サトシ・ナカモトは誰?
ホーム記事

サトシ・ナカモトは誰?

初心者
2w ago
4m

概要

サトシ・ナカモトは、ビットコインの開発の背後にいた人物のペンネームであり、ビットコインのホワイトペーパーの原著者でもあります。サトシ・ナカモトは誰なのか不明のため、自分がサトシ・ナカモトだと偽る人も出ているため、その正体についての様々な憶測が飛び交っています。

ビットコインの開発者の正体は10年以上に渡って謎に包まれています。しかし、公開鍵はサトシがマイニングしたジェネシスブロックからトレースされているので、サトシがまだビットコインを所有していることは明らかです。


イントロダクション

サトシ・ナカモトは、2008年にビットコインのホワイトペーパーを公開した人物の仮名です。この論文のタイトルはBitcoin: a peer-to-peer electronic cash system(邦題 ビットコイン: P2P電子通貨システム)で、現在はbitcoin.orgで公開されています。サトシはブロックチェーンを開発したわけではないですが、彼はブロックチェーンテクノロジーに基づいたデジタル通貨を世界で初めて発明しました。

ビットコインは2009年に正式にローンチされました。ただ、それよりもずっと前から、サトシ・ナカモトという謎の名前はメールやフォーラムへの投稿で使われていました。

しかし、2011年にサトシとの連絡は完全に途絶え、彼は消えてしまいました。それ以来、ビットコイン誕生におけるこのミステリーは大きな議論を引き起こしてきました。

しかし、サトシ・ナカモトは誰なんでしょう。21世紀の最も革新的な発明を実現した人、もしくはグループはいったい誰なんでしょうか。この記事ではサトシ・ナカモトの正体を説明します。


サトシ・ナカモトの正体

この謎について話す前に、まずサトシ・ナカモトは個人なのか、それともグループなのかについて議論しましょう。残念ながら、どちらが正しいのかを特定するための証拠はほとんどありません。ただ、通説はサトシは個人だったですが、コンピューターサイエンティスト、暗号学の専門家、そしてサイバーパンクによるグループだったと信じている人もいます。

サトシが全ての連絡を絶つ前の2011年4月、サトシは1975年4月5日生まれの日本人男性と考えられていました。しかしながら、サトシの英語での文章が非常に流暢だったので、英語のネイティブスピーカーの可能性が高いです。また、サトシが連絡を取る時間はヨーロッパの営業時間が多かったため、サトシが日本にいた可能性は低いと考えられています。

サトシ・ナカモトが姿を消したことで、サトシの正体に関しての様々な憶測が飛び交いました。たくさんの人やグループがサトシ・ナカモトの正体と言われましたが、サトシ候補者のうち、本当にその可能性があるのはごくわずかです。


ハル・フィニー

サトシ・ナカモトの可能性がある人達の中で、最もその可能性が高いのはハル・フィニーです。ハルはビットコインの最初期からのユーザーで、かつ最初のビットコインのトランザクションの受信者でした。また、彼はソフトウェア開発者としても働いており、1990年代にはオリジナルのサイバーパンクの1人でした。

悲しいことに、ハル・フィニーは神経疾患により、体が麻痺し、2014年に亡くなりました。彼は常に、自分はサトシ・ナカモトではないと言っていました。


ニック・サボ

もう1人の有力な候補は、ビットコインよりも前に、デジタルカレンシーであるビットゴールドを発明したことで有名なコンピュータサイエンティストの、ニック・サボです。彼のサイバーパンクコミュニティ内でのやり取りは、文章の書き方やコミュニケーションの時間も含めて、サトシと重なっています。

ニック・サボはサトシ・ナカモトではないと言ってきましたが、仮想通貨コミュニティの多くの人は納得していません。偶然かもしれませんが、ニックとサトシの間には多くの類似点があります。


ドリアン・ナカモト

ドリアン・ナカモトは日系アメリカ人で、出生時の名前は実際にサトシ・ナカモトでした。彼はコンピュータエンジニアとして、テクノロジーと金融サービス企業で働いていて、さらにカリフォルニア州のハル・フィニーと同じエリアに何十年も住んでいました。

ドリアンはあるインタビューで、ビットコインの開発に関わっていたと答えましたが、その後質問を誤解していたとして、そのコメントを撤回しました。それ以降、彼はプロジェクトに関わったことを否定し、メディアが彼を取り上げ始めるまではビットコインの存在すら知らなかったと言っています。


クレイグ・ライト

クレイグ・ライトというオーストラリア人のコンピュータサイエンティストで、かつ実業家が2015年に突然自分はサトシ・ナカモトだと主張し始めました。この主張は、ビットコイン財団やビットコイン開発者を含む、ビットコインコミュニティの著名人が支持しました。しかしながら、同じぐらいクレイグ・ライトは絶対にサトシ・ナカモトではないと主張する人もいます。

クレイグ・ライトはこの主張を撤回したことはありません。イギリスの裁判所で、クレイグ・ライトは詐欺師であると公に主張する多くの人々が訴えられました。2019年、彼はビットコインのホワイトペーパーとオリジナルのビットコインコードの米国著作権を登録しました。


サトシ・ナカモトの資産額は?

サトシ・ナカモトの正体が誰であろうと、その人物は大金持ちです。フォレンジック技術を使って、サトシがどこにビットコインを保存しているのかを追跡し、彼の純資産が明らかになりました。

2009年初頭以来、サトシ・ナカモトは1satoshi(sat)も持っているビットコインを使っていません。サトシが持っているBTCの枚数には色んな推測がありますが、多くの人は約100万BTC(※2020年12月17日時点のATHで23.5億ドル)で合意しています。つまり、サトシは地球上で最も裕福な億万長者の1人ということです。


まとめ

サトシ・ナカモトの正体に関しては色んな説があります。サトシは、個人かもしれませんし、グループかもしれません。生きているのか、死んでいるのかさえもわかりません。しかし、確実な証拠なしでは、サトシ・ナカモトの正体は決して明らかになることはないでしょう。しかし、確実に言えることは、サトシ・ナカモトは大量のビットコインをHODL(保有)していることです。

サトシ・ナカモトの正体についてまだ質問がある場合は、Ask Academyという、バイナンスコミュニティが質問したり、それに回答したりする、Q&Aプラットフォームを確認してください。