THORChain (RUNE) とは?
目次
はじめに
THORChainの仕組みとは?
THORChainの特徴とは?
RUNEとは何か?
バイナンスでRUNEを購入する方法
まとめ
THORChain (RUNE) とは?
ホーム
記事
THORChain (RUNE) とは?

THORChain (RUNE) とは?

中級者
公開済 Apr 27, 2022更新済 Nov 3, 2022
6m

概要

THORChainは、パーミッションレスで資産の交換を可能にする分散型流動性プロトコルです。ヴォールト管理者として機能することで、BTCのようなネイティブレイヤー1資産の交換を可能にします。THORChainでは、ネットワークの安全性を確保するために、TendermintとCosmos-SDKを使用しています。また、リーダーレス・プライマリー・ヴォールトには、Threshold Signature Schemes (TSS) を採用しています。


はじめに

THORChainは、2018年にBinance Dexathon (分散型取引所のコーディング・コンテスト) に参加したチームによって構想が練られました。THORChainは、クロスチェーンの流動性を促進し、DeFiスペースにおける集権型取引所やサードパーティの必要性を減少させます。 Bitcoinや Ethereumなどの仮想通貨に対して、クロスチェーンスワップや金利の生成を可能にするものです。


THORChainの仕組みとは?

THORChainは、Cosmos SDKとTendermintをベースにした レイヤー1ネットワークです。THORChainは、クロスチェーンのパーミッションレス 分散型取引所 (DEX) として機能します。また、リーダーレス資産ヴォールトのセキュリティとして、 Threshold Signature Schemes (TSS) を使用しています。TendermintとTSSは、Byzantine Fault Tolerance (BFT) コンセンサスメカニズムを提供し、プライマリTSSヴォールトに資金を出し入れするためには、3分の2以上の合意が必要です。

THORChainのエコシステムには、主に4つのタイプのユーザーが存在します: 

  1. 資産をスワップするために流動性プールを使用するスワッパー
  2. プールに流動性を追加し、報酬を獲得する流動性プロバイダー
  3. ボンドを提供し、システムの安全性を確保して報酬を受け取るノードオペレーター
  4. 利益を上げることを目的にプールを監視し、リバランスを行うトレーダー

他のクロスチェーンプロトコルとは異なり、THORChainはスワップ前に資産をラップしません。その代わり、THORChain上のネイティブ資産を使用して、自律的かつ透明性のある資産スワップを行います。

資産スワップは、 流動性プールによって可能になります。これらのプールは、流動性プロバイダーから提供された資産で構成され、 ノードオペレーターのネットワークによって担保されています。流動性プロバイダーは、THORChainの流動性プールに資産を入金し、スワップ手数料とシステム報酬からなる金利を獲得することができます。誰でも既存のプールに流動性を追加することができるため、THORChainはパーミッションレスとなっています。また、THORChainは、元の入金者のみがプールに入金した資産を出金ことができるため、 非管理型となっています。また、流動性プロバイダーは、エコシステムでサポートされているチェーンのトークンであれば、新しい資産プールを提案することができます。 

THORNodesと呼ばれるノードオペレーターは独立しており、互いに通信を行うことでクロスチェーンスワップネットワークを形成しています。ネットワークを確保する代わりに、スワップが行われるたびに手数料という形で報酬を受け取ることになります。 ノードオペレーターになる前に、ユーザーはRUNEのボンドを提供する必要があります。これらの債券は、ノードオペレーターがTHORChainの利益のために行動することを保証するための担保として保有されています。保税総額はプールされたRUNEの2倍が必要です。

資産スワップでは、スワッパーは自分の資産をTHORChainに送り、別の資産を受け取ります。例えば、BTCをETHにスワップする場合、スワップ者はBTCをTHORChainに送ります。BTCがネットワークに入ると、BTCからRUNEへのスワップと、RUNEからETHへのスワップが行われます。そして、ETHはTHORChainのVaultからスワッパーに送られます。この処理により、THORChainは資産をラップすることなく、ネイティブスワップを行うことができます。

THORChainの市場価格は アービトラージトレーダーによって調整され、それによって資産スワップの価値が決定されます。このトレーダーは、市場間で誤った価格されている資産を探し、その価格差から利益を得ています。この仕組みにより、THORChainの成行価格は、オラクルなしで自然に規制されるようになりました。

この流動性プールモデルにより、THORChainはプール残高を利用するだけで、ある資産が他の資産でどれだけの価値があるかを判断することができます。事実上、THORChainはヴォールト管理者として入出金を監視し、プール比率を利用して資産の価格設定を行います。これにより、中央集権的な仲介業者を排除し、分散型の流動性を生み出すことができます。


THORChainの特徴とは?

THORChainは、資産スワップのためのラッピングを必要としないDEXです。その他、THORChainのメリットは以下の通りです:

スワッパーとトレーダー

  • 複数のブロックチェーンでレイヤー1のネイティブ資産を交換する機能を持ちます。

  • 登録は必要ありません – 誰でもトランザクションを送ることができ、THORChainがスワップを実行します。

  • 資産をラップする必要はありません – THORChainは、ネイティブ資産のヴォールトを利用してスワップを行います。

  • 中央集権的な第三者機関やオラクルに依存することなく、透明で公正な価格にアクセスできます。

  • いつでもオンデマンドで流動性を楽しむことができます。

流動性プロバイダー

  • ネイティブBTC、ETH、BNB、LUNAなどのアイドル状態の資産で金利を稼ぎます。

  • 100日間プールに預けた後、最大100%の impermanent loss (IL) 保護を受けることができます。
  • ロックイン期間はありません

  • 登録の必要はありません。

  • サードパーティとの取引は不要です。

ノードオペレーター

  • ネットワークの安全性が確保されると報酬が獲得できます。

  • 分散化を進めるため、匿名を推奨します。

  • 登録の必要はありません。


RUNEとは何か?

RUNEは、THORChainのネイティブコインです。ネットワーク内では、ユーザーがRUNEと他の対応資産を交換するためのベースペアとして機能します。供給量は5億枚で、決済、セキュリティ、ガバナンス、インセンティブという4つの主要なユースケースを備えています。

決済資産としてのRUNE

RUNEはすべての流動性プールの決済資産であり、2つのプール間のスワップを促進します。各プールには、RUNE対ASSETの比率が1対1であることが必要です。例えば、$100,000のBTCを保有するプールは、$100,000分のRUNEを保有する必要があります。

セキュリティのためのRUNE

安全性を確保するため、ノードオペレータはプールに追加した量の2倍のRUNEを結合しなければなりません。RUNEボンドは、ノード運営者がネットワークのために最善の行動をすることを保証するための担保として保有されています。

ガバナンスのためのRUNE

RUNEトークンの保有者は、どの資産やチェーンを優先するかを選択することができます。彼らは、自分の流動性を使用して投票することができます。例えば、多くのRUNEがコミットされているプールは、より高い優先度を受けることができます。

インセンティブのためのRUNE

ブロック報酬とスワップ報酬は、RUNE内の流動性プロバイダーとノードオペレーターに、設定された排出スケジュールに基づいてお支払いされます。また、RUNEはガス手数料の支払いにも利用できます。

Torと呼ばれるRUNEの最小単位は、小数点以下8桁です。RUNEは、予測可能な決定論的な値への移行を目指しています。設計上、RUNEの時価総額はエコシステムの流動性プールにある非RUNE資産の総額の3倍を下回ることが最低限必要です。 


バイナンスでRUNEを購入する方法

RUNEは、バイナンスなどの仮想通貨取引所で購入することができます。 

1.  バイナンスアカウントにログインし、 [Trade] をクリックします。RUNEの購入には、クラシックまたはアドバンス取引モードのいずれかを使用します。
2. 検索バーに「RUNE」と入力すると、利用可能な取引ペアが表示されます。ここでは、 RUNE/BUSDを例として説明します。
3. [Spot] ボックスで、購入したいRUNEの量を入力します。この例では、 成行注文を使用します。[Buy RUNE] をクリックして注文を確定すると、購入したRUNEが現物ウォレットに入金されます。


まとめ

 DeFi のクロスチェーンDEXとして、THORChainは自律的な資産スワップの道を切り開いています。RUNEを決済、セキュリティ資産、ガバナンス、インセンティブツールとして設計することで、THORChainのネイティブスワップモデルを分散型環境で、複数のブロックチェーンにまたがって使用することが可能になります。