ブロックチェーンが銀行業界にもたらす影響
HomeArticles

ブロックチェーンが銀行業界にもたらす影響

中級者
6mo ago
6m

コンテンツ

ブロックチェーンはどのような変化を現在の銀行分野にもたらすか。

銀行は行内の元帳によって、金融システムの管理と調和を行うことで、世界経済における仲介者としてたいてい機能しています。この元帳は公開されていないため、私たちは銀行とその時代遅れなインフラを強制的に信用させられています。

ブロックチェーン技術には現在の世界のマーケットに革新をもたらすだけでなく、誰でも簡単にアクセスできる、トラストレスで、ボーダーレス、そして透明性のあるシステムを活用することで、銀行業界という仲介人を完全に排除するポテンシャルがあります。

ブロックチェーンにはより迅速、かつ安価なトランザクションを促進することw助けたり、資本へのアクセスを向上させたり、高度なデータセキュリティを実現したり、スマートコントラクトを通じてトラストレスな合意を執行し、コンプライアンスをよりスムーズにしたりするなどのポテンシャルがあります。

さらに、ブロックチェーンのイノベーティブな性質によって実現した、新しく利用可能な金融関連のブロックが相互にやり取りできる方法は潜在的にまったく新しいタイプの金融サービスにつながる可能性があります。


銀行と金融業にとってのブロックチェーンの主要な利点は?

  • セキュリティ:ブロックチェーンベースのアーキテクチャは単一障害点を排除し、仲介者がデータを保有する必要を減らします。
  • 透明性:ブロックチェーンは共通プロセスを標準化し、全てのネットワーク参加者にとっての唯一の真実の共有ソースを作り上げます。
  • 信用:透明性のある元帳は様々な当事者が協力し、合意に達することをより簡単にします。
  • プログラム可能:ブロックチェーンを活用することで、スマートコントラクトの作成と実行によるビジネスプロセスの信用できる自動化が可能となります。
  • プライバシー:ブロックチェーンによって実現される、プライバシー技術は事業者間での選択的なデータ共有を可能にします。
  • パフォーマンス:ブロックチェーンを活用したネットワークでは、さまざまなチェーン間の相互運用性をサポートしながら、多数のトランザクションを維持するように設計されており、ブロックチェーンが相互につながった新しいウェブを作っています。


ブロックチェーンを活用した迅速な決済

現在の銀行システムで送金をすると長いプロセスが必要となり、銀行も顧客も様々な手数料を支払う必要があり、さらに追加の審査や許可を要求される場合もあります。即時に繋がっている時代において、銀行システムは技術的な進歩の大半を取り入れることができず、時代遅れとなっています。

ブロックチェーン技術はより低い手数料ではるかに速く、秒で、国境を越えて、決済できる方法を提供し、さらにこれまでの時代遅れのシステムが提供してきたのと同等のセキュリティを保証します。

これに関して、さらに詳しく知りたい場合はバイナンスアカデミーのブロックチェーンユースケース:国際送金の記事をぜひご覧ください。


ブロックチェーン上での直接資金調達

歴史的に企業はエンジェル投資家やベンチャーキャピタル、銀行などの外部の金融機関から資金を調達しようとしてきました。この方法は、バリュエーション、株式分割、企業戦略など多くのことを決定するのに、長い交渉を必要とする厳密なプロセスです。

ICOIEOは新しいプロジェクトに銀行や金融機関を使わずに資金を調達できる機会を提供します。ブロックチェーンを活用することによって、投資家に自社が発行するトークンが利益をもたらすという前提で企業はICOを行うことで、企業は資金と引き換えに自社のトークンを販売できます。これまでは銀行はビジネスの証券化とIPO(新規株式上場)をするのに莫大な手数料を課してきましたが、ブロックチェーンテクノロジーを使うことでこういった手数料を不要にすることができます。

ただし、ICOには資金調達を民主化するポテンシャルはありますが、いくつかの問題点もあります。ICOは比較的簡単に行えるため、プロジェクトは、実際に約束を果たすための正式または具体的な要件なしに、かなりの額の資金を調達することができました。ICO市場はほとんど規制されていないため、投資家は大きな財務リスクを抱えることになります。


ブロックチェーン上での資産のトークン化

証券や株、債券、コモディティ、為替、デリバティブなどの資産の売買を行うには銀行、ブローカー、クリアリングハウス、そして取引所間での複雑かつ、調整された手続が必要となります。このプロセスは効率的かつ、正確でなければいけません。より複雑になることは、時間とコストの増加を直接意味します。

ブロックチェーンテクノロジーはあらゆる種類の資産を簡単にトークン化できる技術的なベースレイヤーを提供することでこのプロセスをシンプルにすることができます。大半の金融資産はオンラインブローカーを通じて、デジタルで売買されているため、それらの資産をブロックチェーン上でトークン化することは、関係者全員にとって便利なソリューションと思われます。

いくつかのブロックチェーン企業は不動産、芸術品、そしてコモディティなどの現実世界の資産のトークン化に投資しています。これによって、現実の価値を保持している資産の所有権を移転するプロセスが安価で、便利になります。また、高価な資産の所有権を部分的に購入できるようにすることで、小口投資家に以前は買うことができなかった投資商品への、新しい道を開くことになるでしょう。


ブロックチェーンを活用したレンディング

銀行や他の貸金業者は貸金という分野を独占してきており、独占していることによって比較的高い利率でローンを提供し、資金へのアクセスを信用スコアに基づいて制限してきました。このプロセスによって、お金を借りるプロセスは長く、コストのかかるものになりました。銀行は優位なポジションにいますが、経済は車や住宅のような高価な商品を買うために銀行が必要な資金を提供することに頼っています。

ブロックチェーンテクノロジーによって、分散型金融(DeFi)として知られている動きの1つである、新しい種類のレンディングエコシステムに誰でも参加できるようになります。  

P2P(個人間)での貸金をブロックチェーンによって実現することで、誰でも、シンプルに、安全で、安価な方法で、かつ誰かの恣意的な制限なく、お金の貸し借りを行うことができるようになります。これによって、貸金における競争が激しくなることで、銀行は顧客により良い条件を提供することも余儀なくされます。


グローバルの貿易金融におけるブロックチェーンの影響

国際貿易は輸出入を行う業者に対して課せられている多数の国際的なルールや規制のせいで、とても不便なものになっています。商品を追跡し、各段階で商品を移動するには、手書きの文書と元帳を必要とする、手動でのプロセスが依然として要求されています。

ブロックチェーンテクノロジーによって、世界規模における商品の動きを正確に追跡できる共有元帳によって、貿易金融の参加者に高度なレベルの透明性を提供します。貿易金融の複雑な世界を簡素化および合理化することにより、ブロックチェーンテクノロジーは輸出入業者、およびその他の企業の時間と費用を大幅に節約します。


スマートコントラクトによるより安全な合意

人や企業が合意を結んだときに、その合意を守らせるために契約は存在しますが、これには高いコストがかかります。契約は複雑なため、契約を作成するプロセスには、法律の専門家による多くの手作業が必要です。

スマートコントラクトはブロックチェーン上での改ざん不可能、かつ決定論的なコードによって、合意の自動化を実現します。お金はエスクローに安全に保管され、契約の特定の条件が満たされた場合にのみ解放されます。

スマートコントラクトは、合意に達するために必要な信頼の要素を大幅に削減し、金融契約のリスクと最終的に法廷で終わる可能性を最小限にします。


ブロックチェーンによるデータの一体性とセキュリティ

信頼できる仲介者とデータを共有すると、常にデータが危険にさらされるリスクがあります。それに加えて、多くの金融機関は依然として紙ベースの保管方法を使用しているため、記録保持コストが大幅に増加します。

ブロックチェーンテクノロジーにより、プロセスの合理化が可能になり、データの検証とレポートを自動化し、 KYC  AML に関係するデータとトランザクション履歴をデジタル化し、財務書類のリアルタイム認証を可能にします。これにより、運用リスク、不正リスク、および金融機関のデータ処理コストが削減されます。

これに関して、さらに詳しく知りたい場合はバイナンスアカデミーのブロックチェーンユースケース:デジタルIDの記事をぜひご覧ください。


まとめ

銀行および金融業界は、ブロックチェーンの影響を受ける主要なセクターの1つです。 潜在的なユースケースは、リアルタイムトランザクションから資産のトークン化、レンディング、より円滑な国際貿易、より堅牢なデジタル契約など、数多くあります。

この新しい金融インフラの可能性を完全に発揮するために、必要なすべての技術および規制上のハードルが解決されるのは、時間の問題です。

信頼性、透明性、およびボーダレスのベースレイヤーに基づく、銀行および金融業は、よりオープンで相互に繋がった経済を実現する上で効果的と考えられます。