中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とは?
目次
はじめに
中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とは?
中央銀行デジタル通貨 (CBDC) について
中央銀行デジタル通貨 (CBDC) のメリット
CBDC vs ステーブルコイン
CBDCと仮想通貨の比較
まとめ
中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とは?
ホーム記事
中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とは?

中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とは?

初心者
Published Jan 25, 2021Updated Nov 18, 2021
5m

概要

Bitcoinは素晴らしいですよね。しかし、なぜコーヒーを買ったり、税金をお支払いに使用することができないのでしょうか。Bitcoinはデジタルマネーの1つですが、日常的な通貨として使用するのに最も理想的なものとは言えません。こういった日常用途には、中央銀行デジタル通貨 (CBDC) という別のタイプのデジタル資産が使用されるでしょう。

ほとんどの国では、完全なデジタル通貨のアイデアを模索しているだけですが、すでに導入をテストしている国もあります。しかし、CBDCは他のデジタル資産と何が違うのでしょうか?それをこの記事では説明していきます。


はじめに

従来の金融では、お金を動かすための技術は、世界の変化のスピードに追いついていませんでした。ある場所から別の場所へBTCを送るよりもほんの少しですが、法定通貨を送るにはコストがかかり、理想的な方法よりも時間がかかります。

多くの政府が新しいタイプのデジタル通貨の開発に積極的に取り組んでいます。主なメリットは、決済システムの効率を高め、関係者全員のコストを削減できることです。CBDCは、ブロックチェーンによってもたらされた進歩に触発された、新しい技術レイヤーの上に構築されたデジタル法定通貨と考えることができます。

今後10年間で、多くの国がこれらのデジタル通貨を採用することになるでしょう。それでは、デジタル通貨の仕組みを見ていきましょう。


中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とは?

中央銀行デジタル通貨 (CBDC) は、法定通貨をデジタル化したものです。そして、政府の規制によって、法定通貨として成立しています。

CBDCのデザインのアプローチは、発行国によって大きく異なるでしょう。ブロックチェーンやその他の分散型台帳技術 (DLT) をベースにした実装もあれば、単なる集中型のデータベースになる可能性もあるでしょう。ブロックチェーンベースのものは、法定通貨のデジタル形式を表すために、トークン を使用します。
CBDCは、Bitcoinなどの仮想通貨 にインスパイアされていると言えるが、全く異なるものである。CBDCは、国が発行し、政府が法定通貨として宣言したものです。

Bitcoinなどの仮想通貨はボーダレスで、国家や中央集権的な組織が発行するものではありません。もちろん、CBDCで国境を越えた決済ができないわけではありませんが、Bitcoinには国境というものがありません。

多くの中央銀行がCBDCの概念実証を検討、あるいは積極的に実験しています。

中国は、2014年から「DC/EP」(Digital Currency/Electronic Paymentsの略) というプロジェクトを進めています。デジタル人民元は、すでに各都市で積極的に導入されています。欧州中央銀行 (ECB) は、2020年10月にデジタルユーロを提案し、そのメリットを評価したレポートを発表しています。


中央銀行デジタル通貨 (CBDC) について

技術的な観点から言えば、CBDCは基本的に、政府 (あるいは民間企業の承認された団体) によって運営・管理されるデータベースである。これが、CBDCがパーミッションドデータベースと言われる理由です。承認されたアクターのみがネットワーク上で取引を行うことができます。

そのため、データベースを管理する集中管理者は、取引の阻止、取引の差し戻し、資金の「凍結」アドレスのブラックリスト化などの権限を持っています。

多くのCBDCは、おそらく独自のブロックチェーンで稼働されるでしょう。ただし、パブリックブロックチェーンで発行されるものも出るでしょう。そうすれば、パーミッションレスのベースレイヤーの上に、パーミッション付きのアセットが決済されることになります。これにより、パーミッションドレイヤーが中央銀行に必要なコントロールを提供し、パーミッションレスレイヤーが最も強力なセキュリティ保証を提供するという、両方の世界の長所を提供することができます。

しかし、これが当たり前になることはないでしょう。現在のところ、パブリックブロックチェーンの中には、このような重要な任務を安全にこなせるだけの技術的な手段や時間的な試練に耐えられるものはありません。

それ以外にも、CBDCがどのように機能するかを一概に説明することは難しく、各国で異なるアプローチがとられています。彼らは皆、自分のニーズに合わせて技術を調整するでしょう。


中央銀行デジタル通貨 (CBDC) のメリット

仮想通貨に関連して「banking the unbanked」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。このアイデアには魅力がありますが、CBDCはBitcoinのような分散型の仮想通貨よりもこの目標を達成できる可能性が高いです。合法的な市民であれば、誰でも簡単に低コストの銀行口座にアクセスできるようにすることで、金融包摂を促進することができます。

また、お金の仕組みを変えることで、技術的な進歩も期待できます。法定通貨の大部分は、基本的にはデータベース上の数字ですが、インフラの大半はかなり古いものです。日曜の午後にメールを送信すると、当然ですが、数秒で完了します。しかし、送金を刷る場合は、現在の複雑な金融システムのおかげで何日もかかってしまいます。

COVID19のパンデミックへの経済的対応では、中央銀行はこれまで以上に迅速に行動する必要があることがわかりました。CBDCは、中央銀行や金融機関が金融政策の変更をこれまで以上に直接的に実行することを可能にするかもしれません。これは、中央銀行の仕組みを大きく変える可能性があります。

また、CBDCは、政府や中央銀行が不正行為を追跡することを容易にします。


CBDC vs ステーブルコイン

つまり、CBDCとステーブルコインの違いはなんでしょうか。機能的には似ていて、どちらもデジタルトークンという形で法定通貨を表しています。しかし、その裏の仕組みは全く違うものになっています。
ステーブルコインの発行は通常、民間企業が行い、基本的には法定通貨やその他の資産を表したものです。ステーブルは、その価値に応じて換金できますが、法定通貨ではありません。一方、CBDCは政府が法定通貨として発行しています。



CBDCと仮想通貨の比較

先に述べたように、CBDCは仮想通貨とは異なります。CBDCは、中央銀行と政府が法定通貨として発行します。CBDCは銀行券のようなものだと考えることができます。つまり、価値尺度であり、支払いの手段であり、価値の保存手段でもあります。
Bitcoinのような真の仮想通貨とは全く違うものです。政府が発行するものではないので、国境を意識することはありません。また、パーミッションレス、トラストレス検閲耐性などの特徴があります。また、ネットワークを制御する中央管理組織は存在しません。誰もあなたのBitcoinアドレスが他のBitcoinアドレスにトランザクションを送信することをブラックリスト化することはできません。

では、どちらがより優れているのでしょうか。ユースケース次第です。アリスがBitcoinをボブに直接送金できるという事実は、中間業者やトランザクションを検閲する能力を持つ人がいないというのはBitcoinなどの仮想通貨の強みです。その一方で、マイナス面もあります。大金が盗まれた場合、仮想通貨だとどうなるでしょう。また、アリスが間違えたアドレスに送ってしまった場合、どうなるでしょうか。

トランザクションを取り消したり、アドレスをブラックリストに載せたりする権限があることが役に立つ場合もあります。また、Bitcoinのような非中央集権的なネットワークの特徴が役に立つ場合もあります。


まとめ

まとめると、中央銀行のデジタル通貨は、法定通貨をデジタル化したものだと言えます。CBDCの導入の多くは、ブロックチェーン技術を使用することで、誰もがより簡単にデジタル決済を行うことができるようになると思われます。