Bitcoinに価値がある理由
目次
はじめに
お金にはなぜ価値があるのか?
法定通貨とは?
法定通貨に価値があるのはなぜ?
仮想通貨に価値があるのはなぜ?
本質的な価値とは?
Bitcoinに価値があるのはなぜなのでしょうか。
Bitcoinの実用価値
Bitcoinの価値における非中央集権
Bitcoinの価値における分配
Bitcoinの価値における信頼のシステム
Bitcoinの価値における希少性
Bitcoinの価値におけるセキュリティ
価値の保存手段としてのBitcoin
まとめ
Bitcoinに価値がある理由
ホーム記事
Bitcoinに価値がある理由

Bitcoinに価値がある理由

初心者
Published Jun 22, 2021Updated Oct 14, 2021
10m

概要

このようにBitcoinの価値は、様々な側面があります。結局のところ、仮想通貨も法定通貨も、信頼があるからこそ価値があります。社会が法定通貨制度を信じている限り、紙幣や硬貨には価値があります。Bitcoinにも同じことが言えます。ユーザーが信じているからこそ価値がありますが、価値の源泉はそれだけではありません。

Bitcoinは、法定通貨とは異なり、中央銀行を持たず、その分散型の構造により、独自の金融システムを構築することができました。ブロックチェーン技術はセキュリティ、ユーティリティなど様々なメリットを提供します。また、価値の移転をグローバルに行うための画期的な方法を提供しています。Bitcoinは、金のような価値の保存手段としても機能します。


はじめに

Bitcoin (BTC) のような仮想通貨がどのようにして、なぜ価値を持つのかを理解することは、仮想通貨の初心者にとって最大の苦労の一つです。コインはデジタルで、物理的な資産の裏付けがなく、マイニングの概念も非常にわかりにくいものです。マイニングとは、ある意味、無から新しいBitcoinを生み出すことです。実際のところ、マイニングで成功をするには莫大なコストを投資する必要があります。しかし、これがBTCの価値とどう関係するのでしょうか。

私たちが毎日使っているお金のことを考えてみてください。紙幣の裏付けとなる金や資産はもはや存在しません。部分準備銀行制度のおかげで、私たちが借りたお金はしばしば画面上の数字としてしか存在しません。政府や連邦準備制度理事会 (FRB) などの中央銀行は、経済メカニズムによって新たな貨幣を創造し、その供給量を増やすことができます。

顕著な違いはあるものの、デジタルマネーであるBTCは、私たちが慣れ親しんでいる法定通貨との共通点もあります。そこで、仮想通貨のエコシステムに飛び込む前に、まず法定通貨の価値について説明します。


お金にはなぜ価値があるのか?

端的に言えば、お金に価値を与えるのは「信頼」です。本来、お金は価値を交換するための道具です。商品やサービスの対価として地域社会に受け入れられれば、どんなものでもお金として使うことができます。人類の文明の初期には、石や貝殻など、様々なものがお金として使われていました。


法定通貨とは?

法定通貨は、政府が発行して公式化した通貨です。現在、私たちの社会では、紙幣や硬貨、そして銀行口座のデジタルスコア (信用度や負債度を示すものでもある) を使用して価値を交換しています。

かつては、銀行に行って紙幣を金などの貴金属に交換することができました。当時、ドルなどの通貨は、その価値が金と等価であることが保証されている仕組みでした。しかし、金本位制は大多数の国で放棄され、現在では通貨制度の基礎ではありません。

金との結びつきを失った通貨は、裏付けのない不換紙幣となりました。この分離により、政府と中央銀行は、金融政策によって、マネーサプライに影響を与える自由度が高まりました。法定通貨の主な特徴としては以下が挙げられます。
  1. 中央銀行、もしくは政府によって発行されています。
  2. 固有の価値はありません。金や他の資産による裏付けはありません。
  3. 供給量に制限がありません。


法定通貨に価値があるのはなぜ?

法定通貨は本来ならば、金本位制が廃止されたことで、価値のない通貨になってしまっていたでしょう。しかし、現在でも私たちは食料品や決済、家賃など様々な場面で法定通貨を使用して決済を行っています。前述のように、お金はコミュニティからの信頼がその価値を生み出します。そのため、政府が不換紙幣となった、法定通貨をしっかりとバックアップし、成功させ、高い信頼性を維持する必要があります。ベネズエラやジンバブエで見られたように、ハイパーインフレや非効率な金融政策によって政府や中央銀行への信頼が失われると、これが破綻することは容易に想像できます。


仮想通貨に価値があるのはなぜ?

仮想通貨は、私たちの標準的なお金の考え方と共通する部分もありますが、顕著な違いもあります。PAXGのように金などの商品に連動しているものもありますが、ほとんどの仮想通貨には基礎となる資産はありません。その代わり、仮想通貨の価値には信頼が再び重要な役割を果たしています。例えば、人々は Bitcoin に投資することに価値を見出しており、他の人々もBitcoinを信頼し、BTCを決済システムや交換手段として受け入れていることを知っています。
一部の仮想通貨では、実用性も重要な要素となっています。特定のサービスやプラットフォームにアクセスするには、ユーティリティートークンを使用する必要がある場合があります。需要の高いサービスが、そのユーティリティートークンに価値を提供します。すべての仮想通貨が同じではないので、その価値は各コイン、トークン、プロジェクトの特徴に大きく左右されます。

Bitcoinに関して言えば、後で詳しく説明する6つの特徴に絞ることができます。その6つとは、ユーティリティー、非中央集権、分配、信頼のシステム、希少性、セキュリティです。


本質的な価値とは?

Bitcoinの価値に関する議論の多くは、Bitcoinに本質的な価値があるかどうかです。しかし、そもそもこれはどういう意味でしょう。石油という商品を見てみると、エネルギーやプラスチックなどの材料を生産するという本質的な価値があります。

また、株式は、商品やサービスを生産している企業の株式であるため、本質的な価値があります。実際、多くの投資家は、資産の本質的な価値を算出するために、ファンダメンタル分析を行っています。一方、不換紙幣である法定通貨は、ただの紙切れなので、本質的な価値はありません。これまで見てきたように、その価値は「信頼」に由来します。

伝統的な金融システムでは、コモディティから株式まで、本質的な価値を持つ投資の選択肢が多くあります。外国為替市場は法定通貨を扱うため例外であり、トレーダーは短期または中期的な為替レートの変動から利益を得ることができます。それでは、Bitcoinはどうなのでしょうか。


Bitcoinに価値があるのはなぜなのでしょうか。

Bitcoinの価値は主観的なテーマであり、さまざまな意見があります。もちろん、Bitcoinの市場価格がその価値だと言うこともできます。しかし、この回答が私たちの疑問に完全に答えているわけではないです。それよりも重要なのは、そもそもなぜ人が価値があると判断するのかということです。Bitcoinの価値を高める特徴について、もう少し掘り下げてみましょう。


Bitcoinの実用価値

Bitcoinの大きなメリットの一つは、仲介者を介さずに世界中どこからでも大量の価値を素早く送金できることです。少額のBTCを送る場合、手数料のせいでコストが比較的高くつく場合もありますが、数百万ドル相当の価値を比較的安く送金することも可能です。ここでは、約$45,000,000 (USD) 相当のBitcoin取引を、$50弱の手数料で送っていることがわかります (2021年6月現在)。


これを可能にしているネットワークはBitcoinだけではありませんが、Bitcoinは最大規模で、最も安全で、最も人気のあるネットワークです。ライトニングネットワークも、レイヤー2のアプリケーションとして少額取引を可能にしています。しかし、金額の大小にかかわらず、ボーダレスな取引ができることに価値があるのは間違いないです。


Bitcoinの価値における非中央集権

非中央集権は、仮想通貨の大きな特徴の1つです。中央の権威を排除することで、ブロックチェーンはユーザーのコミュニティに、より大きな力と自由を与えます。Bitcoinのネットワークは、オープンソースなので、誰でも改善に協力することができます。
仮想通貨の金融政策も、分散型で機能しています。例えば、マイナーの仕事は、トランザクションの検証と有効性の確認ですが、それだけでなく、新しいBitcoinが予測可能な安定した速度でシステムに追加されるようにしています。
Bitcoinは、その非中央集権性により、非常に堅牢で安全なシステムとなっています。ネットワーク上の単一のノードが全員の意思決定を代行することはできません。トランザクションの検証やプロトコルの更新には、グループ過半数以上のコンセンサスが必要であり、これがBitcoinを不正操作や悪用から守っています。


Bitcoinの価値における分配

できるだけ多くの人が参加できるようにすることで、Bitcoinネットワークの全体的なセキュリティは向上します。Bitcoinの分散型ネットワークに接続されたノードの数が多ければ多いほど、その価値は高まります。トランザクションの台帳を複数のユーザーに分散させることで、単一の真実のソースに頼る必要はありません。

分配がないないと、検証が困難な複数の真実が存在することになります。チームで作業しているメールで送られた文書を考えてみましょう。チーム内でドキュメントを送信すると、異なる状態のバージョンが作成され、追跡が困難になります。

また、集中型データベースは、分散型データベースに比べてサイバー攻撃や停電の影響を受けやすくなります。サーバーの問題でクレジットカードが使用できないということはよくあることです。Bitcoinのようなクラウドベースのシステムは、世界中の何千人ものユーザーによって維持されているため、より効率的で安全なシステムとなっています。


Bitcoinの価値における信頼のシステム

Bitcoinの非中央集権性は、ネットワーク上での大きなメリットですが、それを守るための工夫も必要です。大規模な分散型ネットワークでは、ユーザーに協力してもらうことが常に課題となっています。ビザンチン将軍問題として知られるこの問題を解決するために、Satoshi Nakamotoは、プルーフ・オブ・ワークのコンセンサスメカニズムを実装し、積極的な行動に報酬を与えています。

価値のあるものや商品には、信頼が欠かせません。中央銀行の信頼を失うことは、その国の通貨にとっては最悪の事態です。同様に、国際送金を利用するためには、その金融機関を信頼する必要があります。Bitcoinの運営には、私たちが日常的に使用している他のシステムや資産よりも多くの信頼が組み込まれています。

しかし、Bitcoinのユーザー同士で信頼しあう必要はありません。彼らはBitcoinの技術を信頼すればいいのです。Bitcoinの技術は非常に信頼性が高く、安全であることが証明されており、ソースコードは誰でも見ることができます。Proof of Workは、誰もが自分で検証、確認できる透明な仕組みです。ほぼ間違いのないコンセンサスが得られることに価値を見出すことができます。


Bitcoinの価値における希少性

Bitcoinのデザインには、21,000,000 BTCという発行上限枚数が組み込まれています。Bitcoinマイナーが2140年頃に最後のコインをマイニングするとそれ以降新しいBitcoinは誕生しません。金、銀、石油などの伝統的な商品には埋蔵量という上限はありますが、毎年新たな埋蔵量が発見され、追加されています。毎年の新しい発見により、こういった伝統的な商品の正確な希少性を算出することは困難です。
BTCをすべて発掘してしまえば、Bitcoinは理論上、デフレになるでしょう。ユーザーがBitcoinを紛失したり、バーンしたりすると、供給が減少し、価格が上昇する可能性があります。そのため、ホルダーはBitcoinの希少性に大きな価値を見出しています。
Bitcoinの希少性は、人気のあるストック・トゥ・フローモデルにもつながっています。このモデルは、年間のBitcoinの採掘枚数と全体の時価総額をもとに、BTCの将来の価値を予測しようとするものです。バックテストでは、これまでのBitcoinの価格カーブをかなり正確にモデル化できています。このモデルによると、Bitcoinの価格の主な原動力は、その希少性です。価格と希少性の関係が考えられることで、保有者はBitcoinを価値の保存手段として利用することに本質的な価値を見出しています。このコンセプトについては、記事の最後でさらに詳しく説明します。


Bitcoinの価値におけるセキュリティ

投資した資金を安全に保つという意味では、Bitcoinほど安全性の高い選択肢は他にあまりありません。ベストプラクティスに従っていれば、保有しているBitcoinを驚くほど安全に保管できます。先進国では、銀行のセキュリティが当たり前になっています。しかしそれ以外の国々の多くの人々にとって、金融機関は必要なセキュリティを提供することができず、多額の現金を保有することは非常にリスクが高いです。

Bitcoinネットワークへの悪意ある攻撃は、現在のマイニングパワーの51%以上を所有する必要があり、この規模でそれだけを占めるのはほとんど不可能です。Bitcoinへの攻撃が成功する確率は極めて低く、仮に起こったとしても長くは続かないでしょう。

BTCを保管する上での脅威として考えられるのは以下です。

  1. 詐欺とフィッシング攻撃
  2. 秘密鍵の紛失
  3. 保有しているBTCを、自分で秘密鍵を管理していない危険なカストディアルウォレット で保管
上記のようなことが起こらないように、ベストプラクティスに従うことで、銀行をも凌ぐセキュリティレベルを手に入れることができるでしょう。一番いいところは、自分の資産を安全に保つためにお金を払う必要がないということです。また、銀行とは異なり、日や月の制限もありません。Bitcoinでは、自分の資産を完全に自分で管理することができます。


価値の保存手段としてのBitcoin

すでに説明した特徴のほとんどは、Bitcoinが価値の保存手段として適していることも示しています。貴金属、ドル、国債などは伝統的な選択肢ですが、Bitcoinは現代的な代替手段、いわゆるデジタルゴールドとして評価を得ています。何かが価値の良い保存手段であるためには、以下の要件を満たす必要があります。
  1. 耐久性: ネットワークを維持するコンピュータがある限り、Bitcoinは100%の耐久性があります。BTCは物理的な紙幣や硬貨などの資産のように破壊することができないので、不換紙幣や貴金属よりも耐久性があります。
  2. 携帯性: デジタル通貨であるBitcoinは、驚くほど携帯性に優れています。インターネットへの接続と秘密鍵さえあれば、どこからでも自分の保有するBTCにアクセスできます。
  3. 分割可能性: 1BTCは100,000,000 satoshiに分割可能であり、ユーザーはあらゆる規模の取引を行うことができます。
  4. 代替可能性: 各BTCやsatoshiは別のBTCやsatoshiと交換可能です。このような点から、Bitcoinは世界中の人々との価値交換に利用することができます。
  5. 希少性: 21,000,000BTCしか存在せず、何百万枚ものBTCがすでに永遠に失われています。Bitcoinの供給量は、時間の経過とともに供給量が増加するインフレ型の不換紙幣に比べてはるかに限定的です。
  6. 決済での受け入れ: BTCは個人や企業の決済手段として広く採用されており、ブロックチェーン業界は日々成長を続けています。
このテーマをもう少し詳しく知りたい方は、 Bitcoinは価値の保存手段か? をご覧ください。


まとめ

なぜBitcoinに価値があるのか、残念ながら唯一無二の答えはありません。仮想通貨は、貴金属や法定通貨のような価値のある多くの資産の重要な側面を持っていますが、だからといって同じ資産クラスに分類されるものではないです。Bitcoinは政府の裏付けがなくてもお金のように機能し、デジタルなのに商品のような希少性があります。

一般的な知識不足や誤解から、Bitcoinに価値があるのかどうか疑問視する声もあります。「詐欺」や ネズミ講などの言葉が使われており、根拠のない不安を抱く人がいることがよくわかります。しかし、最終的には、Bitcoinは非常に安全なネットワーク上で動作しており、この仮想通貨には、そのコミュニティ、投資家、トレーダーによってかなりの価値が置かれています。