複数のメタバースが共存することはできるのでしょうか?
目次
はじめに
メタバースとは?
メタバースでは何が実現するのでしょうか?
メタバースは1つだけでしょうか?
将来のメタバースによるウェブ
まとめ
複数のメタバースが共存することはできるのでしょうか?
ホーム記事
複数のメタバースが共存することはできるのでしょうか?

複数のメタバースが共存することはできるのでしょうか?

中級者
公開済 Sep 14, 2022更新済 Sep 29, 2022
5m

概要

メタバースは、ユーザーのデジタル生活と現実世界の生活をつなぐオンラインの没入型空間です。拡張現実 (AR)、仮想現実 (VR)、ブロックチェーンなどのテクノロジーを組み込むことで、メタバースは仕事、交流、リラックスのための新しいデジタル方法を提供します。

DecentralandやSecond Liveなどのプロジェクトでは、すでにPlay to Earnゲームやその他のブロックチェーンアプリケーションを実験しており、コミュニティが共通の目標に向かって集まり、作業し、構築できるようにしています。さらに、テクノロジー業界の大企業は、トレンドに追いつくためにメタバースを構築しています。

多くのメタバースが存在する可能性がありますが、それらが互いに接続できれば、それらのメタバースすべてが利益を得るでしょう。ブロックチェーン技術は、相互運用性をメタ化するユニークな方法を提供します。これにより、ユーザーはメタバース間で仮想通貨、アイテム、およびその他のデジタル資産を移動できる可能性があります。

はじめに

メタバースは、テクノロジー、仮想通貨、インターネットの未来を考えるときに人々が言及する言葉の1つです。完全なメタバースはまだ存在していませんが、小規模なプロジェクトやグローバル企業がデジタル空間の未来を築くために努力していることは注目に値します。

メタバースとは?

メタバースは、3Dアバターを介して探索可能な接続された仮想宇宙の概念です。メタバースは、インターネットの次の進化であり、より没入型でインタラクティブなオンライン体験を提供するものと考えることができます。

メタバースには、拡張現実 (AR)、仮想現実 (VR)、ブロックチェーンなどの技術が組み込まれています。ARはユーザーがカメラを使用してデジタル視覚要素を現実世界に変形させることを可能にしますが、VRはユーザーがVRヘッドセットを通して探索するコンピュータ生成の仮想環境を作り出します。一方、ブロックチェーン技術は、デジタル所有権の証明、デジタル収集可能性、および価値の移転を可能にします。

Binance NFT MarketplaceのようなNFTプラットフォームも、ゲームプロジェクトと仮想通貨コミュニティ間のリンクを提供することで、ゲームメタバースの発展に貢献しています。さらに、コミュニティ主導のBNB Smart Chain (BSC) は、さまざまなメタバースプロジェクトを管理しています。また、フォートナイトは、仮想世界で3億5,000万人以上のプレイヤーをつなぐメタバースプラットフォームを開発しました。

メタバースはまだ開発中ですが、ゲームプラットフォームを超えて拡大する可能性があります。たとえば、デジタルID、リモートワーク、分散型ガバナンスのアプリケーションは、メタバースの恩恵を受けることができる潜在的なセクターのほんの一部です。

メタバースでは何が実現するのでしょうか?

メタバースは、物理空間とデジタル空間を組み合わせた共有仮想空間を作成します。たとえば、企業はメタバースを使用して、VRヘッドセットを使用して複合現実の会議を主催したり、物理的に同じ場所にいなくても契約に署名したりすることができます。

同様に、仮想の通路を使用してで買い物をしたり、NFTコレクションを仮想の仲間に紹介したり、自宅の居心地の良い場所を離れることなくアート展を訪れたりすることもできます。

Axie InfinityのようなPlay to Earnゲームや、Gather.townのような仕事の社会化ツールは、すでに仮想世界に働くことが実装可能であることを証明しています。メタバースは、楽しんでり、人々と出会ったり、デジタル通貨を使って取引したり、さらには生計を立てたりできるようにすることで、ユーザーを仮想の世界に誘います。

一方、Decentralandは、ソーシャル要素を仮想通貨やNFTとうまく組み合わせ、化粧品のコレクションから仮想不動産まで、あらゆるものがデジタルで表現されているオンライン世界です。たとえば、プレイヤーはDecentralandのネイティブ通貨であるMANAを使用して、Ethereumブロックチェーン上でNFT (非代替性トークン) として発行された16x16メートルの土地区画を購入することができます。

最後に、メタバースは、人間の集団が共通の利益の周りに集まることを可能にします。たとえば、フォートナイトはTravis Scottのバーチャル・アストロノミカル・コンサートを主催し、世界中で1,200万人以上のリスナーを動員したことで有名です。通常のコンサートとは対照的に、ゲーマーは有名なラッパーとアバターで対話し、アニメーション化された3Dビジュアルを楽しむことができます。

メタバースは1つだけでしょうか?

メタバースの概念は、誰もが共有する1つの共通の仮想基盤があることを示唆しています。しかし、これまで見てきたように、互いに分離したさまざまなメタバースが存在する可能性があります。

したがって、各メタバースは、メタバースの集合体において特定の機能を持つようになるでしょう。同様に、各ソーシャルメディアプラットフォームはユーザーに特定のサービスを提供するため、メタバースは明確なバーチャルの可能性を提供します。以前の例と同様に、あるメタバースはゲームに集中し、他のメタバースはミートアップやコンサートに集中することができます。

Axie Infinity、Decentraland、Second Liveなどの仮想通貨メタバースプロジェクトには、それぞれメタバースを構築するための独自のアプローチがあります。ブロックチェーンベースのメタバースに加えて、ビッグテックはメタバースの物語を進めています。例えば、Facebookは名前をMetaに変更し、メタバースコンテンツ、ソフトウェア、ARおよびVRヘッドセットの開発に数十億ドルを投資しました。同様に、Microsoft、Google、Tencentなどの大企業はメタバースを構築しており、新しいテクノロジーを開発することで、この分野に参入しています。

理想的には、さまざまなメタバースが相互運用可能になる必要があります。メタバースの相互運用性とは、1つ以上のメタバースが簡単にやりとりしてデータを交換できることを意味します。相互運用可能なメタバースを使用すると、ユーザーはNFTや仮想通貨を含む資産をあるメタバースから別のメタバースに移動できます。

多くの開発者とプロトコルは、メタバースをつなぐための技術として、ブロックチェーンに期待しています。まず、ブロックチェーンは分散型、かつ透明性があります。次に、所有権、信憑性、価値の移転、アクセシビリティのデジタル証明を提供することができます。

たとえば、2つのPlay 2 Earnゲームが相互運用可能で、同じブロックチェーン上に構築されている場合、プレイヤーはそれらを切り替えることができ、仮想アイテムは両方のゲームで確立され、保護されます。言い換えれば、ユーザーは両方の仮想世界で銃、スキン、その他のゲーム内アイテムを使用することができます。ブロックチェーンブリッジを使用して、異なるブロックチェーンネットワーク間で仮想通貨やその他のデジタル資産を移動する可能性もあります。

将来のメタバースによるウェブ

メタバースはまだ発展途上の段階です。今後、この技術がどのように展開するかは誰にもわかりませんが、間違いなく資本と開発者の注目を集める技術分野です。前述のように、メタバースはおそらくいくつかの個々のメタバースで構成されます。そのように個々のメタバースが並存している中でも、メタバース間をつなぐための中心的な役割をブロックチェーンや仮想通貨などの技術が果たすかもしれません。

長期的には、異なる目的を持つさまざまなメタバースが単一のメタバースの一部になるのを見るかもしれません。異なるメタバースのウェブを作成することも、さらなる普及を促進する可能性があります。

まとめ

メタバースは、新しいプロジェクトが市場に登場し、既存のプロジェクトが新しい機能やサービスを開発するにつれて成長し続けています。仮想通貨業界にはDecentralandのようなブロックチェーンネイティブのプロジェクトがあります。他の分野のメタバースプロジェクトとして、フォートナイトやMetaなどの伝統的な市場のプレーヤーのものもあります。AR、VR、ブロックチェーン、その他のテクノロジーの進歩により、エキサイティングな新しい仮想的でボーダレスなメタバースが台頭するでしょう。