エラスティックサプライトークンの説明
エラスティックサプライトークンの説明
ホーム記事

エラスティックサプライトークンの説明

中級者
Published Dec 7, 2020Updated Jun 25, 2021
6m

要約

エラスティックサプライトークンは、循環供給が変化します。価格変動の代わりに、リベースと呼ばれるイベントを通じて、トークンの供給が変化します。

ビットコインのプロトコルが目標価格を達成するために、ユーザーのウォレットにあるビットコインの量を調整できるとしたらどうなるか想像してみてください。あなたは今日1BTCを持っています。明日、目が覚めたら2BTCに増え、その価値は昨日の半分になっています。これがリベースの仕組みです。


はじめに 

分散型金融(DeFi)では、ブロックチェーン上で新しいタイプの金融コモディティが爆発的に増えています。すでにイールドファーミングイーサリアム上でのトークン化されたビットコインユニスワップフラッシュローンについて説明してきました。他の分野で注目されているのは、エラスティックサプライトークン、つまりリベーストークンです。

その背後にあるユニークなメカニズムにより、多くの実験が可能になりました。これらのトークンがどのように機能するのか見てみましょう。


エラスティックサプライトークンとは何か?

エラスティックサプライ(またはリベース)トークンは、トークン価格の変化によって循環供給が増加または現象するように機能します。この供給の増減は、リベースと呼ばれるメカニズムによって機能します。リベースが発生すると、各トークンの現在価格に基づいて、トークンの供給がアルゴリズム的に増減します。
ある意味では、エラスティックサプライトークンはステーブルコインと同視することができます。それらは目標価格を達成することを目的としており、リベースメカニズムはそれを容易にします。しかし、重要な違いはリベーストークンは変化する(弾性的な)供給で目標価格を達成することを目指しているということです。 
しかし、多くの仮想通貨は供給量が変化しながら運用されているのではないのでしょうか?現在、1ブロックごとに6.25個の新しいBTCが生成されています。これが2024年の半減期後には、1ブロックあたり3.125にまで減少することになります。これは予測可能なレートなので、来年や次の半減後にどのくらいのBTCが存在するかを推測することができます。 

エラスティックサプライトークンは異なる働きをします。前述したように、リベースメカニズムはトークンの循環供給を定期的に調整します。例えば、1ドルの価値を目指すエラスティックサプライトークンがあるとしましょう。価格が1ドル以上であれば、リベースによって現在の供給量が増え、各トークンの価値が下がります。逆に、価格が1ドル未満の場合は、リベースによって供給が減少し、各トークンの価値が上がります。

これには実際どのような意味があるのでしょうか?リベースが発生すると、ユーザーウォレット内のトークンの量が変化します。例えば、1ドルの価格を目標とするトークンであるリベースUSD(rUSD)があるとしましょう。あなたのハードウェアウォレットには、100rUSDが安全に保管されています。価格が1ドルを下回ったとしましょう。リベースの発生後、あなたのウォレットには96rUSDしかありませんが、同時に、それぞれの価値はリベース前よりも比例して高くなります。

総供給量に比例したあなたの保有量は、リベースによって変化していないという考え方です。リベース前に供給量の1%を持っていた場合、リベース後もウォレットのコイン数が変わっても1%を持っているはずです。本質的には、価格がいくらになってもネットワークのシェアを保持します。


リベーストークンの例

アンプルフォース

アンプルフォースは、エラスティックサプライで動作する最初の仮想通貨です。アンプルフォースは無担保の合成コモディティを目指しており、1AMPLは1ドルの価格を目標としています。リベースは24時間に1回行われます。

このプロジェクトは、Geyserと呼ばれる流動性マイニングキャンペーンが導入されるまで、相対的にほとんど牽引力がありませんでした。このスキームで特に興味深いのは、その期間です。このスキームでは、10年間にわたって参加者にトークンが配布されます。Geyserは、流動性インセンティブがいかにDeFiプロジェクトに大きな牽引力をもたらすかを示す好例です。

技術的にはステーブルコインですが、AMPLの価格チャートでは、エラスティックサプライトークンがどのように変動するかを見ることができます。


 

AMPLの価格は1ドルを目標にしていますが、それにもかかわらず、かなりの変動性があります。


この価格表は、個々のAMPLトークンの価格を示しているだけで、供給の変化を考慮に入れていないことに注意してください。それでも、アンプルフォースは非常にボラティリティが高く、リスクの高いコインです。

エラスティックサプライトークンを時価総額でチャート化する方が理にかなっているかもしれません。個トークン1枚あたりの価格はそれほど重要ではないので、時価総額はネットワークの成長と牽引力のより正確なバロメーターになります。
AMPLの時価総額を対数で表示しています。出典:coinmarketcap.com


ヤム・ファイナンス

ヤム・ファイナンスは、複数のプロジェクトを参考にするエラスティックサプライトークンプロジェクトの1つです。ヤムプロトコルの全体的なデザインは、アンプルフォースのエラスティックサプライ、シンセティックスのステーキングシステム、そしてヤーン・ファイナンスのフェアローンチ間のマッシュアップのようなものです。YAMはまた、1ドルの価格目標を達成することを目指しています。

YAMは、すべてのトークンが流動性マイニングによって配布されたため、完全にコミュニティが所有しています。プレマインやファウンダーの割り当てはありませんでした。 ― これらのトークンを取得するためのプレイフィールドは、イールドファーミングスキームを通じて誰もが利用できるものでした。

全く新しい未知のプロジェクトとして、YAMでは2日以内に6億ドルもの価値がステークキングプールにロックされました。多くの流動性を集めた理由として、YAMファーミングが人気のあるDeFiトークンの保有者をターゲットにしていたことです。これらは、COMP、LEND、LINK、MKR、SNX、ETH、YFI、ETH-AMPL ユニスワップ LPトークンでした。

しかし、リベースメカニズムのバグにより、計画よりもはるかに多くの供給がされてしまいました。コミュニティが資金を提供した監査と共同作業のおかげで、プロジェクトは最終的に再ローンチされ、新たなトークンコントラクトに移行されました。YAMの未来は完全にYAMホルダーの手に委ねられています。


エラスティックサプライトークンのリスク

エラスティックサプライトークンは、非常にリスクが高く、非常に危険な投資です。自分が何をしているのかを完全に理解している場合にのみ投資すべきです。リベースが発生すると保有するトークンの量が変わるため、価格チャートを見てもあまり参考にならないことを覚えておいてください。

確かに、これは利益を増幅させることができますが、逆に損失を増幅する可能性もあります。トークン価格が下落している間にリベースが発生した場合、トークン価格が下落している間に損失を被るだけでなく、リベースのたびにトークンの保有量が減ることになります!

理解するのが非常に難しいため、リベーストークンに投資すると、ほとんどのトレーダーが損失を被る可能性があります。エラスティックサプライトークンに投資するのは、その背後にあるメカニズムを完全に把握できる場合のみにしてください。そうでなければ、投資をコントロールすることができず、十分な情報に基づいた意思決定ができなくなります。



おわりに

エラスティックサプライトークンは、DeFiで注目すべきイノベーションの1つです。これまで見てきたように、これらのコインやトークンは、アルゴリズム的に供給量を調整して目標価格を達成しようとすることができます。

エラスティックサプライトークンは興味深い実験に過ぎないのか、それとも重要な牽引力を得てニッチを切り開くのか。それは難しいことですが、このアイデアをさらに発展させようとする新しいDeFiプロトコルのデザインが開発中であることは確かです。

エラスティックサプライトークンやその他のDeFiプロジェクトについて、他にも質問がありますか?バイナンスコミュニティがあなたの質問に答えてくれるQ&Aプラットフォーム、アスク・アカデミーをチェックしてみてください。