Chainlink (LINK) とは?
目次
はじめに 
Chainlinkとは?
Chainlinkの仕組みとは?
ChainlinkとDeFi
LINKの供給と発行
LINKの管理方法
LINKは何に使用されますか?
LINK MARINESとは?
まとめ
Chainlink (LINK) とは?
ホーム記事
Chainlink (LINK) とは?

Chainlink (LINK) とは?

初心者
Published Nov 20, 2020Updated Sep 16, 2021
5m

概要

Chainlinkとは、仮想通貨の分野で最もよく使用されるプロジェクトの1つとなっています。Ethereum上のスマートコントラクトに外部データを提供できる、分散型のオラクルサービスです。つまり、ブロックチェーンと現実の世界を接続するものです。

Chainlinkは、常に真実に最も近いものを決定する委員会だと考えることができます。しかし、なぜ彼らが他の人よりも信頼できると判断できるのでしょうか?見てみましょう。

 

はじめに 

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上の契約を自動化するものです。情報を評価し、一定の条件を満たせば実行します。しかし、これには問題があります。

ブロックチェーンは、外部のデータにアクセスする方法がそれ程多くはありません。オフチェーンのデータとオンチェーンのデータを結びつけることの難しさは、スマートコントラクトが抱える大きな課題の1つです。

Chainlinkは、分散型のオラクルサービスを提供することで、この問題を解決しようとしています。つまり、オラクルとは、外部のデータをスマートコントラクトが理解できる言語に変換するソフトウェアのことです (逆もまた然り) 。より詳細を知りたい場合は、ブロックチェーン・オラクルの説明をご参照ください。

しかし、Chainlinkは他のブロックチェーン・オラクルと何が違うのでしょうか?調べてみましょう。 

 

Chainlinkとは?

Chainlinkとは、スマートコントラクトが外部のデータソースに接続できる、ブロックチェーンベースの分散型オラクルネットワークです。これには、API、内部システム、またはその他のタイプの外部データフィードが含まれます。LINKはERC-20トークンで、ネットワーク上のこのオラクルサービスのお支払いに使用されます。

では、Chainlinkが 分散型である理由とは何でしょうか?まず、中央集権型のオラクルとは何かを理解する必要があります。推測するのは難しくありません – それは、スマートコントラクトに外部情報を提供する単一のプロバイダーです。たった1つのソースです。これには大きな問題があります。もし、その1つのオラクルが誤ったデータを提供した場合はどうなりますか?それに頼っているシステムはすべて失敗します。これはよく「オラクル問題」 – と呼ばれていますが、Chainlinkはこれを解決しようとしています。


Chainlinkの仕組みとは?

Chainlinkは、スマートコントラクトに提供されるデータを可能な限り信頼性の高いものにするために、ノードのネットワークを使用しています。

例えば、あるスマートコントラクトが現実世界のデータを必要とし、それを要求したとします。Chainlinkプロトコルは、このイベントを登録し、Chainlinkノードに転送して、リクエストに対する「入札」を行います。

このプロセスが強力なのは、Chainlinkが 複数のソースからのデータを検証できるからです。内部の評価システムにより、Chainlinkはどのソースが信頼できるかを比較的高い精度で判断することができます。これにより、結果の精度を大幅に高めることができ、スマートコントラクトをあらゆる種類の攻撃から保護することができます。

では、それがどのようにLINKに接続されるのでしょうか?さて、データを要求するスマートコントラクトは、Chainlinkノードオペレーターに、サービスの対価としてLINKをお支払いします。価格は、そのデータの市場状況に応じてノードオペレーターが設定します。

また、ノードオペレーターは、プロジェクトへの長期的なコミットメントを確保するために、ネットワークに出資します。Bitcoinの仮想通貨経済モデルと同様に、Chainlinkのノードオペレーターは、悪意のある行動ではなく、信頼できる行動をとるようにインセンティブが与えられています。


ChainlinkとDeFi

分散型金融 (DeFi) が普及して以来、高品質なオラクルサービスへの関心が高まっています。結局のところ、これらのプロジェクトのほとんどは、何らかの形でスマートコントラクトを使用しており、また、適切に実行するためには外部データを必要とします。

一元化されたオラクルサービスを持つDeFiプラットフォームは、オラクル操作によるフラッシュ・ローン攻撃など、様々な攻撃に対して脆弱性を持つことになります。このような事件はすでに複数発生しており、中央集権的なオラクルがまだ一般的であれば、今後も発生する可能性があります。

多くの人は、Chainlinkがこれらの問題をすべて解決してくれると思っているかもしれませんが – それは正しくないかもしれません。SynthetixやAaveなどのプロジェクトは、すべてChainlinkの技術に依存していますが、新しいタイプのリスクも発生しています。あまりに多くのプラットフォームが同じオラクルサービスに依存している場合、Chainlinkが突然意図した通りに動作しなると、すべてのプラットフォームが停止してしまいます。

これはありそうもないことです。結局のところ、Chainlinkは分散型のオラクルサービスであり、おそらく単一障害点はありません。それでも、2020年9月、Chainlink社のノードは「スパム攻撃」を受け、攻撃者がノードオペレーターのウォレットから最大700 ETHを潜在的に流出させました。この攻撃はすぐに解決されましたが、すべてのシステムが悪意のある行為に対して完全に耐性があるわけではないことを思い知らされました。


LINKの供給と発行

LINKの最大供給量は10億トークンです。そのうち35%は、2017年のICOで売却されました。約3億円がプロジェクトを立ち上げた会社の手に渡っています。

他の多くのクリプトアセットとは対照的に、LINKには循環供給を増やすマイニングやステーキングのプロセスがありません。


LINKの管理方法

LINKは独自のネイティブなブロックチェーン上で発行されているわけではなく、Ethereumブロックチェーン上のトークンとして発行されています。また、LINKトークンは、ERC-20規格を拡張したERC-667規格に従っています。つまり、Trust WalletMetaMaskなど、サポートされているウォレットであれば、LINKを保存することができます。

 

LINKは何に使用されますか?

上述してきたように、Chainlinkのノードオペレーターは、データの購入予定者に入札を行う方法としてLINKをステークすることができます。落札したノードオペレーターは、リクエストを行ったスマートコントラクトに情報を提供しなければなりません。ノードオペレーターへのお支払いは、すべてLINKトークン形式で行われます。

この方法は、ノードオペレータに蓄積を続けるインセンティブを与えます。その理由として、より多くのトークンを所有することは、より大きなデータコントラクトへのアクセスを意味します。ノードオペレーターがルール違反をした場合、結果的にLINKトークンが削除されます。

 

 

LINK MARINESとは?

仮想通貨プロジェクトでは、コミュニティメンバーにニックネームをつけることは珍しくありません。Chainlinkは、「LINK Marines」でこの現象の最も早く最も成功した例の1つです。

このようなコミュニティの形成は、仮想通貨の分野ではますます効果的なマーケティング戦術となっています。コアなサポーターは、プロジェクトへのエンゲージメントやソーシャルメディアでの注目度を高め、それが他の指標に反映されることがあります。

 

まとめ

Chainlink社の技術は、DeFiおよび広範な仮想通貨エコシステムの最も重要な柱の1つであることが証明されています。これはEthereum DeFiにリスクをもたらすものですが、信頼できる外部データソースは、製品の健全なオンチェーンエコシステムにとって最も重要なブロック要素の1つです。

ChainlinkのネットワークとLINKについて、さらに質問がありますか?Q&AプラットフォームのAsk Academyでは、バイナンスコミュニティがお客様の質問に答えてくれます。