Dogecoinとは?
目次
はじめに
Dogecoinの歴史
Dogecoinの仕組み
Dogecoinの用途
まとめ
Dogecoinとは?
ホーム記事
Dogecoinとは?

Dogecoinとは?

初心者
Published Oct 9, 2020Updated Oct 4, 2021
6m

概要

ご存じの通り、Dogecoinは最も有名なネタコインの1つです。驚くべきことに、ネタコインにも関わらず、Dogecoinはこれまでずっと生き残ってきました。Dogecoinには、長年にわたってさまざまな取り組みによって資金を調達してきたユーザーによる、献身的なコミュニティがあります。


はじめに

2009年に Bitcoinが登場し、デジタル通貨の門戸が開かれました。発売以来、膨大なユースケースに対応するため、何千もの代替 仮想通貨(または アルトコイン)が登場しています。貨幣としての地位を確立しようとしているものもあれば、 Ethereum のような スマートコントラクト プラットフォームを促進することを目指しているものもあります。

仮想通貨の黎明期に誕生したコインの中で、Dogecoinは最もユニークなものの1つです。Dogecoinは2014年から多くの仮想通貨投資家から愛されてきました。この記事では、Dogecoinがなぜこれほどまでに人気があるのかを説明していきます。


Dogecoinの歴史

設立とローンチ

Dogecoin(DOGE)は、 Litecoinのコードベースをフォークして生まれた オープンソースの仮想通貨です。その名の通り、2013年にインターネット上で大流行した Dogeというミーム がベースになっています。オリジナル画像は柴犬を描いたもので、内側のモノログはコミックフォントで表示されています。
オレゴン州出身のプログラマー、Billy Markus氏は、最初に ”ジョーク” のような仮想通貨のアイデアを思いつきました。彼は、Bitcoinよりももっと軽快な コインの方が、メインストリームの注目を集める可能性が高いと考えたのです。同じ頃、Adobe社のJacson Palmer氏は、現在は削除されているツイートの中で、 ”Dogecoinに投資している、次の大物だと確信している” と述べています。
励ましを受けて、Palmerは dogecoin.comを立ち上げました。Markusは、ウェブサイトを立ち上げた直後につまずいた時、それを実現するためにPalmerに連絡を取り、現在のDogecoinと知られるものに取り組み始めました。
リリースと同時に、この仮想通貨はソーシャルメディアで急速に広まりました。数ヶ月後には、 時価総額が数百万ドルに達しました。


コミュニティ・イニシアティブ

Dogecoinコミュニティは慈善活動で有名です。Redditのようなサイトでは、ユーザーが互いに少量のDogecoinを送り合い、コンテンツの作成者に報酬を与えるというチップシステムが登場しました。

2014年にはジャマイカのボブスレーチームがソチ冬季オリンピックに出場するために3万ドル相当のDogecoinを調達しました。そのチームは予選を通過したが、そのイベントのためにロシアに行く余裕はありませんでした。

同じ年に、このコミュニティは他に2つのイニシアチブをローンチしました。Doge4Waterはケニアで井戸を掘るために30,000ドルを調達しました。また、その後DogecoinコミュニティはNASCARのドライバーのJosh Wiseをスポンサーし、50,000ドル相当の仮想通貨を集めました。その結果、WiseはDogecoinのロゴを車につけたことで有名になりました。

TeslaのCEOであるElon Musk氏は 以前、Dogecoinが自分の好きな仮想通貨のひとつになる ”かもしれない” とツイートしています。コミュニティでの投票の結果、彼は冗談交じりにコインのCEOに任命されました。 


Tiktokパンプ

2020年半ばには、動画共有アプリTiktok上での動画がバズッたことで、連絡反応が起き、結果としてDOGE価格が急上昇しました。あるユーザーは、Dogecoinをいまみんなで買って、1ドルになった時にすぐ売れば、みんな裕福になれると言い、他のユーザーにもDogecoinを買うことを求めました。このハイプは雪だるま式に大きくなり、Dogecoinの価格は数週間前の2.5倍になりました。しかしながら、このパンプは短命だったため、価格はその後急落しました。

このような活動は パンプ&ダンプ とみなされる可能性があります。この種のスキームは、投資家に危険が及ぶため、伝統的な市場では違法とされています。プロモーターは、ある資産を大量に購入してから、その資産についての宣伝を行い、他の人がその投資をFOMOするように仕向けます。その結果、価格が大きく上昇します。( ”パンプ” )そして、プロモーターが自分の持ち株を売ることで ”ダンプ” が発生します。 – このように売り圧力が強くなると、価格が急落し、後続の投資家は大きな損失を被ることになります。

いつもと同様に、投資を行う時にはまず自分でリサーチを行ってください。バイナンスアカデミーには、トレード、経済に関して豊富なリソースがあるので、皆さんが仮想通貨市場をよりよく理解するためのサポートができます。


Dogecoinの仕組み

Dogecoinは、 Litecoin(LTC)のフォークであるLuckycoinをベースにしています。しかし、その後、プロトコルに重要な変更が加えられました。それがどのように機能するか見てみましょう。


ブロックチェーン

DogecoinはBitcoinと同様に ブロックチェーンを使用しており、 プルーフ・オブ・ワークによって ブロックが追加されます。ネットワークの参加者は、自分のマシンに オープンソースのソフトウェアをインストールし、 フルノードとして機能させます。ブロックチェーン技術に馴染みのない方のために説明すると、これは各参加者がデータベース(すべての取引を含む)の完全なコピーを維持することを意味します。

このシステムは、管理するアドミニストレータがいないため、分散化されています。その代わりに、ユーザーはお互いに直接情報を送信し、暗号化技術を使って、相手が誠実に行動しているかどうかを判断します。

このタイプのシステムのより包括的な概要については、 ブロックチェーン技術とは何か?アルティメット・ガイドをご覧ください。


マイニングと供給

 Bitcoinのようなプルーフ・オブ・ワーク型のブロックチェーンでは、 マイニングと呼ばれるプロセスによって新しいコインが生成されます。参加者は、複雑なパズルの答えを明らかにするような ”仕事” をしたことをネットワークに証明しなければなりません。
このパズルは、情報を ハッシュ化することで、ネットワークが有効と認める出力をユーザーが提供できるようになるまで解き続けます。ソリューションは手作業では実現できないので、ユーザーは代わりに電気や計算機を使って探し出そうとします。
BitcoinとLitecoinの大きな違いは、後者はSHA-256というハッシュ関数をマイニングに使用していないことです。これは意図的な決定でした。 – Litecoinは代わりに、 ASIC耐性のあるプルーフ・オブ・ワークアルゴリズムであるスクリプトを使用しています。
わかりやすく言えば、Bitcoinをマイニングするための専用機では、Litecoinをマイニングするための一般的なコンピューターやGPUに太刀打ちできないことを意味します。理論的には、これにより、より分散化されたマイニング環境が実現します。しかしやがて、スクリプト用の 特定用途向け集積回路が登場しました。
DogecoinはLitecoinの派生型として、スクリプトのアルゴリズムを継承しています。しかし、競争を避け、セキュリティリスクを軽減するために、Dogecoinの開発者は、Litecoinのマイニングと同時にDogecoinの獲得ができるような マージ・マイニングモデルに切り替えました。これについての分析は、バイナンスリサーチの DogecoinとLitecoinのマージ・マイニングのケーススタディをご覧ください。
Dogecoinのマイニングでは、1分間のブロックタイムを目標とし、10,000 DOGEのブロック報酬が得られます。ユニットの 供給上限はなく、すでに1,000億以上が流通しています。愛好家の間では、コインの消費意欲を高め、アーリーアダプターが不均衡に利益を得ることを防ぐために、制限をなくすことは良い選択だと考えられています。



Dogecoinの用途

他の多くの仮想通貨と同様に、Dogecoinを取得するには複数の方法があります。自分でマイニングすることもできるし、コモディティやサービスの対価として受け取ることもできます。しかし、最も簡単な方法は、仮想通貨取引所を通じて購入することです。一般的には、まず Bitcoinやその他の人気コインを購入し、それをDOGEと交換する必要があります。
Dogecoinを入手したら、他の仮想通貨と同じように使用することができます。 -  ハードウェアウォレットで長期的に保有したり、他のコインと交換したり、コモディティと交換したり、他人にチップを渡したりすることができます。 Bitrefillは、様々な小売店のギフトカードやバウチャーを購入できるため、最も簡単な消費方法と言えるでしょう。


まとめ

インターネットのネタから誕生した仮想通貨であるにもかかわらず、Dogecoinは献身的なユーザーによるコミュニティを発展させてきました。6年後でも、未だに数億ドルの時価総額を維持しています。

市場がDogecoinを新しい通貨、もしくは持続可能な金融資産、もしくは両者の中間と見ているかはまだ不透明な面が残っています。ただし、この柴犬通貨ほどの影響力の大きい仮想通貨はほとんどないため、ただのネタコインと言うわけにもいきません。