Bitcoinのドミナンスの簡単な歴史
目次
はじめに
BTCのドミナンスとは?
1つの仮想通貨から数千の仮想通貨へ
まとめ
Bitcoinのドミナンスの簡単な歴史
ホーム
記事
Bitcoinのドミナンスの簡単な歴史

Bitcoinのドミナンスの簡単な歴史

初心者
公開済 Oct 19, 2022更新済 Nov 11, 2022
6m

概要

Bitcoinのドミナンスは、仮想通貨市場全体の時価総額におけるBTCのシェアです。2009年の誕生以来、Bitcoinは存在する唯一のデジタル資産であり続け、当然のことながら、すべての仮想通貨市場の時価総額を単独で占めていました。しかし、時間が経つにつれて、状況は変わりはじめました。2013年は、仮想通貨の時価総額に価値を加えるアルトコインに人気が集まりました。2015年はEthereum (Etherを生み出したBitcoinの最大のライバル) が誕生し、2017年のICOブームはBTCのドミナンスをさらに希薄し、史上最低値を記録しましたが、数ヶ月で50%以上回復しました。本日、BTCのドミナンスは、DeFi、NFT、メタバーストークン、および20,000以上のアルトコインで最も激しい競争に直面しています。

はじめに

世界初の仮想通貨Bitcoinは、2009年にSatoshi Nakomotoとして知られる匿名の開発者、または開発者のグループによって一般に公開されました。それ以来、競争の出現にもかかわらず、Bitcoinは世界最大かつ最も価値のある仮想通貨であり続けています。その基礎となる技術は、代替コイン、またはアルトコインとして総称される何千もの新しい仮想通貨の開発に影響を与えました。 

他のデジタル資産に対するBitcoinの立場は現在も非常に重要であり、仮想通貨市場全体の状態を示しています。より大きな仮想通貨市場と比較してBitcoinの時価総額を測定するために、トレーダーとアナリストは、Bitcoinのドミナンスと呼ばれる比率を使用します。

BTCのドミナンスとは?

BTCのドミナンスは、仮想通貨市場の全体的な価値におけるBitcoinのシェアです。BTCの時価総額を仮想通貨通貨の総時価総額で割ることによって計算されます。 

しかし、それが重要な理由とは?歴史的に、トレーダーはBTCのドミナンスを利用して、アルトコインがBitcoinに対して上昇トレンドか下降トレンドかを理解するのに役立ってきました。例えば、一般的な理論の1つとして、アルトコインが上昇傾向にある場合、仮想通貨市場は強気市場に向かっているということです。例えば、2017年にはBTCのドミナンスの大幅な低下は、市場全体が強気相場に入るのと同時に、アルトコイン価格が (BTC価格が下がるのではなく) 急騰したことを示しています。

1つの仮想通貨から数千の仮想通貨へ

2011年には最初のアルトコインであるLitecoinが誕生し、2013年にはフォーブス誌によって「Bitcoinの年」と呼ばれ、市場に参入する新しいアルトコインの数が急速に増加しはじめました。2013年5月までに、仮想通貨市場ではLitecoin (LTC) RippleのXRPを含む少なくとも10のトークンを数え始めました。 

同時に、より多くの投資家が初めてデジタル資産の存在を認識したことで、Bitcoinの価格は急騰しました。しかし、少数の新規参入者が競争しても、BTCのドミナンスはこの期間中、約95%にとどまりました。 

Ethereumの誕生

2015年、Vitalik Buterinと開発者チームは Ethereum(ETH) ネットワークをローンチしました。送金などの金融サービスを超えたより多くのユースケースを可能にするブロックチェーンとして、Bitcoinに匹敵するようになりました。EthereumのネイティブトークンであるEthereum (ETH) との競争に動揺することなく、Bitcoinは仮想通貨市場の約90〜95%を占め続けました。状況の変化がはじまったのは2017年であり、Initial Coin Offering (ICO) ブームがはじまりました。

ICOに対する熱量 

初期段階の仮想通貨プロジェクトによる人気のあるクラウドファンディング方法として、Initial Coin Offering (ICO) は、2017年から2018年にかけて人気のトレンドになりました。この期間中、約2,000の個別のICOが行われ、累積で$100億以上が調達されました。資金はBitcoinから当時登場した新しいアルトコインの多くに流れはじめました。一部の投資家は(証拠のない) 説得力のあるユースケースを信じていましたが、一部の投資家は劇的な価格変動から利益を得ることに興味を持っていました。 

前例のないアルトコイン競争により、Bitcoinのドミナンスは初めての大きな低下を経験し、2018年1月には約37%の史上最低値に落ち込みました。 

2018年の仮想通貨の冬

仮想通貨は多くの注目を集めていましたが、ICOブームは短いものでした。投資家は、多くのICOプロジェクトが重要な基礎を欠いているか、疑わしいビジネスを推進していることに気付きました。一部のプロジェクトは、米国やその他の当局による規制上の精査の対象にもなりました。この否定的な感情の増加は最終的に業界を超えて、仮想通貨市場全体の価格下落と停滞の長期化に発展しました。

Bitcoinの回復

多くのアルトコインの価格下落とICOに対する投資家の幻滅の中、BTCのドミナンスは2018年の最後の数ヶ月までに徐々に50%以上に上昇しました。 

2019年、Bitcoinの価格はわずかに復活し、年末までに約$7,000で取引され、BTCのドミナンスは9月に約70%のピークに達しました。しかし、デジタル資産は、2020年にCOVID-19のパンデミックが世界を襲うまで、比較的静かな状態でした。

COVID市場

2020年より、COVIDの影響による一時的な下落の後、仮想通貨市場は記録的な強気相場に入りました。同時に、BTCのドミナンスは2021年1月に72%に達し、2017年以来の最高値となりましたが、2021年半ばまでに39%に崩壊しました。 

迫り来るパンデミックにより、退屈で自宅で立ち往生していた多くの人々が、時間を過ごすためにデイトレードと投資に目を向けました。一方、パンデミックの景気後退を相殺するために、世界中の政府は苦境にある経済を刺激するために現金を発行しました。個人トレーダーは、これらの資金の大部分を初めて株式、外国為替、または仮想通貨市場に投資しました。

さて、2020年後半に仮想通貨に対するすべてのメディアの注目に続いて、アルトコインは個人投資家、特に早く利益を求める新規参入者にとって、リスクはあるもののますます魅力的な選択肢になりました。例えば、 Shiba Inu (SHIB)は、2021年に価格が4,000万%以上上昇しました。 

さらに、主にEthereumやSolana (SOL) などの競合するブロックチェーンに存在する分散型金融 (DeFI) やNFTなどのイノベーションの急速な成長により、Bitcoinは多くの市場シェアを失いました。例えば、Solanaの価格は、その基盤となる技術に対する機関投資家および小売業の大きな関心を獲得した後、2021年に$1.50から過去最高額の$250に上昇しました。 

それ以来、BTCのドミナンスは50%を超えるのに苦労しています。BTCのドミナンスの最近の低成長は、ETH 2.0、Ethereum待望のProof of Stakeへの切り替え、および進行中の弱気市場と関係があるかもしれません。 

まとめ

近年、アルトコイン市場の成長により、Bitcoinの市場シェアは希薄化しています。競合がほとんど存在しなかった初期の頃とは異なり、Bitcoinは現在、DeFiトークンや、ますます人気が高まっているNFTセクター、およびその他の何千もの仮想通貨通貨と競合しています。 

それでも、Bitcoinは時価総額の面においては依然として主要な仮想通貨通貨であり、BTCのドミナンスはすぐに消える可能性は低いと考えられます。まず第一に、多くの投資家はBitcoinの供給が有限であるため、Bitcoinを価値の保存手段と見なしています - それ故に「デジタルゴールド」という呼ばれています。

しかし最も重要なのは、Bitcoinが業界初の仮想通貨としての地位を確立したことで、デジタル資産市場での競争力が高まったことです。しかし、より良いものが登場した場合、先行者の優位性はそう長くは続かないことを歴史が教えてくれています。これまでのところ、Bitcoinと同様に仮想通貨市場を支配する別の仮想通貨が存在するかどうかはまだ分かりません。