Puffer Financeの概要
ホーム
記事
Puffer Financeの概要

Puffer Financeの概要

中級者
公開済 Apr 17, 2024更新済 Jun 12, 2024
5m

要点

  • Puffer Financeは、EigenLayer上に構築されたネイティブリキッドリステーキングプロトコル(nLRP)です。

  • 同プロトコルは、EthereumのProof of Stake(PoS)バリデーターのパフォーマンスと多様性を向上し、ネイティブリステーキングをより利用しやすく分散化するために開発されました。

  • Puffer Financeのスラッシュプロテクションメカニズムおよびバリデーターチケットにより、ステーキング参加者に対して安定した報酬と強固なセキュリティが確実に提供されます。

はじめに

Puffer Financeの主な目標には、Ethereumの分散性を維持する一方、バリデーターの安全な運用のための新しい基準を設けることがあります。

Puffer Financeでは、Ethereumのステーキングに新しいアプローチを導入することで、リキッドリステーキングをより利用しやすいものにしています。具体的には、パーミッションレスのフレームワーク、ネイティブリステーキング機能、分散化への取り組みを通して、ステーキングにおける中央集権化および利用しやすさに関する課題に対処しています。同プロトコルでは、強固なスラッシュプロテクションメカニズムおよびバリデーターチケットにより、ETHのステーキング参加者に対して、安定した報酬と強固なセキュリティが確実に提供されます。

Puffer Financeの仕組みについて解説する前に、まずリキッドステーキングとリキッドリステーキングの違いについて明らかにしていきます。

リキッドステーキングとリキッドリステーキングの比較

リキッドステーキングとは、ステーキングした資産をトークン化するプロセスを指します。例えば、LidoなどのプラットフォームにETHをステーキングすると、その見返りとしてstETHを受け取れます。stETHなどのリキッドステーキングトークン(LST)により、流動性を犠牲にせずともネットワークのセキュリティ維持への参加が可能となります。また、ネイティブETHをステーキングしている状態でも、LSTを他の場所で利用できます。

リキッドステーキングの概念をさらに進化させたリキッドリステーキングでは、ステーキング済みのETHを用いて「外部」のモジュールおよびシステム(オラクル、サイドチェーン、ロールアップなど)にブロックチェーンのセキュリティを拡張することが可能となります。これにより、バリデーターは資産を有効活用してステーキング報酬を獲得できます。

Puffer Financeの仕組み

Puffer Financeは、EthereumのPoSバリデーターのパフォーマンスと多様性を向上するために開発されました。バリデーターに対して多額の資本(32 ETH)のロックを求め、技術インフラの維持を行う従来型のステーキングモデルとは異なり、Puffer Financeではより利用しやすい選択肢を提供しています。Puffer Financeで個人がバリデーターとなるために必要となるのはわずか1 ETHであるため、参入障壁が低くなるとともに分散化が進みます。

ネイティブリキッドリステーキングプロトコル(nLRP)

Puffer Financeは、ステーキング操作に最適化された専用ブロックチェーンレイヤーであるEigenLayer上に構築されています。Puffer Financeは、ネイティブリステーキングプロトコル(nLRP)として動作します。

  • ネイティブとは、Puffer FinanceにおいてネイティブなETHのみが用いられることを指します。

  • リキッドとは、ユーザーにリキッドステーキングトークン(LST)をもたらすリキッドステーキングメカニズムを指します。Puffer Financeにステーキングする1 ETHごとに、1 pufETHを獲得できます。また、ETHをステーキングした状態で他のDeFiアプリケーションにおいてpufETHを利用できます。

  • リステーキングとは、Puffer Financeに入庫したETHをEigenLayer上のサービスに対する担保として用いることができるリキッドリステーキングメカニズムを指します。

まとめると、Puffer Financeのネイティブリキッドリステーキングメカニズムにより、バリデーターはバリデーターステータスの維持および利回りの生成を行う一方、他のアクティビティにおいてステーキング済みのETHを用いることが可能となります。これにより、資本効率が向上するとともにバリデーターの資産が完全に活用され、より強固なステーキングエコシステムにつながります。

パーミッションレスのフレームワーク

Puffer Financeではパーミッションレスのフレームワークを採用しており、同プロトコル上では誰でもバリデーターを運用できます。こうしたステーキングの民主化により、バリデーターセットの多様性および分散性が維持され、中央集権化のリスクが軽減されます。Puffer Financeでは参入障壁を低くすることで、個人のステーキング参加者に対してEthereumのコンセンサスメカニズムへの参加機会を提供しています。これは、同プロトコルの分散化の精神を体現するものとなっています。

スラッシュプロテクションとMEVによる自律性

バリデーターの資産は、Puffer Financeの革新的なスラッシュプロテクションメカニズムにより保護されます。Puffer Financeでは、アンチスラッシングハードウェアによる対応および強固なセキュリティプロトコルの活用により、不正行為や操作上のエラーによりバリデーターがスラッシュされる可能性を最小限に抑えます。

また、Puffer Financeではバリデーターに対してMEV(最大抽出可能価値)戦略に関する自律性を提供しており、バリデーターは安全性および完全性を維持しながら報酬を最適化できます。

バリデーターチケットと安定した報酬

Puffer Financeではバリデーターチケットの概念を導入しているため、バリデーターのパフォーマンスにかかわらずステーキング参加者に対する報酬が保証されます。この革新的なアプローチにより、ステーキング参加者に対して安定した報酬が提供され、初期段階における同プロトコルへの参加が推進されます。また、Puffer FinanceとEigenlayerとの統合によりバリデーターに対する報酬がブーストされ、同プロトコルへの参加のモチベーションがさらに高まります。

Puffer Financeのエアドロップ

2024年4月現在、Puffer Financeのエアドロップに関する公式発表はありません。一方、Puffer FinanceプラットフォームにstETHを入庫または流動性を提供することにより、Pufferポイントを獲得できます。確実な情報ではないものの、一部のユーザーは同ポイントがエアドロップの付与対象の判断および配布プロセスにおいて用いられることになると推測されています。

まとめ

Puffer Financeのミッションは、Ethereumの分散性を維持する一方、バリデーターの安全な運用のための新しい基準を設けることとなっています。同プロトコルでは、リスクを軽減するためのアンチスラッシング技術の実装および幅広いバリデーターの維持により、ノード運用者の多様性を向上させています。

Puffer Financeプロトコルは、Ethereumのバリデーターおよびステーキング参加者に対し、分散型かつアクセスしやすい、革新的なソリューションを提供します。Puffer Financeでは、リキッドステーキング、スラッシュプロテクション、ネイティブリキッドリステーキング機能の活用により、EthereumのProof of Stake(PoS)エコシステムの効率性を高め、誰もが利用できる形に変えています。

参考文献


免責事項:このコンテンツは、一般的な情報提供および学習素材としてのみの目的で「現状有姿」にて提供するもので、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の商品またはサービスの購入の推奨を意図したものでもありません。適切な専門的顧問に独自に助言を求めるようにしてください。記事が第三者の寄稿者によって寄稿されている場合、提言されている見解は第三者の寄稿者のものであり、必ずしもバイナンスアカデミーの見解を反映したものではありません。詳細は、こちらの免責事項全文をお読みください。デジタル資産の価格は、大きく変動する可能性があります。投資した暗号資産の価値は上下する可能性があり、当初の投資額を取り戻せない可能性があります。投資判断についてはご自身が単独で責任を負い、バイナンスアカデミーはお客様が被る可能性のある損失に対して責任を負いません。この資料は、財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細は、利用規約とリスクに関する警告をご参照ください。