イーサリアム上でトークン化されたビットコインの説明
イーサリアム上でトークン化されたビットコインの説明
ホーム記事

イーサリアム上でトークン化されたビットコインの説明

中級者
Published Aug 14, 2020Updated Apr 29, 2021
9m

5歳児(ELI5)でも分かる様に説明します

トークン化されたビットコインは、他のブロックチェーン上で利用する方法があります。

しかし、ビットコインは既に有名な通貨として、確立したユースケースを持っており、すでに一種の公共財として機能しています。同時に、その機能が意図的に限定されているため、さらなるイノベーションの余地がほとんどありません。

ビットコインで他に何が出来るでしょうか?一部のビットコイン愛好家は、特に何もすべきではないと言いますが、それも合理的であると言えます。他のブロックチェーンでビットコインを使用する方法を見つけるべきだと考える人もいます。ここで、私たちはイーサリアム上のトークン化されたビットコインにたどり着いたのです。

なぜビットコインをトークン化するのでしょうか?トークン化に意味はあるのでしょうか?トークン化されたビットコインはどのようにして作られるのでしょうか?トークン化されたビットコインは手に入れることができるのでしょうか?興味のある方は以下をご覧下さい。


はじめに

ビットコインは、一般的に仮想通貨の世界では「リザーブ資産」または価値の保存としてみなさられています。その結果、高いアダプション、流動性、平均取引ボリュームを誇り、時価総額ではトップの仮想通貨であり続けています。実際には、ビットコイン以外の仮想通貨は必要ないと考える人もいます。彼らの主張は、ビットコインは、アルトコインが試みているすべてのユースケースに対応することができるというものです。
しかし、ブロックチェーン技術は様々な分野で盛んになっています。分散型金融(DeFi)のモーメンタムは、金融アプリケーションをブロックチェーンに持ち込むことを目的としています。これらの分散型アプリケーション(DApps)は、パブリックなパーミッションレス(許可不要な)ネットワーク上で実行され、中央機関を必要とせずに信頼性の高い金融取引を可能にします。DeFiのアイデアはブロックチェーンにとらわれないもので、どのようなスマートコントラクト・プラットフォームでも起こりうることを意味しますが、この活動のほとんどはイーサリアム上で行われています。 
ビットコインは仮想通貨市場のバックボーンであるにもかかわらず、エコシステムの他の部分で起こっている開発を利用することができません。この問題を解決するために取り組んでいるプロジェクトがあります。 
ビットコインのネットワークを維持しながら、ビットコインができること以上のことを行う方法はあるのでしょうか?イーサリアム上でのトークン化されたビットコインの成長は、その需要があることを示唆しています。


トークン化されたビットコインとは?

始める前に、混乱を避けるために解説しておくべきことがあります。「ビットコインとは何か」の記事を読んだ方は、大文字のBがついたビットコインがネットワークであり、小文字のbがついたビットコインがアカウントの単位であることをご存知でしょう。
ビットコインのトークン化の考え方は比較的シンプルです。何らかの仕組みでBTCをロックし、別のネットワーク上でトークンを造幣し、そのネットワーク上でビットコインをトークンとして使用します。別のネットワーク上の各トークンは、特定のビットコインの量を表しています。この2つの間のペグは維持され、そのプロセスは可逆的でなければなりません。言い換えれば、これらのトークンを破壊することができ、その結果、「元の」ビットコインがビットコインブロックチェーン上で再びロックを解除されることになります。
イーサリアムの場合、ビットコインを表すERC-20トークンを意味します。これにより、ユーザーはイーサリアムネットワーク上でビットコインの取引を行うことができます。これにより、ビットコインもイーサリアムの他のトークン同様にプログラム可能になります。
イーサリアム上でトークン化されたビットコインの現在の合計金額は、btconethereum.comで確認することができます。


イーサリアム上でのトークン化されたビットコインの成長。出典:btconethereum.com


2020年7月現在、イーサリアムでは約15,000BTCがトークン化されています。多い様に聞こえるかもしれませんが、循環供給を構成し、流通している1,850万BTCに比べればごくわずかです。しかし、これはほんの始まりに過ぎないかもしれません。
ビットコイン・ライトニング・ネットワークやリキッド・ネットワークのようなサイドチェーンレイヤー2ソリューションも同様の課題に取り組むことを目的としていることは注目に値します。興味深いことに、イーサリアム上にはビットコイン・ライトニング・ネットワークの10倍以上のビットコインが存在します。 

そうは言っても、これらの異なるソリューション間の競争はそれほど単純ではありません。ゼロサムゲームではありません。実際、多くの人は、これらのソリューションは互いに競合するのではなく、補完するものだと考えています。トークン化されたプロジェクトはビットコイン保有者の選択肢を増やすことができ、トークンを持たないプロジェクトは全体的なインフラを改善することができます。これにより、業界内での統合が進み、業界全体に利益がもたらされる可能性があります。

ここまでの話について、すべて興味深いことのように聞こえますが、それは何の意味があるのでしょうか?そもそも、なぜビットコインをトークン化したいのかを探ってみましょう。


なぜイーサリアム上でビットコインをトークン化するのか?

ビットコインのデザインはわざとシンプルに設計されており、非常によくできています。しかし、これらの特性には固有の限界があります。

最も多くの価値があるのはビットコインですが、デジタル通貨業界の他のセグメントで起こっているイノベーションからはそれほど恩恵を受けることはできません。技術的にはビットコイン上でスマートコントラクトを実行することができますが、イーサリアムや他のスマートコントラクトプラットフォームと比較すると、その範囲はかなり限られています。 
他のチェーンでビットコインをトークン化することで、ネットワークの有用性が高まる可能性があります。どのように行うのでしょうか?ビットコインではネイティブにサポートされていない機能を可能にすることができます。同時に、ビットコインのコア機能とセキュリティモデルはそのまま維持されます。その他の利点としては、トランザクションの高速化、互換性、プライバシーの保護などが挙げられます。
ここにも考えられる理由があります。DeFiの最大の特徴の一つは、コンポーザビリティの考え方です。つまり、これらのアプリケーションはすべて同じパブリック、オープンソース、パーミッションレスのベースレイヤー上で動作しているので、お互いにシームレスに動作することができるということです。 

ビットコインを金融のビルディングブロック方式のこのコンポーザブルなレイヤーに持ち込むことは、多くの人にとってエキサイティングな見通しと考えられています。それは、ビットコインを使用する多くの新しいタイプのアプリケーションをもたらす可能性があります。


ビットコインのトークン化の仕組みとは?

イーサリアムや他のブロックチェーン上でビットコインをトークン化する方法はたくさんあります。いずれも分散化の程度が様々で、信頼やリスクに関する前提条件が異なり、異なるペグを維持している可能性があります。
大きく分けて、カストディアルとノンカストディアルの2つのタイプがあります。カストディアルでは、中央に管理者が存在し、トークンはその管理者によって生成されることもあります。これは、ビットコインを保管しているエンティティが信頼されていなければならない(ビジネスを継続しなければならない)ため、カウンターパーティーリスクがあります。一方で、この実装は代替案よりも安全性が高いと考えられるかもしれません。
ノンカストディアルは少し違います。自動化されたオンチェーン・プロセスが生成と燃焼のプロセスをすべて行うため、信頼できるエンティティは必要ありません。担保資産はロックされており、トークンはオンチェーンの機械を使ってもう一方のチェーン上で生成されます。資金は、トークンが焼却されたときに再びロックが解除されるまで、オンチェーン上でロックされます。これにより、カウンターパーティのリスクは排除されますが、潜在的なセキュリティリスクが高まります。それはなぜでしょうか?この場合、リスクの負担は完全にユーザー次第となるからです。ユーザーやコントラクトのミスで資金の損失につながるようなことが発生した場合、資金は永遠に失われてしまう可能性が高いです。


トークン化されたビットコインの例

カストディアル

これらは、現在トークン化されているビットコインの供給のかなりの部分を占めています。最も多くの価値がロックされているのは、Wrapped Bitcoin(WBTC)です。どのように機能するのでしょうか?ユーザーは自分のビットコインを中央管理者に送り、その管理者がマルチシグネチャ・コールドストレージウォレットに保管し、その見返りにWBTCトークンを生成します。このプロセスでは、KYC/AML規制に準拠するために身元を証明する必要があることがポイントです。この方法は、トークンを生成しているエンティティへの信頼を必要としますが、いくつかのセキュリティ上の利点ももたらします。
バイナンスにはビットコインのトークン化されたバージョンであるBTCBというものもあります。バイナンス・チェーンで発行されているBEP-2トークンです。試してみたい方は、バイナンスDEXで取引することができます。


ノンカストディアル

ノンカストディアル・ソリューションは、中央管理者の関与なしに、完全にオンチェーンで動作します。簡単に言えば、Wrapped Bitcoinと似たようなものと考えることができます。しかし、中央管理者の代わりに、スマートコントラクトや仮想マシンが資金を安全に保管し、トークンを生成するのです。ユーザーはビットコインを預けて、トークン化されたビットコインを信頼性の高いパーミッションレスな方法で生成することができます。
これらのシステムの中には、過剰担保化を必要とするものもあり、ユーザーは生成を目的とするよりも多くの価値(担保)を預ける必要があります。これは、ブラック・スワン理論大規模な市場の暴落に備えてシステムを準備するためのものです。それでも、担保価値が大幅に減少した場合、これらのシステムでは対応できない可能性があります。
最も人気なノンカストディアルの事例はrenBTCです。ビットコインはRen Virtual Machine(RenVM)に送られ、分散型ノードのネットワークを使ってビットコインを保管します。その後、送信されたビットコインの量に応じて ERC-20トークンがマイニングされます。 
他の注目すべき例としては、ビットコインの代わりにSynthetix Network Token(SNX)を担保にした合成トークンであるsBTCとiBTCがあります。iBTCが特に興味深いのは、ビットコインの価格を逆に追跡することです。これにより、ビットコインをショートする数少ないノンカストディアルの方法の一つとなっています。

これらは非常に実験的な技術であることは注目に値します。集中管理型のカストディアル・ソリューションがより人気があるのも不思議ではありません。当然ながら、バグやユーザー・エラーのリスクも高く、資金の損失につながる可能性もあります。それでも、技術が改善されれば、最終的にはこれらがトークン化の未来となる可能性があります。

ノンカストディアル・ソリューションは自動化されたプロセスによって管理されているため、使用することは上級ユーザーにのみ推奨されています。しかし、生成プロセスを気にせずにこれらのトークンで遊びたい場合は、仮想通貨の取引所で購入して取引することができます。



ビットコインやイーサリアムにとって良いことなのか?

これは難しい質問です。賛否両論を考えてみましょう。

では、ビットコインにとってどのように良いことなのでしょうか?それは間違いなくビットコインの実用性を高めることになります。多くの人は、ビットコインには必ずしも機能性が必要ではないと主張すると思いますが、ビットコインにはいくつかの機能が必要なのかもしれません。先に述べたように、そのメリットは、取引速度の向上、互換性、プライバシー、取引コストの削減などが考えられます。ETH2.0の登場により、イーサリアム上での取引がより速く、より安くなることが期待できるかもしれません。これは、イーサリアム上でトークン化されたビットコインのケースにも役立つかもしれません。 

一方で、これはトークン化されたビットコインの保有者にとっては潜在的に危険であるという意見もあります。また、ビットコインをトークン化することは、ビットコインの強力なセキュリティ上の利点、つまり最も求められている特性のいくつかを放棄することになります。

例えば、トークン化されたビットコインがスマートコントラクトのバグで盗まれたり紛失したりした場合はどうなるのでしょうか?ビットコインブロックチェーン上でロックされたビットコインをロック解除する方法は、潜在的にはありません。

もう一つ考慮すべき点は手数料です。多くのユーザーがイーサリアムのブロックチェーン上でトークン化されたビットコインの取引を始めれば、ビットコインのネットワーク上の取引手数料が下がる可能性があるという意見もあります。長期的には(非常に)、ビットコインは取引手数料のみで支えられることになっています。そのほとんどがイーサリアムのエコシステムに流れれば、ネットワークのセキュリティが危うくなる可能性があります。しかし、これはまだ先の話であり、長期的には差し迫った問題ではありません。

イーサリアムにとってどのように良いことがあるのでしょうか?もしイーサリアムがビットコインの価値の多くを取り込むことになれば、それは価値移転のためのグローバルネットワークとしてのイーサリアムの有用性を高める可能性があります。イーサスキャンの調査によると、以前に述べた15,000BTCの合計のかなりの部分がイーサリアムDeFiのエコシステムにロックされています。 
トークン化されたビットコインは、イーサリアム上のDeFiの有用性を大幅に高める可能性があります。どのようにするのでしょうか?トークン化されたビットコインをベースにした分散型の金融サービスがあるかもしれません。BTCベースのDEXレンディングマーケットプレイス、流動性プールなど、DeFiに存在するものはすべてビットコイン建てにすることができます。トークン化されたビットコインの成功は、他の種類の資産のイーサリアムのネットワークへの移行を促す可能性もあります。

ほとんどのプロジェクトはまだ非常に初期の段階にあり、その背後にある技術には改善の余地がたくさんあります。それでも、この分野ではわくわくする展開が待っていることは間違いありません。


おわりに

トークン化されたビットコインとは何か、そして異なる例が存在することについて議論してきました。ERC-20トークンとしてビットコインをトークン化する主な推進力は、ビットコインの実用性を高めることです。 
ビットコインの取引のかなりの部分をイーサリアムが取り込むことができれば、将来的には大きな意味合いを持つ可能性があります。フリッペニングは現実的なシナリオなのか?今後、ビットコインの供給のどの部分がイーサリアム上で取引されるのか?これは現状分かりません。しかし、ブロックチェーン業界全体が、2大仮想通貨ネットワーク間の架け橋を築くことで恩恵を受ける可能性があります。
トークン化されたビットコインやその他のデジタル資産について、さらに詳しく知りたいとお考えでしょうか?当社のQ&Aプラットフォームであるアスク・アカデミーでは、バイナンス・コミュニティがあなたの質問に答えてくれます。