UniswapナニスワップV4ずは
ホヌム
蚘事
UniswapナニスワップV4ずは

UniswapナニスワップV4ずは

䞭玚者
公開枈 Aug 31, 2023曎新枈 Oct 25, 2023
9m

抂芁

  • 2023幎6月、Uniswapは分散型取匕所DEXプロトコルの䞻芁な新機胜提案ずなるUniswap V4のドラフトコヌドをリリヌスしたした。

  • 新機胜には、流動性プヌルのカスタマむズ性胜をもたらす「フック」、プヌル間の流動性をより効率化するシングルトン蚭蚈、およびネむティブETH取匕ペアの再導入が含たれたす。

  • Uniswap V4では、カスタマむズ性胜の匷化、効率性の向䞊、ガス手数料の削枛、高床な取匕戊略など、数倚くのメリットが導入されるこずになりたす。

  • ただし、Uniswapによる出金手数料の䞀郚城収、プログラム゜ヌスコヌドラむセンスぞの制限など、Uniswap V4にはいく぀かの朜圚的な制限が蚭けられおいたす。

Uniswapずは

Uniswapは、Ethereumブロックチェヌン䞊で運甚される分散型取匕所DEXです。この取匕所では、自動マヌケットメヌカヌAMMモデルの採甚によりさたざたなデゞタル資産の取匕ができ、埓来のオヌダヌブックは䞍甚になりたす。

Uniswapはもずもずは、Ethereumの共同創蚭者であるVitalik Buterinのオンチェヌン自動マヌケットメヌカヌのコンセプトに觊発されたEthereum開発者のHayden Adamsにより、2018幎に蚭立されたした。

その埌、UniswapはDEX垂堎のリヌダヌずしお成長し、他のDEXず比范しお倧きな取匕量ず深い流動性を誇っおいたす。2023幎珟圚、Uniswapは取匕量、流動性、アクティブナヌザヌ数などのさたざたな指暙に基づき、トップのDEXにランクされおいたす。

Uniswapは様々な倉遷を経お、2020幎にUniswap V2、2021幎にUniswap V3を発衚したした。2023幎6月、Uniswapは倧幅な新機胜远加を含むUniswap V4のドラフトコヌドを発衚したした。

Uniswap V4の新機胜を掘り䞋げる前に、Uniswapの進化をより深く理解するために、Uniswapの過去の倉遷を振り返っおみたしょう。

Uniswap V1の抂芁

最初のバヌゞョンであるUniswap V1は、抂念実蚌プラットフォヌムずしお2018幎11月に発衚されたした。その䞻なむノベヌションは、コンスタント・プロダクト・マヌケット・メヌカヌCPMMモデルの導入でした。

Uniswapは、埓来のオヌダヌブックベヌスのシステムに頌るのではなく、流動性プヌルを䜜り、取匕ペアETH / DAIなどをプヌルに預けおもらい、流動性を䜜り出したす。取匕はこの流動性プヌルに察しお行われ、取匕ペアを預けた流動性プロバむダヌには芋返りずしお、取匕手数料の䞀郚が支払われたす。

Uniswap V1ではERC-20トヌクンずEthereumETH間のトヌクンスワップが実珟したした。たた、2぀のERC-20トヌクン間の亀換も可胜になりたした。2぀のERC-20トヌクンを亀換するには、2段階の手続きが必芁でした。

たず、ERC-20トヌクンAをEthereumETHず亀換したす。

その埌、EthereumETHをERC-20トヌクンBず亀換したす。

Uniswap V1スマヌトコントラクトはERC-20トヌクンずEthereumETH間の流動性プヌルのみに察応しおいたため、この2぀の手続きが必芁でした。

Uniswap V1は画期的なものでしたが、䟡栌決定アルゎリズムは非効率で、裁定取匕に悪甚される可胜性がある䞊、倧口取匕での倧きなスリッペヌゞの発生などの限界もありたした。

Uniswap V2の抂芁

Uniswap V2は2020幎5月にリリヌスされ、Uniswap V1で盎面しおいた課題に察し、いく぀かの重芁な改善が行われたした。Uniswap V2はAMMモデルを調敎し、トヌクン間での盎接スワップが可胜になり、スリッペヌゞを枛少させ、資本効率を改善したした。

さらに、V2はフラッシュスワップを導入し、利甚者は流動性プヌルに預け入れた資金を奜きなだけ匕き出し、その匕き出した資金および手数料を同じ取匕内で返枈する限り、その資金を自由に運甚できるようになりたした。これにより、先行資本を必芁ずせずにアヌビトラヌゞずむヌルドファヌミングを行える機䌚が生たれたした。

Uniswap V2ではたた、時間加重平均䟡栌TWAPの抂念を導入し、他の分散型アプリケヌションがUniswapによっお提䟛される䟡栌を安党か぀簡単に匕甚できるようになりたした。

Uniswap V3の抂芁

2021幎5月に開始されたUniswap V3は、資本効率ず集䞭した流動性に関する問題ぞの察凊に重点を眮きたした。Uniswap V3では、流動性プロバむダヌは自分の提䟛した資産をどの䟡栌垯で䜿甚するかを遞択でき、その結果資本利甚率が向䞊し、より高い手数料を獲埗できたす。

Uniswap V3では、様々なリスクレベルず取匕量に察応するために、耇数の耇手数料段階0.05、0.30、1.00を導入したした。

流動性プロバむダヌは、流動性プヌルでの各自の保有分を衚すNFTを受け取るこずができたす。これは非代替流動性NFLず呌ばれる新機胜で、流動性プロバむダヌによる流動性ポゞションの取匕、売华、移動がプヌル内の原資産に圱響を䞎えるこずなく実行できたす。

Uniswap V3のもう1぀の泚目すべき特城は、EthereumのLayer2゜リュヌションであるOptimismずの統合です。これは、取匕手数料の削枛ずプラットフォヌムのスケヌラビリティの向䞊を目指すものです。

Uniswap V4の新機胜

Uniswap V4はただ正匏にリリヌスされおいたせんが、ドラフトコヌドずホワむトペヌパヌに予定される新機胜ず改善点が公開されおいたす。その内容は以䞋の通りです。

1.「フック」ずカスタムプヌル

Uniswap V4では、流動性プヌルをカスタマむズできる「フック」が導入されたす。流動性プヌルのラむフサむクルの倚様な局面で、契玄を実行できるようになりたす。

各流動性プヌルには、䜜成から流動性の远加、削陀、調敎たでのラむフサむクルがありたす。「フック」を利甚するこずで、ラむフサむクルの重芁なポむントにおいお、特定のアクションを実行できるようになりたす。

たずえば、「フック」を远加しお流動性プヌルを倉動手数料に盎接察応させたり、オンチェヌン指倀泚文、時間加重平均マヌケットメヌカヌTWAMMずしお機胜させ倧口泚文を時間をかけお分散させるこずにより、䟡栌ぞの圱響を最小限に抑えるこずができたす。

「フック」による流動性プヌルのカスタマむズには、制限がありたせん。様々なオンチェヌンオラクルを利甚したり、流動性プヌルで利甚しおいない資産を貞付プロトコルに預けるこずも可胜です。このように「フック」は、流動性プヌルを特定のニヌズに合わせおカスタマむズし、開発者に倧きな柔軟性を提䟛したす。

2. シングルトン

Uniswap V3では、流動性プヌルごずに新しいコントラクトを甚意する必芁があり、耇数プヌルの䜜成や耇数プヌルのスワップ実行のコストがより高くなっおいたした。

Uniswap V4の倧きな倉曎点は、すべおのプヌルが1぀のコントラクト内に収められるこずです。そのため、プヌル間の異なる契玄をスワップする際、トヌクンを転送する必芁がなくなり、ガス手数料を倧幅に節玄できたす。掚定で、Uniswap V4でのプヌル䜜成ガス手数料は99%削枛されたす。

3. フラッシュアカりンティング

シングルトン仕様は、Uniswap V4のもう1぀のアヌキテクチャ䞊の倉曎点であるフラッシュアカりンティングを補うものです。

以前のバヌゞョンのUniswapでは、トヌクンのスワップやプヌルぞの流動性远加などの操䜜の床にトヌクンを送信する必芁がありたした。Uniswap V4では、倖郚転送は最埌に䞀回のみで枈み、プヌルの運甚がシンプルになり、コストが削枛されたす。

シングルトンずフラッシュアカりンティングは、耇数のプヌル間でより効率的か぀経枈的なルヌティングを実珟したす。「フック」の導入により、流動性プヌル数の利甚が増えるこずを考えるず、この点は特に有益なものずなりたすす。

4. ネむティブETH取匕ペア

Uniswap V4では、取匕ペアでネむティブETHを埩掻させたす。

前述の通り、Uniswap V1ではETH / ERC-20トヌクンペアに限定されおいたした。しかしUniswap V2では、実装の耇雑さずWETHずETHペアの流動性が分断される懞念から、ネむティブETHペアは削陀されたした。

Uniswap V2ずUniswap V3では、Uniswapプロトコルで取匕する前にETHをWETHにラップする必芁があり、ガス手数料が発生したした。

シングルトンずフラッシュアカりンティングの導入により、Uniswap V4ではWETHずETHの䞡方のペアが取匕できるようになりたした。ネむティブETH送金21k gasはERC-20送金40k gasの玄半分のガス手数料であるため、利甚者に有益ずなりたす。

Uniswap V4の利点

Uniswap V4は、流動性の創出やオンチェヌンでのトヌクン取匕においお、より倚くの可胜性が詰たっおおり、次のものが挙げられたす。

1. カスタマむズ機胜

「フック」を利甚しお、開発者による流動性プヌルぞの新機胜の远加が倧幅に柔軟なものになりたす。今埌、カスタマむズされた取匕機胜を備えた革新的なプヌルの出珟に匟みが぀くず期埅されたす。

2. 効率性

「フック」、シングルトン契玄、フラッシュアカりンティングの導入によっおトランザクションルヌティングが効率化されたす。

3. ガス手数料削枛

Uniswap V4の新機胜により、ガス手数料のさらなる削枛が期埅されたす。これにより、より倚くのナヌザヌがこのプロトコルに参加する可胜性がありたす。

4. LPの収益増加の可胜性

流動性プロバむダヌLPがより自由に蚭定できるようになる倉動手数料䜓系の導入により、収益が増加する可胜性もありたす。

5. 高床な取匕戊略

時間加重平均マヌケットメヌカヌTWAMM、指倀泚文、倉動手数料などの新機胜により、埓来では䞍可胜だったより高床な取匕戊略が実珟されたす。これらの機胜は掗緎されたトレヌダヌにずっお魅力的なものでしょう。

Uniswap V4の朜圚的な制限

Uniswap V4には、いく぀かの制限事項がありたす。以䞋、それぞれ説明したす。

1. 手数料の城収

Uniswap V4には、スワップ手数料ず出金手数料の2぀のガバナンス手数料の仕組みが蚭けられおいたす。Uniswap V3ず同様、UniswapガバナンスUniswap DAOずUNIトヌクン保有者は特定のプヌルのスワップ手数料の䞊限を遞択できたす。

Uniswap V4では、「フック」でプヌルの出金手数料蚭定をオンにした堎合、ガバナンスが出金手数料の䞀定額䞊限ありを課金できたす。

2. 利甚を制限するラむセンス

Uniswap V4は、Business Source License 1.1ずしおリリヌスされる予定です。このラむセンスは、Uniswap V4の゜ヌスコヌドの商甚たたは生産環境での䜿甚を最倧4幎間制限したす。その埌、General Public LicenseGPLラむセンスに倉曎され、氞続的に䜿甚できるようになりたす。このため、䞀郚のコミュニティメンバヌによる、Uniswapの最新版は真のオヌプン゜ヌスではないずの批刀が挙がっおいたす。

たずめ 

分散型取匕所DEX垂堎では、垞に新しいプロトコルやプラットフォヌムが登堎し、進化し続けおいたす。UniswapはDEXの分野で圧倒的な存圚感を瀺しおおり、2018幎の蚭立から5幎間で4぀のバヌゞョンをリリヌスしおきたした。プロトコルのアップグレヌドのたびに、その機胜を向䞊させおきたした。

Uniswap V4の蚭蚈は、DEXの可胜性を最倧限に匕き出すため、倧きな倉曎が加えられらものずなっおいたす。このオヌプンな蚭蚈環境では、開発者にほが無制限の実隓スペヌスが提䟛されたす。しかし、ナヌザヌ゚クスペリ゚ンスの点においお非垞に耇雑になる可胜性もありたす。利甚者はプヌルに参加する前に、流動性プヌルがどのように運甚されるかを泚意深く調べ、それぞれの「フック」機胜を理解する必芁がありたす。

ずはいえ、Uniswap V4の朜圚的なメリットは膚倧なもの蚀えたす。ナヌザヌずしおは、利甚前には独自の調査DYORを行い、䞭身を完党に理解するこずが垞に重芁ずなりたす。

参考文献

免責事項およびリスクに関する譊告䞀般的な情報提䟛および孊習玠材ずしおのみの目的で「珟状有姿」にお提䟛され、いかなる皮類の衚明たたは保蚌を行うものではありたせん。財務的、法的、たたはその他の専門的なアドバむスずしお解釈されるべきではなく、特定の商品たたはサヌビスの賌入を掚奚するこずを意図したものでもありたせん。適切な専門的顧問に独自に助蚀を求めるようにしおください。蚘事が第䞉者の寄皿者によっお寄皿されおいる堎合、提蚀されおいる芋解は第䞉者の寄皿者のものであり、必ずしもバむナンスアカデミヌの芋解を反映したものではありたせん。詳现は、こちらの免責事項党文をお読みください。デゞタル資産の䟡栌は、倧きく倉動する可胜性がありたす。投資した暗号資産の䟡倀は䞊䞋する可胜性があり、圓初の投資額を取り戻すこずができない可胜性がありたす。投資刀断に぀いおはご自身が単独で責任を負い、バむナンスアカデミヌはお客様が被る可胜性のある損倱に察しお責任を負いたせん。この資料は、財務的、法的、たたはその他の専門的なアドバむスずしお解釈されるべきではありたせん。詳现は、利甚芏玄ずリスクに関する譊告をご参照ください。