FX取引とは?
目次
はじめに
FXとは?
FXペアとは?
人々はなぜFXをするのか?
人々はどこでFXをしているのか?
FX取引の特徴は?
人々はどのようにFXトレードをしているか?
pipとは?
FX取引におけるロットとは?
FX取引におけるレバレッジの仕組みは?
FXにおけるヘッジングの仕組みは?
カバード・インタレスト・アービトラージ
まとめ
FX取引とは?
ホーム記事
FX取引とは?

FX取引とは?

中級者
Published Jul 6, 2021Updated Oct 11, 2021
14m

概要

FXは、取引量と流動性において世界最大の市場です。ブローカー、企業、政府、その他の経済主体は、国際商取引を可能にするために、通貨やFXデリバティブを取引しています。 

トレーダーは、投機的な理由で市場を利用することもあります。為替や金利には様々なアービトラージの機会があり、大口取引やレバレッジをかけた取引に人気があります。

FX市場は、フィアット通貨ペアとその相対的な市場価格で構成されています。これらのペアは通常、 ロット単位で売買されます。標準的なロットは、ペアの基本通貨が100,000単位ですが、100単位までの小さいサイズもあります。

トレーダーは一般的に、資本で投資できる金額を増やすためにレバレッジを使用します。また、フォワードやスワップを利用して、通貨ペアを将来の特定の価格でトレードすることで、リスクを相殺することもできます。この2つの金融商品を他の取引戦略や商品と組み合わせることで、FXトレーダーは様々な投資機会を得ることができます。


はじめに

自分でFXの取引をしなくても、国際通貨市場は日常生活の中で重要な役割を果たしていることが多いです。株式市場の下落による影響は必ずしも明らかではありませんが、通貨の価値が変化すると、商品やサービスの価格に影響を与えることがあります。また、海外に行ったことがある方は、通貨を両替して、現在のFX相場やレートに応じた手数料をお支払いしたことがあると思います。

FXは、株式や商品、債券とは異なるユニークな資産クラスです。何が違うのかを考えてみると、真のグローバルFX市場がなぜこれほど大きな市場であり、必要とされているのかがよく分かります。 



FXとは?

FXまたはFX取引(foreign exchangeから)は、ソブリン通貨やその他のFX商品を売買したりすることです。銀行や両替所で両替をする場合、レートはFX市場の動きに左右されます。
為替レートの変動は、経済状況、世界の出来事、金利、政治など様々な要因が絡み合っています。そのため、FXは 流動性が高く、他の金融市場に比べて取引量が多いのが特徴です。 

FX市場は、経済取引を促進する取引と、投機的な取引の2つの主要な活動で構成されています。国際的な市場で活動する企業などにとって、外貨の売買は必須です。国内で資金を調達したり、海外で商品を購入したりすることは、FX市場の重要なユースケースです。

FX取引のもう一方の側面を担うのが投機家です。通貨価格の非常に小さな変動を利用する、短期的で大量の取引が一般的です。FX市場は、投機家にとって アービトラージの機会に満ちた市場であり、それが市場の膨大な取引 の理由でもあります。 

トレーダーは、変動する金利などの長期的な機会を利用して利益を上げることも考えています。また、経済的なイベントや地政学的な問題も、時間の経過とともに通貨市場に大きな変動をもたらします。今、通貨を購入して持ち続けることで、長期的に利益を得ることができます。また、先物契約では、何年も前から取引レートを決めて、市場に賭けることもできます。

FX取引は、小規模なユーザーにとっては難しいものです。アービトラージや短期取引は、借り入れや高額な初期資金がないと困難です。そのため、FX市場の取引量のほとんどを国際的な銀行や金融機関が担っています。


FXペアとは?

最も基本的なレベルでは、FX市場は2つの通貨の間の相対的な価格を記述する通貨ペアを含んでいます。すでに 仮想通貨をトレードしている人は、FX市場の仕組みを少しは知っているでしょう。ペアで表示される最初の通貨が基準通貨となります。2つ目はクォート通貨で、カウンター通貨と呼ばれることもあります。クォート通貨は、基準通貨の1単位に関連する価値として表現します。

GBP/USDは、USDで表示される1ポンドの価格を示します。この比率は1.3809のように数字で示され、1ポンドが$1.3809の価値があることを示しています。GBP/USDは最も頻繁にトレードされているペアの一つで、ケーブルと呼ばれています。このニックネームは、19世紀にロンドンとニューヨークの取引所間でこのレートを中継していた大西洋横断ケーブルに由来しています。


FX取引に関しては、多くの流動性のある市場を見つけることができます。取引量の多いペアとしては、USD/JPY、GBP/USD、USD/CHF、EUR/USDなどがあります。これらのペアはメジャーと呼ばれ、USドル、日本円、英ポンド、スイスフラン、ユーロで構成されています。


人々はなぜFXをするのか?

FX市場は投機だけではありません。外国の現金を必要とする銀行や企業などは、国際的な取引を行うためにFX取引を行っています。また、企業は先物通貨交換のコストを固定するために、あらかじめ為替レートを取り決めておくこともあります。(ヘッジング)もう1つのユースケースは、政府が準備金を構築し、通貨の固定化や輸出の拡大など、経済目標を達成することです。

個人トレーダーにとっても、FX市場には魅力的な特徴があります:

  • レバレッジをかけることで、小規模なトレーダーであっても、自分が直接利用できる資金よりも大きな金額で投資することができます。
  • 少額の通貨を購入することが可能なので、エントリーコストは低いです。株式市場で一株を購入すると数千ドルにもなりますが、それに比べて、FXは$100からはじめられます。
  • ほとんどの時間帯でトレードができるので、すべてのスケジュールに対応することができます。
  • 市場の流動性が高く、ビッド・アスク・スプレッドも低いです。
  • オプションと先物は標準的な商品です。市場をショーティングさせることは、現在の成行価格で現物売買したいだけではないトレーダーにとって可能です。


人々はどこでFXをしているのか?

NYSEやNASDAQのような中央集権取引所を中心に取引される株式とは異なり、FXの取引は世界中のハブで行われます。参加者は、店頭取引(OTC)で直接トレードすることも、インターバンク市場で銀行やブローカーの巨大なネットワークを利用することもできます。 

この国際通貨取引を監督することは、各通貨の規制が異なるため難しいです。多くの国では、国内市場での取引を監督する機関がありますが、国際的な活動は限られています。FX取引にはライセンスの取得や公認ブローカーを通す必要がありますが、規制の緩い他の市場を利用して取引を行うことも可能です。

FXの取引量の大半を占めるのは、以下4つのメジャーゾーンです:ニューヨーク、ロンドン、東京、シドニーFX市場には中心となる場所がないため、世界中でFX取引をサポートしてくれる証券会社を見つけることができるはずです。

一般的に無料で利用できるオンライン仲介サービスには、さまざまなオプションがあります。直接的な手数料を支払うことはありませんが、FXブローカーは自分が提示した価格と実際の成行価格の間にスプレッドを維持します。これから始める方は、マイクロロットのトレードができる証券会社を選びましょう。この点についてはさらに詳しく説明しますが、FX取引をはじめるには、圧倒的にこの方法がわかりやすいでしょう。


FX取引の特徴は?

FXには、他の金融市場とは異なる様々な側面があります。

  1. 地理的に広い範囲をカバーしています。世界で認められている外貨は180種類あり、ほぼすべての国で市場が形成されています。
  2. 非常に流動性が高く、大量の取引量があります。
  3. その成行価格は、多くのグローバルな要因に影響されます。政治、経済状況、投機、送金など、さまざまな要素があります。
  4. 週5日、約24時間の取引が可能です。市場が完全に中央集権化されていないため、ほとんどの場合、取引所や証券会社を利用することができます。週末は市場が閉まっていますが、一部のプラットフォームでは時間外取引が可能です。
  5. 大量に取引されない限り、利益率は低くなります。為替レートのわずかな差を、大きな取引で利益につなげることができます。


人々はどのようにFXトレードをしているか?

FXに関しては、個人のトレーダーが取ることのできる選択肢がいくつかあります。最も簡単な方法は、現物市場で通過ペアを購入し、それを保持することです。例えば、USD/EURのペアでEURを購入したとします。カウンター通貨が高くなれば、それを基本通貨で売って利益を得ることができます。

また、レバレッジを効かせて資金量を増やすこともできます。この場合、損失をカバーする限り、借りた資金を使ってトレードをすることができます。もう一つの可能性として、特定の日に設定された価格でペアを売買することができるFX オプションを検討してみてください。先物契約も人気があり、将来の合意した価格で取引を行うことを義務づけています。

FX取引の醍醐味の一つは、金利差で利益を得られる可能性があることです。世界の中央銀行が設定する金利は、FXトレーダーの投資機会を提供する異なる金利を設定しています。現金を両替して海外の銀行に預けることで、資金を家に置いておくよりも多くの利益を得ることが可能になります。 

しかし、送金手数料や銀行手数料、税制の違いなど、追加のコストがかかります。戦略を成功させるためには、ありとあらゆる追加コストを考慮する必要があります。アービトラージの機会や利益は最小限に抑えられることが多いので、証拠金利幅は狭くなります。想定外の手数料が発生すると、期待していた利益がすべて消えてしまう可能性があります。


pipとは?

pip(ポイント内の割合)とは、FXペアが行うことのできる最小の価格増分のことです。再びGBP/USDに注目:


0.0001の上下動がペアの最小移動量(1 pip)となります。しかし、すべての通貨が小数点以下4桁でトレードされているわけではありません。日本円を相場とするペアでは、通貨の小数化が行われていないため、pipは0.01が標準です。

Pipettes

一部の証券会社や取引所では、この基準を破り、小数点以下の桁数を増やしたペアを提供しています。例えば、GBP/USDでは、通常の小数点以下4桁から5桁になります。USD/JPYは通常小数点以下2桁ですが、3桁になることもあります。この小数点以下の余分な部分をpipetteと呼びます。


FX取引におけるロットとは?

FX取引では、ロットと呼ばれる特定の量の通貨を売買します。株式市場とは異なり、決められた値で取引される外貨のロットです。ロットとは、通常、100,000単位の基本通貨のことですが、ミニロット、マイクロロット、ナノロットなど、より少量のロットを購入することもできます。

ロット

単位

標準 

100,000

ミニ

10,000

マイクロ

1,000

ナノ

100

ロットでの作業の場合、pipの変更で損益を簡単に計算することができます。USD/CHFを例に見てみましょう:


EUR/USDの標準ロットを1枚購入した場合、€100,000を$119,380で購入したことになります。ペア価格が1pip上昇し、お客様がロットを売却した場合、これは気配値の通貨が10ユニット変化したことに相当します。この評価は、あなたの€100,000を$119,390で売却し、$10の利益を得たことを意味します。価格が10pip上昇すれば、$100の利益となります。

取引のデジタル化が進むにつれ、標準的なロットサイズは減少し、より柔軟なオプションが求められるようになりました。一方、大手銀行では、取引量の多さに対応するため、標準ロットのサイズを100万枚まで増やしているところもあります。


FX取引におけるレバレッジの仕組みは?

FX市場の特徴の一つは、利益率が比較的小さいことです。利益を獲得するためには、トレード出来高を増やすことが必要です。銀行であれば簡単にできますが、個人の場合は十分な資金を確保できないため、レバレッジを使用することができます。

レバレッジは、比較的小さな 担保でブローカーからお金を借りることができます。ブローカーは、提供された資本の乗算としてレバレッジ額を表示します。例えば、10倍や20倍は、お客様の資金の10倍や20倍に相当します。$10,000を10倍のレバレッジをかけると、$100,000のトレードが可能になります。
この資金を借りるために、トレーダーはブローカーが損失をカバーするために使用する 証拠金を維持しています。10%の証拠金は10倍、5%の証拠金は20倍、1%は100倍です。レバレッジをかけることで、レバレッジをかけた金額に応じて、投資の損失や利益のすべてを獲得・経験することができます。言い換えれば、レバレッジは利益と損失を増幅させます。

EUR/USDの例を見てみましょう。このペアの1ロット(€100,000)を購入しようとすると、現在のレートでおよそ$120,000が必要になります。これらの資金を利用できない小規模なトレーダーであれば、50倍のレバレッジ(2%の証拠金)を得ることを検討してみてはいかがでしょうか。この場合、お客様は$2,400を提供するだけで、$120,000の通貨市場にアクセスすることができます。

ペアが240pips($2,400)下がった場合、お客様のポジションはクローズされ、お客様のアカウントは清算されます(お客様はすべての資金を失います)。レバレッジをかけた場合、小さな価格の動きが、急激に大きな利益や損失の変化につながることがあります。ほとんどのブローカーは、お客様のアカウントの証拠金を増やし、必要に応じて補充することができます。


FXにおけるヘッジングの仕組みは?

変動通貨の場合、常に為替レートが変動する可能性があります。投機家がボラティリティから利益を上げようとしている一方で、他の人は安定性を評価しています。例えば、海外進出を計画している企業では、費用計画を立てるために為替レートを固定したいと考えるでしょう。これを簡単に実現するのがヘッジングと呼ばれるプロセスです。

投機家であっても、経済的ショックや 金融危機に備えて特定の為替レートを固定したいと思うこともあるでしょう。様々な金融商品でFXレートのヘッジングを始めることができます。最も一般的な方法は、先物契約やオプション契約を利用することです。先物契約では、投資家やトレーダーは、将来の日付で特定のレートと金額で取引することを義務付けられています。 

先物契約

1年後にUSD/EURを0.8400で1ロット購入($100,000を€84,000で購入)する先物契約を結んだとします。ユーロ圏で売却していて、1年後に利益を本国に送金したいと考えている人もいるでしょう。先物契約は、米ドルがユーロに対して上昇するリスクを取り除き、より良い資金計画を立てるのに役立ちます。この場合、米ドルが上昇した場合、資金を送金する際に1ユーロあたりの購入ドル数が少なくなります。

1年後に米ドルが高くなり、USD/EURが1.0000になった場合、先物契約がなければ、現物レートは€100,000から$100,000になります。しかし、このレートではなく、以前に合意したUSD/EURの1ロットを0.8400で締結することになります(€84,000から$100,000へ)。この単純な例では、手数料を考慮せずに、1ロットあたり€16,000のコストを削減できることになります。

オプション 

オプションも同様に、ヘッジングによってリスクを減らすことができます。しかし、先物とは異なり、オプションでは、特定の日付またはそれ以前に所定の価格で資産を売買するオプションが与えられます。オプション契約は、購入価格(プレミアム)を支払うことで、通貨ペアの不本意な上昇や下降からお客様を守ることができます。

例えば、英国企業がアメリカで商品やサービスを売却している場合、GBP/USDのコールオプションを購入することができます。この商品は、将来的にGBP/USDを所定の価格で購入することができます。米ドルのお支払いが行われた際に、ポンドが上昇していたり、レートが維持されていたりした場合、会社はオプション契約のためにお支払いされた価格を失います。もし、ポンドがドルに対して下落した場合、彼らはすでにレートをヘッジしており、市場で提示されるよりも良い価格を得ることができます。

先物及びオプション契約の詳細については、 先物・先物契約とは何か? そして オプション契約とは何か?を参照してください。


カバード・インタレスト・アービトラージ

金利は世界的に変動しているため、FXトレーダーは為替レートの変動によるリスクを相殺しながら、その金利差をアービトラージすることができます。その代表的な方法の1つが、カバードインタレストアービトラージです。この取引戦略は、通貨ペアの先物値動きをヘッジしてリスクを軽減します。

ステップ1:アービトラージ機会の発見

例えば、レートが1.400のEUR/USDペアを例に挙げてみましょう。ユーロ圏の入金金利は1%ですが、アメリカでは2%です。つまり、ユーロ圏に投資した€100,000は、1年後には€1,000の利益が戻ってくるのです。しかし、その資金をアメリカで投資することができれば、為替レートが維持されれば€2,000の利益が得られます。しかし、この単純な例では、手数料や銀行費用、その他費用は考慮されていません。

ステップ2:FXレートをヘッジングする

フォワードレートが1.4100のEUR/USDの1年先物を使用した場合、ユーロ圏の金利改善を利用して、固定リターンを保証することができます。フォワードレートとは、契約時に使用される合意されたFXレートのことです。 

銀行や証券会社は、異なる金利や現在の現物価格を考慮した数式でこのレートを計算します。フォワードレートは、市場の状況に応じて現物レートに比べてプレミアムまたはディスカウントが付加されます。アービトラージの準備として、1年後のレートが1.41のEUR/USDを1ロット売る先物契約を締結します。

ステップ3:アービトラージの完了

この戦略では、現物市場でEUR/USDを1.400で1ロット購入し、$140,000で€100,000ユーロを手に入れることができます。現物トレードで得た資金を、2%の金利で1年間アメリカに入金します。1年後には、合計で$142,800になります。 

次は、$142,800をユーロにコンバートする作業です。先物契約では、$142,800を合意したレート1.4100で売り戻し(ショート)、約€101,276.60を獲得することができます。

ステップ4:利益を比較する

ここでは、他のすべての条件が満たされていると仮定して、レートをヘッジングする場合としない場合の利益を比較してみましょう。アメリカのカバード・インタレスト・アービトラージ戦略を経て、€101,276.60を獲得することができます。もしヘッジしなかった場合、前述のように€102,000の獲得となります。では、利益の減少につながるのに、なぜ人々はヘッジするのでしょうか? 

主に、トレーダーは為替レートの変動によるリスクを回避するためにヘッジを行います。通貨ペアが1年以上安定していることはほとんどありません。つまり、利益は€723.40少ないものの、少なくとも€1,276.60を保証することができました。もう一つの要因は、中央銀行が1年間にわたって金利を変更しないことを前提としていることですが、これは必ずしもそうではありません。



まとめ

国際経済、貿易、世界情勢に関心のある方にとって、FX市場は株式に代わるユニークな市場です。FX取引は、小規模投資家にとっては、仮想通貨や株式に比べてアクセスしにくいと思われることがあります。しかし、オンラインブローカーの台頭や、金融サービスを一般に提供するための競争の激化により、FXはそれほど手の届かないものではなくなりました。多くのFXトレーダーは、まともな利益を獲得するためにレバレッジに頼っています。これらの戦略は清算のリスクが高いので、そのメカニズムをよく理解した上でリスクを取るようにしてください。