経済の仕組み
目次
はじめに
経済の登場人物
経済活動の測定
信用、負債と金利
中央銀行、インフレ、デフレ
バブルが崩壊したらどうなるか
どのように全てが結びついているのか
まとめ
経済の仕組み
ホーム記事
経済の仕組み

経済の仕組み

初心者
公開済 Aug 9, 2020更新済 Feb 23, 2022
10m

概要

  • 信用 – あなたが受け取ったお金は後で返済しなければなりません – 経済を活性化させます。
  • 信用が高まれば、支出が増えることを意味します。支出が多いということは収入が多いということを意味しており、収入が増えれば金融機関から得られる信用も増えることを意味します。
  • また、信用は負債を生み出します。借りたお金は返済しなければならないため、支出は後から減らさなければいけません。
  • 政府は景気を調整するために金利の引き上げや引き下げを行います。


はじめに

経済が世界を循環させます。そして、経済は私たちの日常生活にも深く関わってくるため、たとえ概要レベルであってもその仕組みは理解しておくべきです。

「経済」の定義は様々ですが、広義にはモノが生産、消費、取引を指します。一般的には、国家レベルで議論されていることが多く、論説やニュースの記者は米国経済や中国経済など国家レベルで経済について言及しています。しかし、各国の活動や情勢を考慮に入れることで、グローバルな視点で経済活動を見ることもできます。

この記事では、レイ・ダリオのモデル (How the Economic Machine Works) を参考に、経済を構成する概念を紹介します。


経済の登場人物

詳しく説明する前に、まずは小さな規模から見ていきましょう。毎日、私たちは買い物 (食料品など) や、販売 (代金と引き換えに仕事をする) をして、経済に貢献しています。世界中の他の個人、グループ、政府、企業も、3つの市場分野で同じように活動しています。

第一次産業は、天然資源の採取に関係しています。ここでは、木を切ったり、金を採掘したり、農作業をしたりと、様々なことを行います。この素材はその後、製造・生産を担う第二次産業で使用されます。最後に、第三次産業 は広告から流通までのサービスを対象としています。
この産業を3つに分類するというモデルは一般的によく使われているものです。しかし、第3次産業のサービスをさらに区別するために、第4次産業第5次産業とさらにこのモデルを拡張する場合もあります。


経済活動の測定

経済の健全性を判断するには、何らかの方法でそれを測定する必要があります。そのための最も一般的な方法は、GDP国内総生産を使用することです。この指標は、ある期間に一国で生産された財・サービスの総価値を算出するものです。

大まかに言うと、GFPの上昇は生産、収入、そして支出の増加を意味します。一方、GDPの減少は生産、収入、そして支出の減少を意味します。実質GDPはインフレを考慮するが、名目GDPは考慮しないなど、いくつかのバリエーションがあることに注意する必要があります。

GDPはまだ近似値に過ぎませんが、国内・国際レベルの分析では非常に大きなウェイトを占めています。GDPは、小規模な金融市場参加者から国際通貨基金に至るまで、各国の経済状況を把握するために利用されています。

GDPはその国の経済を表す信頼性の高い指標ですが、テクニカル分析のように、他のデータと照らし合わせて、より包括的に理解するのがベストです。


信用、負債と金利

貸し手と借り手

私たちは、すべてが売買に帰着するという事実に触れました。ここで注目すべきは、「貸借」も欠かせないということです。例えば、あなたが多額の現金を持っていて、今は何もしていないとします。そのお金を動かして、もっとお金を生みたいと思うかもしれません。

例えば、ビジネスのための機械など、何かを購入する必要がある人にその欲しがっているものを貸すという方法です。今はまだ現金がありませんが、機械を購入すれば、完成した製品の売上から返済することができます。そこで、あなたは貸し手となり、取引の相手方は借り手となります。
そして、貸し出す対価として、現金を貸す際には手数料を設定します。10万円を貸した時、「毎月手数料として、貸した金額の1%をお支払いしている限り、返済しなくても良い」というような条件を付けるかもしれません。この追加料金は金利と呼ばれています。

単利の場合、相手方は借りた資金を返済するまで毎月$1,000をあなたに支払うことになります。3か月後に返済された場合、$103,000と他に設定した追加手数料を受け取ることができるでしょう。

そのお金を提供することで、借り手が後であなたに返済するという合意である信用を作ります。クレジットカードをお持ちの方にはおなじみの概念でしょう。カードでお支払いをすると、すぐに銀行口座からお金が引き落とされるわけではありません。決済時には銀行口座にお金がある必要はなく、後日の引き落とし時点で十分な資産があれば良いです。
信用には借金がついてきます。貸し手としてお金を借り、借り手としてお金を借ります。負債は、金利をつけて返済すると消えます。


銀行と金利

現在の世界では、銀行はもっとも注目すべきタイプの貸し手でしょう。銀行は貸し手と借り手の間の仲介人 (もしくは、ブローカー) と考えることができるでしょう。しかし、実際にはこれらの金融機関は両方の役割を果たしています。

銀行にお金を預ける時、そのお金を引き出せることを条件に預けます。そうやって、多くの人から銀行はお金を集めます。そして、銀行は手元に大量の現金を持っているため、借りたい人にそのお金を貸します。

もちろん、銀行は全ての貸付金に相当する資産を実際に保有しているわけではありません。銀行は部分準備銀行制度によって、運営されています。みんなが一斉にお金を返してくれと言えば問題になるかもしれませんが、そんなことは滅多にありません。しかし、そのような場合 (例えば、皆が銀行に対する信頼を失った場合)、取り付け騒ぎが発生し、銀行が破産する可能性があります。1929年と1933年の米国大恐慌時の取り付け騒ぎなどが良い例です。
銀行は通常、金利という形で、お客様にお金を貸すインセンティブを提供します。当然のことながら、金利が高ければ、貸し手にとっては (より多くのお金を得られるので) 魅力的です。借り手にとっては、逆に金利が下がれば、元金に上乗せして支払う必要がなくなります。


信用が重要な理由

信用は、経済の潤滑油のようなものだと言えます。これにより、個人、企業、政府は、すぐには手に入らないお金を使用して消費します。経済学者の中には、これを問題視する人もいますが、多くの人は支出の増加は経済が繁栄していることの証だと考えています。

より多くのお金が使われれば、より多くの人が収入を得ることができます。銀行は所得の高い人に融資する傾向があるため、個人がより多くの現金や信用を手に入れることができるようになりました。現金や信用が増えれば、個人はより多くの消費をすることができ、より多くの人が収入を得ることができ、このサイクルがどんどん続いていきます。

収入増→信用増→消費増→収入増→・・・


もちろん、このサイクルがいつまでも続くわけではありません。今日、10万円を借りることで、将来的に10万円以上のお金を失うことになります。つまり、一時的に支出を増やすことはできても、最終的には支出を減らさないと返済できないということになります。

レイ・ダリオは、この概念を短期債務サイクルと表現し、以下のように示しています。このパターンは、5-8年の期間で繰り返されると推測されています。

赤色は生産性で、時間の経過とともに成長していきます。緑の部分は、利用可能な信用の相対的な量を示しています。


では、私たちはこの図から具体的に何を読み取っているのでしょうか。まず、生産性が着実に向上していることに注目しましょう。信用がなければ、それが唯一の成長の源です。つまり、より多くの収入を得るには、生産する必要があります。

図の最初の部分では、信用があるために、所得が生産性よりも早く伸びる (景気の拡大をもたらす) ことがわかります。しかし、最終的には拡大は止まり、経済が縮小します。2つ目の部分では、最初の「ブーム」の結果として、信用の利用可能性が著しく低下します。その結果、融資を受けることが難しくなり、インフレとなり、政府は改善策を行わないといけなくなります。

これについては次のセクションで詳しく説明します。


中央銀行、インフレ、デフレ

インフレーション

前のグラフについて話を戻すと、誰もがたくさんの信用を利用できるとします。つまり、信用がなければ買えなかったものが、たくさん買えるということです。しかし、支出が急増している一方で、生産量は増えていません。事実上、財やサービスの供給は実質的には増加しないが、その需要は増加しています。

次に起こるのは、インフレです。これは、需要の増加により、商品やサービスの価格が上昇しはじめることを意味します。これを測るための一般的な指標は、消費者物価指数 (CPI) で、これは一般的な消費財やサービスの価格を時系列で追跡するものです。


中央銀行の仕組み

先に紹介した銀行は、一般的に商業銀行で、主に個人や企業を対象としています。中央銀行は、国の金融政策を管理する政府機関です。このカテゴリーの金融機関としては、アメリカの連邦準備制度、イングランド銀行、日本銀行、中国人民銀行などの金融機関があります。主な機能は、通貨の流通量を増やすこと(量的緩和)や、金利をコントロールすることなどです。

インフレが進行している場合、中央銀行は金利を上げることがあります。金利が上がると、負担する利息も高くなるので、借り入れが魅力的に思えなくなります。また、個人でも借金の返済が必要となるため、支出が減少することが予想されます。

理想的には、金利が高くなると需要が減り、価格が下がります。しかし、実際には、デフレを引き起こすこともあり、これもまた問題となる場合があります。


デフレーション

ご想像の通り、デフレはインフレの反対です。ここでは、一般的に消費者の減少によって引き起こされる、一定期間にわたる全般的な価格の下落と定義します。支出が減るので、さらに景気後退につながる可能性があります (景気後退については、2008年金融危機についての記事をご参照ください)。
デフレの解決策として提案されるのが、金利を下げることです。信用の利息を減らすことで、個人はより多くの借入をするようになります。そして、政府は多くの人、会社がより多くの信用を得られることで、支出を増やすことを期待します。

インフレと同様に、デフレも消費者物価指数で測ることができます。


仮想通貨をはじめて購入する場合、バイナンスでBitcoinを購入してみましょう!


バブルが崩壊したらどうなるか

ダリオは、上で例示したチャート (短期債務サイクル) は、 長期債務サイクルの中の小さなサイクルであると説明しています。

長期債務サイクル


上記のようなパターン (信用の利用可能性の増加と減少) は、時間の経過とともに繰り返されます。しかし、各サイクルが終わる時には、債務はより多くなっています。最終的には、負債が手に負えなくなり、大規模なデレバレッジ (債務整理) が発生します。これは、グラフ上の急激な減少で表されます。

デレバレッジが起こると、収入が減り、信用が失われます。借金を返せない人は、資産を売ろうとします。しかし、多くの人が同じことをしていると、供給過多になって資産価格が暴落します。

株式市場の暴落は、このようなシナリオで発生します。この段階では、中央銀行は、すでに金利が0%になっている場合、負担を軽減するために金利をこれ以上下げることはできません。そうするとマイナス金利になってしまいますが、これは賛否両論ありますが、必ずしもデフレ解消のために効果があるとは限りません。

では、このような時に中央銀行は何ができるでしょうか。さて、一番わかりやすい方法は、支出を減らして債務を免除することです。しかし、支出が減れば、企業の収益性が低下し、従業員の収入が減るという問題もあります。産業界は人員削減を余儀なくされ、失業率の上昇につながります。

そして、所得の低下と労働力の減少により、政府は多くの税金を集めることができなくなります。その一方で、増加する失業者に対応するために、より多くの支出が必要です。収入よりも支出の方が多いので、財政赤字になってしまいます。
ここで提案されている解決策は、お金を印刷するということです(マネープリンターを動かすことで、仮想通貨業界ではよく知られています。)そのお金を自由に使うことで、中央銀行は政府にお金を貸し出すことができ、政府は経済を刺激しようとします。しかし、こうやって通貨供給量を増やすことが問題になることもあります。
何もないところからお金を作ると、通貨供給量が増えてインフレになります。これは、最終的にハイパーインフレーションにつながる可能性のある、滑りやすい坂道です。ハイパーインフレとは、インフレーションが急激に加速して通貨の価値が破壊され、経済的な大惨事につながるものです。ハイパーインフレの影響は、1920年代のワイマール共和国、2000年代後半のジンバブエ、2010年代後半のベネズエラの例を見れば一目瞭然です。

短期的なサイクルと比較すると、長期的な負債のサイクルは、50年から75年に一度と言われるほど長い時間をかけて行われます。


どのように全てが結びついているのか

ここではかなり多くのトピックを取り上げてきました。ダリオのモデルは、最終的には信用の有無を中心に展開され、信用が増えれば景気が良くなります。一方、信用が少ない場合はその逆、つまり景気が悪くなります。これらのイベントが交互に起こることで、短期的な負債のサイクルが生まれ、それが長期的な負債のサイクルの一部を構成しています。

金利は、経済参加者の行動の多くに影響を与えます。金利が高いときは、消費の優先順位が低くなるため、貯蓄の意味が大きくなります。一方で、金利が低くなれば、支出の方がより合理的な判断となります。


まとめ

経済という仕組みはあまりにも巨大なため、その構成要素を理解するのは難しいかもしれません。しかし、よく見ると、参加者同士が取引をすることで、同じパターンが何度も繰り返されていることがわかります。

この段階では、貸し手と借り手の関係、信用と負債の重要性、そして経済災害を軽減するために中央銀行が講じる措置について、より深く理解していただけたと思います。