Polygonブリッジの使用方法とは?
目次
はじめに
Polygonブリッジとは?
Polygonブリッジの仕組み
PoSブリッジでEthereumからPolygonにトークンをブリッジする方法
PoSブリッジでPolygonからEthereumへトークンをブリッジする方法
プラズマブリッジを経由してPolygonからEthereumへトークンをブリッジする方法 
まとめ
Polygonブリッジの使用方法とは?
ホーム記事
Polygonブリッジの使用方法とは?

Polygonブリッジの使用方法とは?

中級者
公開済 Jan 24, 2022更新済 Aug 31, 2022
8m

概要

Polygonブリッジは、ERCトークンやNFTをPolygonのサイドチェーンに迅速に振替することができます。Polygonには、主にプルーフ・オブ・ステーク (PoS) ブリッジとプラズマブリッジの2つのブリッジが存在します。どちらもEthereumからPolygonへのアセットブリッジが可能ですが (逆も同様) 、異なるセキュリティ方式を採用しています。

PoSブリッジは、プルーフ・オブ・ステーク (PoS) コンセンサスアルゴリズムを使用して、ネットワークを保護します。Ether (ETH) と大半のERCトークンの振替をサポートしています。多数のユーザーにとって推奨されるオプションです。

プラズマブリッジは、セキュリティ強化が必要な開発者向けです。Ethereumプラズマ・スケーリングソリューションを採用し、MATIC、ETH、ERC20、ERC721トークンの振替に対応しています。


はじめに

仮想通貨空間ではブロックチェーン数が増加し、異なるネットワーク間でデータやトークンを共有することが困難になっています。この問題に取り組むため、ネットワーク間のブリッジを行い、資産の振替を円滑にするプロジェクトも存在します。

Polygonブリッジは、PolygonとEthereumのブロックチェーン間の相互運用性を高めるために設計されています。互換性のある仮想通貨ウォレットを使用することで、ユーザーは簡単にトークンを振替することができます。


Polygonブリッジとは?

Polygonは、Ethereum互換のブロックチェーンネットワークとスケーリングソリューションを作成するためのフレームワークです。スケーラブルな分散型アプリケーション (DApps) を構築するためのツールを提供し、より低い手数料でEthereumのトランザクションスループットを向上させることで、Ethereumのエコシステムを豊かにすることを目的としています。Aave、Curve、Sushiスワップなど、人気のある分散型金融 (DeFi) プラットフォームは、すでにPolygon上にデプロイされています。

Polygon上のDAppsやツールと対話するためには、Polygonのネットワークにアセットを振替する必要があります。そこで登場したのがPolygonブリッジです。Polygonブリッジは、PolygonとEthereum間のトラストレスなクロスチェーン・トランザクション・チャネルです。ERCトークンや非代替性トークン (NFT) をPolygonのサイドチェーンに振替することができ、すべてスマートコントラクトを使用することで可能となります。


Polygonブリッジの仕組み

Polygonブリッジは、デュアル・コンセンサス・アーキテクチャを採用し、高速化と分散化を最適化しました。また、サイドチェーンの任意の状態遷移をサポートしており、Ethereumバーチャルマシン (EVM) と互換性があります。クロスチェーンでのトークン振替は、第三者によるリスクや市場の流動性の制限を受けることなく、瞬時に実現することができます。

Polygonブリッジでトークンをブリッジする際、トークンの循環供給に変化はありません。Ethereumネットワークから離れたトークンはロックされ、ペッグトークンと同じ数のトークンが1対1でPolygonネットワークに生成されます。トークンをEthereumにブリッジする際、Polygon上のペッグトークンは焼却され、Ethereum上のものはその過程でアンロックされます。

Polygonでは、資産振替のためのブリッジとして、プルーフ・オブ・ステーク (PoS) ブリッジとプラズマブリッジの2種類が用意されています。PoSブリッジは、その名の通り、プルーフ・オブ・ステーク (PoS) というコンセンサスアルゴリズムを採用し、ネットワークの安全性を確保しています。PoSブリッジでの入金はほぼ瞬時に完了しますが、出金には確認に時間がかかる場合があります。PoSブリッジは、Ether (ETH) と大半のERCトークンの振替に対応しています。
一方、プラズマブリッジは、PolygonのネイティブトークンであるMATICと、一部のERCトークン (ETH、ERC-20、ERC-721) の振替に対応しています。Ethereumプラズマ・スケーリングソリューションを採用し、セキュリティ性を高めています。技術的な詳細については、公式のドキュメンテーションをご参照ください。


PoSブリッジでEthereumからPolygonにトークンをブリッジする方法

EthereumからPolygonにトークンをブリッジするためには、MetaMaskなどの互換性のある仮想通貨ウォレットが必要となります。MetaMaskウォレットをお持ちでない方は、こちらのチュートリアルに従って作成してください。また、MetaMaskブラウザ拡張機能をダウンロードし、インストールする必要があります。
1. [Polygonブリッジ]をクリックして、Polygonウェブウォレットにログインします。


2. 次に、仮想通貨ウォレットを接続する必要があります。この例では、Metamaskを使用します。


3. MetaMaskウォレットとPolygonウォレットを接続するためのメッセージに署名するよう求められます。この署名には手数料はかかりません。URLを再確認し、[サイン] をクリックして次に進みます。


4. Polygonブリッジのインターフェースにリダイレクトされるはずです。リダイレクトされない場合は、左メニューバーの [ブリッジ] をクリックします。


5. EthereumメインネットからPolygonにトークンを送るには、[入金] タブへ移動してください。トークン名をクリックし、ブリッジするトークンを選択します。この例では、Ether (ETH) を使用します。金額を入力し、[振替] をクリックします。


6. 重要な注意事項を読み、準備が完了しましたら [続行] をクリックします。


7. このトランザクションにかかるガス手数料の概算も表示されます。ガス手数料に問題がなければ、[続行] をクリックして次に進みます。


8. トークンの金額やトランザクション手数料の概算など、トランザクションの詳細を確認し、[続行] をクリックします。

なお、PoSブリッジはバリデーターで保護されています。Ethereumネットワークに資金を返還する場合、最大で3時間かかることがあります。


9. その後、MetaMaskウォレットに署名して振替を承認するよう促されます。入力内容が正しいか確認し、 [確認] をクリックします。


10. 確認後、Polygonウォレットにトークンが反映されるのをお待ちください。[Etherスキャンで表示] をクリックすると、トランザクション状況を確認することができます。


PoSブリッジでPolygonからEthereumへトークンをブリッジする方法

また、Polygonブリッジを利用して、PolygonからEthereumへトークンを振替することも可能です。同様に、MetaMaskのような互換性のある仮想通貨ウォレットも必要です。

前述の通り、PolygonネットワークにはプラズマブリッジとPoSブリッジの2つのブリッジが存在します。出金時間は、使用しているPolygonブリッジによって異なります。 PoSブリッジの出金には通常45分から3時間かかりますが、プラズマブリッジは最大7日間かかります。

それでは、PoSブリッジを利用して、PolygonからEthereumに振替する方法をご紹介します。 

1. [ブリッジ] インタフェースの [出金] をクリックします。Ethereumネットワークに振替したいトークンを選択します。


2. [振替モード] の横に [スイッチ・ブリッジ] ボタンがあります。プラットフォームは、選択されたトークンに基づいて、振替に対応するブリッジを自動的に選択します。

PolygonからEthereumへのトークン振替には、PoSブリッジをお勧めします。Ether (ETH) をはじめ、ERC20、ERC721、ERC1155などのEthereumトークンの振替をサポートします。


3. トークンを選択したら、送信する金額を入力し、[振替] をクリックします。


4. 重要な注意事項を読み、準備が完了しましたら [続行] をクリックします。


5. また、[振替の概要] ポップアップには、このトランザクションにかかるガス手数料の概算が表示されます。ガス代に問題がなければ、[続行] をクリックして次に進みます。


6. トークンの金額、使用するブリッジ、ガス手数料の概算など、トランザクションの詳細を確認後、 [続行] をクリックしてください。


7. MetaMaskウォレットで振替に署名および、承認する必要があります。入力内容が正しいか確認し、 [確認] をクリックします。

 確認後、お客様のPolygonウォレットにトークンが反映されるのをお待ちください。[Etherスキャンで表示] をクリックすると、トランザクション状況を確認することができます。

8. 次に、振替の進行状況が表示されます。出金はネットワーク上で開始され、PoSバリデーターがトランザクションを検証します。完了までに最大3時間かかる場合がありますが、お客様からのアクションは必要ありません。


9. トランザクションが認証されたら、MetaMaskウォレットにトークンを請求する必要があります。[続行] をクリックすると、出金完了時に資産を確認することができます。


プラズマブリッジを経由してPolygonからEthereumへトークンをブリッジする方法 

MATICや他のPolygonトークンをEthereumに振替したい場合は、プラズマブリッジを経由して行うことができます。なお、プラズマブリッジはETHとMATICを含むERC20とERC721のトークンのみ振替をサポートしています。

この例では、MetaMaskを使用してPolygonからEthereumにMATICトークンを振替します。デフォルトでは、MetaMaskウォレットはEthereumメインネットに接続されています。MATICを表示し、手続きを開始する前に、Polygonネットワークをウォレットに追加する必要があります。


ステップ 1: MetaMaskにPolygonを追加します

MetaMaskウォレットにPolygonネットワークを追加するには、2つの方法があります。デフォルトの方法は、手動で追加する方法です (MetaMaskにPolygonを追加する方法をご参照ください)。しかし、Polygonウォレットのインターフェースを使用して、MetaMaskのネットワークリストにPolygonを素早く追加することもできます。

1. そのためには、上部にある [Polygonへの切り替え] ボタンをクリックします。MetaMaskウォレットが接続済みであることを確認してください。


2. MetaMask 拡張機能からPolygonネットワークの詳細を示すポップアップが表示されます。[承認] をクリックします。


3. 完了です。MetaMaskにPolygonネットワークが追加されました。ここで、MetaMaskをEthereumメインネットからPolygonネットワークに切り替える必要があります。[ネットワーク切替] をクリックすると、切替ことができます。


4. MetaMaskウォレットにMATICが表示されるようになりました。


ステップ 2: MetaMaskを使用したMATICとEthereumのブリッジング

1. [ブリッジ] インターフェイスに移動し、[出金] をクリックします。トークン一覧から [Maticトークン] を選択し、金額を入力して [振替] をクリックします。

振替モードは自動的に [プラズマブリッジ] が選択されます。


2. 重要な注意事項を読み、準備が完了しましたら [続行] をクリックします。


3. このトランザクションにかかるガス手数料の概算も表示されます。ガス代に問題がなければ、[続行] をクリックして次に進みます。 


4. トランザクション内容を確認し、[続行] をクリックしてください。


5. MetaMaskのポップアップが表示され、トランザクションを確認することができます。[確認] をクリックすると、振替の途中経過が表示されます。

プラズマブリッジの振替には、3つのトランザクションを手動で確認する必要があります。1つ目は、Polygonウォレットからの出金を開始することで、最大で3時間かかります。


6. チェックポイントが到着すると、Ethereumのブロックチェーン上でお客様のトランザクションが検証されたことを意味します。チャレンジ期間開始には、2回目のトランザクション確認が必要となります。これは、出金トランザクションの安全性を高めるための措置です。


7. チャレンジ期間終了後は、[続行] をクリックするだけで、MATICトークンがMetaMaskウォレットに送られます。



まとめ

Polygonブリッジの相互運用性により、ユーザーはEthereumとPolygonのブロックチェーン間で資産を振替させることができます。Polygonブリッジは、Polygonネットワーク上で利用可能なさまざまなDeFiプラットフォームやDAppを体験したいユーザーに対して、代替手段を提供するものです。