仮想通貨の安全性を確保する方法
目次
はじめに
仮想通貨とは?
仮想通貨コインとトークンの違い
仮想通貨コインとトークンの作成
仮想通貨作成のためのトップソリューション
仮想通貨のデザインで考慮すべきこと
6つのステップで独自の仮想通貨を作ることができます
BEP-20トークンの作成方法
自分の仮想通貨を上場させる方法
独自の仮想通貨を作るためのコスト
まとめ
仮想通貨の安全性を確保する方法
ホーム記事
仮想通貨の安全性を確保する方法

仮想通貨の安全性を確保する方法

中級者
Published Oct 29, 2021Updated Dec 2, 2021
12m

概要

新しい仮想通貨を作る際には、コインやトークンを作るかどうかを選択することができます。コインは独自のブロックチェーンを持っていますが、トークンは既存のネットワーク上に構築されています。仮想通貨は、その安全性と非中央集権的な性質から、ブロックチェーンに依存しています。

トークンを作るには、暗号化されたコインを作るよりも少ない専門知識と労力で済みます。コインを作るには、通常、開発者や専門家のチームが必要です。トークンはやはり技術的な知識が必要ですが、Ethereum、バイナンススマートチェーン、Solana、Polygonなどの他のブロックチェーンを利用することで、数分で作成することが可能です。 

トークンやコインの選択は、カスタマイズ性や実用性を求めるかどうかで変わってきます。全体的に、必要なコストは、外部の開発者や時間など、必要な作業によって異なります。

Ethereumやバイナンススマートチェーンは、デジタル通貨を作るためのブロックチェーンとして人気があります。確立されたコードを使って自分でトークンを作成するか、お金を払ってコイン作成サービスを利用するか。サイドチェーンは、メインのブロックチェーンの利点を活かしつつ、よりカスタマイズ性を高めることができるため、もう一つの人気のある選択肢です。

独自の仮想通貨を作成する前に、その実用性、トークノミクス、法的地位などを検討する必要があります。この後、開発段階では、ブロックチェーン、コンセンサス・メカニズム、アーキテクチャなどの選択が必要になります。次に、プロジェクトの監査と最終的な法的チェックを検討することができます。仮想通貨を作ることは誰にでもできますが、しっかりとしたプロジェクトを開発するには、真剣な作業と努力が必要です。


はじめに

独自の仮想通貨、使用事例、観客を作るというアイデアは、多くの仮想通貨ファンにとって面白いものです。しかし、それを行うための最良の方法はどこにあるのでしょうか?コインやトークンを作る方法は、実はたくさんあります。また、プロジェクトの複雑さに応じてコストや知識も変わってきます。独自の仮想通貨を作ろうと考えている方のために、この記事では、開始するための基本的な事項を説明しています。


仮想通貨とは?

仮想通貨は、クリプトとしても知られていますが、複数の使用例を持つデジタル資産の一種です。それは主に、金銭的価値、所有権、あるいは投票権などの価値をデジタルで人々の間で移転する方法です。仮想通貨が他のデジタル決済システムと異なるのは、そのルーツがブロックチェーン技術にあるからです。これにより、仮想通貨は政府や銀行などの中央機関からの自由度が高まります。
Bitcoinは、仮想通貨の最も有名な例です。世界中の誰にでも、仲介者を介さずに金銭的価値を伝達するというシンプルな使用例を持っています。そのブロックチェーンは、すべての取引を記録し、セキュリティとネットワークの安定性を確保します。


仮想通貨コインとトークンの違い

仮想通貨は、大きく分けて「コイン」と「トークン」の2つのカテゴリーに分けられます。両者の違いは簡単です。コインは、例えばBitcoinのように、独自のネイティブなブロックチェーンを持っています。Ether (ETH)には、Ethereumのブロックチェーンが存在します。通常、コインはトランザクション手数料のお支払いステーキングガバナンスへの参加など、ネットワーク全体に対する特定の効用を持っています。
トークンは既存のブロックチェーン上に構築されます。コインと似たような役割を持っているかもしれませんが、トークンは主にそれぞれのプロジェクトで有用性を発揮します。その例として、バイナンススマートチェーン上のPancakeSwapのCAKEが存在します。また、Non-Fungible Tokensの発行や、同社の宝くじに参加するなど、PancakeSwapのエコシステムにおける特定の取引のお支払いにも使用することができます。しかし、CAKEは独自のブロックチェーンを持っていないので、BSC全体のすべてのアプリケーションで使用することはできません。Ethereumのブロックチェーン上で発行された何千ものERC-20トークンについても同様です。それぞれのトークンは、異なるユースケースを持つ特定のプロジェクトの一部です。


仮想通貨コインとトークンの作成

前述の通り、トークンの作成はコインの作成よりもはるかに簡単です。コインでは、ブロックチェーンを開発し、うまく維持することが求められます。既存の別のチェーンをフォーク (コピーを作る) することもできますが、これではネットワークを存続させるためのユーザーやバリデーターを見つけるという問題を解決できません。とはいえ、新しいコインで成功する可能性は、ただトークンを作るよりも高くなります。ここでは、2つのオプションの基本的な概要を説明します。

コイン

トークン

独自のブロックチェーンネットワークで動作可能

ユーザーベースが確立された既存のブロックチェーン上に構築可能

高度なブロックチェーンの知識とコーディングスキルが必要

既存のツールやオープンソースのコードを使用して、かなりシンプルに作成することが可能

ブロックチェーンの開発はコストがかかり、時間も要する

トークンの開発は、より早く、よりシンプルに、そして比較的安価に行うことが可能


コインの作成

新しいコインを作るにあたって、自分でブロックチェーンを開発する場合、かなりの時間がかかります。しかし、過去のブロックチェーンをフォークすることは、スピーディーに行うことができ、新しいコインのベースとして使用することができます。Bitcoin Cash (BCH) はフォークされたプロジェクトの一例です。そのためには、やはり高いレベルのブロックチェーン技術やコーディングの知識が必要です。また、プロジェクトの成功は、ブロックチェーンネットワークに新しいユーザーを獲得できるかどうかにかかっていますが、これは難しいことです。

トークンの作成

既存のブロックチェーン上にトークンを作ることで、その評判やセキュリティを活用することができます。トークンのすべての側面を完全にコントロールできるわけではありませんが、多くのカスタマイズを行うことができます。特にBSCやEthereumでは、独自のトークンを作成するための様々なウェブサイトやツールがあります。

自分のプロジェクトのために、コインやトークンを作るべきでしょうか?

分散型金融 (DeFi)アプリケーションやプレイ・トゥ・アーンゲームには、通常はトークンで十分です。BSCもEthereumも、開発者にとっては膨大な量の柔軟性と自由度があります。 

コインやブロックチェーンの機能の限界に挑戦したいのであれば、独自のブロックチェーンを持つコインを作る方が良いでしょう。新しいブロックチェーンやコインを作ることは、仮想通貨トークンを発行するよりも確かに難しい。しかし、うまくやれば、多くの革命と新しい可能性をもたらすことができます。バイナンススマートチェーン、Ethereum、Solana、Polygonなどがその例です。 

しかし、どちらの選択肢も成功させるためには、技術的、経済的、市場的な知識に加えて、多くの努力が必要です。


仮想通貨作成のためのトップソリューション

仮想通貨を作成するための代表的なソリューションとしては、BSC、Ethereum、Solanaなどがあります。これらのネットワークはいずれも、既存の規格に基づいてさまざまなトークンを作る方法を提供しています。BEP-20およびERC-20トークン規格は、ほぼすべての仮想通貨ウォレットプロバイダーが対応する代表的な例です。
ERC-20はEthereumブロックチェーンに属しており、BEP-20はバイナンススマートチェーン(BSC) に属しています。どちらのネットワークでも、スマートコントラクトの作成とカスタマイズが可能で、独自のトークンや 分散型アプリケーション (DApps) を作成することができます。DAppsでは、トークンにさらに多くのユースケースや機能を提供するエコシステムを作ることができます。
EthereumやPolkadotのような大きなチェーンのセキュリティを利用しつつ、ある程度のカスタマイズが可能なサイドチェーンにも注目してみましょう。PolygonネットワークはEthereumに付属しており、同様の体験を提供していますが、より安く、より速く利用することができます。
ブロックチェーンを選んだ後は、トークンを作成する方法が必要になります。BSCや、Ethereumをベースにした他のブロックチェーンでは、Virtual Machine、プロセスは比較的簡単です。用意されたパラメーターやルールに基づいてトークンを作成するための、すぐに使用可能なツールがあります。これらは通常有料ですが、スマートコントラクトに慣れていないユーザーにとっては、より実用的な選択肢となります。
独自のブロックチェーンやコインを作ろうとすると、おそらくブロックチェーン開発者や業界の専門家のチームが必要になります。EthereumやBitcoinのようなブロックチェーンをフォークすることを考えても、ネットワークのセットアップには膨大な作業が必要になります。これには、ユーザーにバリデーターとしての活動を促し、 ノードを稼働させてブロックチェーンを維持することも含まれます。


仮想通貨のデザインで考慮すべきこと

ブロックチェーンやコイン・トークンの作成など、明らかな選択肢以外にも、検討すべき重要な領域がいくつかあります。

仮想通貨の有用性を定義する

仮想通貨は様々な役割を果たすことができます。サービスにアクセスするための鍵のようなものもあります。また、株式やその他の金融資産を表すものもあります。仮想通貨の作成プロセスを理解し、マッピングするには、最初からその特徴を定義する必要があります。

トークノミクスのデザイン

トークノミクスとは、総供給量、配布方法、初期価格など、仮想通貨を管理する経済学のことです。トークノミクスが正しくなく、ユーザーが仮想通貨を購入するインセンティブを得られない場合、良いアイデアも失敗に終わります。例えば、ステーブルコインを作っても、正しくペッグできなければ、誰もそのコインを買ったり保有したりしたいとは思わないでしょう。

法令遵守の確認

世界各国には、仮想通貨に関する独自の法律やルールがあります。管轄区域によっては、仮想通貨の使用を禁止する場合もあります。法律上の義務や、コンプライアンス上の問題を十分に検討してください。


6つのステップで独自の仮想通貨を作ることができます

トークンを作成するだけの場合は、以下のチュートリアルのすべてのステップが適用されるわけではありません。より重要なのは、上記の3つのデザインステップでしょう。ほとんどの説明では、最終的にコインを発行する前に、まずブロックチェーンを作成するという基本的なことを説明しています。

1. 適切なブロックチェーン・プラットフォームの選択

トークンの場合は、自分の仮想通貨を発行するブロックチェーンを選ぶ必要があります。BSCやEtheruemが人気ですが、サイドチェーンでも良いと思います。独自のコインを作るには、カスタムのブロックチェーンをデザインするか、誰かに依頼するかを考える必要があります。

2. コンセンサス・メカニズムの選択

独自のブロックチェーンを作成する場合や、トークンにどれを選ぶか迷っている場合は、 自分が欲しいコンセンサス・メカニズムを考えてみてください。これらのメカニズムは、参加者がネットワーク上の取引をどのように確認・検証するかを決定します。ほとんどのブロックチェーンは、ハードウェア要件が低く、さまざまなバリエーションがあるため、 プルーフ・オブ・ステークを使用しています。 Bitcoinで採用されているプルーフ・オブ・ワークは、より安全性が高いと考えられていますが、維持費がかかることが多く、環境にも優しいとは言えません。

3. ブロックチェーンアーキテクチャの設計

このステップは、コインを作成する場合にのみ必要です。すべてのブロックチェーンで、一般の人が取引を検証したり、ノードを動かしたりできるわけではありません。 プライベート、パブリック、許可型、非許可型のいずれのブロックチェーンを使用するかの判断は重要です。ブロックチェーンのアーキテクチャは、あなたのコインやプロジェクトが何をしようとしているかによって異なります。例えば、コインを作る企業や国は、より管理しやすいようにプライベートブロックチェーンを運用することがあります。

4. ブロックチェーン開発開始

専門的な開発知識を持っていない限り、アイデアを構築するには外部の協力が必要です。ブロックチェーンが本番環境で稼働した後、そのコアコンセプトやルールを変更することは極めて困難です。テストネットを利用して、すべてが計画通りに動作することを確認し、理想的には開発チーム全体と協力してブロックチェーンを構築します。 

5. 仮想通貨とそのコードの監査

Certikのような監査会社は、ブロックチェーンとその仮想通貨のコードをチェックして、あらゆる脆弱性を探すことができます。そして、監査結果を公開し、その結果に基づいて行動することができます。このプロセスは、クリエイターであるあなたと、潜在的なユーザーや投資家に対して、ある程度の安全性を保証するものです。 

6. 法的側面のダブルチェック

ブロックチェーンを稼働させ、仮想通貨を発行する準備が整ったところで、専門家の法的アドバイスを受け、許可申請が必要かどうかを確認するのが最善です。繰り返しになりますが、このステップは一人で達成するのは難しく、外部の協力が必要です。

7. 仮想通貨の発行

トークンやコインを作るにしても、どこかで仮想通貨を発行する必要があります。具体的な方法は、お客様のトークノミクスに応じて異なります。例えば、固定供給型のトークンは、通常、スマートコントラクトを介して一斉に発行されます。Bitcoinのようなコインは、マイナーが取引の新しいブロックを検証することで、徐々に発行されます。


BEP-20トークンの作成方法

シンプルなBEP-20トークンを作成するには、スマートコントラクトをバイナンススマートチェーンにデプロイするための基本的なコーディングスキルが必要です。また、ガス手数料をお支払いするためには、MetaMaskをインストールし、ウォレットにBNBを入れておく必要があります。

1. MetaMaskにBSCのメインネットが追加されていることを確認してください。詳しい説明は、 MetaMaskのバイナンススマートチェーンへの接続方法ガイドに記載されています。
2. Ethereum バーチャルマシンに対応したブロックチェーン上のスマートコントラクトを開発またはデプロイするためのオンラインアプリケーション「Remix」に移動します。[contracts] フォルダを右クリックし、[New File] をクリックします。


3. ファイル名を「BEP20.sol」とします。


4. プログラミング言語が [Solidity] に設定されていることを確認してください。さもなければ、スマートコントラクトは機能しません。右側にある下記のアイコンをクリックすると表示されます。


5. BEP-20スマートコントラクトコードをファイルにコピーしてください。コードのパラメーターや関数の詳細については、GitHubで確認することができます。


6. コインの名前、シンボル、デシマル、総供給量を変更します。ここでは例として、小数点以下18桁、総供給量100,000,000のBinance Academy Coin (BAC)を選択しました。小数点以下18桁をカバーするために0を追加することを忘れないでください。


7. 次に、スマートコントラクトをまとめる必要があります。画面左側の下図のアイコンをクリックし、[Auto compile] と [Enable optimization] にチェックを入れて、[Compile] ボタンをクリックします。


8. [ABI] ボタンをクリックすると、コントラクトのABIがコピーされます。


9. 画面の左側にある下記のハイライトのアイコンをクリックします。環境として [Injected Web3] を選択し、MetaMaskからRemixへの接続を許可します。最後に、BEP20契約が選択されていることを確認してから[Deploy]をクリックします。


10. ブロックチェーンにコントラクトを導入するためには、MetaMask経由で取引手数料をお支払いする必要があります。スマートコントラクトが稼働したら、コントラクトのソースコードを検証して公開する必要があります。 

コントラクトのアドレスをBscScanにコピーし、コンパイラの種類として [Solidity (Single)] を選択し、手順7で使用した収集バージョンと一致させます。


11. 次に、RemixのBEP20.solを右クリックして、[Flatten] を押します。その後、コードをフラット化する許可をRemixに与える必要があります。


12. BEP20_flat.solのコードをフィールドにコピーし、[Optimization] が有効になっていることを確認してください。ここで、ページ下部の [Verify and Publish] をクリックします。


13. 成功したスプラッシュ画面が表示されます。検証されたコードで、コントラクトに実装されている_mintコールを使用して、BscScanでトークンを発行することができます。BscScanのコントラクトアドレスにアクセスし、[Write Contract] をクリックし、[Connect to Web3] をクリックしてMetaMaskアカウントを接続します。



14. ページ下の「発行」セクションに向かい、発行したいトークンの数を入力します。100,000,000 BACを発行します。小数点以下の数字も忘れずに入れてください (ここでは18)。[Write] をクリックして、MetaMaskで手数料をお支払いします。


15. トークンが発行され、スマートコントラクトを作成したウォレットに送信されたことが確認できるはずです。



自分の仮想通貨を上場させる方法

バイナンスのような仮想通貨取引所にコインやトークンを上場させることで、安全かつ規制された方法でより多くの人々に紹介することができます。堅実な仮想通貨プロジェクトを作成・開発することができた場合、バイナンスのオンライン申請書に記入して、 Launchpad/Launchpoolにダイレクトリスティングおよび/または配布することができます。
すべての仮想通貨は厳格なデューデリジェンスプロセスを経ているため、申請中は進捗状況を定期的にバイナンスにアップデートする必要があります。また、BNBBUSDを、 流動性として提供したり、イニシャル・コイン・オファーリング (ICO) やトークンセールで受け入れたりするなど、仮想通貨のエコシステムで受け入れる必要があります。


独自の仮想通貨を作るためのコスト

コストは、選択した方法や設定に連動します。コインやブロックチェーンを作成する場合、複数の月に渡ってチーム全体に報酬をお支払いしなければならない可能性があります。また、信頼できるチームによるコード監査には、約$15,000 (USD) の費用が発生します。最も安いものでは、BSCの単純なトークンを$50で作成することができます。これを平均すると、成功する可能性のある仮想通貨を作るためには、その作成、マーケティング、コミュニティの構築に数$1,000を費やす必要があると考えられます。



まとめ

独自の仮想通貨を作る場合、私たちの情報はあくまでも出発点として利用するようにしてください。深いテーマなので、完全に理解するには長い時間がかかります。トークンやコインを作るだけでなく、ローンチ後に成功させることも考えなければなりません。他のプロジェクトとその立ち上げを研究して、何がうまくいって何がうまくいかなかったかを知ることは、独自の仮想通貨を作るのに役立ちます。