Bitcoin ETFの説明
Bitcoin ETFの説明
ホーム記事

Bitcoin ETFの説明

初心者
Published Mar 20, 2021Updated May 27, 2021
5m


概要

Bitcoinは、誰でも投資できる投資資産としての地位を確立しています。しかし、厳密には誰もが参加できるわけではなく、一部の機関や個人は厳格に規制された方法でしか参加できません。多くの人はBitcoin ETFによって、これらの人たちがBitcoinの市場に参入できるようになると考えています。

すでにBitcoin ETFはカナダにありますが、アメリカの規制当局はアメリカ市場向けのBitcoin ETFをまだ承認していません。この記事では、ETFとは何か、そしてそれがBitcoinにとってどのような意味を持つのかを説明していきます。


はじめに

Bitcoinと仮想通貨市場はこれまで長い道のりを歩んできました。10年前には、この技術は一部の愛好家の間でしか使われておらず、価格も ピザ2枚で10,000BTC程度でした。 
そこからたった数年で、私たちはこの業界で無数の成功している仮想通貨プロジェクトや DeFiの誕生などを目の当たりにしてきました。また、機関投資家もどんどん参入しています。MicroStrategyはバランスシートの内20億ドルをBitcoinにしました。また、近日中にBTCで最新のTesla車を購入できるようになります。

しかし、Bitcoinがグローバルなマクロ経済環境における主要な資産になるのに足りないものはなんでしょうか。足りないものの1つとしては、機関投資家とより多くの伝統的なプレイヤーが参入するための規制であると考えられます。そのためには、ETFを利用するのが一番だと言われています。


Bitcoin ETFとは?

まず最初に概要から説明します。ETFはExchange-Traded Fund(上場投資信託)の略称で、原資産の価格をトラッキングする投資ファンドを意味します。ETFは様々な業界、資産クラスに存在します。例えば、金のETFは何十年も存在しており、これらのETFは金の価格をトラックします。

Bitcoin ETFも同じ方法で機能し、そのETFの価格はBitcoinの価格をトラックします。

ETFは規制された金融商品なので、仮想通貨取引所ではなく、NASDAQやNYSEなどの伝統的な市場でトレードされています。しかし、これは仮想通貨業界と伝統的な金融の境界線があいまいになっているので、将来は変わっているかもしれません。


なぜ、Bitcoin ETFが重要なのか?

確かにBitcoinは取り扱いが簡単な資産ではありません。例えば、大規模な機関投資家にとって管理方法は悩ましいポイントになるかもしれません。ゴールドマンサックスは、ハードウェアウォレットをノートパソコンに接続して、そこに20億ドル相当のBitcoinを YOLO (送金)するようなことはしないでしょう。大規模な金融機関は個人投資家と同じ方法では運用しません。そして、仮想通貨の分野にそういったプレイヤーが参加できるようにするには、複雑な規制の枠組みと金融インフラが必要となります。

だからこそ、ETFは普及と参入する可能性のある金融機関を増やすため、ずっと待ち望まれています。ETFは、伝統的な市場の参加者たちに物理的にコインを保有することの面倒を一切心配する必要なく、Bitcoinの価格に対するエクスポージャーを与えることができます。

また、Bitcoin ETFはBitcoin以外の資産を保有することもできます。例えば、あるBitcoin ETFの資産構成がBitcoin、Ethereum、Tesla社の株式、金などの資産バスケットということも可能です。これは、投資家に対して、ある程度の 分散化というメリットを提供できるでしょう。


Bitcoin ETFの簡単な概要

一般的に、人々がBitcoin ETFについて語る場合、大半がアメリカ市場におけるETFを指しています。しかしながら、ETFは他の多くの市場で存在しています。例えば、世界初のBitcoin ETFはカナダの株式市場でローンチされました。このETFは「Purpose Bitcoin ETF」と呼ばれ、トロント株式市場でBTCCのティッカーで取引されています。

それでも、多くの人はアメリカが世界最大の金融市場であることから、アメリカの規制当局に注目しています。アメリカのBitcoin ETFはBitcoinの投資資産としての地位を確かなものにする可能性があります。

これまで、アメリカでBitcoin ETFを立ち上げようとする試みがいくつかありました。2021年3月時点では、それらのすべてはアメリカ証券取引委員会(SEC)によって却下されました。 

なぜ、SECはBitcoin ETFの申請を却下し続けているのでしょうか。SECはETFの申請を却下する理由として、ボラティリティの大きさ、規制が整備されていないBitcoin市場の性質、そして価格操縦を挙げています。確かに、こういった要素はある程度事実かもしれないですが、すでにETFのある他の金融市場にも当てはまるでしょう。

さらに、Bitcoinが正当なマクロ資産クラスになるために必要となる金融インフラの多くは、直近のベアマーケットの期間に構築されています。もしも、マイクロストラテジー社が数年前に数十億ドル相当のBitcoinを購入しようとしたら、非常に困難だったでしょう。しかしながら、現在ではそのような大きな金額の投資が約定するのに十分なインフラと流動性が存在します。

このようにBitcoin市場が成熟していくことで、規制当局の考えが変わり、最終的には米国のBitcoin ETFが誕生する可能性が高いと考えています。ただ、それがいつになるかを予想するのは非常に困難です。



Bitcoin ETFに投資をするべきか?

Bitcoin ETFはBitcoinに投資をするのに最適な金融商品なのでしょうか。個人投資家が、価値が希薄化していく法定通貨から貯蓄を守りたいのであれば、ただBitcoinを購入するだけの方が良いでしょう。

結局のところ、Bitcoinは金融の民主化です。実際のところBitcoinに対する考え方は多様です。しかし、貯金を自分で直接管理することは、大きな力になります。もちろん、Bitcoinを使って、 利息を得たり、借りたりする方法は無数にあります。 

とはいえ、Bitcoin ETFに投資するメリットもありますので、それらが魅力的に思えるのであれば、ETFも良い選択となるでしょう。


まとめ

Bitcoin ETFは、伝統的な市場の投資家が規制された方法でBitcoinへのエクスポージャーを得ることができます。Bitcoin ETFは資産クラスとしての仮想通貨に、より多くの機関投資家が参入するための良い方法となるでしょう。

いつアメリカの規制当局がBitcoin ETFの申請を承認するかはわかりませんが、すでにETFを実現するのに必要な要素は揃ってきています。

まだ、Bitcoin ETFについて質問がありますか。もっと色々と聞きたい場合は、バイナンスコミュニティが色んな質問をしたり、答えたりしてくれるプラットフォームのAsk Academyを利用してみてください。