VeChain(VET)とは?
目次
イントロダクション
VeChain(VET)とは?
VeChain(VET)の仕組み
VETとVTHOとは?
VeChain(VET)が重要な理由
VeChain(VET)のユースケース
VeChain(VET)の保管方法
まとめ
VeChain(VET)とは?
ホーム記事
VeChain(VET)とは?

VeChain(VET)とは?

初心者
Published Jan 18, 2021Updated Oct 4, 2021
4m

概要

VeChainは世界中の企業に対して、ブロックチェーンソリューションを提供しています。

サプライチェーン、偽造防止、カーボンクレジットなどすでに実利用が始まっている、幅広い企業向けブロックチェーンアプリケーションがあり、VeChainのシステムは現実世界における豊富な実績があります。VETはVeChainの基盤となるコインで、VTHOはVeChainThorブロックチェーン上でのトランザクション(イーサリウムにおけるgasに類似)のために使用されるガス用トークンです。


イントロダクション

VeChainはVeChainThorブロックチェーンを活用して、ブロックチェーンベースのソリューションを提供する、2015年に設立された会社です。この会社は中国の企業や政府との関係が深く、さらにこの関係を強めようとしています。 


VeChain(VET)とは?

上海に拠点を置くBlockchain-as-a-Service(BaaS)企業BitSEの一部として2015年に設立されたVeChainは、ブロックチェーン技術を活用した分散型ビジネスエコシステムです。VeChainは中小企業と大企業のどちらでも利用できるように設計されています。VeChainのパブリックブロックチェーンはVeChainThorと呼ばれています。

VeChain財団はシンガポールで設立され、VeChainエコシステムの開発、ガバナンス、そして進捗を管理しています。

VeChainThorブロックチェーンを活用した実世界で利用されているアプリケーションがすでにたくさんあるので、VeChainを成熟した企業と考える人もいます。VeChainホワイトペーパー2.0に書かれているように、VeChainが提供しているソリューションは机上の空論ではなく、700以上の企業でテストや議論が行われ、100社以上のフォーチュンレベルの企業で実装されています。

VeChainの母体の企業は、ヨーロッパの認証機関であるTÜV Saarlandから5つ星のブロックチェーンサービス認証を受けています。


VeChain(VET)の仕組み

VeChainThorブロックチェーンは他のビジネス向けブロックチェーンプラットフォームと同じような仕組みです。企業はToolChainと呼ばれる、VeChainの機能をフルに活用できるブロックチェーンアズアサービス(BaaS)プロダクトを使って、自社のブロックチェーンベースソリューションを構築します。また、VeChainThorはスマートコントラクトをサポートしています。

VeChainThorブロックチェーン上での1回のトランザクションで、複数のタスクを実行することができます。さらに、VeChainアプリのユーザーはトランザクションを実施するために、仮想通貨を保有する必要はありません。その代わりにアプリの運営が行うことができ、一般的なユーザーにとってより便利なユーザーエクスペリエンスを実現することができます。

VeChainThorブロックチェーンは、トランザクションの承認権限をVeChainThorブロックチェーン上の特定ノードに委譲する、Proof of Authority (PoA)コンセンサスを使っています。つまり、2500万VETを保有する必要がある、オーソリティマスターノードしかトランザクションをブロックに格納することができないということです。


VETとVTHOとは?

VeChainには、VETとVTHOという2種類のトークンがあります。

VET(VeChainトークン)はVeChainThorブロックチェーン上の金融取引とマーケットでの投機に使われます。

VTHO(VeThorトークン)はVeChainThor上でトランザクションを実行するために使われるエネルギートークンです。VETを保有しているだけで、VeChainThorブロックチェーンを使うためのVTHOを獲得できます。


VeChain(VET)が重要な理由

VeChainは、非中国系企業だと参入が難しい、中国の重要なブロックチェーン市場と深い関係にあることで有名です。本社はシンガポールにありますが、上海にオフィスがあり、中国のVCであるFutureCapから投資を受けていて、CEOのSunny Luは中国人です。また、China Animal Health And Food Safety Allianceを含む、複数の中国政府機関とのパートナーシップもあります。

さらに、VeChainThorブロックチェーン上ですでに現実世界で活用されているソリューションを持っている、多くのビジネスパートナーもいます。すでに、VeChainソリューションを持っているパートナーとしては、PwC、ウォルマートチャイナ、Renault、そしてD.I.G.(Shanghai Waigaoqiao Direct Imported Goods)などがいます。


VeChain(VET)のユースケース

ここからはVeChainテクノロジーの最も重要なユースケースのいくつかを紹介しています。ただ、ここで取り上げるのは一部にしか過ぎません。もっと多くのユースケースを知りたい場合はVechainWorldのDappsライブラリをチェックしてみてください。


食品の安全

ブロックチェーンベースソリューションによって、より透明性の高い食品経済が実現するかもしれませn。

VeChainを活用したIoTデバイスは、製品、運送、倉庫を含む、サプライチェーン全体に展開できます。そして、これらのデバイスからの環境や位置情報に基づいたデータをアップロードし、検証し、改ざん不可能な分散型ブロックチェーンのVeChainThor上に保存することができます。このようなソリューションはShenzhen Yuhongtai Foodsを含む、複数の会社ですでに実用化されています。


偽造防止

高級品市場では偽造品が深刻な問題となっています。暗号化されたチップを装着し、そのチップを使って物流、倉庫、メンテナンス、再販などを記録・追跡することで、所有者は真正性を保証することができます。D.I.G.の高級ワインの追跡や、ルノーの高級車部品のテストなどにVeChainは活用されています。


健康記録

ヘルスケアの記録システムは時代遅れです。検査結果に非効率で安全でない記録システムの代わりにブロックチェーンを使うことで、貴重なデータをブロックチェーン上に保存し、患者本人と他の許可された当事者のみがアクセスできるようになります。VeChainベースのE-HCertアプリは、2021年にキプロスのMediterranean HospitalとAretaeio Hospitalの患者に展開される予定です。


炭素排出量の追跡

炭素排出量を減らす活動をトラッキングして、排出量削減を推進する、VeChainのソリューションによって、消費者が炭素排出量削減スキームに参加することができます。

車や電化製品などのスマートデバイスが消費者が炭素排出を削減していることを検知したら、消費者はエネルギーサービスに使用できるクレジットを受け取ることができます。中国の電気自動車ブランドであるBYDは、すでにVechainのソリューションを使用しています。



VeChain(VET)の保管方法

iOSやAndroidのVeChainThor公式ライトウォレットには、VETやVTHOだけでなく、他の仮想通貨を保管することができます。公式デスクトップウォレットはVeChain Syncで、コールドウォレットでの保管のためにLedgerと併用することも可能です。
VETとVTHOを保管するこができるサードパーティウォレットとしては、トラストウォレット、Cobo Wallet、Atomic Wallet、Arkane Wallet、MySafeWallet、Guarda Wallet、Ellipal、そしてExodusなどがあります。


まとめ

VeChainは野心的で、すでに中国市場で強い存在感を持っています。

VeChainThorブロックチェーン上ですでに稼働している大企業による実績のあるプロジェクトによって、VeChainは企業が便利なブロックチェーンアプリケーションを作成するのに役立つことを証明してきました。

VeChainについてまだ質問がある場合は、Ask Academyという、バイナンスコミュニティが質問したり、回答したりする、Q&Aプラットフォームを確認してください。