Bitcoin先物契約のトレード方法について
目次
はじめに
Bitcoin先物とは?
人々がBitcoin先物を利用する理由
Bitcoin先物取引のメリット
バイナンスでのBitcoin先物
Bitcoin先物契約のトレードをはじめる方法
Bitcoin先物アービトラージ戦略
まとめ
Bitcoin先物契約のトレード方法について
ホーム記事
Bitcoin先物契約のトレード方法について

Bitcoin先物契約のトレード方法について

中級者
Published Jul 14, 2021Updated Aug 30, 2021
10m

概要

Bitcoin先物契約では、従来の先物取引と同様のデリバティブ商品となります。2つの当事者が、一定の日付に特定の価格で固定額のBitcoinを売買することに合意します。トレーダーは投機的に使用しますが、ヘッジのために使用することもできます。ヘッジングは、運用コストを賄う必要のあるマイニング労働者に特に人気があります。

先物は、ポートフォリオを多様化し、レバレッジをかけてトレードし、将来の収入に安定性をもたらす素晴らしい方法です。先物を使用したより高度な戦略を検討したい場合は、アービトラージを確認してみましょう。キャッシュ・アンド・キャリー・アービトラージとインター・エクスチェンジ・アービトラージは、正しく実行すれば、よりリスクの低い取引機会を提供します。


はじめに

Bitcoin先物契約は、単にコインやトークンを保有するだけでなく、別の投資機会を提供します。より複雑な商品であるため、安全で責任のあるトレードを行うためには、より深い理解が必要となります。使用方法は難しいですが、先物はヘッジングで価格を固定したり、ショートで相場の下落から利益を得たりすることができます。


Bitcoin先物とは?

Bitcoin先物は、従来の先物契約と同様の金融派生商品です。要するに、ある日特定の価格(フォワード価格)で一定量のBTCを売買することに合意することができます。Bitcoin先物契約をロング(購入に同意)し、満期日にマーク価格がフォワード価格を上回れば利益が生じます。マーク価格とは、現物価格とその他の変数から得られる資産の推定公正価値のことです。この点については、後ほど詳しくご紹介します。 
満期時にマーク価格がフォワード価格を下回れば、お客様には損失が発生し、ショートポジションは利益を得ることができます。ショートポジションとは、トレーダーが借入したり所有している資産を、価格が下落することを期待して売却することです。そして、トレーダーは後日、その資産を購入して利益を得ます。契約の決済には、原資産を交換する物理的な方法と、より一般的な現金決済があります。


人々がBitcoin先物を利用する理由

Bitcoin先物の主な使用例としては、購入者と売却益が将来の価格を固定する機会があります。このプロセスはヘッジングとして知られています。先物は伝統的に、生産者がコストをカバーするために安定した利益を必要とする商品市場で、ヘッジングとして使用されてきました。

トレーダーは先物を投機的に利用することもあります。ロングおよび、ショートポジションで、市場の状態に賭けることができます。ベアマーケットでは、ショートポジションを取ることで、利益を上げることができます。また、アービトラージや、高度な取引戦略など、さまざまな可能性があります。


Bitcoin先物取引のメリット

ヘッジング

ヘッジングは、現物商品市場ではより有用であるように思われますが、仮想通貨にも利用できます。Bitcoinマイナーにはファーマーと同じようにランニングコストがかかり、マイニングしたものには適正な価格をつけなければなりません。ヘッジングプロセスでは、先物市場と現物市場の両方を利用します。その方法を見てみましょう。 

先物契約

Bitcoinマイナーは、保有するBTCを守るために、先物契約のショートポジションを取ることができます。先物契約が満期になると、マイナーは契約の相手方と和解しなければなりません。

先物市場でのBitcoinの価格(マーク価格)が契約のフォワード価格よりも高い場合、マイナーはその差額を相手に支払わなければなりません。マークの価格が契約フォワード価格よりも低い場合、ロングポジションを取っている相手がその差額をマイナーにお支払いすることになります。

現物市場

先物契約が満期を迎えた日に、マイナーは自分のBTCを現物市場で売ります。この売却によって市場価格が得られますが、これは先物市場のマーク価格に近いはずです。 

ただし、現物市場トレードは、先物市場での利益や損失を事実上キャンセルすることになります。この2つの金額を合わせることで、マイナーが望んでいたヘッジ価格が得られます。この2つのステップを組み合わせて、数字で説明してみましょう。

先物契約と現物トレードの組み合わせ

あるマイナーが、3ヶ月後に1BTCを$35,000で売る契約をショートしました。満期日にマーク価格が$40,000になった場合、契約のロングポジションにお支払いされた決済で$5,000の損失を出します。同時に、マイナーは現物市場で1BTCを販売し、現物価格も$40,000になります。マイナーは$40,000を受け取り、$5,000の損失をカバーして、ヘッジ価格の$3万5,000を残します。

レバレッジと証拠金

投資家にとって魅力的なのは、証拠金 でのトレードです。証拠金は、資金を借りて通常よりも大きなポジションを取ることができます。ポジションが大きいほど、小さな値動きが大きくなり、大きな利益につながります。一方で、市場があなたのポジションに不利に動いた場合、あなたの初期資金は急速に 清算 されます。

取引所では、レバレッジを倍率やパーセンテージで表示しています。例えば、10倍は資本金を10倍にします。つまり、$5,000のレバレッジを10倍にすると、$50,000のトレードが可能になります。レバレッジをかけてトレードする場合、最初の資金で損失をカバーすることができ、これを証拠金といいます。例を見てみましょう:

あなたは、四半期ごとのBitcoin先物契約を2枚、それぞれ$30,000で購入しました。取引所では20倍のレバレッジをかけてトレードしているので、$3,000しか用意できません。この$3,000が証拠金となり、ここからの損失は取引所が受け持つことになります。$3,000以上の損失が出た場合、お客様のポジションは清算されます。証拠金率は、100をレバレッジ倍率で割ることで算出できます。10%は10倍、5%は20倍、1%は100倍。このパーセンテージは、清算前に契約価格からどれだけ価格が下がるかを示すものです。

ポートフォリオ分散投資

Bitcoin先物を利用することで、ポートフォリオをさらに 多様化 し、新しい取引戦略を採用することができます。 さまざまなコインや商品を バランスよく組み合わせたポートフォリオ を作ることをお勧めします。先物はホールドだけではなく、様々な取引戦略を提供してくれる点が魅力です。また、利益率の低いアービトラージ戦略もあり、ポートフォリオの全体的なリスクを減らすことができます。これらの戦略については、もう少し後に詳しく説明します。 


バイナンスでのBitcoin先物

すべての先物契約が同じではありません。取引所によって、先物商品の仕組み、期限、価格、手数料などが異なります。バイナンスは現在、主に有効期限と資金調達方法が異なるいくつかのオプションを提供しています。

有効期限

ここまでは、有効期限が定められている先物についてのみ述べてきました。バイナンスの先物取引所では四半期ごとの先物を扱っていますが、他の取引所では月ごとや半年ごとの満期(有効期限)を見つけることができます。契約名から、その契約がいつ期限切れになるかをすぐに確認することができます。

バイナンス取引所のBitcoin先物四半期契約は、以下のカレンダーサイクルを持っています:3月、6月、9月、12月。BTCUSD四半期0925契約は2021年9月25日午前8時 UTC に失効します。 

また、有効期限のない 永久先物 をトレードすることも人気のあるオプションです。損失と利益は四半期毎の先物に比べて扱いが異なり、資金調達手数料がかかります。

資金調達手数料

バイナンスでBitcoinの四半期毎の先物をエントリーする際には、起こりうる損失をカバーするために証拠金を維持する必要があります。ただし、この損失をお支払いするのは、清算されたとき、または契約が満期になったときだけです。永久先物契約では、8時間ごとに資金調達手数料をお支払いしたり、受け取ったりする必要もあります。

資金調達手数料は、トレーダーへのピア・ツー・ピアでのお支払いです。これらのレートは、Bitcoin永久先物契約フォワード価格とマーク価格のダイバージェンスを防ぐものです。マーク価格はBTCの現物価格に似ていますが、市場の変動が激しいときに起こる不公平な清算を防ぐためのものです。 

例えば、現物市場での1回限りのトレードで、一時的に数千ドルの価格上昇が発生することがあります。このようなボラティリティは、先物のポジションを清算することができますが、実際の成行価格を代表するものではありません。下に赤で記載された資金調達率と、その期限が表示されています。

資金調達率がプラスであれば、永久契約の価格がマーク価格よりも高いことを意味します。先物市場が強気で資金調達率がプラスの場合、ロングポジションのトレーダーはショートポジションに資金調達料を支払います。資金調達率がマイナスになるということは、永久契約価格がマーク価格よりも低くなるということです。この場合、ショートポジションはロングポジションに手数料をお支払いすることになります。 

非常に複雑なテーマである資金調達率についての詳細は、バイナンス先物資金調達率の概要をご覧ください。

COIN-M先物とUSDⓈ-M先物

バイナンスでは、先物取引に次の2つのオプションを用意しています:仮想通貨を証拠金とするCOIN-M先物と、BUSD/USDTを証拠金とするUSDⓈ-M先物。どちらの契約形態も永久先物として利用できますが、両者には若干の違いがあります。

COIN-M先物は、契約の原資産を先物証拠金勘定の担保として使用する必要があります。しかし、USDⓈ-M先物では、クロス担保を利用することができます。この機能では、現物ウォレット内の仮想通貨資産を担保に、USDTやBUSDを0%の金利で借りることができます。

COIN-M先物は、Bitcoinのポジションをヘッジしようとするマイナーに人気があります。決済は仮想通貨で行われるため、BTCをステーブルコインに移し替える必要はなく、ヘッジングプロセスに余分なステップが加わることになります。


Bitcoin先物契約のトレードをはじめる方法

バイナンスでBitcoin先物取引を始めたい方は、アカウントを開設して資金を用意するだけでOKです。ここでは、最初のBitcoin先物契約を取得するためのステップバイステップのガイドをご紹介します。

1. バイナンスのアカウントを作成し、2FA (2段階認証)を有効にします。すでにアカウントをお持ちの方は、2段階認証がオンになっていることを確認して、先物アカウントへ資金の入金を行ってください。
2. BUSDTether(USDT)、またはその他のサポートされている 仮想通貨 を先物取引のために手に入れてください。最も簡単な方法は、デビットカードやクレジットカードで購入することです。


3. Bitcoin先物の概要 に移動し、購入する契約種類を選択します。COIN-M先物かUSDⓈ-M先物か、また、永久的なものか満期を迎えるものかを選択します。


4. 自分が使いやすいレバレッジの大きさを選びます。 取引UIの [クロス] ボタンの右側で行うことができます。レバレッジが高ければ高いほど、小さな値動きでも清算される可能性が高くなることを覚えておいてください。


5. 使用する注文の金額と種類を選択し、[購入/ロング] または[売却/ショート] をクリックすると、Bitcoin先物のポジションが開設されます。


より詳しい説明は、バイナンス先物取引の究極ガイドをご覧ください。 


Bitcoin先物アービトラージ戦略

ここまでロングトレードとショートトレードの基本を説明してきましたが、それだけではありません。先物契約には、FX市場と同様のアービトラージ戦略の長い歴史があります。トレーダーはこれらの技術を伝統的な市場で使用していますが、仮想通貨にも適しています。

取引所間のアービトラージ

異なる仮想通貨取引所が異なる価格の先物契約を結んでいる場合、調停の機会があります。安価な取引所で契約を購入し、高価な取引所で別の契約を売却することで、その差額から利益を得ることができます。

例えば、バイナンスのBTCUSD四半期毎の0925が他の取引所よりも$20安いとします。バイナンスで契約を購入し、より高価な取引所で契約を売却することで、その差額を裁定することができます。しかし、自動取引ボットによって、価格は急激に変化します。トレードをしている間に差がなくなってしまうこともあるので、迅速に対応する必要があります。また、手数料がかかる場合は、利益計算の際に考慮してください。

キャッシュ・アンド・キャリー・アービトラージ

キャッシュ・アンド・キャリー・アービトラージは、先物に関しては目新しいものではなく、マーケット・ニュートラルなポジションです。マーケット・ニュートラルポジションとは、ある資産を同時期に同じ量だけ購入し、売却することです。この場合、トレーダーは、価格とは別に同量の同一の先物契約をロングとショートにします。仮想通貨先物は、従来の商品先物に比べて、キャッシュ・アンド・キャリー・アービトラージの利益率が格段に高いです。 

従来の市場と比べて取引効率がはるかに低く、アービトラージの機会も大きいです。この戦略を成功させるためには、BTCの現物価格が先物価格よりも低くなるポイントを見つける必要があります。

この時、同時に先物取引でショートポジションを取り、ショートをカバーするために現物市場で同量のBitcoinを購入します。契約が満期になったら、購入したBitcoinでショートを決済し、最初に見つけた差分をアービトラージすることができます。

では、そもそもなぜこのような機会が生まれるのでしょうか。人々は、今はBTCを購入する資金がなくても、将来的に価格が上昇すると考えれば、より高い先物価格を支払うことになります。例えば、3ヶ月後にはBTCが$50,000になると思っており、現在の価格は$35,000だとします。 

今はお金がありませんが、3ヶ月後にはお金ができます。この場合、$37,000のわずかなプレミアムで、3ヵ月後に受け渡しするロングポジションを持つことができます。キャッシュ・アンド・キャリー・アービトラージャーは、基本的に手数料をお支払いしてBTCを保有しています。


まとめ

Bitcoin先物取引は、伝統的な金融で試行錯誤された派生商品を、仮想通貨の世界に持ち込んだものです。仮想通貨先物市場は現在非常に人気があり、取引量や流動性の高い取引プラットフォームを簡単に見つけることができます。しかし、Bitcoin先物市場での取引は、高い 経済的リスク を伴いますので、先物取引の仕組みを理解した上で始めるようにしてください。