アセットアロケーションと分散投資の説明
目次
はじめに
アセットアロケーションと分散投資とは?
現代のポートフォリオ理論
アセットクラスの種類とアロケーション戦略
アセットアロケーションと分散投資をポートフォリオに適用する
仮想通貨資産ポートフォリオ内の分散投資
資産配分の問題点
おわりに
アセットアロケーションと分散投資の説明
ホーム記事
アセットアロケーションと分散投資の説明

アセットアロケーションと分散投資の説明

初心者
Published Jan 27, 2020Updated Apr 29, 2021
6m

はじめに

お金には常にリスクがあります。どのような投資でも損失を被る可能性がありますが、現金のみのポジションでは、インフレによって価値がゆっくりと侵食されていきます。リスクを排除することはできませんが、個人の特定の投資目標に合わせて調整することができます。

アセットアロケーションと分散投資は、これらのリスクパラメータを決定する上で重要な役割を果たす概念です。投資が初めての方でも、何千年も前から存在していることから、その背後にある原理をご存知の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、それらが何であるか、そしてそれらが現代の資金管理戦略にどのように関係しているかについての概要を説明します。

似たようなテーマについて他に知りたい方は、金融リスクの説明をチェックしてみてください。 


アセットアロケーションと分散投資とは?

アセットアロケーションと分散投資という用語は、よく互換性を持って使用されます。しかし、それらはリスク管理のわずかに異なる側面を指す場合があります。

アセットアロケーションは、資本が投資ポートフォリオの資産クラス間で分配されるべきであるかを概説する資金管理戦略を記述するために使用することができます。一方、分散投資は、これらの資産クラス内の資本の配分を記述することがあります。

これらの戦略の主な目的は、潜在的なリスクを最小限に抑えながら、期待されるリターンを最大化することです。一般的には、投資家の投資期間、リスク許容度、そして時にはより広い経済状況を考慮して決定します。 

簡単に言えば、アセットアロケーションと分散投資戦略の背後にある主な考え方は、すべての卵を一つのバスケットに入れないという例に要約されます。資産クラスと相関関係のない資産を組み合わせることは、バランスのとれたポートフォリオを構築するための最も効果的な方法です。

この2つの戦略を組み合わせて強力にしているのは、リスクが異なる資産クラス間だけでなく、それらの資産クラス内にも分散投資していないということです。

金融の専門家の中には、個人投資そのものの選択よりも、アセットアロケーションの戦略を決めることの方が重要なのではないかと考える人もいます。


現代のポートフォリオ理論

現代ポートフォリオ理論(MPT)とは、これらの原則を数学的モデルで形式化したフレームワークです。1952年にハリー・マルコヴィッツが発表した論文で紹介され、後にノーベル経済学賞を受賞しています。

主要な資産カテゴリーは、異なる動きをする傾向があります。特定の資産クラスが好調に推移する市場環境は、別の資産クラスが不調に推移する可能性があります。主な前提は、1つの資産クラスがアンダーパフォームした場合、損失はよく実行されている別の資産クラスでバランスを取ることができるということです。  
MPTは無関係な資産クラスからの資産を組み合わせることによって、ポートフォリオのボラティリティが低減することができることを想定しています。これはまたリスク調整後のパフォーマンスを向上させ、同じリスク量のポートフォリオはより良いリターンを生むことを意味します。また、2つのポートフォリオのリターンが同じであれば、合理的な投資家はリスクの低いポートフォリオを好むだろうと仮定しています。 

簡単に言えば、MPTはそれが相関していないポートフォリオ内の資産を組み合わせることが最も効率的であることを述べています。


アセットクラスの種類とアロケーション戦略

典型的なアセットアロケーションの枠組みの中で、アセットクラスは以下のように分類することができます:

  • 従来資産 ― 株式、債券、現金。 
  • 代替資産 ― 不動産、コモディティ、デリバティブ、保険商品、プライベート・エクイティ、そして、仮想通貨。

一般的に、アセットアロケーション戦略には大きく分けて2つのタイプがあり、どちらもMPTで概説されている前提条件を使用しています:戦略的アセットアロケーションと戦術的アセットアロケーション。

戦略的アセットアロケーションは、受動的な投資スタイルに適した伝統的なアプローチであると考えられています。この戦略に基づくポートフォリオは、投資家のタイムホライズンやリスクプロファイルの変化に基づいて希望する配分がシフトした場合にのみ、リバランスが行われる傾向にあります。

タクティカル・アセット・アロケーションは、よりアクティブな投資スタイルに適しています。これにより、投資家は市場を上回るパフォーマンスを上げている資産にポートフォリオを集中させることができます。これは、あるセクターが市場のパフォーマンスを上回っている場合、そのセクターは長期間にわたってそのセクターのパフォーマンスを維持し続ける可能性があるという前提に基づいています。それはMPTで概説された原則に等しく基づいているので、それはまた、ある程度の分散投資を可能にします。

注目すべきは、資産の分散投資が有益な効果をもたらすためには、完全に無相関である必要はなく、逆相関である必要もないということです。完全に相関関係がないことが必要なのです。


アセットアロケーションと分散投資をポートフォリオに適用する

ポートフォリオの例を通して、これらの原則を考えてみましょう。アセットアロケーション戦略は、ポートフォリオが異なる資産クラス間で以下のような配分を持つべきであると判断することがあります:

  • 40%の株式投資
  • 30%の債権
  • 20%の仮想通貨
  • 10%の現金

分散投資戦略では、仮想通貨に投資した20%のうち、次のようなものが必要になるかもしれません:

  • 70%をビットコインに割り当てるべき
  • 15%から大型株へ
  • 10%から中型株
  • 5%から小型株

配分が確定した後は、ポートフォリオのパフォーマンスを定期的にモニターし、レビューすることができます。資産配分が変化した場合は、リバランス ― (資産を売買してポートフォリオを望ましい比率に戻すこと)を行う時期かもしれません。これには一般的に、優秀な企業を売却することと、そうでない企業を買収することが含まれます。資産の選択は、もちろん、戦略と個々の投資目標に完全に依存します。

仮想通貨は、資産クラスの中で最もリスクの高いものの1つです。このポートフォリオでは仮想通貨にかなりの部分が割り当てられているため、非常にリスクが高いと考えられます。よりリスク回避的な投資家は、ポートフォリオのより多くを、例えば、はるかにリスクの低い資産クラスである債券に割り当てたいと考えるかもしれません。

分散型マルチアセットポートフォリオにおけるビットコインのメリットについての詳細な調査レポートをお読みになりたい方は、バイナンスリサーチのこちらのレポートをご覧ください:ポートフォリオ・マネジメント・シリーズ#1 ― ビットコインによる分散投資のメリットを探る。


仮想通貨資産ポートフォリオ内の分散投資

これらの方法の背後にある原則は、理論的には仮想通貨ポートフォリオに適用する必要がありますが、それらは多少割り引いて考えるべきです。仮想通貨市場は、ビットコインの価格変動と高い相関関係にあります。このため、分散投資は不合理な作業となります。相関性の高い資産のバスケットから、相関性のない資産のバスケットをどうやって作るのでしょうか?
時には、特定のアルトコインがビットコインとの相関関係が低くなることがあり、注意深いトレーダーはそれを利用することができます。しかし、これらは通常、従来の市場での同様の戦略のように一貫して適用可能な方法では持続しません。  

しかし、市場が成熟すれば、分散投資へのよりシステマティックなアプローチが、仮想通貨ポートフォリオ内で実現可能になる可能性があるという仮定を立てることができます。市場は間違いなく、それまで長い道のりを歩むことになります。


資産配分の問題点

紛れもなく強力な手法ではありますが、一部の投資家やポートフォリオには適していないアセットアロケーション戦略もあるかもしれません。

ゲームプランを考案することは比較的簡単ですが、良いアセットアロケーション戦略の鍵は実装することです。投資家が自分の偏見を脇に置くことができなければ、ポートフォリオの効果が損なわれる可能性があります。

もう一つの潜在的な問題は投資家のリスク許容を事前に推定することの難しさにあります。一定期間で結果が出始めれば、投資家は(またはそれ以上の)リスクを減らしたいと考えるかもしれません。


おわりに

アセットアロケーションと分散投資は、何千年も前から存在しているリスク管理の基本的な概念です。また、これらは現代のポートフォリオ運用戦略の核となる概念の一つでもあります。

アセットアロケーション戦略を考案する主な目的は、リスクを最小限に抑えながら、期待されるリターンを最大化することです。資産クラス間のリスクを分配することは、ポートフォリオの効率を高めることができます。

市場はビットコインとの相関性が高いため、アセットアロケーション戦略は慎重に仮想通貨ポートフォリオに適用する必要があります。