お金とは?
お金とは?
ホーム記事

お金とは?

初心者
1w ago
8m

はじめに

お金は紛れもなく現代文明の最も重要な基礎の1つです。何千年もの間、お金は価値を表す言語の一種として機能し、個人間の取引を容易にし、労働成果の保存を可能にしてきました。

お金の定義とは、商品やサービスの支払いとして広く受け入れられているものです。世界中の社会では、様々な種類のお金を生み出してきましたが、その数は非常に多く、それらをすべて分類することは困難です。 
この記事では、実物貨幣、代表貨幣、不換紙幣を区別し説明していきます。 


お金の前:物々交換

物々交換とは、商品やサービスを他の商品やサービスと交換する行為を指します。興味深いことに、他の生命の状況からも観察することができます。植物界や動物界では、相互に行動から利益を得るため、暗黙の合意によって共生関係を結んでいます。例えば、アカシアの木は、寄生虫からの保護と引き換えにアリに食料と住居を提供しています。シマウマやサイは、自分の皮膚に付着したダニを、オキスペッカーの鳥が餌にすることで、ダニから身を守っています。

しかし、人間は上記の生物とは異なり、洗練された価値観を持っています。現在のようにお金が登場するずっと前から、私たちは自分の商品を他人の商品と交換できることを理解していました。

例えば、あなたがコートを持っていて、隣人がリンゴを持っているとしましょう。彼女は寒がりで、あなたはお腹が空いています。あなたは20個のリンゴと引き換えにコートを彼女に渡しました。二人とも自分の持っているものと交換することで、欲しいものを手に入れたことになります。

残念ながらそう簡単なことでもありません。後でもっとリンゴが欲しくなるかもしれませんが、隣人に渡したコートは2、3年は持つでしょう。あなたが交換を要求した時、彼女は交換を拒否するかもしれません。また、彼女がガソリンと交換したいと思っていても、ガソリンスタンドのオーナーはリンゴアレルギーで拒否されるかもしれません。

この現象は経済学で「欲望の一致」と呼ばれています。物々交換は、相手が必要としているものを所有していれば交換できますし、その逆も同様です。また、当事者が相手の所有物を必要としていない場合、取引は成立しません。


実物貨幣

実物貨幣とは、何らかの意味で有用な原材料のことです(本質的価値があると言う人もいるかもしれません)。この定義は、金、銀、銅などの金属から小麦、コーヒー、米などの消耗品に至るまで、様々な範囲を網羅しています。

したがって、実物貨幣とは商品を貨幣として使用することです。近所の店で石油を実物貨幣として使用することはできませんが、有用な原材料が通貨として成立した例は歴史上、数え切れないほど存在します。

例えば、タバコは1600年代にバージニア州で法定通貨と宣言されました。ニック・サボが影響力のあるエッセイ「Shelling Out: The Origins of Money」の中で詳述しているように、アメリカ先住民族は交換手段として、ワンパム(貝の殻で作ったビーズ)とカウリーシェルを交換手段として使用していました。バージニア州のタバコと同様に、この商品も数十年間、法定通貨として採用されていました。

表面的には、実物貨幣による取引は物々交換とあまり変わらないように見えるかもしれません。結局のところ、あなたが本を持っていて、お米と交換するために売却した場合、先述したことと同様な方法を行っているのではないでしょうか?

機能的にはそうですが、実物貨幣は交換手段として機能します。このシナリオでは、お米は商品やサービスの支払い手段として広く受け入れられていると予想されます。要するに、物々交換経済とは異なり、お米は多くの取引において魅力的な交換手段となるでしょう。
したがって、お米で何を買えるかによって、自身の本の価値を計算したくなるでしょう。あなたがお米を受け取るのは、食べるからではなく、他の商品と交換できるからです。問題の商品が多産であれば、それは他の商品の値段をつけるための単位として機能します。このような世界では、コーヒーの支払い金額は、お米のKgで表示されているかもしれません。
実物貨幣は、物々交換で遭遇する「欲望の一致」という問題を回避することが可能です。なぜなら、実物貨幣を受け取った後に、別の取引で使用することができるからです。
金や銀などの貴金属は、最も知られている実物貨幣の形態です。金は文明を通して貨幣とし、また工業用金属として使用されてきました。現在でも、金貨と地金は価値の貯蔵庫とみなされています。投資家は、いつでもアクセスできる貴金属に富を蓄えています。金が尊重されている理由は数多くありますが、ビットコインは価値の貯蔵庫として成立するのでしょうか?

実物貨幣がなくなったわけではありません。しかし、通貨としての実物貨幣は、他の形態の貨幣に取って代わられてきました。


代表貨幣

実物貨幣は物々交換制度よりも改善されましたが、利便性などの面で欠点がありました。金貨や銀貨を持ち歩く場合、小規模な買い物で使用することは可能ですが、その概念では大規模な買い物では使用できません。

今、硬貨を使用して小規模から大規模な買い物が可能でしょうか?例えば、誰かからビットコインを8,000ユーロで購入しようと思った場合、大体60kgの硬貨を持ち運ぶ必要があります。

実物貨幣の後、代表貨幣が登場します。代表貨幣は、世界中の様々な場所、時期に登場しました。本質的には、中央発行者が、その商品の一定量と引き換えられる証明書を発行することを伴います。

何Kgもの銀を持ち歩く代わりに、所有権を証明する紙片を持ち歩くことも可能です。 いつでも発行所に行き、紙片を銀と交換することも可能です。また、銀を誰かに渡して、その人が自分で換金することもできます。ステーブルコインに詳しい方は、基本的に同じ原理です。
民間企業が代表通貨を発行する例もありますが、中央銀行の方がはるかに大規模でした。金本位制は、多くの政府が採用した政策で、各国の通貨が金で支えられていたことをご存知の方も多いでしょう。現在のシステムとは程遠いように思えますが、1世紀も経たないうちに、紙幣を銀行に持ち込んで貴金属と交換できるようになりました。
経済的な観点から、様々な実質的な利益をもたらしました。金本位制は、現在でも代替品より優れているものを表す言葉として使用されているほど、実質的なものでした。第一の利点は、政府の介入が増える一方で、インフレによる通貨価値の低下は容易でなかったことです。政府は理論的には保有額を超える紙幣を発行することができませでした。残念なことに、銀行が少額準備制度を運用することは容易であり(魅力的で)、保管されている金の量よりも多くの紙幣を作成することができたのです。

金本位制によって、金地金を持ち歩いたり、購入のために金地金を分割する必要がなく手間が省けるようになりました。

この貨幣制度のもう一つの利点は、金が常に国際的な規模で認知されてきたことです。国内経済が金中心であれば、金本位制を採用している国々は、世界的に評価されている資源の取引をより容易に行うことができます。



仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでビットコインを購入しましょう。



不換紙幣

代表貨幣は、もはや支配的な貨幣の形態ではありません。金本位制の終焉により、新しい種類の貨幣が世界的に採用されるようになりました。

要するに、不換紙幣とは、政府が発行した貨幣のことです(フィアットという言葉は、ラテン語の「法令による」という意味の言葉に由来します)。現在使用されている米国ドル、メキシコペソ、日本円、インドルピーなどがその例です。

不換紙幣の価値は、政府や中央銀行の判断で多大な影響を受けます。その核心は、統治機関がそう言うことでしか価値を持たない紙切れなのです。

最近発明されたと思うかもしれませんが、紙幣の形をした不換紙幣の起源は11世紀の中国にまで遡ります。また、その数百年後の17世紀、ヨーロッパやアメリカ大陸でも実験が行われていました。

上述してきたように、様々な紙幣とは異なり、不換紙幣には希少性の要素はありません。成長に時間を要する農産物や、抽出しなければならない貴金属とは異なり、すぐに入手可能な材料から紙幣を作成することは簡単なことです。制限がなければ、連邦準備制度理事会 (FRB)のような組織は、何もないとこから新たな資金を生み出すことができます。

誰に質問するかによりますが、これが最大の強みか、最大の弱みかのどちらかです。不換紙幣制度の支持者は、貨幣供給量を増加させる能力があることで、政府が金融危機に対処したり、経済全体を管理したりするための柔軟性が高まると主張しています。貨幣市場と金利をコントロールすることで、政府は国の財政を高度にコントロールすることができます。
驚くべきことに、同じ議論が、不換紙幣反対派によって提起されています。政府の金融政策に対する主な批判の1つは、インフレが不換紙幣保有者の富をゆっくりと侵食していくというものです。抑制されていなければ、積極的なインフレ(ハイパーインフレ)を引き起こす可能性があり、これは本質的に通貨を完全に破壊し、大規模な経済的・社会的損害を引き起こす可能性があります。


仮想通貨の出番は?

ビットコインは、デジタルキャッシュとデジタルゴールドの2つの呼び名があります。一方で、実物貨幣の特性(可燃性、分割性、可搬性)の多くを模倣しており、理想的な交換手段となっています。
他方では、価値を蓄えるという特性から、評価が高まってきています。デジタルゴールドとしてのビットコインの支持者は、デフレ(正確にはディスインフレ)の供給政策が、ビットコインの購買力を長期にわたり維持するのに役立つと考えています。これは、連邦準備制度の裁量で切り下げられる米ドルのようなインフレ通貨とは全く対照的です。

表面上、仮想通貨は実物貨幣の範疇内のように思えます。プロトコル以外の用途はないものの、根拠なく、政府機関が発行しているわけでもありません。デジタル通貨が関係している場合、お金の価値は、自由市場によって与えられた評価に由来しています。


まとめ

上記のように、お金には様々な形があります。私たちは、国の不換通貨で価値を考えることに慣れていますが、これらは比較的最近の発明です。現在あなたが使用している決済アプリは、数千年にわたる貨幣の進化の結果です。
仮想通貨は、お金の次の章の有望な実験です。もしビットコインや他の仮想通貨が広く採用されることになれば、それらはデジタル実物貨幣の最初の実例となるでしょう。仮想通貨が世界中の不換通貨の支配を入れ替えるかは、時間が教えてくれるでしょう。