4 メタバースにおけるブロックチェーンと仮想通貨のプロジェクト
目次
はじめに
メタバースにとって、仮想通貨やブロックチェーンが重要な理由
バイナンススマートチェーンでのメタバースプロジェクト
Sandbox (SAND) とは?
Decentraland (MANA) とは?
Enjin (ENJ) とは?
Bloktopia (BLOK) とは?
まとめ
4 メタバースにおけるブロックチェーンと仮想通貨のプロジェクト
ホーム記事
4 メタバースにおけるブロックチェーンと仮想通貨のプロジェクト

4 メタバースにおけるブロックチェーンと仮想通貨のプロジェクト

中級者
公開済 Dec 1, 2021更新済 Feb 15, 2022
7m
免責事項: この記事は教育目的のみです。バイナンスはこれらのプロジェクトとは何の関係もなく、またこれらのプロジェクトに対する保証もありません。バイナンスを通じて提供される情報は、投資や取引に関する助言や推奨を行うものではありません。バイナンスはお客様のいかなる投資判断にも責任を負いません。金融リスクを取る前に専門家のアドバイスを受けてください。


概要

メタバースは急速に成長しています。私たちのデジタルライフのより多くの側面を一緒にするために、プロジェクトは発展し続け、つながっています。ブロックチェーンは、この開発においてすでに重要な役割を果たしています。

バイナンススマートチェーンには、多数のメタバース・プロジェクトが存在します。Cyber DragonやAlien worldsなどのRPGゲームや、メタバース世界のSecondLive、さらにはプレイヤーが運営するカジノ「decentral.games」などがあります。TopGoalのようなコレクターズカードゲームもメタバースの中に存在します。

Ethereumのブロックチェーン上では、DecentralandとSandboxが同様のメタバース体験を提供しており、ユーザーはデジタルIDを作成し、ランドを購入し、NFTマーケットプレイスでNFTを取引することができます。ワーク、ライフ、プレイを融合させることで、プレイヤーはプレイ・トゥ・アーンのDeFi経済に参加することができます。ユーザーは、ゲームに参加してプレイすることで、収入を得ることができます。Bloktopiaは、デジタル超高層ビルの21階で同様の体験を提供しています。ユーザーは、各フロアの不動産スペースを売買・賃貸して収入を得ることができます。

Enjinプロジェクトでは、まだ3Dバーチャルリアリティの世界を体験することはできませんが、ゲーム内のNFTアセットを作成するためのツールを提供しています。NFTは、デジタルな収集性を生み出すことができるため、メタバースのもう一つの重要な要素となっています。Enjinを通じて、ユーザーは流動性NFTを作成し、任意の時点でENJトークンに分解することができます。


はじめに

2021年は、ブロックチェーンと仮想通貨にとって大規模な年となりました。ミームコイン、ブルラン、NFTなど、この業界は常に話題になっています。今年の後半は、メタバースという新たなトレンドが生まれました。現実世界の社会生活、仕事、そして没入型テクノロジーを融合させることを目的としたメタバースは、人々の想像力をかきたてています。メタバースはまだはじまったばかりですが、仮想通貨はすでに中心的な役割を果たしています。ここでは、この新しいデジタルの未来をもたらすブロックチェーンプロジェクトのいくつかをご紹介します。


メタバースにとって、仮想通貨やブロックチェーンが重要な理由

仮想通貨とブロックチェーンがメタバースにとってどれだけ重要かを理解するために、 メタバース が何であるかを簡単に振り返ってみましょう。メタバースとは、3Dのアバターを使って探索できる、オンラインでつながった宇宙のことです。ユーザーは、仕事、ソーシャル、創造、学習のすべてを1つの場所で行うことができます。それは、インターネット体験の次の進化と考えてください。
ウェブにはPayPalやカード決済がありますが、メタバースにはデジタル経済を実現するための仮想通貨があります。ブロックチェーンは、デジタル所有権証明、デジタル収集性、価値の移転、 ガバナンス 、アクセシビリティ、相互運用性の6つの主要なメタバース領域に有用な技術であることが証明されています。ブロックチェーン技術は、透明性と費用対効果の高いソリューションを提供してくれるので、メタバースには最適です。 メタバースとは何か をご覧になれば、これら6つの分野をより詳しく知ることができます。ここでは、異なるブロックチェーンのメタバースプロジェクトにどのように適用されているかを見てみましょう。


バイナンススマートチェーンでのメタバースプロジェクト

メタバースに関しては、バイナンススマートチェーンで膨大な開発が行われています。プロジェクトは、Top Goalのような現実のプレイヤーが参加するコレクターズカードゲームから、Cyber DragonやAlien WorldsのようなRPGスタイルのユニバースまで多岐にわたります。また、プレイヤーが運営するカジノdecentral.gamesや、SecondLiveと呼ばれるイベントを開催する古典的なメタバースVRプロジェクトもあります。知っておくべき5つのBSCメタバースプロジェクトのセレクションを読むと、BSCが提供するものをより詳しく知ることができます。


Sandbox (SAND) とは?

The Sandbox は、ユーザーが NFT(非代替性トークン)、ユーザーが作成した環境、その他のコンテンツを含む仮想世界を探索するブロックチェーンゲームです。2011年にモバイルゲームとして設立されたThe Sandboxは、Ethereum、Ether (ETC) を使用し、ゲーム内経済を動かすためにトークンSANDを使用した複雑なゲームに発展しました。
プレイヤーは、メタバースのキーコンセプトである、自分のアバターやデジタルアイデンティティを作成します。アバターは、プレイヤーのNFT、SANDトークン、その他のブロックチェーン資産を管理するための仮想通貨ウォレットと関連付けることができます。VoxEditやGame Makerを使用して、ゲームやバーチャルアイテムを作ることもできます。これらの強力なプログラムは、複雑でプロフェッショナルな動画ゲームの資産を作成し、それをNFTにすることができます。ユーザーはこれらのアイテムを交換することができるため、The Sandboxをプレイすることで副収入を得ることができる、プレイ・トゥ・アーンモデルを展開しています。


Decentraland (MANA) とは?

Decentraland は、プレイヤーが自分の土地を開発し、イベントを開催し、コンテンツを作成し、その他の社会的活動を行う3Dユニバースです。Decentralandのコアとなる経済は、ブロックチェーンに基づいて、デジタル本人確認、所有権、ユニークなアイテムの希少性を確立しています。2021年後半のメタバース大流行を先取りした、最も有名で知名度の高いプロジェクトの一つです。
2016年に設立され、Estaban OrdanoとAri Meilichは、ベーシックな2Dゲームを、数十万ドルの価値があるNFTを持つ大規模な世界へと成長させました。また、このプロジェクトでは、独自のERC-20 ユーティリティ・トークンであるMANAを保有しています。
では、Decentralandはメタバースの中でどのように位置づけられるのでしょうか?3Dインターフェース、デジタル経済、ソーシャル要素、ゲーム内イベントなど、メタバースの要素を多く取り入れています。より多くのプロジェクトがDecentralandに接続することで、メタバースのハブとしての側面も持ち合わせています。Decentralandは、ランドという仮想不動産のNFTでも特に有名です。Decentralandの 分散型自律組織 (DAO) の投票権を提供するとともに、ランドは価格が大きく上昇し、トレーダーや投資家の間で人気を集めています。


Enjin (ENJ) とは?

Enjinは、ゲーム内アイテムとして使用されるNFTの作成に特化したブロックチェーンプラットフォームです。同プロジェクトでは、一般ユーザーがEthereumベースのNFTを簡単に生成できるよう、ソフトウェア開発キット (SDK) を公開しています。NFTはすでにメタバースの重要な一部となっているため、Enjinは人々がNFTを生成するためのより安全な方法を模索してきました。

NFTに関する一般的な不満は、流動性の低さがある可能性があるということです。NFTの買い手を見つける必要がありますが、それには時間がかかります。しかし、Enjin NFTはいつでもENJコインと引き換えにメルトすることができます。つまり、ENJの価格がゼロにならない限り、NFTには常に何らかの価値があるということです。買い手を待つ必要がないので、NFTをENJに変えることで、すぐに流動性を確保することができます。デジタルの収集性や希少性をサポートすることで、Enjinはメタバースの一部として役立つと考えています。

 

Bloktopia (BLOK) とは?

Bloktopiaは、21階建ての超高層ビルを舞台にした、もうひとつのVRメタバースゲームです。DecentralandやThe Sandboxと同様に、Bloktopiaはイベント、社交、仕事などのハブとなることを目指しています。21階は、Bitcoinの最大供給量である2,100万BTCを表しています。このプロジェクトでは、Polygonブロックチェーンを使用して、学ぶ、稼ぐ、遊ぶ、創るという4つの主要な側面をサポートしています。
1. 学ぶ - Bloktopiaは、ユーザーがブロックチェーンについて学び、それがどのようにメタバースの力になっているかを知るためのゲートウェイとして機能します。より身近でインタラクティブな方法で、仮想通貨について学ぶことができます。
2. 稼ぐ - Bloktopiaは、ネイティブトークンであるBLOK、Reblokと呼ばれる仮想不動産、Adblokによる広告機会など、プレイ・トゥ・アーンモデルを採用しています。
3. 遊ぶ - ユーザーは、オンラインで友達と交流したり、ユーザーが作成した様々なゲームやコンテンツを楽しむことができます。
4. 創る - Blocktopiaは、ゲーマーが環境やデジタル広告スペースまで作成できるツールを提供しています。


プレイ・トゥ・アーンは、ゲームのメタバースで話題になっています。ゲームをプレイすることで収入が得られるというのは、非常に魅力的なことです。DecentralandとThe Sandboxは、不動産を販売するためのシンプルな方法を提示していますが、Bloktopiaはさらに進化しています。Reblokの各フロアは、テナントに貸すことも、1回のイベントのために雇うこともできます。また、他のプレイヤーが自分のレベルに時間を費やすことで、ユーザーは広告収入を得ることができます。



まとめ

メタバースの発展にはまだまだ時間がかかりそうです。自分でプロジェクトをプレイしてみると、メカニック、ルック、フィールが非常にベーシックなものであることがわかります。多くはまだ計画段階であり、試すこともできません。

しかし、確実に言えることは、新しいプロジェクトの数は増え続けているということです。大規模なゲーム会社であろうと、小さなメタバースの仮想プロジェクトであろうと、開発は急速に進んでいます。上記のプロジェクトはあくまでもスタート地点に過ぎませんので、定期的にアップデートやニュースをチェックして、進化するメタバースの最新情報を入手してください。


免責事項: この記事は教育目的のみです。バイナンスはこれらのプロジェクトとは何の関係もなく、またこれらのプロジェクトに対する保証もありません。バイナンスを通じて提供される情報は、投資や取引に関する助言や推奨を行うものではありません。バイナンスはお客様のいかなる投資判断にも責任を負いません。金融リスクを取る前に専門家のアドバイスを受けてください。