バイナンス四半期先物取引ガイド
バイナンス四半期先物取引ガイド
ホーム記事

バイナンス四半期先物取引ガイド

初心者
Published Jun 24, 2020Updated Jul 9, 2021
6m

はじめに

先物取引は、金融資産の価格で投機をするための便利な方法です。仮想通貨取引に関して言えば、バイナンス・フューチャーは最大の先物取引所の一つです。バイナンスは、トレーダーとヘッジ担当者が多くの異なる仮想通貨に投機することを可能にする堅牢な取引エンジンを提供しています。また、ハイレバレッジ取引と複数の担保オプションも提供しています。
バイナンス・フューチャーに上場されているほとんどの先物コモディティは永久先物契約であり、契約には有効期限がありません。しかし、先物契約を利用して金融コモディティの価格で投機をする方法は数多くあり、その一つが四半期先物です。
この記事では、四半期先物がどのように機能するのか、またバイナンスで先物を取引したい場合に知っておくべきことについて説明します。
先物とフォワード契約についての記事を先に読みたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。


四半期先物取引とは?

先物契約は、将来の日付で所定の価格で資産を売買する契約です。この日付は満期日と呼ばれています - これは契約が決済され、資産が引き渡される日付です。 
バイナンスの四半期先物は現金で決済されます。これは何を意味するのでしょうか?現金決済とは、原資産が通貨の形で提供されることを意味します。バイナンス四半期先物の場合、原資産はBTCです。
バイナンスの四半期先物契約は、各四半期の最終金曜日に満期を迎えます。例えば、BTCUSD0925の契約は、2020年第3四半期の最終金曜日から2020年9月25日まで有効です。これは原資産(BTC)が引き渡される日であることから、受渡日と呼ばれることもあります。 
株式市場のような伝統的な金融市場では、デリバティブ・コモディティは現物市場よりもかなり高い取引量を集めています。これは仮想通貨市場にも見られます。先物市場では、現物市場に比べて取引量が多く、流動性が高いのです。トレーダーが特定の資産がうまくいくと考えている場合、先物取引は将来の値動きを推測するのに最適な方法となります。 


四半期先物取引の仕組みとは?

バイナンスの四半期先物で使用する証拠金はBTCで、契約はBTCで決済され、取引手数料もBTCで支払われます。
他のバイナンス・コモディティと同様に、四半期先物契約は複数階層の手数料システムに従っています。しかし、追加メリットがあります。いくつかの階層では、メイカーのためにマイナスの手数料(または手数料リベート)も提供しています。これは、市場に流動性を提供するトレーダーが本質的にその対価を得ることを意味します。
有効期限内に未決済のポジションがある場合は、受渡手数料をお支払いいただきます。四半期ごとの先物のポジションは、期日の10分前には開設することができなくなりますのでご注意ください。決済手数料は手数料表に従い、受渡日に決済されたすべてのポジションの手数料として請求されます。期限満了時に未決済のポジションを持っている場合は、0.015%の配信手数料を支払う必要があります。なお、満期の10分前には四半期先物のポジションを建てることはできませんのでご注意ください。
四半期先物コモディティのティック・サイズは0.10ドルです。これは、契約の価格変動が0.10ドル単位で発生することを意味します。対照的に、バイナンス永久先物コモディティのティック・サイズは0.01ドルです。維持証拠金の要件に注意し、適切なリスク管理を行うようにしましょう。 
また、レバレッジを高く使えば使うほど、最大で開けるポジションサイズが小さくなることにも注目しておきましょう。ポジションサイズの簡単な計算式を知りたいですか?取引におけるポジションサイズの計算方法をご覧ください。


四半期先物と永久先物の違いとは?

したがって、主な違いはすでにわかっています。四半期ごとの先物は期限満了になり、永久的な先物は期限満了になりません。他にはどんな違いがありますでしょうか?

一部の先物契約は、自動満了時、次の契約に 「ロールオーバー 」されます。これは、現在の契約が終了したときに、オープンポジションが本質的に次の契約に転送されることを意味します。実際には、これは基本的には四半期ベースではなく、永続的な先物契約がどのように機能するかを示しています。しかし、これはバイナンス四半期先物の場合ではありません。有効期限が来ると、四半期契約は最後の時間の平均価格に失効し、BTCで決済されます。
永久先物とは対照的に、四半期先物の価格指数は、BTC/USD市場に基づいており、BTC/USDT市場ではありません。これにより、トレーダーはUSDTがUSDからデカップリングするリスクをヘッジすることができます。 
指標価格は、以下の取引所におけるBTC/USDの市場価格の移動平均値で構成されています。Bitstamp、Coinbase Pro、Kraken、Bittrex、Binance。これらの市場はすべて、インデックスの中で均等に加重されています。このインデックスは、清算の際に使用されるマーク価格を計算するために使用されます。マーク・プライスが何かわからない方は居ますでしょうか?先物ガイドのマーク価格についての章をチェックしてください。
もう一つの大きな違いは、支払わなければならない手数料です。永久先物を取引する場合、8時間ごとにファンディング・フィーを支払わなければなりません。このファンディング・フィーは、永久先物の市場価格をスポット価格に近づけるために、市場参加者の間で支払われます。これは金利と似たようなものと考えることができますが、トレーダー間で支払われます。
資金がプラスの場合、ロングポジションはショートポジションに支払い、資金がマイナスの場合、ショートはロングに支払います。しかし、四半期先物には資金調達手数料がかかりません。このため、時間が経つにつれて資金調達手数料でポジションが少しずつ減っていくことはないので、長期保有には最適です。同時に、短期的な取引をお探しの方には、永久先物の方が適しているかもしれません。すべてはあなたのリスクプロファイルと取引スタイルによります。
永久契約についての詳細は、パーペチュアル・フューチャー・コントラクトとは?をチェックして下さい。


バイナンス四半期先物取引をするメリット

バイナンス四半期先物契約のメリットの一つは、BTCを証拠金として使用できることと、BTCで決済されることです。つまり、初期証拠金もBTCでコミットする必要があります。
なぜメリットがあるのでしょうか?BTCを使用することで、大口のトレーダー(クジラ)やリテールトレーダーでもBTCの保有をヘッジすることができます。どのようにしてそれを行うのでしょうか?例えば、ショートポジションを持つことができます。BTC の価格が下落した場合、米ドルの損失を BTC の利益で相殺することができます。言い換えれば、BTCの米ドルの価値は下がるかもしれませんが、ショートポジションから利益を得ることで、より多くのBTCを得ることができるということです。

さらに、これらの契約は、単純にBTCの保有を増やすのに最適な方法です。彼らはBTCで決済されているので、利益はあなたの長期的なBTCスタックを増やすことができます。

バイナンス四半期先物は、大口のトレーダーにとって有利な裁定取引の機会を開くこともできます。それがどのように機能するかを学びましょう。

ここで理解する必要があるのは、コンタンゴバックワーデーションの2つの概念です。コンタンゴは、先物契約が原資産のスポット価格よりも高く取引されている場合です。バックワーデーションは、先物契約がスポット市場よりも低く取引されているときです。
どちらの場合も、大規模なトレーダー(クジラやヘッジファンドのようなもの)は、その差がどんなに小さくても、スポット価格と先物価格の差から利益を得ることができます。彼らは、先物契約を購入し、同時にスポット保有を売却することで利益を得ることができますが、その逆もまた然りです。しかし、この方法は一般的に複雑なヘッジリスク管理戦略を必要とし、初心者トレーダーにはお勧めできません。



仮想通貨を始めようと思っていますか?バイナンスでビットコインを購入しよう!



おわりに

バイナンスの四半期先物では、トレーダーはビットコインを使って金融資産の価格を投機することができます。四半期先物契約はBTCで決済され、資金調達手数料がかからないため、スイングトレードに最適です。
先物取引は、仮想通貨市場への投機に最適な方法です。それについての包括的なガイドをお読みになりたい場合、バイナンス先物取引のアルティメットガイドをチェックしてください。