8つのよくあるBitcoin詐欺とその見抜き方
8つのよくあるBitcoin詐欺とその見抜き方
ホーム記事

8つのよくあるBitcoin詐欺とその見抜き方

初心者
1w ago
7m

概要

ブロックチェーン分野にはいくつかの仮想通貨詐欺があります。最も一般的なものとしては、恐喝、フェイク取引所、フェイクギブアウェイ、ソーシャルメディアフィッシング、コピーアンドペーストマルウェア、フィッシングメール、ポンジとピラミッドスキーム(ねずみ講とMLM)、ランサムウェア、情報商材などがあります。

それぞれについて簡単に説明することで、最も一般的なBitcoin詐欺を回避し、仮想通貨を安全かつ健全に保持する方法を学ぶことができます。


はじめに

新しい技術が世の中に導入される限り、詐欺師たちは活躍の場を探し続けるでしょう。残念ながら、Bitcoinは国境を越えたデジタル通貨であるため、 仮想通貨詐欺師 にとっては、興味深い機会となります。

Bitcoinの分散型の性質によって、自分の投資を完全にコントロールすることができます。しかしながら、それはまた、適切な規制と法執行の枠組みを明確にすることを困難にします。もしも、詐欺師があなたを騙してBitcoinを使わせることに成功したら、そのBitcoinが返ってくることはないでしょう。

そのため、詐欺師がどのように騙そうとしてくるのか、そしてどのようにそういった危険を見抜くかを理解することは非常に重要です。世の中には様々な種類のBitcoin詐欺がありますが、その中でも特によく使われる手法がいくつかあります。そのため、この記事では、8つの最も一般的なBitcoin詐欺とそれらの見抜き方を見ていきます。


一般的なBitcoin詐欺(とそれらの見抜き方)

恐喝

脅迫は、詐欺師が相手を脅して、何らかの形で報酬を得ないと機密情報を公開しないようにするために使う有名な方法です。この払い戻しは、通常、仮想通貨、特に Bitcoin の形で行われます。

脅迫は、詐欺師があなたについての個人情報を発見したり、捏造したりして、その情報を利用して、Bitcoinなどを送るように要求し、強制させることによって行われます。

詐欺師にBitcoinを脅し取られないようにするには、ログイン 認証情報 、オンラインでアクセスするサイト、情報を提供する相手に気をつけることです。また、可能な限り2段階認証を使用するのが賢明です。脅迫された情報が、嘘であることが分かっていれば、あなたは大丈夫かもしれません。


偽の取引所

偽の 取引所は、その名が示すように、正当な仮想通貨取引所の不正なコピーサイトです。一般的に、これらの詐欺はモバイルアプリケーションとして表示されますが、デスクトップ・アプリケーションや偽のウェブサイトとして表示されることもあります。偽の取引所の中には、公式の取引所とよく似たものがあるので、注意が必要です。一見すると公式サイトに見えるかもしれませんが、彼らの目的はお客様のお金を盗むことです。

一般的に、このような偽の取引所は、無料の仮想通貨、競争価格、低い交換手数料、さらにはギフトを提供することで、仮想通貨トレーダーや投資家を惹きつけます。

偽の取引所で詐欺に遭わないためには、本物のURLをブックマークし、ログインする前に必ずダブルチェックする必要があります。また、バイナンス検証を使用して、URLやTelegramグループ、Twitterアカウントなどの正当性を確認することもできます。 

モバイルアプリの場合は、開発者情報、ダウンロード数、レビュー、コメントなどを必ず確認してください。詳しくは、 モバイル機器でよくある詐欺一覧 をご覧ください。


偽の景品

偽の景品は、少額の入金と出金に無料で何かを提供することで、お客様の仮想通貨を詐取するために使用されます。一般的に、詐欺師は見返りとしてより多くのBitcoinを受け取るために、まずBitcoinアドレスに資金を送るように要求します。(例: ”0.1BTCを送って0.5BTCを受け取る” )しかし、このようなBitcoinの取引をしても、何も受け取ることができず、資金が帰ってくることはありません。

偽の景品詐欺には様々な種類があります。BTCの代わりに、ETH、BNB、XRPなど、他の仮想通貨を要求する詐欺もあります。場合によっては、お客様の 秘密鍵 やその他の機密情報を求められることもあります。
偽の景品は、Twitterなどのソーシャルメディアでよく見られ、詐欺師は人気のあるツイートやバイラルニュース、またアナウンスを利用します。(プロトコルのアップグレードや近日中に予定されている ICOなど)

偽の景品詐欺を避けるための最善の方法は、最初に価値のあるものを送らなければならないような種類の景品には絶対に参加しないことです。正当な景品は、資金を要求することはありません。


ソーシャルメディアフィッシング

ソーシャルメディアフィッシングは、偽の景品と同様に、ソーシャルメディア上で見つけられる可能性が高い、一般的なBitcoin詐欺です。詐欺師は、仮想通貨空間で高いレベルの権限を持つ人物に見えるアカウントを作成します。(これはなりすましとも呼ばれます)次に、ツイートやダイレクトチャットのメッセージで偽の景品を提供します。

ソーシャルメディアフィッシングで詐欺に遭わないための最善の方法は、相手が実際に自分を名乗っているかどうかを再確認することです。TwitterやFacebookの青いチェックマークのように、特定のソーシャルメディアのプラットフォームでは、通常、このような指標があります。


コピー&ペースト型のマルウェア

コピー&ペースト型の マルウェアは、詐欺師がお客様の資金を盗むための非常に卑劣な手段です。この種のマルウェアは、クリップボードのデータを乗っ取り、注意しないと詐欺師に直接お金を送ってしまうことになります。
例えば、友人のBob氏にBTCのお支払いを送るとします。いつものように、彼はBitcoinのアドレスを送ってくるので、それをコピーして自分のBitcoin ウォレットに貼り付けます。しかし、あなたの端末がコピー&ペースト型のマルウェアに感染していると、貼り付けた瞬間に詐欺師のアドレスが自動的にBob氏のアドレスに置き換わってしまいます。つまり、お客様のBitcoin取引が送信され、確認された時点で、お客様のBTCの支払いは詐欺師の手に渡り、Bob氏は何も受け取ることができません。

このような詐欺に遭わないためには、コンピュータのセキュリティに細心の注意を払う必要があります。不審なメッセージや、感染した添付ファイルや危険なリンクが含まれている可能性のあるメールには注意が必要です。ウェブサイトの閲覧や、機器にインストールするソフトウェアにも注意してください。また、ウイルス対策ソフトを導入し、定期的に脅威をスキャンすることも検討してください。また、デバイスのオペレーティングシステム(OS)を常に最新の状態にしておくことも重要です。


フィッシングメール

フィッシングにはいくつかの種類があります。代表的なものに、 フィッシングメールがあります。このメールは、お客様を騙して感染したファイルをダウンロードさせたり、正規のウェブサイトに見える悪意のあるウェブサイトに誘導するリンクをクリックさせたりします。このようなメールは、お客様がよく利用する商品やサービスを模したものが特に危険です。

通常、詐欺師は、お客様のアカウントや資金を保護するために緊急の行動を取るよう求めるメッセージを含んでいます。アカウント情報の更新、パスワードの再設定、書類のアップロードなどをお願いする場合があります。多くの場合、彼らの目的は、お客様のアカウントをハッキングするために、お客様のログイン情報を収集することです。

 フィッシングメール詐欺に遭わないための第一歩は、メールが本来の送信元から来ているかどうかを確認することです。怪しい場合は、その会社に直接連絡して、受け取ったメールがその会社からのものであることを確認することもできます。次に、メールのリンクに(クリックせずに)カーソルを合わせると、URLにスペルミスや異常な文字がないかどうかを確認できます。

赤い旗を見つけられなくても、リンクをクリックするのは避けるべきです。アカウントにアクセスする必要がある場合は、URLを手入力したり、ブックマークを利用するなど、他の方法でアクセスしてください。


ねずみ講とピラミッドスキーム

ねずみ講とマルチ商法は、歴史上最も古い金融詐欺の一つです。ねずみ講とは、新しい投資家の資金で古い投資家にリターンを支払う投資戦略のことです。詐欺師が新しい投資家を連れてこられなくなると、お金が流れなくなります。OneCoinは、仮想通貨のねずみ講の良い例でした。

ねずみ講とは、新しい会員を何人登録したかに応じて報酬を支払うビジネスモデルです。新規入会者がいなくなると、お金の流れが止まってしまいます。

これらのスキームから逃れるための最善の方法は、購入する仮想通貨についてよく調べておくことです – アルトコインでもBitcoinでも同様です。仮想通貨やBitcoinのファンドの価値が、純粋に新しい投資家やメンバーの参加に依存している場合は、ねずみ講やマルチ商法になっている可能性があります。


ランサムウェア

ランサムウェアとは、身代金(通常はBTC)を支払わない限り、被害者の携帯電話やコンピュータのデバイスをロックしたり、貴重なデータにアクセスできないようにするマルウェアの一種です。これらの攻撃は、病院、空港、政府機関などを狙った場合、特に大きな被害をもたらします。

一般的にランサムウェアは、重要なファイルやデータベースへのアクセスを遮断し、期限までに支払いを受けられない場合は削除すると脅かされます。しかし残念ながら、攻撃者がその約束を守るという保証はありません。

ランサムウェアの攻撃から身を守るためにできることがあります:

  • ウイルス対策ソフトを導入し、OSやアプリケーションを常に最新の状態に保ちましょう。
  • 広告や怪しいリンクをクリックしないようにしましょう。
  • 電子メールの添付ファイルには注意が必要です。 .exe  .vbs  .scrで終わるファイルには特に注意が必要です。)
  • 感染しても復元できるように、定期的にファイルをバックアップしておきましょう。
  •  NoMoreRansom.orgでは、ランサムウェア対策に役立つアドバイスや無料の復旧ツールを紹介しています。


まとめ

Bitcoinの詐欺はたくさんあるので、気をつけてください。しかし、このような詐欺の仕組みを知ることは、詐欺を完全に回避するための重要な第一歩です。最も一般的なBitcoin詐欺を避けることができれば、あなたの仮想通貨保有量を安全かつ健全に保つことができるでしょう。

Bitcoinの詐欺とその回避方法について、他に質問はございますか?Q&Aプラットフォーム アスクアカデミーでは、バイナンスコミュニティがあなたの質問にお答えします。