メタバースにおけるNFT仮想ランドとは?
目次
はじめに
メタバースとは?
NFTのバーチャルランドとは?
メタバース・ランドのユースケースとは?
グローバル企業がメタバースのランドを購入していますか?
NFTの仮想ランドの価格に影響するものとは?
メタバースでランドを購入するエリア
初めてメタバースのランドを購入する前のアドバイス
まとめ
メタバースにおけるNFT仮想ランドとは?
ホーム記事
メタバースにおけるNFT仮想ランドとは?

メタバースにおけるNFT仮想ランドとは?

初心者
Published Jan 7, 2022Updated Jan 29, 2022
7m

概要

NFTの仮想ランドとは、メタバース・プラットフォーム上のデジタルランドのうち、所有可能なエリアのことです。NFTランドの人気ランドプロジェクトには、Decentraland、The Sandbox、Axie Infinityなどがあります。NFTは、それぞれがユニークでありデジタル所有権を簡単に証明することができるため、土地の所有権を表すのに適しています。広告、ソーシャル、ゲーム、仕事など、様々なユースケースでNFTランドを利用することができます。

ランド所有者は通常、自分の区画を使用して、オンライン体験をホストしたり、コンテンツを表示したり、ゲームで利益を得たりすることができます。アディダスやSnoop Doggなどの大手ブランドや著名人も、NFTランドに投資し、利用しはじめています。

区画の価値は、その実用性、プロジェクト、市場の思惑などに影響されます。NFTランドは、ランドセールでプロジェクトから購入するか、バイナンスNFTマーケットプレイスやOpenSeaなどのNFT取引所を介して流通市場で購入することができます。購入する前に、そのランドとそれに付随するプロジェクトのリスクとユースケースを理解してください。場合によっては、NFTランドを購入するのではなく、借りた方がいい場合もあります。


はじめに

メタバースの発展は、興味深い新しいブロックチェーンのユースケースを急速に生み出しました。2020年はメタバースや非代替トークン (NFT)にとって大規模な年であったため、仮想ランドが話題になるのも不思議ではありません。

NFTが販売するランドの中には、現実世界の不動産を上回る価格で販売されているものもあり、その概念が理解できない人もいます。実は、NFTランドと一般的な不動産には、多くの共通点があります。しかし、ブロックチェーン上のデジタル資産であるNFTランドには、いくつかのユニークな特徴があります。


メタバースとは?

メタバースとは、仕事、社交、娯楽など、私たちのデジタルライフとリアルライフの複数の側面を組み合わせたオンラインの仮想世界のことです。2021年には、Meta (旧Facebook)、Microsoft、Epic Gamesなど、多くの大手テック会社が、この空間の開発と探索を開始しました。ブロックチェーン技術 は、デジタル所有権、アイデンティティ、経済が中心的な概念であるため、メタバースにおいて重要な役割を果たしています。より詳しい説明は、 メタバースの紹介記事をご覧ください。


NFTのバーチャルランドとは?

前述の通り、メタバースプロジェクトは、ユーザーが通常3Dアバターを使用して探索できるデジタルワールドです。例えば、SecondLiveは、コンサートや会議、博覧会などのためのエリアや会場を提供しています。SecondLiveのようなプロジェクトでは、ユーザーが永続的なバーチャルリアリティ空間を購入することはできませんが、他のメタバース世界では可能です。開発者は、マーケットで販売するために、ランドを小さな区画に分割した大きな地図を作ります。
その地域の固有の所有権を表すために、ユーザーは、特定区画のランドにリンクしたNFTを購入します。これらの区画を購入するには、プロジェクトから直接ランド売買を行うか、流通市場で購入します。NFTランド上でできることは、それぞれのプロジェクトによって異なります。


メタバース・ランドのユースケースとは?

投機以外にも、ランド所有者はその仮想空間を様々な用途に利用することができます。

1. 広告 - あなたの区画が人気のあるエリアや地区にあり、多くの訪問者を惹きつける場合は、広告スペースを請求することができます。 
2. Socializing - デジタルランドでは、コンサート、会議、コミュニティミーティングなどのイベントを開催することができます。
3. ゲーム - あなたのNFTランドは、NFTのビデオゲームで使用されるかもしれません。例えば、Axie Infinityのランドは、追加のリソース、トークン、クラフトの材料を提供します。
4. 仕事 - 3Dアバターで探索できるランドは、仮想オフィススペースとして利用したり、デジタルサービスを提供することができます。PwC香港では、サンドボックスのランドをWeb3.0のアドバイザリーサービスに使用します。


グローバル企業がメタバースのランドを購入していますか?

著名な著名人やブランドが、すでにメタバース上でランドを購入しています。例えば、Snoop Doggは、Snoop Dogg Metaverse ExperienceThe Sandbox上で作成しています。また、Adidasは、自社の AdiVerse メタバース体験のために、プラットフォーム上のスペースを購入しました。ブランドや企業は、メタバースやNFTの流行に乗るだけでなく、メタバースのサービスやゲーム、商品にアクセスすることで、ユーザーに交流の機会を提供します。


NFTランドは、個人投資家から機関投資家への移行も実現しています。例えば、メタバースグループが大量のデジタル不動産を購入したことが話題になりましたが、これについては後ほどご紹介します。このグループは、事実上はDecentralandのCrypto Valleyにも本社を置いています。コンサルティング会社のPwCも、2021年12月にWeb3.0のアドバイザリーサービスの一環としてDecentralandの区画を購入しています。


NFTの仮想ランドの価格に影響するものとは?

仮想ランドの区画の価格は、他の非代替トークンや仮想通貨と同様に決定されます。調べるべき要素は大きく分けて3つあります。

1.ユーティリティ - 仮想ランドは、他の多くのNFTとは異なり、通常、様々なユースケースがあります。これらは相手のプラットフォームによって異なります。例えば、Decentralandのようなデジタルワールドでは、ユーザーは自分のランドでカスタマイズしたり、創造したりすることができます。
あなたのランドが人気のあるエリアにあったり、多くの人が訪れる場所であれば、広告費を請求することができます。あなたのランドは、ブロックチェーンビデオゲームの中で、あなたに利益をもたらすかもしれません。ステーキングボーナスが改善されたり、 Axie Infinityのようなユニークなゲーム内イベントを体験することができます。
2.プラットフォーム - Decentraland、The Sandbox、または近日公開予定のMy Neighbour Aliceのような人気のあるプラットフォームは、NFTランドの価格が高い傾向にあります。これは、市場の需要と供給によるものです。これらのプラットフォームのユーザーベースと関心は、小規模なプロジェクトよりもはるかに高くなっています。
3.投機 - 過去にNFTランドが大量に販売されたことで、投機が増えました。例えば、NFTの不動産会社であるメタバース Groupは、2021年11月に約$243万を投じて、Decentralandにある116区画のランドを購入しました。1区画は16メートル四方で、ファッション・ストリート地区の総面積は1,856メートル四方の土地となります。


メタバースでランドを購入するエリア

メタバースNFTランドを購入するには、大きく分けて2つの方法があります。ランドの販売に参加して、プロジェクトから直接購入することもできますし、マーケットプレイスを通じて他のユーザーからランドを購入することもできます。

NFTランド売却は、あなたのランドを2次市場よりも低い価格で購入することができます。NFTランドを使用した大規模なメタバースプロジェクトの多くは、価格が上昇しているため、セールでランドを購入した方が良い傾向にあります。すべての区画を一度に販売するプロジェクトもあれば、何回かにわけて販売するプロジェクトもあります。 

NFT取引所は、流通市場でランドを購入する最も安全で信頼できる方法です。この方法では、買い手と売り手の両方がスマートコントラクトによって保護され、双方にとって取引がスムーズに行われるようになります。バイナンスNFTマーケットプレイス、OpeaSeaの2つが人気のあるオプションです。バイナンスNFTマーケットプレイスは、Ethereumバイナンススマートチェーンをサポートしており、OpeanSeaはEthereum、Polygon、Kraytnをサポートしています。



初めてメタバースのランドを購入する前のアドバイス

メタバースにおけるNFTランドの購入は、他の投資や金融取引と同様に扱われるべきです。自分で調べて、以下の点を考慮するようにしてください。

1. NFTランドは信頼できるところから購入してください。プロジェクトの販売を通じてランドを購入する場合は、正しい公式リンクを確認してください。他人からランドを購入した場合、その人のウォレットに直接振り込むことは絶対にしないでください。必ず信頼できる評判の良いマーケットプレイスや仮想通貨取引所を通して販売を行うべきです。バイナンスNFTマーケットプレイスとOpenSeaは、先に述べたように2つの可能性があります。
2. NFTランドを購入するか、レンタルするかを決定します。お客様のニーズによっては、ランドを購入する必要がない場合もあります。例えば、人気のある地区で単独のイベントを開催したいとします。利用しているプラットフォームがレンタルに対応している場合は、その区画の交通量や他の重要な区画との距離、大きさなどによって支払う価格が変わってきます。
3. NFTランドのプロジェクトをよく考えてみてください。選択したプロジェクトによって、NFTの実用性や一部のコストが決まります。推測してランドを転売したい場合は、プロジェクトのファンダメンタルズ、人気度、ユーザー数、チームなどを見てください。広告スペースを販売したり、他のユースケースに参加する場合は、どのメタバース・プラットフォームがニーズに最も適しているかを調査します。すべてのNFTプロジェクトが成功するわけではありませんので、NFTランドを購入する前に、ファイナンシャルリスクを考慮するようにしてください。用途も需要もないランドを買ってしまうと、いつまでも持ち続けることになりかねません。


まとめ

仮想ランドセールスというと、多くの人にとっては奇想天外なものに思えるかもしれません。しかし、NFT、デジタル・コレクターズアイテム、メタバースの台頭を見れば、NFTランドがどのように発展してきたかがわかるでしょう。 

その考え方は、ウェブサイトなどの仮想空間を所有することとあまり変わりません。例えば、人気のあるドメイン名は数10万円で売られています。しかし、NFTランドの所有権を保証する方法には、私たちが違いを感じるポイントです。テクノロジーの世界では、メタバースの未来に向けて準備が進められており、近々、さらに多くのメタバースなNFTランドが売りに出されても不思議ではありません。