スタグフレーションとは?
目次
はじめに
スタグフレーションとは?
スタグフレーションとインフレ
スタグフレーションの発生原因
スタグフレーションへの対策
スタグフレーションの仮想通貨市場に対する影響
1973年の石油危機におけるスタグフレーション
まとめ
スタグフレーションとは?
ホーム記事
スタグフレーションとは?

スタグフレーションとは?

初心者
公開済 May 20, 2022更新済 Jun 8, 2022
7m

概要

スタグフレーションは、経済が高い失業率と、停滞またはマイナス成長 (景気後退) および価格上昇 (インフレ) が組み合わさった場合に発生します。景気後退とインフレに個別に対抗する戦略はありますが、これらは相反する効果であるため、両方の組み合わせはスタグフレーションを制御することを困難にします。


はじめに

一方では、経済の停滞やマイナス成長は、マネーサプライを増やし、企業がお金を借りるのをより安くすることで対処することができます(低金利)。利用可能な資金が増えると、拡大と雇用率の上昇につながり、景気後退を効果的に防止または撲滅することができます。

対照的に、経済学者や政策立案者は、しばしば、経済を減速させるためにマネーサプライを減らすことによって、インフレの上昇をコントロールしようとします。これは、金利を引き上げてお金を借りるのをより高コストにすることによって実施することができます。企業や消費者は借り入れや支出を減らし、需要の減少は価格の上昇を止めさせます。

しかし、経済がスタグフレーションを経験すると、私たちは高インフレと不況という両方の最悪の事態に同時に対応する必要があります。スタグフレーションとは何か、その一般的な原因、および潜在的な解決策を理解するために、より深く掘り下げてみましょう。


スタグフレーションとは?

スタグフレーションは、1965年に英国の政治家で財務大臣のIain Macleodによって最初に言及されたマクロ経済の概念です。この名前は停滞とインフレの組み合わせであり、経済成長率が最小または負の状態で、高い失業率を経験している経済と 消費者物価の上昇 (インフレ率) を組み合わせたものです。

それぞれの状況に個別に対処するために使用される典型的な経済統制は、他方を悪化させ、政府や中央銀行がスタグフレーションに対処するのを困難にする可能性があります。通常、高水準の雇用と成長はインフレと正の相関関係にありますが、スタグフレーションの場合はそうではありません。

経済成長は、多くの場合、雇用率に直接関係する国の国内総生産 (GDP) によって測定されます。GDPがうまく機能しておらず、インフレ率が上昇している場合、深刻なスタグフレーションはより広範な金融危機につながる可能性があります。


スタグフレーションとインフレ

これまで見てきたように、スタグフレーションはインフレと経済の停滞またはマイナス成長の組み合わせです。インフレはさまざまな方法で定義できますが、多くの場合、商品やサービスの価格の上昇を指します。インフレは、通貨の購買力の低下と表現することもできます。


スタグフレーションの発生原因

要するに、スタグフレーションは、経済が減速し、財やサービスの供給が減少すると同時に、お金の購買力が低下するときに発生します。スタグフレーションの正確な原因は、歴史的背景と異なる経済的見解によって異なります。スタグフレーションを異なる方法で説明する理論や意見には、マネタリスト、ケインズ派、新しい古典的モデルなど、スタグフレーションを異なる方法で説明するさまざまな理論や意見があります。いくつかの例を見てみましょう。

金融政策と財政政策の衝突

米連邦準備制度理事会 (FRB) のような中央銀行は、経済に影響を与えるためにマネーサプライを管理しています。これらのコントロールは金融政策として知られています。政府はまた、財政政策として知られる支出と税制政策で経済に直接影響を与えます。しかし、財政政策と金融政策の衝突的な組み合わせは、インフレの暴走と経済成長の鈍化につながる可能性があります。マネーサプライを増やしながら消費支出を削減する政策の組み合わせは、最終的にスタグフレーションにつながる可能性があります。
たとえば、政府は増税を行い、可処分所得を少なくすることができます。中央銀行は同時に量的緩和 (「紙幣の印刷」) や金利引き下げに取り組んでいる可能性があります。政府の政策は成長に悪影響を及ぼし、中央銀行は貨幣の供給を増やし、しばしばインフレにつながります。

法定通貨の導入

昔は、ほとんどの主要経済国が自国通貨を金の量に固定していました 。このメカニズムは金本位制として知られていましたが、第二次世界大戦後に多くの国では政策として放棄されました。金本位制の撤廃と法定通貨への移行は、貨幣の供給に対するいかなる制限も取り除きました。これは、中央銀行が経済をコントロールすることは容易になるかもしれませんが、インフレ水準を損ない、急激な価格上昇を引き起こすリスクもあります。

供給コストの上昇

商品やサービスの生産コストの急激な増加もスタグフレーションを引き起こす可能性があります。この関係は特にエネルギーに当てはまり、供給ショックとして知られています。こうなった時、消費者も石油価格に起因するエネルギー価格の上昇に苦しみます。

商品が生産により多くのコストをかけ、価格が上昇し、暖房、輸送、およびその他のエネルギー関連コストのために消費者の可処分所得が少なくなると、スタグフレーションが発生する可能性が高くなります。


スタグフレーションへの対策

スタグフレーションとの闘いは、財政政策と金融政策を通じて達成されます。しかし、実際に施行される政策は、経済学派の考え方にかかっています。

マネタリスト

マネタリスト(貨幣供給の抑制が最も重要であると考える経済学者) は、インフレが制御されるべき最も重要な要因だと主張するでしょう。

このシナリオでは、マネタリストはまずマネーサプライ(貨幣の供給)を減らし、全体的な支出を減らします。これは、需要の減少と商品やサービスの価格の下落につながります。しかし、欠点はこの政策が経済の成長を促進しないことです。成長は、後で緩和的な金融政策と財政政策を組み合わせることによって、対応する必要があります。

供給サイドの経済学

もう1つの考え方は、コストを削減し、効率を改善することによって、経済の供給を増やすことです。(可能であれば) エネルギー価格をコントロールし、効率化に投資し、生産に対する補助金を出すことは、コストを削減し、経済の総供給を増やすのに役立ちます。これは消費者にとっての物価を下げ、経済生産を刺激し、失業率を低下させます。

自由市場ソリューション

一部の経済学者は、スタグフレーションの最善の治療法は自由市場に任せることだと考えています。需要と供給は、消費者が商品を買う余裕がなくなるため、最終的には価格の上昇が解決します。この事実は、需要の減少とインフレ率の低下につながります。

自由市場はまた、効率的に労働力を配分し、失業を減らすでしょう。しかし、この計画が成功するまでには何年も何十年もかかる可能性があり、多くの庶民は不利な生活条件に置かれます。ケインズがかつて言ったように、「長い目で見れば、我々は皆死ぬ」という状況になるでしょう。


スタグフレーションの仮想通貨市場に対する影響

スタグフレーションが仮想通貨に及ぼす正確な影響を完全に定義することは困難です。しかし、他の市況が同じままであると仮定すると、いくつかの基本的な仮定を立てることができます。

最小またはマイナスの成長

かろうじて成長または縮小する経済は、所得水準の停滞、あるいは減少さえももたらします。この場合、消費者が投資をするための余剰資金は減少します。これは、個人投資家が日々の支出のためにお金にアクセスする必要があるため、仮想通貨の購入の減少と利確の増加につながる可能性があります。低速またはマイナスの経済成長はまた、大手投資家が株式や仮想通貨などのリスクの高い資産へのエクスポージャーを減らすことを奨励しています。

政府のスタグフレーション対策

通常、政府はまずインフレをコントロールし、次に成長と失業の問題に対処しようとします。インフレはマネーサプライを減らすことによって抑制することができ、その1つの方法は金利の引き上げです。

これは、人々が銀行にお金を保管し、借り入れのコストが上がることで、流動性を低下させます。金利の上昇に伴い、ハイリスクとハイリターンの投資は魅力的ではなくなります。したがって、仮想通貨は、金利の上昇とマネーサプライの低下の期間中、需要と価格が低下するかもしれません。

ひとたび政府がインフレをコントロールできるようになると、成長を刺激したいと思うでしょう。これは通常、量的緩和と金利の低下によって行われます。このようなシナリオでは、マネーサプライの増加により、仮想通貨市場への影響はプラスになる可能性があります。

インフレ率の上昇

多くの投資家は、Bitcoinはインフレ率の上昇に対する良いヘッジになり得ると主張しています。インフレ率の上昇に伴い、金利を稼ぐことなく資産を法定通貨で保有すると、その真の価値が低下します。これを避けるために、多くの人が長期的な購買力を維持し、利益を上げるためにBitcoinに目を向けました。これは、投資家がBTCの発行と供給が限られているため、BTCを価値の保存手段と見なしているためです。

歴史的に、このインフレヘッジ戦略は、長年にわたってBitcoinやその他の仮想通貨を積み立ててきた投資家にとってはうまくいったかもしれません。インフレや経済成長中、もしくは後に積み立てていた場合は特に成功しているでしょう。しかし、インフレに対するヘッジとして仮想通貨を使用することは、特にスタグフレーションの期間中のような、より短い時間枠ではうまく機能しない可能性があります。また、仮想通貨市場と株式市場の間の相関関係の強化など、他の要因があることも注目に値します。


1973年の石油危機におけるスタグフレーション

1973年、アラブ石油輸出国機構 (OPEC) は、一部の国に対する石油禁輸を宣言しました。この決定は、第四次中東戦争におけるイスラエルへの支持に対する報復でした。石油供給の劇的な減少に伴い、石油価格は上昇し、サプライチェーンの不足と消費者価格の上昇につながりました。これはインフレ率の大幅な上昇につながりました。

アメリカやイギリスなどでは、中央銀行は経済の成長を促進するために金利を引き下げています。低金利は、ローンで借金をしやすくなるので、貯蓄よりも支出するインセンティブを提供します。しかし、インフレを退治するための一般的な対応は、金利を引き上げ、消費者に貯蓄を奨励することです。

石油とエネルギーのコストが消費支出の大部分を占め、金利の引き下げが十分な成長を刺激しなかったため、多くの西側諸国は高いインフレと経済の停滞を経験しました。


まとめ

通常、インフレとマイナス成長は一緒には起こらないため、スタグフレーションは経済学者や政策立案者にとってユニークな状況を提示します。停滞と戦うためのツールはしばしばインフレを引き起こしますが、インフレを制御するための戦略は経済成長の鈍化またはマイナスにつながる可能性があります。したがって、スタグフレーションの時代には、マクロ経済の状況と、マネーサプライ、金利、需要と供給、雇用率などの複数の要因を考慮する価値があります。