Nested取引所とは何か、なぜそれを避けるべきなのか?
目次
はじめに
Nestingとは?
Nested仮想通貨取引所とは?
Nestingの危険性は?
Nested仮想通貨取引所の危険性とは?
Nested取引所と分散型取引所の相違点とは?
Suex nested取引所事件
Nested取引所を見分ける方法
まとめ
Nested取引所とは何か、なぜそれを避けるべきなのか?
ホーム記事
Nested取引所とは何か、なぜそれを避けるべきなのか?

Nested取引所とは何か、なぜそれを避けるべきなのか?

初心者
Published Dec 3, 2021Updated Jan 14, 2022
6m

概要

Nested仮想通貨取引所は、別の取引所のアカウントを通じて、顧客に仮想通貨取引サービスを提供します。それ自体が直接取引を促進するものではありません。その代わりに、ユーザーと他のサービスプロバイダーとの橋渡しを行います。Nestingは、従来の銀行では、国際振替など、特定の銀行ができないサービスを提供するためによく使用されています。

仮想通貨の分野では、Nested取引所は、KYCやAMLのプロセスが緩いか、全くないことが大半です。このようなコンプライアンスの欠如は、しばしばサイバー犯罪者に悪用されます。Nested取引所は、マネーロンダリング、スキャマー、ランサムウェアのお支払いをサポートします。

Nested取引所でトレードを行うということは、その取引所に自身の資産の保管を任せるということです。これらの取引所は、中央集権型または分散型の取引所と比較した場合、セキュリティや保証が不十分となっています。また、制裁を受けたNested取引所を扱うことで、法的な問題に直面することもあります。

取引所を利用する場合は、その取引所が適切なKYCおよびAMLチェックを行っていることを確認してください。これらは、処理に数日かかる場合が多いです。制限なしにほぼ瞬時にトレードができる取引所であれば、さらに調査すべきでしょう。正当な取引所であれば、取引がどのように行われているかを隠蔽することはありませんし、資金の出所をブロックチェーン・エクスプローラーで簡単に確認することができます。

はじめに

仮想通貨を売買する際には、信頼できるウェブサイトを使用してトレードすることが不可欠です。しかし、KYCやAMLのチェックを行う際には、自身の安全を保護するためにも忍耐力が必要となります。そのため、サインアップチェックがほとんどなく、すぐに取引ができる取引所を利用するユーザーもいます。 

正当な分散型取引所もあれば、盗まれた資金やロンダリングされた資金を扱うNested取引所もあるでしょう。Nested取引所では、お客様の資金の安全性は決して保証されません。自分の仮想通貨を安全に保有するためには、Nested取引所とは何か、何をするものなのか、どうやって見分けるのかを理解することが重要です。

Nestingとは?

Nestingとは、金融サービス提供者が、そのサービスを利用するために別の金融機関にアカウントを作成することです。アカウント保有者は、Nestedアカウントを介して顧客にサービスを提供するブリッジの役割を果たします。これには様々な理由があります。例えば、ある国の銀行が、別の国で活動している銀行に銀行サービスやエコシステムを提供することをコルレス銀行といいます。

オーストラリアの銀行口座への振替を希望するお客様を想像してみてください。彼らの銀行ではできないかもしれませんが、コルレス銀行を使用して彼らのために資金を振替することができます。お客様の銀行は、コルレス銀行のNestedアカウントを通じて振替依頼を処理します。コルレス銀行は、一緒に仕事をする銀行に注意を払い、デューデリジェンスを行わなければなりません。コルレス銀行は、基本的には認識のないお客様を相手にしているため、Nestedアカウントの持ち主を信用する必要があります。

Nested仮想通貨取引所とは?

Nested仮想通貨取引所とは、かなりシンプルな仕組みになっています。企業や個人が、規制された取引所にアカウントを作成します。そして、このアカウントを使用して、Nestedアカウントを通じて第三者に取引サービスを提供します。このようなNested取引所は、インスタント取引所と呼ばれることもあり、異なる取引所に複数のアカウントを所持していることがよくあります。
本人認証書類を要求するものもあれば、本人認証書類をほとんど必要としないものもあります。そのため、詐欺師ペテン師、身代金要求者に人気のある選択肢となっています。一部のNested取引所では、現金を所有して直接仮想通貨を売買することも可能でした。

Nestingの危険性は?

従来の金融については、マネーロンダリングのリスクが最大の問題の1つです。コルレス銀行は原告側の銀行と直接取引するのみなため、相手が誰なのかを正確に把握することはできません。このため、Nestingでは、基礎となる銀行に対するデューデリジェンスチェックを強化する必要があります。個人や国全体がブラックリストに載り、制裁を受ける場合もあります。基礎となる銀行がこれらを守らないと、回答者である銀行が制裁回避やマネーロンダリングなどの違法行為を支援することになりかねません。

仮想通貨業界はまだ強固な規制が整備されていないため、入れ子式の取引所が水面下で活動することは容易です。Nested取引所は、大規模な仮想通貨取引所に認知されずにアカウントをオープンすることができます。

Nested仮想通貨取引所の危険性とは?

Nested仮想通貨取引所を利用すると、中央集権型取引所を妨げるだけではありません。お客様とお客様の資金も、いくつかの理由で危険にさらされています:

1. お客様の入金は、規制された取引所に比べて安全性の保証が少ないです。

2. 犯罪やテロの資金源となる違法行為を支援している可能性があります。

3. 規制当局が取引所を閉鎖し、お客様の仮想通貨やその他の資金が失われる可能性があります。

4. 不正な活動に関与している取引所と故意に協力した場合、法執行機関から法的措置を受ける可能性があります。

これらを避けるための最善の方法は、Nested仮想通貨取引所を使用しないことです。それを見極めるのは、必ずしも明白ではないため、困難なものです。後述のヒントを参考にして、自身を守ってください。

Nested取引所と分散型取引所の相違点とは?

最初は、Nested取引所と分散型取引所は類似しているように見えます。分散型取引所KYCを必要とせず、Nested取引所はKYCプロセスが緩いか、全くないかのどちらかです。しかし、取引の処理方法は異なります。分散型取引所では、購入者と売却者を直接結びつけたり、流動性プールを利用したりします。取引所は、取引された仮想通貨のカストディを取ることはありません。代わりに、スマートコントラクトがそのプロセスを処理します。しかし、Nested取引所では、お客様の仮想通貨を直接保管し、別の取引所のサービスを利用します。

Suex nested取引所事件

実際の例を見てみましょう。2021年9月21日、外国資産管理局 (OFAC) は、チェコ共和国で設立され、ロシアで運営されている仮想通貨取引所Suexを制裁しました。Suex OTCは、バイナンスをはじめとする大規模な取引所を利用したNested仮想通貨取引所を提供し、顧客にサービスを提供していました。Suexは、KYCをほとんど行わず、さらには仮想通貨の現金交換を対面で行っていました。

Chainalysisの調査によると、Suexはランサムウェア攻撃やハッキングで得た大量の資金をロンダリングするのに役立っていました。バイナンスはSuexに関連する複数のアカウントを積極的に無効化し、OFACは30種類近くのBitcoinTether、およびEthereumウォレットをブラックリスト化しました。バイナンスのオフボーディングには、Suexとの関係が報告されているクリプトバンクのChatexも含まれていました。Chatexはその後、OFACによる関連制裁を受けています。Suexと取引した人は法的リスクを負うことになり、OFACの決定以来、彼らはウェブサイトを閉鎖しています。

Nested取引所を見分ける方法

Nested取引所は通常、Nested取引所であることを明らかにしません。以下のポイントは、Nested取引所を発見し、お客様とお客様の資金を安全に保つための良いスタートとなります:

1. KYCやAMLのチェックを必要としない、あるいは最小限の要求しかしない。何の制限もなく、ほぼ即座に取引所に登録することは、ある意味良い警告となります。

2. UIでは、どこで取引が行われているかが明確に示されていません。

3. 取引所がトレードを促進しているという明確な記述はありません。正規の取引所では、取引はそのプラットフォームを通じて直接行われ、Nestedアカウントではないことが明記されています。

4. 取引所では、選択できるさまざまなレートが集約されています。これは、その取引所が複数の取引所でNestedアカウントを使用していることを意味します。

5. Nested取引所を利用した疑いがある場合は、ブロックチェーンと、ブロックチェーン・エクスプローラーを使用して仮想通貨の痕跡をたどってみてください。別の取引所に関連するウォレットからのものであることがわかるかもしれません。

まとめ

Bitcoin、BNB、また、その他のデジタル通貨の購入は、バイナンスのような規制された仮想通貨取引所で行うのが常に最も安全です。初めて登録する際には時間がかかるかもしれませんが、適切なKYCとAML手続きを行うことで安全を確保することができます。取引所は他の金融機関と同様に扱い、利用する前には十分な注意を払う必要があります。