クラシック・チャート・パターンに関する初心者ガイド
クラシック・チャート・パターンに関する初心者ガイド
ホーム記事

クラシック・チャート・パターンに関する初心者ガイド

初心者
Published Apr 8, 2020Updated Apr 22, 2021
6m

クラシック・チャート・パターンとは?

テクニカル分析(TA)を使用して金融市場を分析するには、さまざまな方法があります。一部のトレーダーは、インジケーターやオシレーターを使用しますが、価格アクションのみに基づいて分析を行います。
ローソク足チャートは、時間の経過に伴う価格の履歴概要を示します。資産の過去の価格行動を研究することにより、繰り返しパターンが現れる可能性があるという考えなのです。ローソク足パターンは、チャート資産についての有用なストーリーを伝えることができ、多くのトレーダーは、株式、外国為替、および仮想通貨市場でそれを利用しようとします。
これらのパターンの最も一般的な例のいくつかは、まとめてクラシックチャートパターンと呼ばれています。これらは、世の中で最もよく知られているパターンのいくつかであり、多くのトレーダーはそれらを信頼できる取引指標と見なしています。それは何故でしょうか?他の人が見落としている何かの優位性を見つけることについて取引や投資をしていませんか?それは群集心理学にも関係しています。技術的パターンは科学的原理や物理法則に拘束されないため、その有効性は、それらに注意を払う市場参加者の数に大きく依存します。


フラッグ

フラッグとは、長期トレンドの方向性に逆らって、急激な値動きの後に起こる、コンソリデーションのエリアのことです。見た目は旗竿に旗を立てたようなもので、竿が衝動的な動き、旗がコンソリデーションのエリアとなっています。

フラッグは、トレンドの継続的な可能性を識別するために使用されることがあります。パターンに付随する出来高も重要です。理想的には、衝動的な動きは高い出来高で行われるべきですが、コンソリデーションの段階では、出来高は低く、減少するべきです。


ブルフラッグ


ブルフラッグは上昇トレンドで発生し、急激な上昇に続き、一般的にはさらに上昇トレンドが続きます。


ベアフラッグ


ベアフラッグは下降トレンドで発生し、急激な下降に続き、通常は下降傾向が続きます。


ペナント


Pennants are basically a variant of flags where the area of consolidation has converging trend lines, more akin to a triangle. The pennant is a neutral formation; the interpretation of it heavily depends on the context of the pattern.


トライアングル

トライアングルは、通常、トレンドの継続が続く価格帯が収束することを特徴とするチャートパターンです。トライアングル自体は、基本的なトレンドの一時停止を示していますが、反転や継続を示す場合もあります。


アセンディング・トライアングル


アセンディング・トライアングルは、水平方向のレジスタンスエリアと上昇トレンドラインが一連の高値を横切って描かれているときに形成されます。基本的に、価格が水平方向に跳ね返るたびにレジスタンス、買い手はより高い価格で介入し、より高い安値を作成します。レジスタンスエリアで緊張が高まっているため、価格が最終的にそれを突破した場合、急激な出来高の急上昇が続く傾向があります。このような、アセンディング・トライアングルは強気のパターンです。


ディセンディング・トライアングル


ディセンディング・トライアングルは、アセンディング・トライアングルの逆です。水平方向のサポートエリアと一連の低位の高値を横切って引かれた下落トレンドラインがあるときに形成されます。アセンディング・トライアングルと同様に、価格が水平方向のサポートから跳ね返るたびに、売り手はより低い価格で介入し、より低い高値を作成します。通常、価格が水平サポートエリアを突破した場合、急激な出来高の急上昇が発生します。これは弱気のパターンになります。 


シンメトリカル・トライアングル


シンメトリカル・トライアングルは、下落している上部のトレンドラインと上昇している下部のトレンドラインによって描かれており、両方ともほぼ同じ傾きで発生しています。シンメトリカル・トライアングルは、その解釈がコンテキスト(つまり、根底にあるトレンド)に大きく依存するため、強気でも弱気でもありません。それ自体は中立的なパターンであると見なされ、単に連結の期間を表しています。


ウェッジ

ウェッジは、トレンドラインを収束させることでくさびが描かれ、価格アクションの引き締めを示します。この場合、トレンドラインは、高値と安値が異なる速度で上昇または下落していることを示しています。
根底にあるトレンドが弱くなっているため、反転が差し迫っていることを意味するかもしれません。ウェッジパターンは、出来高の減少を伴う可能性があり、トレンドがモメンタムを失っている可能性があることも示しています。


上昇ウェッジ


上昇ウェッジは弱気の反転パターンです。価格が上昇するにつれて、上昇トレンドはますます弱くなり、最終的には下降トレンドラインを突破する可能性があることを示唆しています。 


下降ウェッジ


下落ウェッジは強気の反転パターンです。これは、価格が下落し、トレンドラインが引き締まっているため、緊張感が高まっていることを示しています。フォールディングウェッジは、多くの場合、衝動的な動きで上向きにブレイクアウトすることができます。




仮想通を始めようと思っていますか?バイナンスでビットコインを買いましょう!




ダブルトップ&ダブルボトム

ダブルトップとダブルボトムは、市場が「M」または「W」の形で動くときに発生するパターンです。これらのパターンは、関連する価格ポイントが完全に同じではなく、互いに近い場合でも有効である可能性があることに注意してください。

通常、2つの低い点または高い点には、パターンの残りの部分よりも高い出来高が伴う必要があります。


ダブルトップ


ダブルトップは、価格が2回高値に到達し、2回目のトライでは上値を突破できないという弱気の反転パターンです。同時に、2つのトップ間のプルバックは緩やかなものでなければなりません。2つのトップの間にあるプルバックの安値を突破した場合、このパターンが確定します。


ダブルボトム


ダブルボトムは、価格が2回安値を維持し、最終的には高値を維持する強気の反転パターンです。ダブルトップと同様に、2つの安値の間の跳ね返りは緩やかでなければなりません。2つの安値の間にあるバウンスの上値よりも高値になった時点でこのパターンが確定します。


ヘッド・アンド・ショルダーズ


ヘッド・アンド・ショルダーズは、ベースライン(ネックライン)と3つのピークを持つ弱気の反転パターンです。横方向の2つのピークは大体同じ価格水準にあり、中間のピークは他の2つよりも高い位置にあるはずです。ネックラインのサポートを価格が突破した場合、このパターンが確定します。


インバース・ヘッド・アンド・ショルダーズ


その名の通り、これはヘッド・アンド・ショルダーズの反対です。 したがって、それは強気の反転を示しています。インバース・ヘッド・アンド・ショルダーズは、価格が下降トレンドの安値まで下落した後、バウンドし、最初の安値とほぼ同じレベルでサポートを見つけたときに形成されます。このパターンは、価格がネックラインのレジスタンスを突破し、さらに上へと続くと確認されます。


おわりに

クラッシックチャートパターンは、最もよく知られているTAパターンの一つです。ただし、他の市場分析手法と同様に、それらを単独で表示するべきではありません。特定の市場環境でうまく機能するものは、別の市場環境では機能しない可能性があります。したがって、適切なリスク管理を実行しながら、確認を求めることは常に良い習慣となります。
ローソク足パターンの詳細を知りたい場合、テクニカル分析で使用される12の人気ローソク足パターンを確認してください。