プロ仮想通貨トレーダーNik Patelインタビュー
プロ仮想通貨トレーダーNik Patelインタビュー
ホーム記事

プロ仮想通貨トレーダーNik Patelインタビュー

初心者
Published Feb 3, 2020Updated Apr 22, 2021
6m
Nik Patelは仮想通貨分野における、フルタイムのトレーダー、投資家、ライター、そしてアドバイザーです。彼のツイッターアカウントは@cointradernikです。Nikは仮想通貨市場に2013年から関わっています。2013年以降、Nikはマーケットに関する考察とチェートへのコメントを投稿し、多くのフォロワーを得ています。また、彼はAltcoin Trader's Blogでマーケットの概観やコインに関するレポートを書いています。

バイナンスアカデミーはトレード、投資、彼の市場全体における戦略、そして仮想通貨トレーダー兼投資家としてのライフスタイルについて聞きました。


バイナンスアカデミー なぜ仮想通貨のトレードを始めたんですか。
Nik Patel:仮想通貨について知る前、2013年12月に私はDogecoinのサブReddit、2014年2月にはツイッター上で仮想通貨関連のアカウントに出会いました。その月のうちに、私はMintPalに登録して、仮想通貨のトレードを始めました。
アカデミー:トレーディングを始めた頃について教えてください。失敗したトレードとかありましたか。
Nik:これまで行ってきた中で最悪のトレードとしては、2014年2月にMintPalに登録して、Mazacoinという連日価格が大幅に上昇していたトークンを購入したことを思い出します。このトレードで初期資産の2/3を失う結果となりました。 
アカデミー: 継続的に利益を出せるようになるまでどれだけの時間がかかりましたか。
Nik: 仮想通貨に関しては4か月ほどかかりました。これは主に、2014年の初めに運が良かったおかげでもあり、その年の残りの期間を通じて戦略を学び、自分に適応させ、それを改善し続けることができました。仮想通貨以外では、1年以上かかりました。
アカデミー:まだ、仮想通貨以外のトレードも行っているんですか。
Nik:はい、私は全てのマーケットでトレードをしています。仮想通貨以外だと特に、金属とインデックスでトレードをしています。
アカデミー:これまで行った中での最高のトレードを教えてください。
Nik:パーセントで言うと、Neutronを130サトシで購入して、平均6800サトシで売却したので、投資した資金の約50倍のリターンを得ることができました。
アカデミー:これまであなたの最高と最悪のトレードの2つを見てきましたが、良いトレードと悪いトレードの間にはどのような違いがあると思いますか。 
Nik: 良いトレードというのは正確にルールを守るトレードです。悪いトレードはルールを忘れて、結果に関わらず、感情に基づいた決断で行うトレードです。
アカデミー: 多くの成功した投資家は私の回答に同意すると思います。良い、悪いの判断基準は結果ではなく、良いトレードでも損をする時もあるし、悪いトレードで大きく稼ぐこともあります。重要なのは、優れた戦略を考え、長期にわたってそれを維持することです。
現在、私たちはビットコインの1年以上のベアマーケットを体験していますが、ここから学ぶべきことはなんでしょうか。
Nik:私自身も含めた多くの人がBTC建てで アルトコインの価格を考えていた時、私たちはより米ドル建てでの価格に注目するべきでした。特に、2018年1月のバブルの時は米ドル建てで考えるべきでした。この経験から私は意思決定プロセスの中にBTC建て、米ドル建て両方の価格とそれらの過去の値動きを考慮するようになりました。
アカデミー:ソーシャルメディア上の群集心理がバイアスを強化するのはとても興味深いです。コミュニティに関してはどのトレーダーを必ず見ておくべきだと思いますか。
Nik:Tom Danteが私自身のプロセスにおいては最も重要かもしれません。特に、マイナーなトレードへの期待の変化を察知するのに関しては参考にしています。
アカデミー:自分自身の戦略の改善点を探すことに終わりはなく、あらゆる投資家にとって必須のことです。現在のNikの戦略とどのようにそこに至ったのかについて教えてください。新人トレーダーがマーケットにおける自分自身の戦略を見つけるためのアドバイスなどあったらそちらもお願いします。
Nik: 私の戦略は特に循環ポジションに強いです。私はファンダメンタルが良いにも関わらず低評価で、かつ安い価格のトークンを入手し、そのトークンのマーケットサイクルを待ちます。私は新人トレーダーには自分自身の弱点と長所について詳しく学ぶために毎日記録することをおススメします。
アカデミー:たしかに、成功しているトレーダーの大半は自分のトレードを記録しているかもしれないですね。記録することはトレードのパフォーマンスを追うことができるので、自分の強みをさらに強め、弱点を把握するのに必須です。Nikは複数の戦略でトレードをするか、それとも特定のトレードタイミングを探していますか。
Nik:私は週、もしくは月をまたがないトレードにおいて、テクニカルに基づいた複数のコア戦略を持っています。長期的なポジションに関しては、私は幅広くファンダメンタルを見て、最安値付近で買って、マーケットサイクルが回るまでホールドします。
アカデミー:これまでで一番長く特定のコインを保有した期間はどれぐらいですか。
Nik:1年以上です。
アカデミー:1年以上というのは、仮想通貨だとプロジェクトの寿命にも見える場合がありますね。このように変化が激しいマーケットにおいて、 リスクを管理しながら、長期的なポジションを持つのは非常に難易度が高いことです。Nikはコインやトークンの収益性を分析するのに最も便利なメトリックは何だと考えていますか。
Nik: トークンの発行スキームです。インフレーションは大きなリターン、もしくはトークンの死のどちらかを促進することが証明されている継続的なメトリックスの1つです。
アカデミー: オンチェーンメトリックスを戦略に取り入れていますか。
Nik:オンチェーンでのトランザクションボリュームは投機的な(取引所ベースの)ボリュームかどうかを判断するために見ます。また、そのトークンの上位保有者のリストも幅広く確認します。
アカデミー:テクニカル分析ファンダメンタル分析のどちらを好みますか。
Nik:長期的なポジションのためには、私は魅力的だと思うファンダメンタルを探してから、テクニカルに基づいて意思決定をします。1週間以内のスポットトレードの場合はテクニカル分析のみを使います。さらに、レバレッジトレードでもテクニカルのみを使います。
アカデミー:それでは、過小評価されがちな要素でもあるので、もう少しトレードの実務的な話を聞いていきたいと思います。トレードをする日の1日はどのような感じで、毎日スクリーンを見ている毎日でどのようにライフスタイルを維持しているのでしょうか。
Nik:私はその週に何を見るべきかを判断するために、資産全体に対するマーケット評価を日曜日に行うようにしています。次に、幅広くこれらを記録し、私のチャートにマークして、重要なプライスレベルにアラームを設定し、さらにそのエリアで何を注目していたのかをメモします。それから、トレードを実行し、それを定期的に確認します。 

私のポジションの大半は解消するのに1週間以上かかるので、残りの時間の多くはブログやフリーランスとしての仕事、読書、運動などをしています。私はスクリーンと1日中にらめっこしたくないので、積極的にデイトレードをしないようにしています。私は家で仕事をしていて、アラームとシステムを設定しているので、チャートを1日中見ている必要はありません。私はそのようなライフスタイルが好きではないので、デイトレードをし続けるという選択をしませんでした。

アカデミー:トレードにおいて最も重要なツールは何ですか?
Nik:あまりツールは使っていません。私はノートPC、セカンドディスプレイ、タブレット、TradingViewと取引する資産に応じたブローカーを使っています。他のツールの必要性はあまりないと思っています。
アカデミー:せっかくあなたにインタビューをするのに価格予想を聞かないのはおかしいと思うので、2020年末のビットコインの価格はいくらぐらいと予想していますか。
Nik: $26,000です。


Nikのインタビューを通じて、彼の戦略について知ることができました。トレーディングについて学びたい場合は、初心者向けテクニカル分析シリーズと証拠金取引ガイド、もしくはバイナンス先物取引完全ガイドを読んでください。


ということで、今回のNikへのインタビューの要点をまとめました。

  • ルールを定め、それに従うようにし、感情で取引をしないようにすることが重要です。もしも、自分が定めたルールから外れた事態になって、感情に基づいた判断をするようになったら、トレードの結果もそれを反映したものになります。

  • 細心の注意を払って自分のトレードを記録し、自分の戦略を常に改善し続けようとしましょう。

  • たまに、一回立ち止まって自分のトレードがコミュニティバイナスに影響されていないかを反省するのも大切です。

  • 物事を複雑にしすぎないようにしましょう。シンプルな設定の優れた戦略は長期的に活用できます。