ガバナンストークンとは?
目次
概要
はじめに
ガバナンストークンの仕組み
ガバナンストークンの長所と短所
ガバナンストークンの今後
まとめ
ガバナンストークンとは?
ホーム
記事
ガバナンストークンとは?

ガバナンストークンとは?

初心者
公開済 Jun 13, 2022更新済 Sep 29, 2022
5m

概要

ガバナンストークンは、ブロックチェーンプロジェクトの開発と運用方針に関する問題について投票する権利を保有者に与えます。これは、プロジェクトが意思決定権をコミュニティに分配する方法です。この分散型ガバナンスモデルは、トークン保有者の利益をプロジェクトの利益と一致させるのに役立ちます。


はじめに

多くの伝統的な企業は、集権型ガバナンスとして分類される取締役会または少数の人々によるグループによって管理されています。大企業の取締役会の平均人数は約10人です。この約10人は、企業の経営方針に関して、絶大な権力を持っています。取締役は、主要な幹部を指名または解雇し、投資するプロジェクトを決定し、会社の戦略を設定することができます。

ガバナンストークンは、組織を管理する別の方法を実現しようとしています。分散型自律組織 (DAO) と分散型金融 (DeFi) に共通するガバナンストークンは、より公平で分散型で透明なガバナンス方法を提供します。ほとんどの場合、トークン1枚は1票に相当します。これらのトークンは、ブロックチェーンプロジェクトの健全な発展を目的として、コミュニティを紐付けるように設計されています。


ガバナンストークンの仕組み

ガバナンストークンは、DAO、DeFi、および分散型アプリケーション (DApp) プロジェクトで分散型ガバナンスを実現するためのコアメソッドです。ガバナンストークンは、しばしば忠誠心とコミュニティへの貢献のためにアクティブなユーザーに授与されます。次に、トークン保有者は、プロジェクトの堅牢な開発を確実にするために、主要な問題に投票します。通常、投票はスマートコントラクトを介して行われ、その場合、結果は自動的に実装されます。

最も初期のガバナンストークンの1つは、仮想通貨を担保としたステーブルコインのDAIを支えるEthereumベースのDAOであるMakerDAOで発行されました。Maker Protocolは、MKRと呼ばれるガバナンストークンの保有者によって管理されています。MKRトークン1枚は1票に相当し、最も多くの賛同を集めた提案が採用されます。トークン保有者は、チームメンバーの任命、手数料の調整、新しいルールの採用など、さまざまな問題に投票します。その目的は、MakerDaoのステーブルコインの安定性、透明性、効率性を確保することです。

もう1つの例は、ユーザーが仮想通貨を貸し借りできるDeFiプロトコルであるCompoundです。このプロジェクトはCOMPと呼ばれるガバナンストークンを発行して、ユーザーのコミュニティが重要な決定に投票できるようにします。トークンは、ユーザーのオンチェーンアクティビティに比例して割り当てられます。言い換えれば、Compoundで貸し借りをすればするほど、受け取れるCOMPトークンは多くなります。

MakerDAO と同様に、COMPトークン1枚は1票に相当します。ユーザーは、トークンを他の人に委任して、自分に代わって投票してもらうこともできます。特に、Compoundは2020年にネットワークの管理鍵の権限を放棄しています。これは、プロジェクトが代替するガバナンス方法はないものとし、トークン保有者によって完全にコントロールされるようになったことを意味します。

その他の注目すべきガバナンストークンには、分散型取引所のUniswapや、PancakeSwap、DeFiレンディングプラットフォームのAave、Web3 NFTコミュニティのApeCoin DAO、仮想世界プラットフォームDecentralandによって発行されたものなどがあります。

各プロジェクトは、ガバナンストークンがどのように機能するかについて異なるルールを設定しています。トークンは、さまざまな計算モデルに従って、創設チーム、投資家、ユーザーなどの利害関係者に配布されます。ガバナンストークンの中には、特定のガバナンス問題にのみ投票できるものもあれば、ほとんどのものに投票できるものもあります。一部のガバナンストークンの中には、利益などを配当として獲得できるものもあります。


ガバナンストークンの長所と短所

ガバナンストークンにはいくつかの大きな利点があります。ガバナンストークンによって、中央集権的なガバナンスでしばしば見られる利益の不一致を排除することができます。ガバナンストークンによって可能になる分散型ガバナンスは、その管理権限を利害関係者の幅広いコミュニティに移転し、ユーザーと組織自体の利益を調整します。

ガバナンストークンのもう1つの利点は、アクティブで協力的で緊密なコミュニティを構築できることです。すべてのトークン保有者は、投票してプロジェクトを改善するよう奨励されています。トークン1枚は1票に等しいため、公正で公平な意思決定の基礎を築くことができます。すべてのトークン保有者は、投票される提案を開始することができます。各投票の詳細は誰でも見ることができるため、不正行為の可能性が低くなります。

ガバナンストークンの最大の課題は、いわゆるクジラ問題です。クジラとは、特定の仮想通貨を大量に保有している人々のことを指します。仮想通貨プロジェクトの最大のクジラがガバナンストークンの全体的な供給のかなりの部分を保持している場合、投票プロセスを自分にとって、有利な結果にすることができます。プロジェクトは、トークン保有者が本当に分散化され、均等に分散されていることを確認する必要があります。

しかし、ガバナンストークンが公正かつ広く分配されたとしても、多数決が常にプロジェクトにとって最善であるという保証はありません。1人1票の選挙制度は長い歴史を持ち、その実績はまちまちです。ガバナンストークン保有者が、より広いコミュニティを犠牲にして、創設チームと大口投資家に利益をもたらすために投票するケースさえありました。

 

ガバナンストークンの今後

仮想通貨分野から生まれたイノベーションのガバナンストークンは、より多くの分野でより広い用途が考えられます。Web3のムーブメントは、ガバナンストークンが分散型インターネットの構築に貢献できる領域です。DeFiとDAOが勢いを増すにつれて、ゲームなどの他の業界がこのガバナンスモデルを採用する可能性があります。

ガバナンストークンは、問題が発生した時点で修正するために進化し続けます。クジラ問題に対処するための新しいメカニズムや、投票プロセスを強化するための他の方法があるかもしれません。投票を委任する新しい方法が登場する可能性もあります。この分野はより複雑になる可能性があり、新しいイノベーションが引き続き行われています。

ガバナンストークンの将来に影響を与えるもう1つの大きな要因は、潜在的な規制の変更です。各国政府の中には、これらのトークンを証券と見なす国もあります。証券としてみなされる場合、ガバナンストークンは厳しい規制がかかり、それらがどのように機能できるかに大きな影響が生じる可能性があります。


まとめ

ガバナンストークンの発展はまだその初期段階にあります。ガバナンストークンによって、多くのDeFiおよびDAOプロジェクトは順調に成長してきました。プロジェクトの管理を決定する投票権を持つこれらのトークンは、分権化の礎石です。

トークン1枚につき、1票の原則は、トークンがコミュニティのメンバー間で比較的均等に分配されている限り、ユーザーとコミュニティを中心にした運営を実現できます。ガバナンストークンは今後も拡大し続けるでしょう。ユーザー所有のネットワーク、Web3プロジェクト、およびゲームは、ガバナンストークンを採用して、より活気に満ちた分散型エコシステムを構築できます。