Bitcoin Cash(BCH)とは?
目次
はじめに
ブロックチェーン・スケーラビリティ
BCHはどのように機能しますか?
BCHの主要な機能
日々のお支払い
Bitcoin Cash(BCH)の保管方法について
Bitcoin SV
まとめ
Bitcoin Cash(BCH)とは?
ホーム記事
Bitcoin Cash(BCH)とは?

Bitcoin Cash(BCH)とは?

初心者
Published Jun 16, 2021Updated Aug 30, 2021
5m

はじめに

ブロックチェーン上で意見が分かれると、ハードフォークが新たなプロジェクトを発生させる可能性があります。Bitcoin Cash(BCH)は、Bitcoinの開発計画に満足していない開発者、投資家、起業家、マイナーなどのグループによって作成されました。2017年8月に誕生したBitcoin Cashは、スケーラビリティの向上とトランザクション手数料の低さを重視したピアツーピアの電子キャッシュシステムです。このプロジェクトは、Bitcoin ABC(Adjustable Blocksize Cap)とも呼ばれています。


ブロックチェーン・スケーラビリティ

2017年、Bitcoinはトランザクション確認時間の長さとトランザクション手数料の増加に悩まされ、非常に低い手数料でほぼ即時に決済できるという当初の前提から外れていました。Bitcoin Cashが誕生する前、Bitcoinコミュニティでは、ブロックサイズの上限を増やすことの意味について強い議論が交わされていました。

Bitcoinは分散型であるため、プロトコルの変更を提案する際には、広く賛同を得る必要があります。そのため、Bitcoinのソフトウェアを変更および、アップデートする際には、すべてのネットワークノードがコンセンサスに到達する必要があります。

Bitcoin Cashは、トランザクション手数料や確認時間が短縮され、よりスケーラブルな仮想通貨として提示されました。BCHコミュニティは、このプロジェクトが、Satoshi Nakamotoが提案したピア・ツー・ピアの電子通貨に近いものであると主張しています。主な理由は、このアルトコインがより高速で安価な決済システムを提供しており、日常的に使用するにはBitcoinよりも適している可能性があるからです。
Bitcoin Cashフォークの直後、オリジナルのBitcoinブロックチェーンは、SegWit(Segregated Witness)と呼ばれる技術を実装するために、待望のソフトフォークアップグレードを行いました。このようなアップグレードは、Bitcoinの開発者であるPieter Wuille氏が2015年に作成したものです。ネットワークの混雑などのスケーラビリティ問題を解決するために、Bitcoinネットワーク上に実装されました。

SegWitソフトフォークはBCHハードフォークより前に計画されていましたが、Bitcoin Cashの支持者たちは、SegWitはブロックサイズの上限を増やすよりも劣る選択肢だと考えていました。BitcoinからのBitcoin Cashフォークは、Jihan Wu氏(Bitmainの共同創設者)やRoger Ver氏(Bitcoin.comのCEO)など、ブロックチェーン業界の著名なメンバーによって支持されていました。


BCHはどのように機能しますか?

Bitcoin Cashは、オリジナルのBitcoinソースコードから直接フォークされたもので、多くの類似点があります。どちらのネットワークもプルーフ・オブ・ワークのコンセンサスメカニズムを採用しており、誰でも参加して貢献することができます。また、フォーク前にBTCを所有していたアドレスは、フォーク後に同量のBCHを受け取りました(アドレス文字列は同じですが、ネットワークは異なります)。
BCHもBitcoinと同様に、目標ブロックタイムは10分、最大供給量は2,100万コインとなっています。BCHの排出率は21万ブロック(約4年ごと)で半減しています。現在のブロック報酬は、1ブロックあたり6.25 BCHです。

Bitcoinとは異なり、Bitcoin Cashはブロックサイズの上限が拡大されており、各ブロックにより多くのトランザクションが含まれるようになっています。ブロックサイズの上限は、当初1MBから8MBに引き上げられ、2018年に再び32MBに引き上げられました。

しかし実際には、BCHの平均ブロックサイズが1MBを超えたのは、2017年以降、数回だけでした。BitInfoCharts.comでは、BTCとBCHの平均ブロックサイズの比較を閲覧することができます。


BitcoinとBitcoin Cashも、いわゆる難易度調整アルゴリズム(DAA)によってマイニング難易度を調整しています。ただし、Bitcoinは2,016ブロックごとに難易度を調整しますが、Bitcoin Cashのマイニング難易度はブロックごとに調整されます。

また、ビットコインキャッシュは過去に、マイニング難易度を下げ、マイナーがネットワークに参加する動機付けとなる 緊急難易度調整(EDA) アルゴリズムを実装していました。しかし、このアルゴリズムは不安定なため、後に削除されました。EDAの実装は、BCHブロックチェーンがBitcoinより数千ブロック先にある理由の1つです。

2019年、Bitcoin Cashは、デジタル署名の使用方法の代替アルゴリズムであるシュノール署名という技術を実装しました。シュノール署名方式はシンプルで安全性が高く、現在Bitcoinで採用されているECDSA方式よりも高いプライバシーとスケーラビリティを実現しています。


BCHの主要な機能

  • BCHのソースコードは、オリジナルのBitcoinプロトコルに基づいています。
  • 供給量の上限は2,100万個です。
  • BCHは、Bitcoinのフォークとして、新しいコインの発行にプルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサスメカニズムを採用しています。
  • ブロックサイズを1MBから32MBに変更しました。
  • コミュニティは、BCHの理念がSatoshiの当初の計画により密接に合致すると主張しています。
  • BCHのマイニング難易度は、ブロックごとに難易度調整アルゴリズム(DAA)によって調整されます。
  • BCHはSegWitを実装していません。
  • BCHは2019年にシュノール署名を実装しました。
  • スマートコントラクト開発は、後のアップデートとして組み込まれています。


日々のお支払い

Bitcoin Cashコミュニティは、BCHはお金として使用されるように設計されていると主張しています。BCHウォレットを使用すれば、個人でも企業でも、誰とでもすばやく送金したり、お金を受け取ったりすることができます。トランザクション時間が短く、手数料が低いBCHは、Bitcoinよりも日常的な使用に適しており、特に少額のお支払いを行う場合に適しています。

Bitcoin Cashでの支払いに対応している店舗や加盟店はありますが、まだ広く普及しているとは言えません。2021年6月現在、Bitcoin.com MapはBCHを受け入れる数千もの店舗にフラグを立てていますが、そのうちの大部分は現在、そのような支払いオプションについて言及しておらず、提供していないため、このマップは不正確または古いものであると考えられます。


Bitcoin Cash(BCH)の保管方法について

Trust Walletのご利用を推奨します。BCHをサポートする仮想通貨ウォレットは、ハードウェアウォレットのLedgerTrezorCobo Vaultなど、他にも数百種類存在します。Electrum CashのようなデスクトップウォレットにBCHを保管することもできます。

Bitcoin Cashの支持者の中には、BCHを保管するためにBitcoin.comまたはCoinomiウォレットの使用を推奨する方もいます。これらのソフトウェアウォレットは、いずれもWindows、Mac、Linux、Android、iOSでご利用できます。

BTCとBCHは異なるブロックチェーンネットワーク上で動作することを覚えておくことが重要です。Bitcoin CashウォレットのアドレスにBitcoinを送金したり、受取ったりすることはできません。


Bitcoin SV

2018年には、Bitcoin Cashコミュニティの一部がプロトコルをフォークしてBitcoin Satoshi Vision(Bitcoin SVまたはBSVとも呼ばれる)という別の仮想通貨を作成しましたが、この仮想通貨はブロックサイズの上限がさらに大きく2GBとなっています。

議論を巻き起こしているハードフォークは、Craig S. Wright氏とCalvin Ayre氏によってサポートされ、この出来事はHash Warとして認知されています。しかし、BSVは仮想通貨コミュニティから幅広いサポートを得ることができませんでした。サポートと採用が不足しているのは、Craig S.Wright氏がBitcoinの発明者であるSatoshi Nakamoto氏について虚偽の主張をしていることに関連している可能性が高いからです。


まとめ

Bitcoinから派生した何千もの仮想通貨プロジェクトの中で、BCHは比較的関連性を保つことができた1つです。Bitcoinほどの知名度はありませんが、トランザクション手数料が低く、確認時間が短縮されることから、BCHでのお支払いを承認している店舗もあります。

とはいえ、ブロックサイズが大きくなると、ネットワークセキュリティへの懸念も生じるため、Bitcoinは依然として最も安全なブロックチェーンネットワークと考えられています。また、Bitcoinは最も人気のある仮想通貨であり続けており、BCHはBTCに比べて市場の流動性や普及率が低いことを意味しています。