DeFiにおけるCurve Financeとは?
目次
はじめに
Curve Financeとは?
Curve Financeの仕組み
CRVトークンとは?
Curve Financeのリスク
Swerve Finance
まとめ
DeFiにおけるCurve Financeとは?
ホーム記事
DeFiにおけるCurve Financeとは?

DeFiにおけるCurve Financeとは?

中級者
Published Nov 25, 2020Updated Dec 2, 2021
5m

概要

Curve Financeは、Ethereum上で動作する分散型取引所 (DEX) です。Curve Financeはステーブルコイン間のスワップに特化しています。Ethereumのウォレットといくらかの資金があれば、低い手数料とスリッページで異なるステーブルコインを交換することができます。

Curveは、「ステーブルコインのためのUniswap」と考えることができます。その特別な価格設定のおかげで、異なるトークン化されたバージョンのコインを交換するのにも適しています。


はじめに

自律マーケットメイカー (AMM) は、仮想通貨業界に大きな影響を与えています。Uniswap、Balancer、PancakeSwapなどの流動性プロトコルにより、誰もがマーケットメイカーとなり、多くの異なるマーケットペアで手数料を得ることができます。

これらのAMMは、中央集権的な取引所と有意に競合することができるでしょうか?なんとも言えないですが、可能性はあります。しかし、すでに大きな可能性を秘めている分野があります。それは、ステーブルコインの取引です。Curve Financeはこの分野の最先端です。


Curve Financeとは?

Curve Finance (https://curve.fi) は、ステーブルコイン間のスワップを低い手数料とスリッページで行うために設計された、自律マーケットメイカープロトコルです。これは、誰もが自分の資産を複数の異なる流動性プールに追加し、手数料を得ることができる、分散型の流動性アグリゲーターです。
AMMの記事をお読みになった方は、AMMがオーダーブックの代わりにプライシングアルゴリズムで動作することをご存知でしょう。また、Curveでは価格計算式が機能しているため、比較的似たような価格帯にとどまっているトークン同士を交換するのにも非常に便利です。
つまり、ステーブルコイン間のスワップだけでなく、コインの異なるトークン化されたバージョンのスワップにも適しているということです。そのため、Curveは、WBTC、renBTC、sBTCなど、異なるトークン化されたバージョンのBitcoin間でスワップするための最良の方法の一つです。
本稿執筆時点では、17のCurveプールが用意されており、さまざまなステーブルコインやアセットとのスワップが可能です。これらはもちろん、市場の需要やDeFiの刻々と変化する状況に基づいて常に変化しています。利用できる代表的なステーブルコインには、USDT、USDC、DAI、BUSD、TUSD、sUSDなどがあります。
Curveチームに関する公式な情報はありませんが、ほとんどのGitHubのコントリビューションは、NuCypherというコンピュータおよびネットワークセキュリティ企業のCTOであるMichael Egorovが行っています。


Curve Financeの仕組み

前述したように、アセットはオーダーブックではなく、価格計算式に基づいて設定されます。Curveが採用している計算式は、ほぼ同じ範囲で起こるスワップを容易にするために特別に設計されています。

例えば、1 USDTは1 USDCに相当し、これはおよそ1 BUSDに相当することがわかっています。しかし、$1億のUSDTをUSDCにコンバート後、BUSDにコンバートする場合、多少のズレが生じてしまいます。Curveの数式は、このズレを極力抑えるように設計されています。

ここで1つ注意したいのは、もし同じ価格帯でなければ、Curveの数式はもう効率的には機能しないということです。しかし、システムではそれを考慮する必要はありません。結局のところ、USDTが$0.7になるとしたら、Curve以外の何かがひどく間違っている場合です。システムはコントロールできないものを修復することはできないので、トークンがペグを維持している限りは、数式はその役目を十分に果たしています。

これにより、大きなサイズでも極めて低いスリッページを実現しています。実際、Curveのスプレッドは、最高クラスの流動性を持つ集約型取引所やOTCデスクのいくつかと有意義な競争をすることができます。

信頼やリスクに対する前提条件が違うので、流動性や実行力は全体の数には入りません。しかし、このような形で中央集権的な世界と非中央集権的な世界の競争が見られるのは、確かにエキサイティングなことです。


CRVトークンとは?

CRVは、プロトコルを実行している分散型自律組織 (DAO)、CurveDAOのガバナンストークンです。CRVは、プロトコルの流動性プロバイダーに継続的に分配され、その割合は毎年減少していきます。

2020年11月現在、このプラットフォームでの各取引には0.04%の取引手数料が発生し、これは直接流動性プロバイダーにお支払いされます。



Curve Financeのリスク

CurveはTrail of Bitsの監査を受けています。プロジェクトが監査されているということは、使用しても全く問題ないということでしょうか。それは絶対に違います。スマートコントラクトを使用する際には、どんなに多くの監査を受けても、常にリスクがつきまといます。失っても良い金額以上を入金するのは絶対に止めてください。

他のAMMプロトコルと同様に、変動損失も考慮する必要があります。それが何かわからない場合は、Curveに流動性を追加する前に、流動性に関する記事を読んでみてください。つまり、変動損失とは、流動性プロバイダーがAMMに流動性を提供する際に被る可能性のあるドル価値の損失のことです。
裏では、流動性プールをCompoundyearn.financeに供給して、流動性プロバイダーにさらなる収入をもたらすこともあります。さらに、コンポーザビリティという魔法のおかげで、ユーザーはCurveで取引できるだけでなく、 他のスマートコントラクトでもトレードできます。これにより、様々なDeFiプロトコルの多くが相互に依存するようになり、新たなリスクが発生します。そのうちの1つが壊れると、DeFiのエコシステム全体にダメージを与える連鎖反応が起こるかもしれません。


Swerve Finance

SushiSwapや Uniswapと同様に、Curve Financeにも注目のハードフォークとしてSwerve Financeがあります。

Swerveは、「フェアローンチ」をアピールしています。ちなみに、フェアローンチとは、ガバナンストークン (SWRV) のチームや創業者への配分がなかったことを意味しています。SWRVトークンは、誰もが同じようにファーミングの機会を得られる流動性の高いマイニングイベントを通じて配布されました。そのため、SwerveはCurveのコミュニティが完全に所有し、管理するフォークであると主張しています。


まとめ

Curveは、Ethereum上で動作する最も人気のあるAMMの1つです。これにより、低スリッページ、狭いスプレッドで大量のステーブルコイン取引を、ノンカストディアルで簡単に行うことができます。
また、Curve FinanceがDeFi分野の中核に位置しているのは、他のブロックチェーンプロトコルがCurve Financeに大きく依存しているからです。異なる分散型アプリケーション間のコンポーザビリティにはリスクがありますが、それはDeFiの最強のメリットの一つでもあります。