先行指標と遅行指標の説明
目次
先行指標と遅行指標とは?
先行指標と遅行指標はどのように機能するのか?
テクニカル分析での使用例
マクロ経済学での使用例
まとめ
先行指標と遅行指標の説明
ホーム記事
先行指標と遅行指標の説明

先行指標と遅行指標の説明

中級者
Published Oct 7, 2019Updated Apr 29, 2021
5m

先行指標と遅行指標とは?

先行指標と遅行指標とは、経済や金融市場の強弱を評価するツールです。要するに、先行指標は景気循環や市場のトレンドに先立って変化します。対照的に、遅行指標は過去の出来事に基づいており、特定の市場や経済の過去のデータに関する洞察を提供します。

言い換えれば、先行指標は(イベントやトレンドが発生する前に)予測シグナルを提供し、遅行指標はすでに進行中のトレンドに基づいてシグナルを作成します。この2種類のインジケーターは、テクニカル分析(TA)を採用する投資家やトレーダーによって広範囲に使用されており、株式、外為、および仮想通貨取引で非常に有用です。 

金融市場におけるTAインジケーターの歴史は長く、20世紀初頭まで遡ります。これらのインジケーターの背後にある概念は、1902年から1929年にかけてダウ理論が発展したことに定着しています。本質的にダウ理論は、価格の動きはランダムではなく、それ以前の市場行動を徹底的に分析することによって予測することが可能だと主張しています。

それ以外にも、経済パフォーマンスをマッピングするために先行指標や遅行指標が使用されているため、テクニカル分析や市場価格だけでなく、他の経済変数や指標との関連性も伺えます。


先行指標と遅行指標はどのように機能するのか?

先行指標

前述したように、まだ出現していないトレンドに関する情報を提供可能な先行指標が存在します。したがって、これらのインジケーターは、潜在的な景気後退や景気回復の予測に使用することができます。例えば、株式市場のパフォーマンス、小売販売、建築許可などです。

先行指標は景気循環を先取りする傾向があり、一般的に短期・中期的な分析に適しています。例えば、建築許可は一種の先行的な経済指標と考えることができます。今後の建設労働力の需要や不動産市場への投資を示唆している可能性があります。


遅行指標

先行指標とは対照的に、遅行指標は、それ自体ではすぐに明らかにならない既存の傾向を識別するために使用されています。このように、この種のインジケーターは景気循環の背後に動作しています。

通常、遅行指標は、過去の経済パフォーマンスや価格データに基づく長期分析に適用されます。言い換えれば、遅行指標は、すでに発生または確立されている市場トレンドまたは金融イベントに基づいてシグナルを作成します。


一致指標

仮想通貨分野ではあまり人気はありませんが、一致指標として認知されている第3クラスのインジケーターも存在します。これらのインジケーターは、先程の2つの間のどこかに存在します。一致指標はほぼリアルタイムで動作し、現在の経済状況に関する情報を提供します。

例えば、一致指標は、従業員グループの労働時間や、製造業や鉱業など特定の産業分野の生産率を測定することによって作成することができます。

ただし、先行指標、遅行指標、一致指標の定義は必ずしも明確ではありません。インジケーターの中には、方法や状況によって異なるカテゴリーに分類されるものもあります。これは特に、国内総生産(GDP)などの経済指標と共通しています。

従来、GDPは過去データに基づいて算出されるため、遅行指標と思われていましたが、場合によっては、ほぼ瞬間的な経済の変化を反映することもあり、一致指標となっています。


テクニカル分析での使用例

前述したように、経済指標も金融市場の一部です。多くのトレーダーやチャート専門家は先行指標または遅行指標として定義できるテクニカル分析ツールを導入しています。

基本的に、先行TA指標はある種の予測情報を提供します。それらは通常、市場価格と取引量に基づいていて、近い将来発生しそうな市場の動きを示している可能性が高いことを意味します。しかし、他のインジケーターと同様に、常に正確であるとは限りません。

テクニカル分析で使用される先行指標の例としては、相対強度指数(RSI)確率的RSIなどがありますが、ローソク足でも、そのパターンによっては先行指標の一種とみなされる場合もあります。実際に、これらのパターンは将来の市場イベントに対する洞察を提供する可能性があります。
一方、遅行TA指標は過去データに基づいており、トレーダーは既に何が発生しているのかを認知することができ、新しい市場トレンドの開始を見極める際に有用です。たとえば、上昇トレンドが終了し、価格が移動平均を下回った場合、これは下降トレンドの開始を示している可能性があります。
場合によっては、1つのチャートシステムの中に2種類のインジケーターが存在する場合もあります。例えば、一目均衡表は、先行指標と遅行指標の両方で構成されています。

テクニカル分析に使用する場合、先行指標と遅行指標にはそれぞれ長所と短所があります。将来のトレンドを予測することで、先行指標はトレーダーにとって最良の機会を提供しているように思われます。しかし、問題は先行指標が頻繁に誤解を招くシグナルを発することです。

一方、遅行指標は、過去の市場データによって明確に定義されているため、より信頼性が高い傾向があります。しかし、遅行指標の明らかな欠点は、市場の動きに対する反応の遅れです。場合によっては、トレーダーが有利なポジションをオープンするのが遅くなり、その結果、潜在的な利益が低下する可能性があります。


マクロ経済学での使用例

インジケーターは、価格市場のトレンドを評価する際に有用なだけでなく、マクロ経済のトレンドを分析する際にも使用されます。経済指標は、テクニカル分析とは異なりますが、大別すると先行型と遅行型に分類することができます。

先行経済指標には、前述の例に加えて、小売売上高、住宅価格、製造業活動の水準などが挙げられます。一般的に、これらのインジケーターは将来の経済活動を促進する、あるいは予測的洞察を提供するものと想定されています。

遅行マクロ経済指標の2つの典型的な例は、失業率とインフレ率です。GDPとCPIとともに、これらは異なる国の発展レベルを比較する場合や、過去数年、数十年と比較して国の成長を評価する場合に一般的に使用されています。


まとめ

テクニカル分析でもマクロ経済学でも、先行指標と遅行指標は様々な種類の金融研究において重要な役割を果たしています。これらのインジケーターは、異なる種類のデータ解釈を容易にし、多くの場合、複数の概念を1つのインジケーターにまとめることができます。

このように、これらのインジケーターは将来のトレンドを予測したり、すでに発生しているトレンドを確認することができます。それ以外にも、国の経済パフォーマンスを評価する際にも有用ですし、過去との比較や他国との比較にも有用です。