ドルコスト平均法(DCA)の説明
ドルコスト平均法(DCA)の説明
ホーム記事

ドルコスト平均法(DCA)の説明

初心者
3w ago
7m

はじめに

アクティブトレードは、ストレスや時間がかかり、結果が悪くなることがあります。しかし他の選択肢もあります。多くの投資家がそうであるように、あなたも時間と労力のかからない投資戦略を探しているかもしれません。あるいは、より受動的な投資スタイルを探しているかもしれません。バイナンス・エコシステムには、ステークバイナンス・セービングでの資産の貸与バイナンスのマイニングプールへの参加など、多くの選択肢があります。 
しかし、市場に投資したいと思っていても、どのように始めたらいいのかわからない場合はどうしたらいいのでしょうか?より具体的には、長期的なポジションを構築するための最適な方法は何でしょうか?この記事では、ドルコスト平均法(DCA)と呼ばれる投資戦略について説明します。これを利用する事で、ポジションに就く際のリスクを容易に軽減出来ます。


ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法は、資産の購入におけるボラティリティの影響を軽減することを目的とした投資戦略です。これは、一定の間隔で同額の資産を購入することを含みます。

このように市場に参入することで、投資が一時金(一括払い)のようにボラティリティーの対象とならない事が前提になる可能性があります。なぜでしょうか?定期的に購入することで、価格を平準化することができます。長期的には、このような戦略は、悪い参入が投資に与えるマイナスの影響を軽減することができます。DCAの仕組みと、DCAの使用を検討する理由について説明します。


なぜドルコスト平均法を使うのか?

ドルコスト平均法の最大のメリットは、間違ったタイミングで賭けをするリスクを減らすことができることです。賭けのタイミングは、トレードや投資において最も難しいことの一つです。多くの場合、トレードのアイデアの方向性が正しい場合でも、タイミングがずれていることがあります。ドルコスト平均は、このリスクを軽減するのに役立ちます。 

投資をより小さな単位に分割する事で、同じ金額を1つの大きな単位に投資するよりも良い結果が得られる可能性が高いです。タイミングの悪い買い物をするのは驚くほど簡単で、理想的な結果にはなりません。さらに、意思決定におけるバイアスを排除できます。一度ドルコスト平均にコミットすると、戦略があなたのために意思決定をしてくれます。

ドルコスト平均法は、もちろん完全にリスクを軽減するものではありません。アイデアは、タイミングの悪いリスクが最小限に抑えられるように、市場への参入をスムーズにすることだけです。ドルコスト平均法は絶対に成功した投資を保証するものではありません。他の要因も同様に考慮しなければならないのです。

我々が議論してきたように、賭けのタイミングを決める事は非常に困難です。最大の取引のベテランであっても、時には市場を正確に読み取るのに苦労します。このように、あなたがポジションでドルコスト平均法を使用している場合、撤退計画を検討する必要があるかもしれません。つまりポジションから抜け出すためのトレード戦略です。

ここで、目標価格(または価格帯)が決定すれば、これはかなり簡単です。あなたは再び投資を均等に分割し、価格が目標に近づいてきたら、それらを販売を開始します。このようにして、あなたは適切なタイミングで取得しないことのリスクを軽減することができます。しかし、これは完全にあなたの個々の取引システムに依存しています。

一部の人々は、購入した資産が時間の経過とともに継続的に評価されることが期待されているため、本質的には決して売却しないことが目標である「バイアンドホールド」戦略を採用しています。過去100年のダウ平均株価推移を見てみましょう。 

 

1915年以降のダウ平均株価推移(DJIA)


短期的には景気後退の時期もありますが、ダウは上昇トレンドが続いています。買いホールド戦略の目的は、市場に参入して、タイミングが重要ではないように、十分に長くポジションを維持することです。

しかし、この種の戦略は通常、株式市場を対象としており、仮想通貨市場には適用されない可能性があることを念頭に置いておく価値があります。ダウの推移は、現実世界の経済に結びついていることに留意してください。他の資産クラスの推移は大きく異なります。


ドルコスト平均法の例

この戦略を例を通して見てみましょう。1万ドルという固定のドルを持っていて、ビットコインに投資するのは妥当な賭けだと考えているとしましょう。価格は現在のゾーンでレンジになる可能性が高いと考えており、DCA戦略を使って積み立ててポジションを構築するには有利な場所だと考えています。

1万ドルを100個の100ドルの塊に分割して、毎日100ドル分のビットコインを買うことになります。このようにして、エントリーを約3ヶ月間に分散します。

さて、別プランでドルコスト平均法の柔軟性を説明してみましょう。ビットコインが弱気相場に入り、少なくともあと2年間は強気相場が続くとは思えません。しかし、いずれは強気相場になると予想しており、事前に準備をしておきたいところです。

同じ戦略を使うべきでしょうか?おそらく、そうではないでしょう。この投資ポートフォリオは、遥かに期間を持っています。この1万ドルはこの戦略に今後数年割り当てられることを覚悟しておかなければなりません。では、何をすべきでしょうか?

また100ドルずつに投資を分割すればいいのです。しかし、今回は毎週100ドル相当のビットコインを購入することにします。1年は多かれ少なかれ52週あるので、全体の戦略は2年弱で実行されることになります。

このようにして、下降トレンドが軌道に乗っている間に長期的なポジションを積み上げていきます。上昇トレンドが始まっても乗り遅れることはありませんし、下降トレンドでの買いのリスクも軽減されています。

しかし、この戦略にはリスクがあることを覚えておいてください。私たちは結局、下降トレンドの中で買うことになるのです。一部の投資家にとっては、下降トレンドの終わりが確認されるまで待ってからエントリーを開始した方が良いかもしれません。彼らがそれを待つ場合、平均コスト(または株価)はおそらく高くなりますが、下降リスクの多くは、その見返りとして軽減されます。


ドルコスト平均法の計算機

dcabtc.comにビットコインのドルコスト平均法の計算機があります。金額、時間軸、間隔を指定することができ、異なる戦略が時間をかけてどのように実行されたかを知ることができます。長期的に持続的な上昇トレンドにあるビットコインの場合、この戦略は一貫して非常にうまく機能していることがわかります。

以下、過去5年間、毎週10ドルだけのビットコインを購入した場合の投資推移を見ることができます。週に10ドルって、そんなに大した金額には思えないですよね?さて、2020年4月の時点で、あなたは合計で約2600ドルを投資しており、あなたのビットコインのスタックは約2万ドルの価値があることになります。


過去5年間で毎週10ドルのBTC購入推移 出典:dcabtc.com



仮想通貨を始めようと思っていますか?バイナンスでビットコインを購入しよう!



ドルコスト平均法に反対する場合

ドルコスト平均法は有利な戦略であることが分かったと思います。しかしそれは同様に懐疑論者を持っています。ドルコスト平均法は、市場が大きく変動したときに最高のパフォーマンスを発揮することは間違いありません。この戦略は、ポジションの高いボラティリティの影響を緩和するように設計されているので、これは理にかなっています。

しかし、一部では市場が好調に推移すれば、投資家が損をするとの見方もあります。それはなぜでしょうか?市場が持続的な強気相場にある場合、早期に投資した方が良い結果が得られるという仮定が成り立ちます。このように、ドルコスト平均法は、上昇トレンド時の利益を減衰させる効果があります。このような場合は、一括投資がドルコスト平均法よりも優れている可能性があります。

そうは言っても、ほとんどの投資家は、一度に投資できる大金を持っているわけではありません。そのため、長期的に少額の投資を行うのがベストかもしれません。


おわりに

ドルコスト平均法は、投資のボラティリティの影響を最小限に抑えながら、ポジションに入るための償還戦略です。これは、投資をより小さなチャンクに分割し、定期的に購入することが含まれます。

この戦略を利用する主なメリットは以下の通りです。市場のタイミングを計ることは難しく、積極的に市場を把握したくない人は、この方法で投資することができます。

しかし、一部の懐疑論者によると、ドルコスト平均法は、強気相場では一部の投資家が利益を失う可能性があると言われています。しかし、ドルコスト平均法は多くの投資家にとって便利な投資戦略であることに変わりはありません。