Litecoin (LTC) とは?
目次
はじめに
Litecoin (LTC) とは?
Litecoinの仕組みとは?
Litecoinのユースケース
バイナンスでLitecoinを購入する方法
まとめ
Litecoin (LTC) とは?
ホーム記事
Litecoin (LTC) とは?

Litecoin (LTC) とは?

初心者
公開済 Dec 7, 2021更新済 Jan 6, 2022
5m

概要

Litecoin (LTC) は、2011年に元GoogleエンジニアのCharlie Leeによって設立されたアルトコインです。Bitcoinのライト版として、ほぼ瞬時に低コストでの決済を可能にすることを目指しました。Litecoinは、ブロックチェーンにBitcoinのコードと一部の機能を採用していますが、トランザクションの確認速度を優先し、TPS (Transaction per Second) の向上とブロック生成時間の短縮を図っています。

Litecoinのブロックチェーンは、そのBitcoinとの類似性から、開発者がBitcoinに実装したい技術を実験する場として利用されてきました。例えば、Segregated Witness (SegWit) やLightning Networkは、Bitcoinよりも先にLitecoinのブロックチェーン上で実装されました。

Litecoinの総供給量は8,400万枚です。Bitcoinと同様にデフレ傾向にあり、84万ブロックごと (約4年ごと) に新規発行枚数は半分になります。次の半減期は2023年8月に予定されています。Litecoinは、Binanceをはじめとするさまざまな仮想通貨取引所で購入することができます。


はじめに

Litecoin(LTC)は、市場に出回っているアルトコインの中でも最も古いものの一つです。2011年に登場したLitecoinは、ブロックチェーンの大部分がBitcoinのコードに基づいていることから、「金のポジションのBitcoinに対する銀」と呼ばれていました。仮想通貨投資家の中には、Bitcoinを優れた価値の保存手段と見なす人もいますが、Litecoinは承認時間やトランザクション手数料が低いため、ピア・ツー・ピアのお支払いに適していると考えられることが多いようです。


Litecoin (LTC) とは?

Litecoin (LTC) は、最初に作られたアルトコインの1つです。2011年にGoogleの元エンジニアであるCharlie Leeが開発したLitecoinのブロックチェーンは、Bitcoinのオープンソースコードをベースに開発されました。しかし、Litecoinは、ブロック生成速度の高速化や、Scryptと呼ばれる異なる Proof of Work (PoW)マイニングアルゴリズムなど、Bitcoinのソースコードにいくつかの変更を加えました。

Litecoinの総供給量は8,400万枚という上限があります。Litecoinは、Bitcoinと同様に、マイニングによって入手することができ、840,00ブロック (約4年) ごとに半減する仕組みになっています。直近のLTCの半減期は2019年8月で、ブロック報酬が25LTCから12.5LTCに半減しました。次の半減期は2023年8月を予定しています。


Litecoinの仕組みとは?

Litecoinは、Bitcoinの改良版として、Bitcoinネットワークよりも安価で効率的なトランザクションを行うために設計されました。Bitcoinと同様に、LitecoinもProof of Workという仕組みを採用しており、マイナーがブロックチェーンに新しいブロックを追加することで、新しいコインを獲得することができます。しかし、LitecoinはBitcoinのSHA-256アルゴリズムを使用していません。その代わりに、LTCはハッシュアルゴリズムであるScryptを使用しており、およそ2.5分ごとに新しいブロックを生成することができます。一方、Bitcoinのブロック承認時間は平均で10分かかります。

Scryptは当初、Bitcoinのシステムから離れて独自の分散型マイニングエコシステムを成長させ、LTCへの51%攻撃をより困難にするために、Litecoin開発チームによって開発されました。初期の頃のScryptは、従来のGPUカードやCPUカードを使用していた人が、より簡単にマイニングを行うことができました。その目的は、ASICマイナーがLTCマイニングを独占するのを防ぐことでした。しかし、その後、LTCを効率的に採掘できるASICマイナーが開発されたため、GPUやCPUによる採掘は廃れていきました。
BitcoinとLitecoinは似ているので、Litecoinは開発者がBitcoinに採用するブロックチェーン技術を実験するための「実験場」としてよく使用されていました。例えば、Segregated Witness (SegWit)は、2017年にBitcoinより先にLitecoinで採用されました。2015年にBitcoin向けに提案されたSegWitは、ブロックの限られたスペースを有効活用するために、各トランザクションからデジタル署名を分離することで、ブロックチェーンの規模を拡大することを目的としています。これにより、ブロックチェーンは1秒あたりのトランザクション数 (TPS) をより多く処理できるようになりました。
もう1つのスケーリングソリューションであるライトニングネットワークは、Bitcoinの前にLitecoinにも実装されていました。ライトニングネットワークは、Litecoinのトランザクションをより効率的に行うための重要なコンポーネントの一つです。また、ライトニングネットワークはLitecoinのブロックチェーンの上に作成された、レイヤー2プロトコルです。ユーザーが生成するマイクロペイメントチャンネルで構成されており、トランザクション手数料を低く抑えることができます。
また、Litecoinは、MimbleWimble Extension Block (MWEB)というプライバシー指向のプロトコルを採用することで、トランザクションのプライバシー問題に取り組むことを目指しています。ハリー・ポッターに登場する口封じの呪文にちなんで名づけられたもので、被害者が情報を明かすことができないようになっています。おまじないと同様に、MimbleWimbleでは、送信者と受信者のアドレス、送信した仮想通貨の枚数などのトランザクション情報を完全に匿名のままにすることができます。同時に、MWEBは不要なトランザクション情報を排除し、ブロックサイズもよりコンパクトでスケーラブルになっています。2021年12月現在、Litecoin MWEBプロトコルはまだ開発中です。


Litecoinのユースケース

最初のアルトコインの一つであるLitecoinは、Bitcoinのコードを改良してスケーラビリティ (拡張性) を高め、トランザクションの高速化と手数料の低減を実現しました。時価総額ではBitcoinに及ばないものの、ピア・ツー・ピアの決済システムとしては競争力があります。実際、Litecoin財団は2021年11月に、LTCをリアルタイムで米ドルに変換することで、Litecoin VISAデビットカードによる決済手段として利用できることを発表しました。また、旅行会社、コンビニエンスストア、不動産会社、オンラインショップなど、Litecoinを決済手段として導入している企業もあります。

もう1つ注目したいのは、待望のMimbleWimbleがLitecoinネットワーク上でリリースされることです。MimbleWimbleは、トランザクション内のウォレットアドレスを難読化できるだけでなく、LitecoinのTPSを2倍にできる可能性があります。このアップグレードが成功すれば、LTCトランザクションのプライバシーとファンジビリティーをさらに高めることができます。ただし、2021年12月時点では、メインネットでのリリース日は決まっていません。


バイナンスでLitecoinを購入する方法

Litecoinは、バイナンスのような仮想通貨取引所で購入することができます。

1. バイナンスアカウントにログインし、[トレード] に進みます。[クラシック] または [アドバンスド] のいずれかの取引モードを選択して開始します。このチュートリアルでは、[クラシック] を選択します。

2.次に、検索バーに「LTC」と入力すると、バイナンスで利用可能な取引ペアの一覧が表示されます。この記事では、LTC/BUSDを例に説明します。


3. [現物]で、注文タイプを選択し、購入する金額を入力します。[LTC購入] をクリックして注文を行うと、購入したLTCが現物ウォレットに表示されます。



まとめ

Litecoinは、2011年に登場して以来、「金のポジションのBitcoinに対する銀」を目指して開発を続けてきました。時価総額では、BitcoinやEthereum(ETH)ほどの人気はありませんが、Litecoinのコミュニティは、拡張機能とユースケースをもたらすことができるさらなる開発を期待しています。