バイナンススマートチェーン VS Ethereum:これらの違いとは?
目次
はじめに
ブロックチェーントラフィックとDAppエコシステム
EthereumとBSCで最も使用されているDeFi DApps
ネットワーク間での振替 
トランザクション手数料
トランザクション時間
コンセンサスメカニズム
まとめ
バイナンススマートチェーン VS Ethereum:これらの違いとは?
ホーム記事
バイナンススマートチェーン VS Ethereum:これらの違いとは?

バイナンススマートチェーン VS Ethereum:これらの違いとは?

初心者
Published Jun 29, 2021Updated Oct 11, 2021
8m

概要

バイナンススマートチェーン(BSC)は、Go Ethereum(Geth)プロトコルのハードフォークであり、そのためEthereumブロックチェーンと多くの類似点を共有しています。しかし、BSC開発者はいくつかの重要な分野で大きな変更を行いました。最大の変更点は、BSCのコンセンサスメカニズムであり、これにより安価で迅速なトランザクションが可能になりました。


はじめに

一見すると、バイナンススマートチェーン(BSC)とEthereumは類似しています。BSC上で構築されたDAppsやトークンは、Ethereumバーチャルマシン(EVM)と互換性があります。パブリックウォレットのアドレスが、どちらのブロックチェーンでも同一であることにお気づきでしょうか。両方のネットワークで動作するクロスチェーンプロジェクトもあります。しかし、この2つのチェーンには顕著な違いがあります。どちらを使用するか迷っている場合は、違いを理解しておくことを推奨します。


ブロックチェーントラフィックとDAppエコシステム

2021年6月現在、Ethereumでは2,800種類以上のDAppsをブロックチェーン上で管理しているのに対し、BSCではおよそ810種類となっています。これは大きな違いですが、BSCの歴史が浅いことを考慮すると、強力で成長しているエコシステムを示しています。

また、アクティブアドレスは、考慮すべき重要なオンチェーン指標でもあります。新しいブロックチェーンであるにもかかわらず、BSCは2021年6月7日に2,105,367件のアドレスの最高値を記録しており、これはEthereumの史上最高値である2021年5月9日の799,580件の2倍以上にあたります。

では、BSCが急成長した理由は何でしょうか?その理由の多くは、確認時間の短縮と手数料の低さにあります。また、BSCの成長は、NFTをめぐる話題の高まりや、Trust WalletやMetaMaskなどの一般的な仮想通貨ウォレットとの互換性にも関係している可能性があります。

日々のトランザクションに注目すると、両者間にはさらに大きな違いがあります。BSCでは、ユーザーが資金を移動させたり、スマートコントラクトを操作したりすることが、より迅速でコスト効率に優れています。BSCのピーク時の1日のトランザクション件数が約1,200万件だったことと、400万件を超える現状を以下に示します。


一方、Ethereumでは1日のトランザクション件数が175万件を超えることはありませんでした。定期的に資金を移動させる必要があるユーザーにとって、BSCの方がより人気のある選択のようです。日々のトランザクションも、アクティブアドレスのコンテキストで確認する必要があります。本稿執筆時点では、現在、BSCの方がユーザー数が多く、平均的な取引額も多いです。


EthereumとBSCで最も使用されているDeFi DApps

分散型金融に関しては、ブロックチェーンの互換性があるため、BSCとEthereumの間でDAppのクロスオーバーが大量に行われています。開発者はEthereumからBSCにアプリケーションを簡単に移植することができ、新しいBSCプロジェクトはEthereumのオープンソースコードを別名で再利用することがよくあります。DAppRadarユーザによるEthereum上のDApps上位5つを見てみましょう。


ここでは、2つのDeFi 自動マーケットメイカーUniswapおよびSushiSwap)、仮想通貨ゲーム(Axie Infinity)、ピア・ツー・ピアマーケットプレイス(OpenSea)が混在しています。BSCの上位5つを見てみると、多くの共通点があることがわかります。


PancakeSwapは、Uniswapのハードフォークとして作成されました。AutofarmとPancake Bunnyはイールドファームであり、Ethereumの上位5つにはないカテゴリーです。BiswapとApeswapは、どちらも自動マーケットメイカーです。BSCでは手数料が低く、トランザクションも非常に迅速なため、バイナンススマートチェーンではイールドファームがより効率的になる傾向があります。これらの要素から、BSCユーザーには人気があります。
仮想通貨ゲームに関して言えば、Ethereumは本最も人気のあるタイトルの本拠地です。BSCにはCryptoKittiesやAxie Infinityによく似たプロジェクトがありますが、Ethereumの古典的なゲームのように大きなオーディエンスを獲得することはできませんでした。


ネットワーク間での振替 

BEP-20やERC-20をウォレットに入金したことがある方は、EthereumとBSCのウォレットアドレスが同一であることに気付いたかもしれません。例えば、取引所からトークンを出金する際に間違ったネットワークを選択した場合でも、他のブロックチェーンから簡単に取り出すことができます。
誤ってERC-20トークンをBSCに出金してしまっても、対応するBSCのアドレスで確認することができます。また、誤ってBSCからEthereumにトークンを送金してしまった場合にも、同様の処理を行うことができます。いずれの場合でも、お客様の資金が永久に失われることはありません。より詳細なガイドにつきましては、バイナンスで間違ったネットワークに振替された仮想通貨の回復方法をご参照ください


トランザクション手数料

BSCもEthereumも、トランザクション手数料には、トランザクションの複雑さを測るガス モデルを採用しています。BSCユーザーは、ネットワークの需要に応じてガスプライスを設定することができ、マイナーはガスプライスの高いトランザクションを優先的に行います。しかし、Ethereumのロンドンハードフォークでは、高額な手数料の必要性を排除するために、いくつかの新しい変更が加えられています。

Ethereumのアップデートでは、ブロックごとに基本手数料を設定した新たな価格設定の仕組みが生成されました。基本手数料は、トランザクションの需要に応じて変化するため、ユーザー自身がガスプライスを決定する必要はありません。

歴史的に見ても、Ethereumのガス手数料はBSCよりもはるかに高くなっています。最も高い平均値が見られたのは、2021年5月の$68.72でした。この傾向は変化し始めていますが、現在はまだEthereumの方が高価です。


より良いイメージを得るために、EtherscanからEthereumの平均コストを見てみましょう。上の3つの図は、Ethereumでの現在のガスプライスを示しています。BSC、Ethereumともに、1gweiはそれぞれ0.000000001BNBまたはETHに相当します。より低い価格を支払うと、トランザクションにかかる時間が長くなります。
ERC-20トークンを他のウォレットに振替する場合、記事執筆時点での平均価格は2.46ドルです。この数字は、複数のトランザクションを含むUniswapの流動性プールを使用した場合、$7.58に増加します。


以下では、EthereumガストラッカーのERC-20振替に相当するわずか0.03ドルの手数料でBSCでのトランザクションを示しています。BSCは、このトランザクションで使用されたガス(21,000)にガスプライス(5 gwei)を乗じて算出しました。


トランザクション時間

ブロックチェーンの平均トランザクション時間を測定することは、少々困難なことです。トランザクションは、技術的にはマイナーがブロックを検証した時点で完了しますが、他の面でもお客様の待ち時間に影響を与えます:

  1. 手数料を十分に高く設定していない場合、マイナーがトランザクションを遅延させたり、ブロックに含めない可能性があります。
  2. ブロックチェーンとのより複雑なやり取りには、複数のトランザクションが必要です。例えば、流動性プールに流動性を追加することです。
  3. 大半のサービスでは、一定数のブロックが確認されて初めてトランザクションが有効とみなされます。このような追加の確認を行うことで、ブロックがネットワークによって拒否された場合、加盟店やサービスプロバイダーが支払いを元に戻すリスクを軽減します。

上記でのEthereumのガス統計を見てみると、トランザクション時間が30秒から16分となっていることがわかります。この数字には、成功したトランザクションは含まれていますが、追加の確認事項は含まれていません。 

例えば、バイナンスアカウントにETH(ERC-20)を入金した場合、12件のネットワーク確認を待つ必要があります。下の図からわかるように、1つのブロックがおよそ13秒ごとにマイニングされるため、ETHを現物ウォレットに入金する際には、156秒余分にかかることになります。


BSCでは、平均ブロックタイムは3秒です。これをEthereumの13秒と比較すると、約4.3倍もの速度の向上が図られています。


コンセンサスメカニズム

Ethereum プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のコンセンサスメカニズムはBitcoinと類似していますが、 BSCのプルーフ・オブ・ステーク・オーソリティ(PoSA)とは大きく異なります。しかし、この違いは長くは続きません。Ethereum 2.0では、ネットワークは代わりにプルーフ・オブ・ステーク(PoS)メカニズムを使用します。
BSCのPoSAは、プルーフ・オブ・オーソリティ(PoA)とデリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)を組み合わせたものです。21名のバリデーターが交代でブロックを生成し、その報酬としてBNBのトランザクション手数料を受け取ります。バリデーターになるためには、ノードを運営し、10,000 BNB以上のステークを行い、選出された候補者になる必要があります。
他のユーザー(デリゲーターと呼ばれる)は、選出された候補者の後ろにBNBをステークしています。ステーキング額の多い上位21名の当選候補者が、順番にブロック処理を行います。このプロセスを24時間ごとに繰り返します。また、バリデーターが獲得した報酬の一部をデレゲーターが受け取ることもできます。
EthereumのPoWは、極めて異なるシステムです。コミュニティがバリデーターを選択するのではなく、計算上のパズルを解くレースが行われます。誰でも参加することは可能ですが、マイニングの専用機材を購入またはレンタルする必要があります。計算能力が高ければ高いほど、先にパズルを解いてブロックを有効にできる可能性が高くなります。成功したマイナーは、トランザクション手数料とETHの報酬を受け取ります。
PoWは、コンセンサスを形成し、ネットワークのセキュリティを確保するための有効な手段ですが、開発者はその後、他のメカニズムの使用を検討しています。彼らの目標は、セキュリティを犠牲にすることなく、より効率的で環境に優しい代替手段を発見することです。
これらの理由から、Ethereumのネットワークは最終的にプルーフ・オブ・ステークに切り替わります。バリデーターはETHをステークし、ブロックを生成するチャンスを取得します。他のバリデーターはブロックを「証明」し、正しいかどうかをチェックします。誰かが偽のトランザクションを含むブロックを生成した場合、ステークしたコインをすべて失うリスクがあります。バリデーターは、ブロックが成功した場合や、ブロックが証明された場合、報酬を受け取ります。悪意のあるバリデーターは、大量のETHを直接入金してステークすることで、資金を失うリスクを負います。


まとめ

バイナンススマートチェーンとEthereumの間には、たくさんの類似点があることは明らかです。Ethereumのユーザーが移行してBSCを試すことが容易になったのは、このような背景があるからだと思います。しかし、類似点があるにもかかわらず、BSCはパフォーマンスと効率性を向上させるために興味深い変化を採用しました。プルーフ・オブ・ステーク・オーソリティ(PoSA)のコンセンサスメカニズムにより、ユーザーはより安価で高速なブロックチェーントランザクションを楽しむことができるようになりました。