仮想通貨エアドロップとは?
目次
はじめに
仮想通貨エアドロップとは?
仮想通貨エアドロップの仕組みについて
なぜ仮想通貨プロジェクトはエアドロップを行うのでしょうか?
仮想通貨エアドロップと ICOは同じものでしょうか?
エアドロップの種類
バウンティエアドロップ
独占的エアドロップ
保有エアドロップ
エアドロップを請求する方法
エアドロップ詐欺を回避する方法
まとめ
仮想通貨エアドロップとは?
ホーム記事
仮想通貨エアドロップとは?

仮想通貨エアドロップとは?

初心者
Published Feb 11, 2022Updated Mar 9, 2022
6m

概要

仮想通貨エアドロップは、プロジェクトとその新しいトークンを宣伝するために、仮想通貨スタートアップが採用するマーケティング戦略です。この戦略は、そのネイティブ仮想通貨を、現在のユーザーや潜在的なユーザーに無料で配布するというものです。プロジェクトのソーシャルメディアアカウントをフォローし、その投稿をシェアするなど、ユーザーが請求する前に簡単なプロモーション活動を行う必要がある場合もあります。

エアドロップには様々な種類があり、仮想通貨プロジェクトにはそれぞれ必要なものがあります。しかし、ほとんどのエアドロップには、プロジェクトに対する認知度や関心を高めるという共通の目的があります。ユーザーのウォレットに直接送られるものもあれば、手動による請求が必要なものもあります。

仮想通貨のウォレットを持っている人なら誰でもエアドロップを受け取ったり、請求したりすることができますが、詐欺師には常に注意する必要があります。 無料トークンを請求したり送金したりする際に、ウォレットの資金を盗む不正なエアドロップが多く存在します。 エアドロップを請求する前に、必ずプロジェクトの正当性を確認してください。特に注意しなければならないのは、エアドロップのウェブサイトにウォレットを接続することを要求している場合です。


はじめに

新しいコインの数が増え続ける中で、仮想通貨投資家やトレーダーがすべての新しいプロジェクトを把握するのは困難です。そのため、一部の仮想通貨プロジェクトでは、目立って知名度を上げる方法としてエアドロップを提供しています。誰もが無料の仮想通貨を愛していますが、エアドロップは必ずしも合法的ではありません。ここでは、その仕組みと、エアドロップ詐欺から身を守るためにできることをご紹介します。


仮想通貨エアドロップとは?

仮想通貨エアドロップとは、仮想通貨プロジェクトから複数のウォレットにデジタル資産を送ることを指します。コインやトークンを現在のユーザーや潜在的なユーザーに配布することで、プロジェクトの認知度を高めるというものです。これらのトークンは無料で配布されていますが、一部のエアドロップでは、ユーザーが請求する前に特定のタスクを完了させる必要があります。仮想通貨エアドロップは、2017年の イニシャル・コイン・オファリング (ICO) ブームの際に人気を博しましたが、現在も多くの仮想通貨プロジェクトがマーケティング戦略として使用しています。


仮想通貨エアドロップの仕組みについて

仮想通貨エアドロップにはさまざまな種類がありますが、通常は、少量の仮想通貨を複数のウォレット (通常はEthereumまたはバイナンススマートチェーン) に分配するものです。あまり一般的ではありませんが、通常の仮想通貨の代わりにNFTをプレゼントするプロジェクトもあります。

何も要求せずに配布をしてくれるプロジェクトもあれば、請求する前に一定のタスクを完了しなければいけないプロジェクトもあります。これらのタスクには、ソーシャルメディアのアカウントをフォローしたり、ニュースレターを購読したり、ウォレットの中に最低限のコインを入れておくことなどが含まれます。ただし、エアドロップされたトークンを必ず入手できるとは限りません。

場合によっては、特定の日までにプロジェクトのプラットフォームとやりとりしたウォレットにのみエアドロップが与えられることもあります。1INCHUniswapは、この方法でアーリーアダプターをサポートした人気のある例です。しかし、一般的なエアドロップとは異なり、それらは何千ドルもの価値が付きました。


なぜ仮想通貨プロジェクトはエアドロップを行うのでしょうか?

前述したように、ブロックチェーンプロジェクトは、より多くの人に採用され、ネットワークを拡大するために、無料でトークンを配布しています。保有者数が多いということは、ポジティブな指標として捉えられることが多く、トークンの所有権という点でもプロジェクトの分散化が進んでいます。また、仮想通貨エアドロップは、受信者がプロジェクトを利用したり宣伝したりする動機となります。これにより、プロジェクトが仮想通貨取引所に上場する前に、初期のユーザーベースを開拓することができます。

一方で、エアドロップは成長を偽装することにもなりかねません。ですから、採用を評価する際には、他の要素も考慮することが大切です。例えば、あるトークンを何十万人ものアドレスが保有しているにもかかわらず、誰も実際に使っていない場合、そのプロジェクトは詐欺であるか、単にコミュニティを魅了できなかったかのどちらかであると考えられます。


仮想通貨エアドロップと ICOは同じものでしょうか?

仮想通貨エアドロップとICOは、どちらも新しい仮想通貨のプロジェクトに関わるものですが、概念が異なります。エアドロップが参加者からの投資を必要としないのに対し、ICOはクラウドファンディングの手法の1つです。

ICOでは、プロジェクトチームがトークンセールを行い、投資家から資金を集めます。ICOが普及しはじめたのは2014年で、Ethereumが開発支援のためにクラウドファンディングを行ったことがきっかけでした。2017年、仮想通貨空間はICOブームとなり、何百もの新しいプロジェクトがこの手法を採用しました。ICOについては、ICO (イニシャル・コイン・オファリング) とは?をご覧ください。


エアドロップの種類

これまで見てきたように、仮想通貨エアドロップを行うには様々な方法があります。複数のウォレットに仮想通貨を転送するだけの標準的なエアドロップ以外にも、いくつかの種類があります。一般的な例としては、バウンティ、独占的、保有のエアドロップなどがあります。


バウンティエアドロップ

バウンティエアドロップでは、Twitterでプロジェクトに関する投稿をシェアする、プロジェクトの公式Telegramに参加する、Instagramで投稿を作成して数人の友人をタグ付けするなど、ユーザーが特定のタスクを完了する必要があります。バウンティエアドロップを請求するには、ウォレットのアドレスをフォームに記入し、タスクを完了したことを証明する書類を提出するよう求められることが多いようです。


独占的エアドロップ

独占的なエアドロップでは、指定されたウォレットにのみ仮想通貨を送信します。通常、受賞者は、地域社会の活発なメンバーであったり、プロジェクトの初期の支援者であったりと、プロジェクトとの間に確立された歴史を持っています。

2020年9月、分散型取引所 (DEX)Uniswapは、ある日以前に自分たちのプロトコルとやりとりしたことのあるすべてのウォレットに400 UNIをエアドロップしました。ガバナンストークンは、保有者に将来のプロジェクトの発展に関わる意思決定に投票する権利を与えます。

 

保有エアドロップ

保有エアドロップでは、ウォレットに一定量のデジタル通貨を保有している人に無料でトークンを配布しています。プロジェクトチームは通常、特定の日時にユーザーの仮想通貨保有量に基づいたスナップショットを撮影します。ウォレットの残高が最低条件を満たしていれば、受信者はスナップショットの時点での保有量に応じて無料トークンを請求することができます。

多くの新規プロジェクトでは、Bitcoin (BTC)、Ether (ETH)、BSCのウォレット保有者にトークンをエアドロップしていますが、これはこの分野で最大のコミュニティを持っているからです。例えば、Stellar Lumens (XLM) は2016年に30億XLMをBTC保有者にエアドロップしましたが、このエアドロップはBitcoinネットワーク内のユーザーに限定されていました。


エアドロップを請求する方法

前述のように、そのプロセスはプロジェクトごとに異なります。しかし、エアドロップを請求するために必要な最も重要なものは、仮想通貨のウォレットです。MetaMaskは、人気があり、使いやすい仮想通貨ウォレットです。ウォレットを持った後、あなたのウォレットが無料のトークンを受け取ったかどうかを確認することができます。そうでない場合は、エアドロップを請求するためにウェブサイトでのやり取りが必要になると思われます。


エアドロップ詐欺を回避する方法

エアドロップが合法的なものなのか、それとも詐欺なのかを見分けるのは難しいことです。特にウォレットをウェブサイトに接続する必要がある場合には、エアドロップにサインアップする前に、必ずDYORをするべきです。時には、詐欺師がトークンを複数のウォレットにエアドロップすることもありますが、これらのトークンを仮想通貨取引所や別のウォレットに送信しようとすると、ウォレットが流出してしまいます。

また、詐欺師が偽のエアドロップを発表して、フィッシングサイトに誘導するケースもあります。彼らはあなたを騙して、元のサイトとよく似たウェブサイトにあなたのウォレットを接続します。ウォレットを接続して取引に署名するとすぐに、ウォレットから他のトークンが取り出されます。これは、公式アカウントに酷似したTwitterやTelegramの偽アカウントでよく起こります。

エアドロップ詐欺の中には、見返りとして無料トークンをアンロックするために、未知のウォレットアドレスに仮想通貨を送信するよう求めるものがあります。合法的なエアドロップでは、資金やシードフレーズを要求することはありません。エアドロップのメールやダイレクトメッセージには注意が必要です。

詐欺に遭わないためにも、プロジェクトの公式サイトやソーシャルメディアのチャンネルを調べるようにしましょう。公式リンクをブックマークして、本当にエアドロップのイベントをやっているかどうかを再確認してください。このプロジェクトについて何も知らないのであれば、仮想通貨コミュニティが何を言っているのかを知るために更に調査をするべきです。十分な情報が得られない場合は、エアドロップを無視した方がいいかもしれません。 

さらに、エアドロップの受信専用の新しいウォレットと新しいEメールアドレスを設定することで、保護を強化することができます。これにより、個人のウォレットに入っている資金を、エアドロップ関連のフィッシングの試みから安全に守ることができます。そして最も重要なことは、秘密鍵を誰とも共有しないことです。


まとめ

仮想通貨エアドロップによって、仮想通貨プロジェクトは、仮想通貨空間で目立ち、牽引力を得ることができます。また、仮想通貨愛好家が新進気鋭のトークンでポートフォリオを増やすのにも適しています。ただし、周囲には正規のものよりも詐欺のエアドロップの方が多いと思われますので、注意して、自分で調べてから参加するようにしてください。