ビッド・アスク・スプレッドとスリッページの説明
目次
はじめに
ビッド・アスク・スプレッドとは?
マーケットメイカーとビッド・アスク・スプレッド
デプスチャートとビッド・アスク・スプレッド
ビッド・アスク・スプレッドのパーセンテージ
スリッページとは?
ポジティブスリッページ
スリッページの許容範囲
まとめ
ビッド・アスク・スプレッドとスリッページの説明
ホーム記事
ビッド・アスク・スプレッドとスリッページの説明

ビッド・アスク・スプレッドとスリッページの説明

初心者
Published Jun 10, 2021Updated Sep 13, 2021
7m

概要

ビッド・アスク・スプレッドとは、ある資産に対する最も安い売値と最も高い買値の差のことです。Bitcoinのように十分な流動性がある資産は、流動性と出来高が小さい資産と比べて、スプレッドが小さくなります。

スリッページとは、取引が当初の要求とは異なる平均価格で決済されることをいいます。これは、成行注文を執行する時によく発生します。あなたの注文を完了するのに十分な流動性がない場合やマーケットの変動が大きい場合、最終的な約定価格が期待していた価格と違う場合があります。流動性の低い資産でのスリッページ対策としては、注文を細かく分割して行うことです。


はじめに

仮想通貨取引所で資産を売買する場合、市場価格は需要と供給に直接関係しています。価格以外にも、出来高や市場の流動性、注文の種類などが考慮すべき重要な要素です。市場の状況や使用する注文タイプによっては、常に希望通りの価格で取引ができるとは限りません。

買い手と売り手の間では常に交渉が行われており、両者の間にはスプレッド (ビッド・アスク・スプレッド) ができます。また、取引したい資産の総額やボラティリティによっては、スリッページが発生することもあります (詳細は後述します) 。そのような予期しない事態を発生させないためにも、取引所の注文板に関する基本的な知識を身につけておく必要があります。


ビッド・アスク・スプレッドとは?

ビッド・アスク・スプレッドは、注文板で買い手が提示している最高値のビッド価格と売り手が提示している最安値のアスク価格の乖離幅のことを指します。伝統的な市場では、このスプレッドはマーケットメイカーやブローカーの流動性プロバイダーによって作られる場合が多いです。仮想通貨市場では、このスプレッドは買い手と売り手の指値注文価格の差によって発生しています。
市場価格ですぐに購入したい場合は、売り手からの最安値のアスク価格を受け入れる必要があります。逆に、市場価格ですぐに売却したい場合は、買い手からの最高値のビッド価格を取ることになります。より流動性の高い、(為替のような) 資産の場合はビッド・アスク・スプレッドは狭いため、買い手と売り手は資産価格に大きな変化を起こすことなく、注文を実行することができます。これは注文板の出来高が大きいからです。ビッド・アスク・スプレッドが広いと、大量の注文を決済する際の価格変動が大きくなります。


マーケットメイカーとビッド・アスク・スプレッド

流動性のコンセプトは金融市場においては不可欠です。流動性が低い市場でトレードしようとしたら、自分の注文と一致する別のトレーダーが現れるまで何時間、時には何日も待たないといけない可能性があります。

流動性を生み出すことは重要ですが、すべての市場が個人のトレーダーだけで十分な流動性を得ているわけではないです。例えば、伝統的な市場では、ブローカーやマーケットメイカーが流動性を提供し、その対価として裁定利益を得ています。

マーケットメイカーは、ある資産を同時に売買することで、ビッド・アスク・スプレッドを利用することができます。マーケットメイカーは、高い売値で売って低い買値で買うということを何度も繰り返すことで、そのスプレッドを裁定利益とすることができます。スプレッドが小さくても、毎日、大量に取引を行うため、大きな利益を得ることができます。需要の高い資産は、マーケットメイカーが競争してスプレッドを狭めるため、スプレッドが小さくなります。

例えば、あるマーケットメイカーが、BNBを1枚あたり$350で購入し、$351で売却するというオファーを同時に出して、$1のスプレッドを作ったとします。市場で即座に取引をしたい人は、自分のポジションをこれに合わせる必要があります。買ったものを売り、売ったものを買うマーケットメイカーにとって、このスプレッドは純粋な裁定利益となります。


デプスチャートとビッド・アスク・スプレッド

それでは、実際の仮想通貨の例と、出来高、流動性、ビッド・アスク・スプレッドの関係を見てみましょう。バイナンスのUIでは、[デプス]チャートビューに切り替えることで、簡単にビッド・アスク・スプレッドを確認できます。このボタンはチャートエリアの右上にあります。


[デプス]オプションでは、アセットの注文板がグラフィカルに表示されます。ビッドの数量と価格が緑で、アスクの数量と価格が赤で表示されています。この2つのエリアのギャップがビッド・アスク・スプレッドであり、赤のアスク価格から、緑のビッド価格を引くことで算出できます。


前述の通り、流動性とビッド・アスク・スプレッドの縮小には関係性があります。出来高は一般的に流動性の指標とされているため、出来高が多ければ、資産価格に対するビッド・アスク・スプレッドが小さいことが予想されます。出来高の大きい仮想通貨や株式などの資産は、ビッド・アスク・スプレッドを利用して利益を得ようとするトレーダー同士の競争が激しくなります。


ビッド・アスク・スプレッドのパーセンテージ

異なる仮想通貨や資産のビッド・アスク・スプレッドを比較するには、パーセンテージで評価する必要があります。計算は以下の通り、シンプルです。

(アスク価格 - ビッド価格)/アスク価格 × 100 = ビッド・アスク・スプレッドのパーセンテージ

BIFIを例に見ていきましょう。この記事の執筆時点でのBIFIの売値は$907、買値は$901でした。つまり、ビッド・アスク・スプレッドは$6ということです。$6を$907で割って100をかけると、最終的なビッド・アスク・スプレッドのパーセンテージは約0.66%となります。


Bitcoinのビッド・アスク・スプレッドが$3だったとしましょう。BIFIの時の半分ではありますが、パーセンテージで比較すると、Bitcoinのビッド・アスク・スプレッドはわずか0.0083%です。また、BIFIは出来高が著しく少ないので、流動性の低い資産のビッド・アスク・スプレッドは大きくなる傾向があるというこれまでの理論を裏付けています。

Bitcoinの方がスプレッドが狭いことから、いくつかの結論を導き出せます。ビッド・アスク・スプレッドパーセンテージが小さい資産は、流動性が高いと言えます。大きな金額の成行注文を約定させたい場合、予想外の価格での約定が発生するリスクが小さいです。


スリッページとは?

スリッページは、ボラティリティの高い市場や流動性の低い市場でよく見られます。スリッページとは、取引が期待していた価格とは異なる価格で約定されることです。

例えば、$100で大口の成行買い注文を出したいが、市場にはその価格で注文を満たすのに必要な流動性がないとします。その結果、その買い注文が満たされるまで、$100以上の売り注文との取引が成立してしまいます。これによって、購入時の平均価格が$100よりも高くなってしまいます。このことを、スリッページと呼びます。

つまり、成行注文を行ったら、取引所はその売り、もしくは買いを自動で注文板上の指値注文とマッチさせていきます。注文板は最適な価格で取引が成立するようにしますが、希望の価格に対して注文数量が不足している場合は、予想している価格とは違う価格での注文との取引を成立させていきます。このプロセスの結果、行った成行注文が、予想していない異なる価格で約定することになります。

仮想通貨では、スリッページは自律マーケットメイカー (AMM)分散型取引所でよく発生します。価格変動が激しく、流動性が低いアルトコインの場合、スリッページは期待している価格に対して10%を超える場合もあります。


ポジティブスリッページ

スリッページといっても、必ずしも予想よりも悪い価格になってしまうわけではありません。買い注文を出している間に価格が下がったり、売り注文を出している間に価格が上がったりすると、ポジティブスリッページが発生します。滅多に起きないことですが、ポジティブスリッページはボラティリティの激しい市場で発生することがあります。


スリッページの許容範囲

一部の取引所では、手動でスリッページの許容範囲を設定することで、発生する可能性のあるスリッページを制限することができます。こういったオプションは、バイナンススマートチェーン上のPancakeSwapEthereum上のUniswapなどの自律マーケットメイカーで見ることができます。


スリッページを設定すると、注文が完了するまでの時間に影響を与えます。スリッページを低く設定すると、注文が成立するまでに時間がかかったり、まったく成立しなかったりすることがあります。スリッページを高く設定すると、他のトレーダーやボットがあなたの保留中の注文に対して、先回り (フロントランニング) するかもしれません。

この場合、フロントランニングとは、他のトレーダーが自分よりも高いガス手数料を設定して、先に資産を購入することです。その後、フロントランナーは別の取引を入力し、あなたのスリッページの許容範囲に基づいて、あなたの許容範囲上限の価格であなたに販売します。


ネガティブスリッページの最小化

スリッページを常に避けることはできませんが、スリッページを最小化するための戦略はいくつかあります。

1. 大規模な注文を行う代わりに、より小さいブロックに分割して注文してみましょう。注文を分散させるために、注文板をよく見て、利用可能な数量よりも大きな注文を出さないように気をつけてください。

2. 分散型取引所を使用している場合は、トランザクション手数料を考慮することを忘れないでください。ネットワークの中には、ブロックチェーンのトラフィックに応じて高額な手数料を設定しているものもあり、スリッページを回避して得た利益が相殺される場合もあります。

3. 小さな流動性プールのような流動性の低い資産を扱っている場合、あなたの取引がその資産の価格に大きく影響する可能性があります。1回の取引では小さなスリッページしか発生しませんが、小さなスリッページがたくさん発生すると、次のブロックの取引の価格に影響します。
4. 指値注文の使用これらの注文は、取引の際に希望する価格、またはそれよりも好条件の価格で取引をするためのものです。成行注文と違って、注文がすぐには約定しないかもしれませんが、ネガティブスリッページが発生することはないです。


まとめ

仮想通貨をトレードする時、ビッド・アスク・スプレッドやスリッページが取引の最終価格を変えってしまうことがあるのを忘れないでください。必ずしも避けられるものではありませんが、判断材料の一つとして考慮する価値はあるでしょう。少量の取引であれば、このようなことはほとんどありませんが、大量の注文を行った場合には、1単位あたりの平均価格が予想よりも高くなる可能性があることを覚えておいてください。

分散型金融で取引を行う場合、スリッページは取引の基本となる重要な要素なので、正しく理解することが重要です。基本的な知識がないと、フロントランニングや過剰なスリッページで資金を失う危険性が高くなります。