Band Protocol (BAND) とは?
目次
はじめに
Band Protocolとは?
Band Protocolの仕組み
BAND Protocolはどのようなコンセンサスメカニズムを使用しますか?
BAND Protocolの主な目標とは?
まとめ
Band Protocol (BAND) とは?
ホーム記事
Band Protocol (BAND) とは?

Band Protocol (BAND) とは?

中級者
公開済 Jul 27, 2022更新済 Aug 4, 2022
4m



概要

Band Protocol (BAND) は、異なるブロックチェーンにまたがる複数のプロジェクトにサービスを提供するデータオラクルプラットフォームです。Delegated Proof of Stakeコンセンサスメカニズムを使用しており、デリゲーター、バリデーター、およびノードが参加するために、ネイティブトークンBANDをステークします。

オフチェーン情報の要求は、バリデーターによって収集され、チェーンにデリゲートされた後、要求元のDAppsに配布されます。

はじめに

ブロックチェーンと分散型金融 (DeFi) は、10年以内で世界の金融システムの現状を変えました。しかし、分散型アプリケーション (DApp) 開発者が直面する大きな障害の1つは、信頼性が高く正確な現実世界のデータにアクセスすることです。これらのデータソースはブロックチェーンの外部にあり、チェーン上で統合する必要があります。この問題を解決しようとするために、BAND Protocolのようなオラクルは仮想通貨エコシステムで一般的になっています。

Band Protocolとは?

Band Protocol (BAND) は、現実世界のデータを集約し、APIやスマートコントラクトに接続するクロスチェーン・データ・オラクルプラットフォーム です。2017年に設立されたBand Protocolは、DAppsのオンチェーンとオフチェーンのデータソース間の情報交換を可能にします。もともとEthereum (ETH) ブロックチェーン上に構築されたこのプロトコルは、ガス手数料を下げ、コストを最適化するために、2020年6月にCosmosネットワークに移行しました。 

オラクルネットワークとして、BAND Protocolは現実世界のオフチェーンデータとブロックチェーンの間の仲介者です。彼らのサービスにより、スマートコントラクトは実際のオフチェーンイベントと情報に基づいて実行することができます。信頼できるオラクルがなければ、DAppsは透明な情報源で信頼できる分散型の方法で運営するのに苦労します。

Band Protocolの仕組み

Band Protocolは、Cosmos SDKを使用して構築された独立したBandChainブロックチェーンを使用します。開発者はBandChainを使用して、DAppsとスマートコントラクト用のオフチェーンの実際のデータを提供するカスタマイズ可能なオラクルスクリプトを開発することができます。カスタマイズ可能なオラクルスクリプトには、データ、データ・ソース、データのレポートに必要なバリデーターの数、およびデータを集約するための方法論が含まれます。

オラクルスクリプトを実行すると、以下のフローが開始されます。

1. DAppは、カスタマイズされたオラクルスクリプトに従ってデータを要求します。

2. この要求は、指定されたデータソースからデータを取得することによって応答するランダム化されたバリデーターのセットによって受信されます。

3. 異なるバリデータからのデータレポートは、カスタマイズされたオラクルスクリプトに従って集計されます。

4. この最終的な集計データはBandChainに永続的に保存され、オラクルのデータ証明が作成されます。

5. 検証されたオラクルデータは、リクエストを行ったDAppsまたはブロックチェーンに転送されます。

BAND Protocolはどのようなコンセンサスメカニズムを使用しますか?

BAND Protocolは、ネイティブのBANDトークンと Delegated Proof of Stakeコンセンサスメカニズムを使用して、オラクルネットワークを保護します。BandChainには現在、ブロックチェーンに取り組んでいる90人以上のプロフェッショナルおよびコミュニティノードオペレーターがいます。各ノードオペレーターは、悪意のある行動を妨げて、ネットワーク上でBANDトークンをステークする必要があります。データ要求を正常に処理したことに対する報酬として、バリデーターは問い合わせ手数料のシェアとブロック報酬を取得します。

BANDトークン所有者として、ネットワークに参加するには、バリデーターまたはデリゲーターの2つの方法があります。BandChainのバリデーターは、データの説明責任を確保するためにBANDトークンをステークすることも必要です。

トークン所有者は、トークンをステークするか、バリデーターに委任して、ステーキング報酬と収集されたデータリクエストの手数料を獲得することができます。さらに、BANDトークンはプロトコルのガバナンスメカニズムにも使用されます。

BAND Protocolの主な目標とは?

BAND Protocolの魅力的な資質のほとんどは、EthereumからCosmosへの移行から来ています。このプロジェクトは、次の3つの設計目標に基づいて作成されました。

1. スピードとスケーラビリティ - 最小限の遅延で多数のデータ要求を処理します。

2. クロスチェーン互換性 - ブロックチェーンにとらわれず、ほとんどの公開されているブロックチェーンにサービスを提供することができます。

3. データの柔軟性 - 汎用システムでデータを取得および集計するさまざまな方法をサポートします。

BAND Protocolはこれらの目標をどのように達成しようとしますか?

Cosmosネットワーク独自のIBC (ブロックチェーン間通信) プロトコルは、ブロックチェーンに迅速な相互運用性と自律性を提供します。この機能により、BAND Protocolは、Ethereum、Fantom、Avalancheなど、さまざまなネットワーク上に構築されたプロジェクトにサービスを提供し、パートナーを組むことができます。 

BAND標準データセットには、増え続けるデータソースからの8 を超えるデータフィードのコレクションが含まれています。これらの分散型価格フィードにより、DApp開発者はブロックチェーンネットワーク上で開発およびデプロイする際に、創造的で機敏で柔軟になります。

まとめ

Band Protocolは、Web3の実現に重点を置いた成長中のオラクル・ソリューション・プロバイダーです。高速でスケーラブルで、カスタマイズ可能で相互運用可能なサービスというその目的は、Web3エコシステムの一部になることを目指している開発者にとって魅力的であることが証明されるはずです。