Friend.techとは
ホーム
記事
Friend.techとは

Friend.techとは

初心者
公開済 Oct 5, 2023更新済 Jan 12, 2024
7m

概要

  • Friend.techでは、クリエイターが人々の関心をトークン化でき、コンテンツの収益化における斬新な方法を提供しています。その一方で、プライバシーとセキュリティに関する課題に直面しています。

  • Friend.techは、独自の「Keys」システムを採用しています。クリエイターは自身の影響力を収益化できると同時に、ユーザーに限定コンテンツを提供できます。

  • 課題はあるものの、Friend.techのコンテンツの収益化に対する革新的なアプローチは、将来的にソーシャルメディアとブロックチェーンの関係を変えるものとなっています。

Friend.techとその仕組み

Friend.techは、Base上に構築された分散型トークンを活用するソーシャルアプリです。クリエイターは、自らのコンテンツや専門知識を収益化できます。クリエイターは人々の関心のトークン化によりオンラインコミュニティとつながることができ、クリエイターの影響力は「Key(キー)」(share シェア)によって表されます。Keyとは、ユーザーとの直接のプライベートチャット、アドバイス、その他アカウント関連の特典にアクセスする際に必要になるものです。

2023年8月10日のサービス開始以来、Friend.techは多くの注目を集めました。2023年10月4日現在、このアプリの購入者は317,000人以上となっており、テーマ数は314,000以上、生み出された収益は11,000 ETH以上に達しています。これらの数字は、今後Friend.techが影響力のあるSocialFiアプリとして成長する可能性を示しています。

出典:2023年10月5日時点のCryptokoryo提供Dune Analyticsダッシュボードより。

人気の高さにとらわれず、エコシステムに参加する前には、Friend.techの仕組みを理解することが大切です。以下、Friend.techの中心的要素や機能を紹介していきます。

1. 招待コード

Friend.techアプリを使い始めるには、招待コードが必要です。招待コードは、友達に依頼したり、RedditフォーラムまたはX(旧Twitter)での検索による入手が最も簡単です。招待コードを入手したら、Friend.techアカウントを作成します。

2. Friend.techにアクセス

Friend.techアカウントを開設し資金を入金すると、アカウントと連携した「Key」1つの購入を促されます。さらに、登録者1人につき3つの招待コードが発行され、友達をFriend.techアプリに紹介できます。

3. Friend.tech Key

「Key」を購入したユーザーはアプリを利用できるようになり、お気に入りのクリエイターから「Key」を購入してそのアカウントに付随する特典を受けられるようになります。この特典には、プライベートチャットへのアクセスや、プレゼントなど、そのアカウント独自の特典が含まれます。

これらのKeyの価値は、クリエイターの影響力や需要に比例するため、そのKeyの保有者が多ければ多いほど「Key」の価値は高くなります。個人がそのグループから脱退する場合、「Key」を売却して脱退できます。

4. 手数料

「キー」の購入価格には、プラットフォームとクリエイターへの手数料が含まれます。全ての持ち分(キー)関連のトランザクションには10%の手数料が発生し、その半分は販売者に、残りの半分がFriend.techに支払われます。

例えば、「John Key」を1 ETHで購入した場合、Johnは0.05 ETHを受け取り、Friend.techも0.05 ETHを受け取ることになります。

5. エアドロップポイント

Friend.techアプリ内には、エアドロップ専用のタブがあります。現時点では、エアドロップ「ポイント」は毎週金曜日にユーザーにエアドロップされています。今後、このポイントはFriend.techで活用される予定となっています。将来的には、トークンのエアドロップが実施される可能性があります。とはいえ、これは推測の域を出ないため、プロジェクトに関する情報はFriend.techの公式アカウントでこまめに確認するようにしてください。

Friend.techアカウントの開設方法

Friend.techアプリを利用するには、まずアカウントを開設します。開設方法は以下の通りです。

1. 携帯電話のブラウザまたはパソコンからFriend.techにアクセスし、Friend.techアプリをダウンロードします。既にFriend.techアプリを利用しているメンバーから、招待コードを入手する必要があります。招待コードを入手するには、X(旧Twitter)またはRedditフォーラムを利用するのが最も簡単です。

2. アプリにアクセスしてログインし、電話番号またはGoogleアカウントを用いてX(旧Twitter)アカウントとアプリを提携させます。

3. 次にX(旧Twitter)アカウントとFriend.techアプリをリンクし、Xへのアクセスを許可します。

4. その後、メインネットにEther(イーサ)を入金しBaseウォレットのアカウントに0.01 Etherからブリッジできるようになります。または、より利便性が高い方法として、Friend.techプラットフォーム経由でメインネットに入金することできます。

5. 入金トランザクションが承認されると、プラットフォームの利用に当たり、まず自分のKeyを購入するよう促されます。

6. 自分のKeyを購入すると、プラットフォームのホームページが表示されます。

7 これでFriend.techの利用を始められます。お気に入りのKeyを検索、購入します。

Friend.techの長所

Friend.techの主な長所は次の通りです。

1. チャンネルの収益化

Friend.techは、ユニークで効果的なコンテンツの収益化手段を提供するものです。クリエイターは、自らのキーを購入したユーザーに限定コンテンツや特典を提供し、収入を得られます。

2. web3プロセスの簡素化

Friend.techは、web3に関わるプロセスを簡素化し、一般ユーザーにより使いやすい環境を提供しています。

Friend.techにログインして資金を入金するだけで、面倒な認証やトランザクションの手続きは必要なく、すぐにプラットフォームにアクセスできます。ブロックチェーンベースでの利用に伴う複雑な操作が軽減され他プラットフォームとなっています。

さらに、このアプリケーションはAndroidとiOSアプリに対応しており、スマートフォンから簡単にアクセスしてアクティビティを管理できます。

3. ソーシャルキャピタル

Web3におけるソーシャルキャピタルとは、大規模または熱心な支持者をもつコミュニティから生まれる影響力を指します。Friend.techは、ソーシャルネットワーク、人間関係、コミュニティへの参加活動から価値を引き出し、具体的な経済的資産に変換するまたとない機会を提供するものです。

Friend.techの問題点

Friend.techに見られる主な制約事項は、以下の通りです。

1. プライバシーに関する懸念

Friend.techとX(旧Twitter)との関連付けは、リスクとなり得ます。X(旧Twitter)はハッカーの格好の標的であるため、常に警戒が必要です。リスクを軽減するため、X(旧Twitter)の設定からアプリのアクセス許可を無効にすることを推奨します。これにより不要なデータの連携が取り除かれ、デジタルIDの安全性が確保されます。または、パソコンでFriend.techを開き開発者ツールから設定変更すれば、付加的な保護レイヤーを設けることもできます。

2. セキュリティに関する懸念

暗号資産コミュニティでは、いくつかのセキュリティ上の懸念が指摘されています。そのひとつが、Friend.techのサーバー上にウォレットキーが存在することで資産の保管管理がユーザーだけのものではなくなる点であり、これがハッキングの可能性やサードパーティへの依存によるセキュリティリスクにつながっています。

Friend.techに関連するもう一つのリスクに、バックエンドにボット対策がないことが挙げられます。ボットからの保護対策がなされていないことは、Friend.techサーバーの新規アカウント作成を継続的にスクリーニングするボット作成が容易となり、脆弱性が高まることを意味します。このようなボットは新規ユーザー情報を悪用し、新規ユーザーによる初めてのオンチェーン購入時にshareを素早く奪い取れることにつながり、ボットに不当な有利性がもたらされます。

3. 収益性の懸念

Friend.techは影響力を収益化するプラットフォームとして設計されているため、フォロワー数が少ない場合多額の収入を得ることは困難です。つまり、オーディエンスが多いほど、共有された限定コンテンツやオファーから収入を得られる可能性が高くなります。

まとめ

Friend.techはローンチ以来、大きな可能性を示してきました。そのユニークなKeysの使用方法は、クリエイターの影響力や需要といった要素と併せ、クリエイターとユーザーの双方にとって魅力的な環境を作り出しています。

プライバシーやセキュリティの懸念といった課題はあるものの、今後もプラットフォームは成長し、改善されていくことが予想されます。Friend.techのシンプルで効果的なアプローチは、ソーシャルメディアとユーザーの関係を大きく変えることになる可能性があります。

今後、同プラットフォームはますますユーザーを魅了し、クリエイターに力を与えていくことでしょう。Friend.techには注目すべき点が多くあり、今後の進展には興味深いものがあります。とはいえ、まだ新しいプロダクトであるため、参入に際し自分自身でリサーチすることが大切です。

参考文献

免責事項:このコンテンツは、一般的な情報および教育目的でのみ「現状有姿」で提供され、いかなる種類の表明または保証もありません。財務、法律、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の商品やサービスの購入を推奨するものでもありません。適切な専門アドバイザーから独自のアドバイスを求める必要があります。記事が第三者の貢献者によって寄稿されたものである場合、表明された見解は第三者の貢献者に属し、必ずしもBinance Academyの見解を反映するものではないことに注意してください。詳細については、完全な免責事項である、こちらをお読みください。デジタル資産の価格は不安定です。投資価値が上下する可能性があり、投資した金額を取り戻すことができない場合があります。投資決定についてはお客様が単独で責任を負い、Binance Academyはお客様が被る可能性のある損失について責任を負いません。この資料は、財務、法律、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細については、利用規約およびリスク警告をご覧ください。

投稿を共有
アカウントの登録
今すぐBinance Accountを開設して、知識を実践してください。