フラクショナルリザーブとは?
フラクショナルリザーブとは?
ホーム記事

フラクショナルリザーブとは?

初心者
Published Jan 21, 2019Updated Apr 29, 2021
5m

フラクショナルリザーブは、商業銀行が顧客の預金の一部を貸し出すことによって利益を得る銀行システムであり、これらの預金のごく一部が実際の現金として保管されていて、出金可能となります。実質的に言えば、この銀行システムは、顧客の銀行預金の割合を使用して、何もないところからお金を生成します。

要するに、これらの銀行は金融口座に預金されているお金の最低限の割合(端数)を保有することが義務付けられており、残金を貸し出すことができます。銀行が融資を行うと、 銀行と融資を受けた人の両方が資金を資産としてカウントされ、経済的には元金の2倍ということになります。この通貨が何度も再利用され、再投資され、再融資されることで、乗数効果が生じ、これがフラクショナルリザーブバンクの“新たなお金を生み出す”ということになるのです。

貸出と債務は、フラクショナルリザーブバンクシステムに不可欠であり、多くの場合、中央銀行が新しい通貨を流通させる必要があるため、商業銀行は出金を行うことができます。また、ほとんどの中央銀行は規制機関としての役割も果たしており、最低準備率など決定しています。 このような銀行システムは、多くの国の金融機関が利用していて、米国をはじめとする自由貿易国で普及しています。


フラクショナルリザーブバンキングシステムの創設

フラクショナルリザーブバンキングシステムは、1668年頃にスウェーデンのリクスバンクが世界初の中央銀行として設立された際に誕生しましたが、他の原始的な形態のフラクショナルリザーブバンキングシステムはすでに使用されていました。預金が成長して拡大し、融資によって経済を刺激するという考えは、すぐに人気のあるものになりました。預金を金庫に保管するのではなく、利用可能な資源を使用して支出を促進することは理にかなっていたのです。

スウェーデンがその実践をより公式なものにするために措置を講じた後、フラクショナルリザーブシステムが定着し、急速に普及しました。米国では、1791年と1816年に2つの中央銀行が設立されましたが、いずれも存続しませんでした。1913年には連邦準備法により、現在の米国中央銀行である米国連邦準備銀行が設立されました。この金融機関の目的は、価格設定、雇用、金利に関して経済を安定させ、最大化し、監視することです。


どのように機能するのか?

顧客が銀行口座にお金を預金すると、そのお金は直接的な預金者の財産ではなくなります。銀行が預金を所有し、代わりに預金口座を顧客に提供して利用できるようにします。これは、銀行の顧客が要求に応じて、確立された銀行の規則と手順を使用して、預金の全額を利用できるようにすることを意味します。
しかし、銀行が預金を保持していても、全額を保有しているわけではありません。代わりに、預金のごく一部が積立されます(フラクショナルリザーブ)。この積立額は通常、3%から10%の範囲であり、残りの資金は他の顧客への融資に使用されます。

これらのローンがどのようにして新しいお金を生み出すのか、この簡略化された例で考えてみましょう。
  1. 顧客Aが銀行1に5万ドルを預金し、銀行1が顧客Bに45,000ドルを融資
  2. 顧客Bが銀行2に45,000ドルを預金し、銀行2が顧客Cに40,500ドルを融資
  3. 顧客Cは銀行3に40,500ドルを預金し、銀行3が顧客Dに36,450ドルを融資
  4. 顧客Dが銀行4に36,450ドルを預金し、銀行4が顧客Eに32,805ドルを融資
  5. 顧客Dが銀行5に32,805ドルを預金し、銀行5が顧客Eに29,525ドルを融資

フラクショナルリザーブが10%になると、当初の5万ドルの預金は、全顧客の預金の合計に29,525ドルを加えた234,280ドルの利用可能通貨にまで増加します。これは、フラクショナルリザーブバンキングが乗数効果を介してお金を生成する方法を非常に単純化した例ですが、基本的な考え方を示しています。

このプロセスは負債の元本に基づいていることに注意してください。預金口座とは、銀行が顧客から借りているお金 (負債) であり、利子を得るための融資は、銀行に最も多額のお金をもたらし、銀行の資産になります。要するに、銀行は預金口座の負債よりも貸出口座の資産を多く生み出すことによって収益を上げているのです。


バンクランとは?

ある銀行に、預金者たちが全員現れ、全預金を引き出してしまったらどうなるでしょうか?これは取り付け騒ぎとして知られており、銀行は顧客の預金のごく一部を保有しているだけなので、金融義務を果たせずに銀行が破綻する可能性が高くなります。

フラクショナルリザーブバンキングシステムが機能するためには、預金者が銀行に押しかけて一斉に預金を出金したり、預金の全額にアクセスしないことが不可欠です。銀行のバンクランは過去にも発生しましたが、一般的な顧客の行動ではありません。通常、顧客は銀行が深刻な問題に陥っていると考えた場合にのみ、全預金を引き出そうとします。

米国では、大恐慌は大規模な出金によって引き起こされる惨状な悪名高い1つの例です。現在、銀行が保有する準備金は、このような事態が再び起こる可能性を最小限に抑える方法の1つとなっています。銀行によっては、顧客の要求をよりよく満たし、預金口座の資金へのアクセスを提供するために、義務的な最低額以上の準備金を保有しているところも存在します。


フラクショナルリザーブバンキングのメリットとデメリット

銀行はこの非常に有利なシステムのメリットの大部分を享受していますが、預金口座の利子を得る際、銀行顧客にはこの利点のごく一部しか伝わりません。また、政府もこのスキームの一部であり、フラクショナルリザーブバンキングシステムは支出を奨励し、経済の安定と成長を提供すると度々擁護しています。

一方、多くの経済学者は、フラクショナルリザーブシステムは持続不可能であり、かなりのリスクを伴うと考えられています。特に、ほとんどの国で実施されている現在の通貨制度が、実際には信用と債務に基づいており、実物の貨幣に基づいていないことを考えると、その可能性は高くなります。現在の経済システムは、人々が銀行と政府によって法定通貨として確立された両方を信頼していることを前提としています。


フラクショナルリザーブバンキングと仮想通貨

従来の法定通貨システムとは対照的に、ビットコインは分散型デジタル通貨として誕生し、全く異なる方法で機能する代替経済のフレームワークを生成しました。

大半の仮想通貨と同様に、ビットコインもノードの分散型ネットワークによって管理されています。すべてのデータはクリプトグラフィーによって保護され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散型台帳に記録されています。そのため、中央銀行は必要ではなく、担当する権限もありません。 

また、ビットコインの発行は制限されているため、2100万単位の最大供給量に達した後はコインが生成されません。そのため、文脈が全く異なり、ビットコインや仮想通貨の世界では、フラクショナルリザーブなどというものは存在しません。