チューリップマニアとは?
チューリップマニアとは?
ホーム記事
チューリップマニアとは?

チューリップマニアとは?

初心者
Published Dec 23, 2018Updated Sep 30, 2021
4m

チューリップマニアは1600年代に発生した、記録に残っている中では最古の金融バブルと考えられています。これから、チューリップマニアが本当に金融バブルだったのかどうかを議論していきますが、その前に一般的なチューリップバブルの物語を見ていきます。


チューリップマニアバブル

チューリップマニアはオランダの黄金時代の間に、オランダで発生しました。当時、国際取引と大規模な貿易業務のおかげで、オランダの1人当たり所得は世界トップでした。

経済ブームは多くの人々が富と繁栄を手に入れるのを助け、それに伴って高級品市場も大きくなりました。その中でも特に多くの人が欲しがったアイテムはチューリップでした。特に、突然変異によって通常のチューリップよりも一層綺麗に見えるチューリップが人気でした。これらの個性的なチューリップは他のチューリップとは大きく違っていたので、誰もが突然変異による独特な色とパターンのチューリップを人に見せびらかしたいと思っていました。

模様などのバラエティによっては1つの花の価格が簡単に熟練労働者の収入やさらには家の価格を上回ることもありました。先物契約の登場によって、物理的に所有権を移転させなくても良くなったため、花の価格はさらに上昇しました。さらに、腺ペストの影響で人々がより投資リスクを取る傾向にあったことも価格上昇の要因と言われています。

しかし花を栽培する農家の数がどんどん増えたため、結局供給が大きくなりすぎたため、チューリップ市場は1637年2月にそのピークを迎えました。突然買い手がいなくなり、ハールレムでのチューリップオークションが失敗した後、恐怖とパニックがスバラク広まったため、バブルはたったの数日で破裂してしまいました。

歴史家は、その時代の財務記録を入手するのが難しいため、実際にチューリップマニアが原因で破産が発生したかどうかを断言しません。しかし、このチューリップバブルの崩壊はチューリップ契約を保持している投資家に確実に大きな損失を与えました。しかし、これがビットコインとどのように関係するのでしょうか。


チューリップマニア vs ビットコイン

チューリップマニアは多くの人からバブルの破裂の主要な例の1つとして考えられています。多くの人はこの話をチューリップの価格を合理的なものを大きく上回らせた人間の欲望と煽りの物語と考えています。確かに、この相場を見抜いていた人々は早々と抜け出していましたが、後から入った人たちは価格の下落が始まってからパニック売りをしたため、多くの投資家とサービスプロバイダーが資金を失いました。

ビットコインが金融バブルの新しい例とよく言われます。しかし、チューリップマニアとビットコインはその資産クラスと市場の状況が違うため、適切な比較対象ではないです。人類の現在の金融環境はまったく違っており、17世紀のチューリップ市場よりもはるかに多くのプレイヤーが参加しています。さらに、仮想通貨市場は伝統的な市場とはまったく違っています。


主要な違い

チューリップとビットコインの大きな違いの1つとしては価値の保存としての役割を果たせる可能性があります。チューリップの寿命は限られており、球根だけを見ただけでは花の正確な品種や外観を伝えることはほとんど不可能でした。商人は、特に希少な色の球根を買った時、まずはその球根を植えて、実際に投資した種類の花が咲くことを祈らないといけませんでした。それ以外でも、もしもチューリップを移動させたい場合、商人はそのチューリップを安全に目的地まで関連するコストを負担して、発送する必要がありました。また、チューリップは小さく分割することができないため、決済手段としても適していませんでした。また、花は市場や屋台から簡単に盗むことができるため、保護するのが難しかったです。

対照的に、ビットコインはデジタルで、グローバルなP2Pネットワーク内で転送することができます。また、ビットコインは暗号技術によって保護されているデジタル通貨のため、不正に対して高度な耐性を持っています。ビットコインはコピーや破壊することはできず、複数のより小さい単位に簡単に分割することができます。さらに、発行上限が2100万枚と固定されているため、相対的な希少性があります。確かに、仮想通貨にはいくつかのリスクがありますが、一般的なセキュリティの原則に従っている限り、ユーザーの資産はたいていの場合安全です。


チューリップマニアは本当にバブルだったのか?

2006年にEarl A. Thompsonという経済学者が「The tulipmania: Fact or artifact」という題の論文が発表され、この論文で彼は、チューリップマニアは市場の狂乱によるものではなく、政府によるチューリップの先物契約からオプション契約への黙示の移行によるものだったと主張しています。Thompsonは、このエピソードは、両当事者間でファンダメンタル的な価値を上回る価格への合意が必要であるにも関わらず、チューリップマニアではそのような合意は確認できないため、バブルと考えることはできないと主張しています。

2007年にAnne Goldgarは「Tulipmania: Money, Honor, and Knowledge in the Dutch Golden Age」という本を出版し、ここで彼女は有名なチューリップマニアの話には、実際には多くの作り話が盛り込まれている証拠を提示しました。広範な子文書の研究に基づいて、Goldgarはチューリップバブルにおけるチューリップ価格の上昇と下落は私たちが信じているよりもはるかに小さかったと主張しています。また、彼女はチューリップバブルの破裂による景気への影響は非常に小さく、チューリップ市場に関わっていた人も非常に少なかったと言っています。


まとめ

チューリップマニアが金融バブルだったかどうかに関わらず、チューリップとビットコイン(もしくは、その他の仮想通貨)を比べるのは不合理です。チューリップマニアは約400年前に、まったく異なる時代背景で発生した出来事であり、チューリップを暗号技術で保護されたデジタル通貨と比較することはできません。