金利の説明
目次
はじめに
金利とは?
金利が重要な理由
マイナス金利とは?
まとめ
金利の説明
ホーム記事
金利の説明

金利の説明

初心者
Published Dec 24, 2020Updated Jan 14, 2022
5m

概要

無料でお金を 貸すことにはあまり意味がありません。AliceがBobから$10,000を借りたい場合、Bobは彼女にそれを貸す金銭的インセンティブが必要です。そのインセンティブは、金利という形でもたらされます – Aliceが借りた金額に上乗せされる手数料のようなものです。

金利の上下は人々の生活に大きな影響を与えるため、広範な経済に対して、以下で説明するような、大きな影響を与えます。

  • 金利が高いと預金に対して銀行が支払う利息が増えるので、貯金することがより魅力的になります。また、信用に対して支払わないといけない金額が増えるので、借金することはあまり魅力的ではないです。
  • 金利が低いと貯金していても利息が得られないので、借金や消費を促進します。さらに、この場合借金したとしても払わないといけない利息は少なくなります。


はじめに

 経済のしくみで紹介したように、信用は世界経済において重要な役割を果たしています。要するに、金融取引の潤滑油です – 個人が手持ちのない資金を活用し、後日返済することができます。企業は信用を利用して資源を購入し、その資源を利用して利益を上げ、そして貸し手にお支払いすることができます。消費者はローンを組んで商品を購入し、時間をかけて少しずつローンを返していくことができます。

もちろん、貸し手がそもそも信用を提供するためには、経済的なインセンティブが必要になります。多くの場合、 金利が取られます。今回は、金利とその仕組みについて掘り下げてみましょう。


金利とは?

金利は、借り手が貸し手にお支払いするべきものです。AliceがBobからお金を借りた場合、BobはAliceに$10,000を貸し付けることになりますが、そこには5%の金利が発生します。つまり、Aliceは当初の$10,000 ( 元本)  に加えて 、その5%を期間内に返済する必要があります。従って、AliceのBobへの返済総額は$10,500となります。

つまり、金利とは1期間あたりにお支払いするべき金利の割合のことです。もし年率5%なら、Aliceは最初の年に$10,500お支払いする必要があります。ここから、次のようになります:

  • 単金利の場合 – 翌年以降は元金の5%が発生します

または 

  • 複利の場合 - 1年目は$10,500の5%、2年目は$10,500の5%+ $525 = $11,025となります。


金利が重要な理由

 仮想通貨、現金、金のみで取引するのでなければ、金利は他の人と同じように影響を与えます。仮に、すべてのお支払いを Dogecoinで行う方法を見つけたとしても、経済におけるDogecoinの重要性から、その影響を感じることができます。
商業銀行を考えてましょう – 彼らのビジネスモデル (部分準備銀行) は、お金の貸し借りを中心に回っています。お金を入金することは、貸し手としての役割です。銀行があなたの資金を他の人に貸すことで、あなたは銀行から金利を受け取ります。一方、お金を借りるときは、銀行に 金利をお支払いします。

商業銀行には、金利を設定する自由度はあまりありません – それは 中央銀行と呼ばれる組織に委任されています。アメリカの連邦準備制度、中国の人民銀行、イギリスの銀行を思い浮かべてみてください。彼らの仕事は、経済を健全に保つために手を加えることです。そのための機能として、金利の上下があります。

考えてみれば、金利が高ければ、お金を貸すことでより多くの利息を受け取ることができます。裏を返せば、借入が増えるために割高になるということです。逆に言えば、金利が低いときには貸してもあまり利益が出ない一方で、借り方は魅力的になります。

最終的には消費者の行動をコントロールすることになります。金利の引き下げは、一般的に消費が低迷している時に、個人や企業の借り入れを促進するために行われます。そして、より多くの信用を得られれば、うまくいけばその信用を使ってくれるでしょう。

金利を下げることは、短期的には経済の活性化につながるかもしれませんが、 インフレーションを引き起こすことにもなります。使用可能なクレジットは増えたものの、リソースの量は変わりません。つまり、需要は増えますが、供給は増えないということです。当然、価格は上昇に転じ、均衡が保たれるようになります。

その時、高金利が対策になります。高く設定すると、誰もが借金を返済しはじめるため、循環する信用量が減少します。この段階では銀行が潤沢な金利を提供してくれるため、個人はかえって金利を得るためにお金を貯めることになります。商品の需要が減ると、インフレ率は低下します – しかし、経済成長は鈍化します。



マイナス金利とは?

しばしば、経済学者や識者がマイナス金利について語ることがあります。これはご認識の通り、お金を貸すことで お支払い される金利がゼロ以下であることを指します – あるいは銀行に入金することもできます。つまり、銀行の貸し出しコストが高くなってしまいます。実際、貯蓄のためのコストまでかかってしまいます。

これは非合理的な概念と思われるかもしれません。結局のところ、借り手がローンの返済をできないかもしれないというリスクを負っているのは貸し手なのにも関わらず、なぜ 貸し出す のでしょうか? 

だからこそ、マイナス金利は苦境にある経済を立て直すための最後の手段とも言えるのです。この考え方は、経済が低迷している間、経済活動が回復するまで個人がお金を持ち続ける (消費活動をしない) ことを好むかもしれないという懸念からきています。 

マイナス金利の時には、この行動には意味がありません – 借入と支出が最も賢明かつ求められます。そのため、マイナス金利は異常な経済状況下では有効な手段であるとする意見もあります。


まとめ

金利というのは、表面的には比較的わかりやすい概念に思えます。 

とはいえ、現代経済には欠かせないものです – これまで見てきたように、それを調整することで、個人や企業の行動を根本的に変えることができるのです。そのため、中央銀行が国家経済を軌道に乗せるために積極的に活用しているのです。

金利や経済について、もっと知りたいことはありますか?Q&Aプラットフォームの アスクアカデミーでは、バイナンスコミュニティがお客様の質問にお答えします。