユーザーに様々な商品やサービスを提供しています。SwipeのVisaデビットカードとマルチアセットのDeFiアプリでは、仮想通貨、フィアット通貨、ステーブルコインの間で瞬時にコンバートすることができます。
2020年12月現在、このアプリは4つの ステーブルコイン (USDT、USDC、BUSD、DAI) と2つのフィアット通貨 (USD、EUR) をサポートしています。SwipeのVisaデビットカードサービスは、現在ヨーロッパで提供されており、米国のデビットカードも近日中に提供される予定です。
Swipeのすべての商品は、分散型デジタル通貨として機能するネイティブなSXPトークンによって強化されています。このネイティブデジタル通貨は、Swipeのエコシステムの中で様々な用途に使用されています。そのうちのいくつかは、トークン保有者の表彰に関する一方で、 コインバーンによって時間とともに供給量が減少することもあります。


Swipeトークン (SXP) とは?

多くのDeFiトークンは投機的な性質を持つと考えられていますが、SXPはSwipeエコシステム全体を支えるためのユーティリティトークンとして機能します。トークン保有者にユーティリティーを提供することで、SXPを使用または保有する複数のインセンティブが発生します。

Swipeのエコシステムの中核となるのはVisaデビットカードです。このカードは、現存する最初の仮想通貨デビットカードでも、唯一の仮想通貨デビットカードでもありません。ただし、同様のプロジェクトとは異なり、ユーザーはSXPをステークすることなく、デビットカードサービスを利用することができます。

Swipeデビットカードにはいくつかの種類があります。SXPの所有は必須条件ではありませんが、SXPトークンを所有している方は上位のカードを入手することができます。上位のカードには、NetflixやSpotifyの登録、海外トランザクション手数料の無料化、スターバックス、Uber、Apple Music、Airbnbでの割引などの特典があります。

どの特典にアクセスできるかは、ネイティブ・モバイル・アプリケーションに登録されているお客様のSXPのステーク状況によって異なります。デビットカードの階層の違いについての詳細につきましては、こちらの ページをご参照ください。


Swipeトークン (SXP) の管理方法

現在、仮想通貨市場にある他の多くのDeFiプロジェクトと同様に、Swipeはネイティブなブロックチェーンを持っていません。その代わりに、SXPトークンをEthereumとバイナンスチェーンの両方のブロックチェーンで発行することにしました。

Swipeトークン (SXP) は、 ERC-20トークン (Ethereum上) と BEP-2トークン ( バイナンスチェーン上) の両方でご利用可能です。そのため、ERC-20またはBEP-2トークンをサポートしている 仮想通貨ウォレット (例: Trust Wallet、 MetaMask) でSXPを簡単に管理することができます。


SXPの供給と発行

Swipeチームは、SXPの 最大供給量の上限を3億トークンに決定しました。しかし、 コインバーンは、残り1億トークンになるまで、 総供給量を減らしていきます。

総供給量の一部は、世界中のSXPユーザーに配布されます。また、以下のように供給量が定期的に変更されます:

  • 毎月600,000 SXPが会社の運営に割り当てられています。 
  • 毎年、10,000,000 SXPがSwipeチームと創業者に提供されます。 
  • 毎月1,200,000 SXPが、ステークやその他のインセンティブを含むエコシステムの報酬として利用可能になります。

この数字を見ると、SXPの循環供給は最大供給量に達するまで増え続けるように見えます。しかし、開発者はSXPを デフレーション アセットとすることを選択しました。トークンは、ネットワークの使用量が増加すると、バーンによって破棄されます。

具体的には、Swipeネットワーク上のトランザクション手数料の80%がスマートコントラクトによって破壊されます。残りの20%の手数料は、エコシステムの一部として残ります。チームによると、この金額は最終的にネットワークバリデーターに分配され、ネットワークに価値あるサービスを提供することでSXPを得ることができるとのことです。

前述の通り、トークンバーンは総供給量100,000,000 SXPに達するまで継続されます。それ以降、これ以上の供給量の減少はありません。集められた手数料はすべて、ネットワークバリデーターに分配されます。



SXPの使用方法とは?

最初の利用は、お支払いという形で行われます。SXP資産は、世界中の6,000万以上の場所でのお支払いに適しています。これは、仮想通貨を受け入れる加盟店やSwipe Visaカードを通じて可能となっています。トランザクションの面では、SXPはEthereumとバイナンスチェーンの両方で動作することができ、ピア・ツー・ピアトランザクションの強力な資産となっています。

2つ目のメリットは、保有者が手数料の様々な割引を受けられることです。SXPの保有者はトークンを、SwipeウォレットやSwipe Visaカードを使用し振替を含む、Swipeネットワーク上のトランザクション手数料に充てることができます。

また、デビットカードSwipe Visaを利用する場合も同様です。4つの異なる層があるため、SXPを保有または取得するインセンティブがあります。保有が多いほど、カード階層は高くなります。

また、SXPを保有することで、ショッピングの割引や人気のストリーミングサービスの無料登録など、カード会員にさらなる特典を導入することができます。また、30,000 SXPを6ヶ月間貯めたユーザーには、すべての購入品に対して8%のキャッシュバックやその他の追加特典があります。 

ステーキングを行ったユーザーは、ネットワークの確保に貢献した対価として、SXPの報酬を獲得することもできます。最後になりますが、SXPを保有している方は、Swipeネットワークに影響を与えるプロトコル変更の提案や投票を行い、ネットワークガバナンスに参加することができます。


まとめ

Swipeエコシステムには様々な商品やサービスが含まれており、そのすべてが何らかの形でSXPトークンを使用しています。Swipe社は、Visaデビットカードを使用して、仮想通貨をより便利に、より身近なものにしようとしています。

このトークンがデフレモデルであることも相まって、 ホワイトペーパーをよくご覧になり、このプロジェクトがどのように進化していくのかを見守っていくべき理由がいくつもあります。
SwipeのSXPやその他の仮想通貨について、まだご質問がありますか?Q&Aプラットフォーム、 Ask Academyでは、バイナンスコミュニティがお客様の質問にお答えします。