ブロックチェーンユースケース
ブロックチェーンユースケース
ホーム記事
ブロックチェーンユースケース

ブロックチェーンユースケース

初心者
公開済 Feb 27, 2019更新済 Oct 4, 2022
5m

ブロックチェーンの基礎となるアイデアは、1991年にはすでに考案されましたが、2009年にBitcoinが開発されるまでは、この技術はなかなか注目されていませんでした。Bitcoinは、 Satoshi Nakamotoというペンネームの個人または人々のグループによって作成されました。Satoshi Nakamotoが誰なのかはまだ正確には分かっていませんが、彼らの技術革新はすでに世界のお金の創造と使用方法に大きな影響を与えています。

ほとんどのブロックチェーンは、暗号化を使用してデジタルデータを記録および保護する分散元帳として機能します。この技術は、デジタル通貨 (仮想通貨) のネットワークに適用されることがよくありますが、その分散型で安全な性質により、他の多くの業界にとっても強力なツールになります。

仮想通貨業界が成長し、ブロックチェーンベースのソリューションが改善するにつれて、この革新的な技術をさまざまなシナリオにどのように適用できるかを学ぶことは非常に重要になってきています。

信頼と高価なセキュリティの必要性を排除することによって、ブロックチェーンは効率を向上させます。さらに、分散ネットワークは、すべての参加者が見ることができる透明なデータベースとして構成できます。この意味で、ブロックチェーン技術は、分散および統一されたレコードを作成する機能を提供します。これは、多くの業界や組織 (慈善団体、サプライチェーン、ヘルスケアなど) でパフォーマンスとセキュリティを向上させる機会を提供します。


チャリティ

世界中の多くの慈善団体は、資産管理、運営の透明性、効果的なガバナンスの課題に対処するよう努めています。ブロックチェーン技術は、これらの基盤が資金の受領と管理のプロセスを最適化するのに確かに役立ちます。

ブロックチェーン技術を慈善団体の活動に活用した注目すべき例はすでにいくつかあります。例えば、ブロックチェーン慈善財団 (BCF) は、貧困と不平等と戦うための持続可能な開発目標に向けて活動する非営利団体であり、世界中でブロックチェーンを活用した慈善活動を可能にすることを目指しています。


慈善団体に関するブロックチェーンのユースケースについて読む


サプライチェーン

ほとんどのサプライチェーンネットワークは、透明性と効率性に関して多くの課題に直面しています。現在の管理システムは依然として信頼に依存しており、企業と関係者の間に適切な統合を提供するにはほど遠いです。ブロックチェーン技術は、サプライチェーンネットワーク内で材料を作成および流通するプロセス全体を追跡するために使用できます。分散データベースは、関連データを安全に記録し、製品の信頼性を確保し、支払いと輸送の透明性を確保するのに適しています。


サプライチェーンに関するブロックチェーンのユースケースについてについて読む


ヘルスケア

運用上のボトルネック、データエラー、官僚主義は、医療業界にとって大きな懸念事項です。ブロックチェーンには、サプライチェーンを通じた薬物の追跡や患者データの管理など、医療におけるいくつかのユースケースがあります。

さらに、ブロックチェーンはこれらの機関が保持するデータの価値が高く、それに対する高い信頼性のためにハッカーによって攻撃されることが多いため、病院に大きなセキュリティ上のメリットを提供する可能性があります。

企業は、デジタル健康記録を保存する方法としてブロックチェーンの使用を模索しています。ブロックチェーンのようなソリューションによって、企業は全体的なコストを削減しながら、データのプライバシーと正確性を高めることができます。


ヘルスケアに関するブロックチェーンのユースケースについて読む


ロイヤリティの支払い

ミュージシャン、ビデオゲームクリエイター、アーティストは、デジタル著作権侵害、第三者機関との不公平な関係、または単に支払われるべきロイヤリティを支払われないことで、適切な報酬を得るのに苦労していることがよくあります。

ブロックチェーン技術は、創造的な才能が、誰がコンテンツをレンタル、購入、および/または使用しているかの不変で透明な記録を持つプラットフォームを作成するために、使用できます。このようなプラットフォームは、基本的に自己実行型のデジタル契約である、スマートコントラクトを通じて決済を促進することもできます。


ガバナンス

ブロックチェーン技術は、ネットワークと運用をより民主化され、公正かつ安全な方法で管理することにより、さまざまなセクターのガバナンスを大幅に改善する可能性を秘めています。ブロックチェーンベースのシステムは、選挙やその他の憲法上のプロセス中の投票詐欺や信頼の必要性を排除するためのツールとして実装することができます。また、汚職に対する強力な武器として利用され、徴税から財政援助の分配まで、さまざまなシナリオでデータの整合性とトレーサビリティを向上させることもできます。


ガバナンス内に関するブロックチェーンのユースケースについて読む


決済ソリューションとdApps

世界中に送金することになると、ブロックチェーン技術はすでに非常に効率的であることが証明されています。世界中の友達、家族、その他の人々に仮想通貨を送金することは、中央集権的な銀行や支払いソリューションが提供しているサービスなどと比較して、すでに安価で高速です。

さらに、一元化されたウェブサイトやアプリは、ユーザーが自分のデータを制御できず、プラットフォームにもたらす真の価値に応じて報酬を与えないことがよくあります。ブロックチェーンベースの分散型アプリケーション (dApps) は仲介者を排除し、ユーザーに手数料の削減、インセンティブの向上、取引効率の向上を享受する可能性を与え、デジタルマネーを送受金することもできます。

Vitalik Buterinがかつて言ったように、ブロックチェーンソリューションは人々が互いに直接やりとりすることを可能にし、仲介者や集中型システムの必要性を排除します。

「ほとんどの技術は、周辺部の労働者が卑劣な仕事をすることを自動化する傾向がありますが、ブロックチェーンはコア部分を自動化します。」ブロックチェーンはタクシー運転手の仕事を奪うのではなく、Uberから仕事を奪い、タクシー運転手が顧客と直接働くことを可能にします。


モノのインターネット (IoT)

ブロックチェーンとモノのインターネット (IoT) の相性は非常に良いです。ブロックチェーンは分散型技術であり、IoTネットワークは、散在するソースからデータを収集するためによく使用されます。

ブロックチェーンにより、組織はIoTデバイス、収集するデータ、および互いの相互作用の不変で透明な元帳を保持できます。そのセキュリティ機能と仮想通貨アプリケーションの中で、ブロックチェーンはマシン・トゥ・マシン (M2M) トランザクションに理想的なプラットフォームを提供します。

ブロックチェーンは正確で安全なトランザクションを促進することに基づく技術であるため、説明責任とデータの正確性とセキュリティを確保するためにIoTと統合されていることは理にかなっています。そのため、多くの企業がブロックチェーンを活用したIoTネットワークに多くのリソースを配置しています。


IoT内に関するブロックチェーンのユースケースについて読む


まとめ

分散型台帳技術として、ブロックチェーンはネットワークや組織にセキュリティ、透明性、説明責任、効率を向上させる能力を持っています。この技術はプライバシーを強化し、信頼の必要性を排除します。また、ユーザーがボーダレスなピア ツー ピア取引を実行できる価値のあるインターネットも作成します。

そのため、ブロックチェーン技術と仮想通貨はここにとどまるだけでなく、金融、農業、ビッグデータから政府、投票、法律まで、あらゆる種類の産業や生活の側面を変革する力も持っています。