仮想通貨レンディングとは、またそれはどのように機能しますか?
目次
はじめに
仮想通貨レンディングとは?
仮想通貨レンディングまたは仮想通貨ローンはどのように機能しますか?
仮想通貨ローンの種類
仮想通貨ローンのメリットとデメリット
仮想通貨ローンを組む前に考慮すべきこと
有名な仮想通貨レンディングプロジェクト
バイナンスで仮想通貨ローンを使用して借りる方法
まとめ
仮想通貨レンディングとは、またそれはどのように機能しますか?
ホーム記事
仮想通貨レンディングとは、またそれはどのように機能しますか?

仮想通貨レンディングとは、またそれはどのように機能しますか?

中級者
Published Feb 4, 2022Updated Mar 2, 2022
9m

概要

仮想通貨レンディングでは、ユーザーは手数料や金利を通して仮想通貨を借りたり貸したりすることができます。担保を用意するだけで、すぐにローンを受けて投資をはじめることができます。これは、DeFiレンディングのDAppまたは仮想通貨取引所を介して使用することができます。担保が特定の値を下回った場合、清算を避けるために必要なレベルまで担保を補充する必要があります。ローンに手数料を加えて返却すると、資本金がアンロックされます。 

また、フラッシュローンと呼ばれる無担保ローンを取得することもできます。これは、同じトランザクション内で返済する必要があります。これができない場合は、レンディング取引が確定する前に取り消されてしまいます。仮想通貨ローンは、借り入れと貸し出しをシンプルにし、そのプロセスは完全に自動化されています。多くの人にとっては、保有した仮想通貨でAPYを稼いだり、安価なクレジットにアクセスするための簡単な方法です。

しかし、ブロックチェーン上の他のプロジェクト、スマートコントラクト、投資と同様に、仮想通貨レンディングにも金銭的なリスクが伴います。例えば、ボラティリティの高いコインを担保にした場合、一晩で清算されてしまうことがあります。また、スマートコントラクトは、ハッキングや攻撃、悪用される可能性もあり、大きな損失につながることも少なくありません。

借りたり貸したりする前に、自分が持っているコインの管理ができなくなることを理解してください。これは、あなたが仮想通貨をコントロールすることができなくなり、あなたの流動性を低下させることになります。ローンの条件をすべて把握し、いつまでに資金を利用できるのか、手数料はどうなるのかを把握しておきましょう。仮想通貨ローンページにアクセスすることで、今すぐバイナンスアカウントでローンを組むことができます。


はじめに

仮想通貨の損益といえば、変動する価格と慌ただしい市場が思い浮かびます。しかし、ブロックチェーンでお金を稼ぐ方法はそれだけではありません。仮想通貨レンディングは、比較的低いリスクで資金を貸し出すことができる手軽に利用できるサービスです。その一方で、借りたデジタル資産を低金利ですぐに利用することもできます。ローンの受け渡しは、仮想通貨を使用した方が簡単で効率的かつ安価な場合が多く、ローンの両当事者にとって検討する価値のあるオプションとなっています。



仮想通貨レンディングとは?

仮想通貨レンディングの仕組みは、あるユーザーから 仮想通貨を預かり、それを別のユーザーに有料で提供するというものです。具体的なローンの管理方法は、プラットフォームごとに変わります。中央集権型と分散型の両方のプラットフォームで、仮想通貨レンディングを見つけることができますが、基本原則は同じです。
借り手だけではありません。資金を管理するプールに自分の仮想通貨をロックすることで、受動的に収入を得たり、金利を得ることができます。利用するスマートコントラクトの信頼性にもよりますが、通常、資金を失うリスクはほとんどありません。これは、借り手が担保を差し出したり、バイナンスのようなCeFi (集権型金融) プラットフォームがローンを管理したりするためです。


仮想通貨レンディングまたは仮想通貨ローンはどのように機能しますか?

仮想通貨レンディングには通常、貸し手、借り手、DeFi (分散型金融) プラットフォームまたは仮想通貨取引所の3者が関与します。ほとんどの場合、ローンを受ける側は、仮想通貨を借りる前に担保を用意しなければなりません。また、無担保でフラッシュローンを利用することもできます (詳細は後述します)。ローンを借りる相手は、ステーブルコインを生成するスマートコントラクトや、他のユーザーから資金を貸し出しているプラットフォームかもしれません。貸し手は、自分の仮想通貨をプールに追加し、プールがプロセス全体を管理し、金利の一部を貸し手に渡します。


仮想通貨ローンの種類

フラッシュローン

フラッシュローンは、担保を必要とせずに資金を借りることができます。この名前は、単一のブロックの中でローンが与えられ、返済されることに由来しています。ローンの金額に金利を加えて返せない場合は、ブロックの検証前にトランザクションがキャンセルされます。これは本質的に、そのローンが確認されず、チェーンに追加されなかったため、そのローンはなかったことになります。スマートコントラクトがすべてのプロセスをコントロールするため、人間の介入は必要ありません。

フラッシュローンを使用するには、迅速な対応が必要です。この要件には、スマートコントラクトが再び活躍します。スマートコントラクトのロジックでは、サブトランザクションを含むトップレベルのトランザクションを作成することができます。サブトランザクションが失敗した場合、トップレベルのトランザクションは実行されません。

例を見てみましょう。あるトークンは流動性プールAでは$1.00 (USD)、流動性プールBでは$1.10で取引されているとします。しかし、あなたには第1のプールからトークンを購入して第2のプールで売るための資金がありません。そこで、フラッシュローンを利用して、このアービトラージの機会を1ブロック内で完結させてみるのもいいでしょう。例えば、私たちの主な取引は、DeFiプラットフォームから1,000 BUSDをフラッシュローンで借りて、それを返済すると想像してください。そして、これをより小さなサブトランザクションに分けていくことができます。

1. 借りた資金は、あなたのウォレットに振替されます。

2. 流動性プールAから$1,000の仮想通貨を購入します (1,000トークン)。

3. 1,000個のトークンを$1.10で売却し、$1,100を手にします。

4. フラッシュローンのスマートコントラクトに、ローンと借り入れ手数料を振り込みます。

これらのサブトランザクションのいずれかが実行できない場合、貸し手はそれが行われる前にローンをキャンセルします。この方法を使用することで、自分自身や担保にリスクを負うことなく、フラッシュローンで利益を上げることができます。フラッシュローンの典型的な機会として、担保スワップや価格裁定があります。ただし、フラッシュローンを利用できるのはオンチェーンのみで、別のチェーンに資金を移すとワントランザクションルールに抵触することになります。

担保付ローン

担保付ローンは、担保を提供する代わりに、借り手が資金を使用する時間を増やすことができます。MakerDAOはその一例で、ユーザーはローンをバックアップするために様々な仮想通貨を提供することができます。仮想通貨が揮発性であることから、例えば50%などの低いLTV (ローン・トゥ・バリュー・レシオ) を設定することになるでしょう。この数字は、あなたのローンが担保の価値の半分しかないことを意味しています。この差は、担保の価値が下がった場合の移動の余地となります。担保がローンの価値またはその他の所定の価値を下回ると、資金は売却または貸主に送金されます。
例えば、10,000 BUSDの50%LTVのローンでは、担保として$20,000 (USD) のEther (ETH) を入金する必要があります。$20,000を下回った場合は、さらに資金を追加する必要があります。$12,000を下回った場合は、担保は清算され、貸し手に資金が戻ってくることになります。

ローンを組むと、新しく生成されたステーブルコイン (DAIなど) や、誰かが貸し出した仮想通貨を受け取ります。貸し手は自分の資産をスマートコントラクトに預け、特定の時間、資金をロックすることもできる。あなたが資金を得た後は、その資金を自由に使用することができます。ただし、担保が清算されないように、その価格変動分を上乗せしておく必要があります。 

また、LTV比率が高くなりすぎると、罰金が科せられる場合があります。スマートコントラクトがそのプロセスを管理し、透明性と効率性を高めます。ローンの返済と金利のお支払いが完了すると、担保を取り戻すことができます。


仮想通貨ローンのメリットとデメリット

仮想通貨ローンは、何年も前からDeFiスペースでよく使用されているツールです。しかし、人気がある一方で、デメリットもあります。貸し借りを試す前に、バランスを取る必要があります。

メリット

1. 資本への簡単なアクセス: 仮想通貨ローンは、担保を提供できる人やフラッシュローンで資金を返済することができる人に与えられます。そのため、従来の金融機関からの借り入れよりも取得しやすく、審査も必要ありません。
2. スマートコントラクトによるローン管理: スマートコントラクトは、すべてのプロセスを自動化し、貸し借りをより効率的でスケーラブルなものにします。
3. 少ない作業で簡単にパッシブインカムを獲得: 保有者は、自分の仮想通貨をヴォールトに預け、自分でローンを管理することなく、APYを稼ぎはじめることができます。

デメリット

1. 担保に応じて清算するリスクが高い: 高度な過担保ローンであっても、仮想通貨の価格が突然下がり、清算に至ることがあります。
2. スマートコントラクトは、攻撃を受けやすい: 誤って書かれたコードやバックドアの悪用により、貸し出された資金や担保が失われる可能性があります。
3. 借りたり貸したりすると、ポートフォリオのリスクが高くなる: ポートフォリオを分散させることは良いことですが、ローンを使用して分散させるとリスクが高まります。


仮想通貨ローンを組む前に考慮すべきこと

信頼できる融資プラットフォームを利用し、安定した資産を担保にすることで、仮想通貨ローンを成功させるチャンスが得られます。しかし、急いで貸し借りをする前に、次のようなコツも考えてみてください。

1. 仮想通貨の管理を委任するリスクを理解する: 仮想通貨があなたのウォレットから離れるとすぐに、あなたは誰か他の人 (またはスマートコントラクト) に仮想通貨の取り扱いを任せることになります。プロジェクトはハッキングや詐欺の対象となることがあり、場合によっては、あなたの仮想通貨をすぐに出金することができないこともあります。
2. 仮想通貨をレンディングする前に市場の状況について考える: お客様の仮想通貨が一定期間ロックされ、仮想通貨市場の低迷に対応できなくなる可能性があります。また、新しいプラットフォームでの貸し借りはリスクをリスクを伴うため、信頼が高まるまで待った方が良いかもしれません。
3. ローンの利用規約を読む: どこでローンを組むかは、膨大な選択肢の中から選ぶことができます。より良い金利や有利な条件を探すべきです。


有名な仮想通貨レンディングプロジェクト

Aave

Aaveは、EthereumベースのDeFiプロトコルで、様々な仮想通貨ローンを提供しています。貸し借りはもちろん、流動性プールへの参加や他のDeFiサービスへのアクセスも可能です。Aaveは、フラッシュローンを普及させたことで有名です。資金を貸す際には自分のトークンをAaveに預け、aTokensを受け取ります。これが領収書の役割を果たし、得られる金利は貸し出す仮想通貨によって異なります。

Abracadabra

Abracadabraは、マルチチェーンのDeFiプロジェクトで、ユーザーは金利付きのトークンを担保として預けることができます。ユーザーは、資金をレンディングプールに預けたり、イールド・オプティマイザーに預けたりすることで、金利付きトークンを得ることができます。トークンを保持すると、元の入金した仮想通貨と獲得した金利にアクセスすることができます。

トークンをMagic Internet Money (MIM) ステーブルコインローンの担保として使用することで、有利子トークンの価値をさらに高めることができます。1つの戦略としては、ステーブルコインをイールドファーミングのスマートコントラクトに預け、有利子トークンを使用してMIMを生成することです。あなたのステーブルコインがボラティリティを発生させない限り、清算の可能性は低いままです。

バイナンス

取引所サービスとは別に、バイナンスはユーザーが貸し借りや、受動的な収入を得るための様々な仮想通貨金融商品を提供しています。DAppsにアクセスしたり、DeFiウォレットを自分で管理したくない場合は、CeFi (中央集権型金融) オプションを使用すると、より簡単になります。バイナンスでは、Bitcoin (BTC)、ETH、BNBを含む多くのトークンやコインを対象としたシンプルな仮想通貨担保ローンへのアクセスすることが可能です。このローンの資金は、HODLした仮想通貨に金利をを稼ぎたいバイナンスユーザーからのものです。


バイナンスで仮想通貨ローンを使用して借りる方法

バイナンスアカウントから直接、簡単に仮想通貨を借りることができます。まず、ログインしてから、仮想通貨ローンのページに向かいます。


1. 借りたい金額と仮想通貨を入力します。

2. 担保として提供する資産を選択します。右側のパネルに表示されている初期LTVに基づいて、必要な金額がこの欄に表示されます。

3. 借りたい期間を選択します。

4. 借り入れ内容に問題がなければ、[今すぐ借入開始] をクリックします。



まとめ

責任を持って行えば、DeFiのレンディングプラットフォームは、借り手と貸し手の両方に価値をもたらします。保有者はパッシブインカムを得るための新たな選択肢を得たことになり、投資家は資金を担保にすることで、持っている資金をより効率的に運用することができます。ローンを管理するためにDeFiまたはCeFiプロジェクトを選択する場合は、関連する条件を理解し、信頼できるプラットフォームを使用することを優先してください。ブロックチェーン技術により、信用へのアクセスと提供がこれまで以上に容易になったため、仮想通貨に関連するローンは関心のある人にとって強力なツールとなっています。