イニシャル・ゲーム・オファリング (IGO) とは?
目次
はじめに
IGOの仕組みとは?
IGO、ICO、 IEO、IDOの違い
イニシャル・コイン・オファリング (ICO)
イニシャル・エクスチェンジ・オファリング (IEO)
イニシャル・DEX・オファリング (IDO)
IGOへの参加のヒント
バイナンスNFTでIGOに参加する方法
まとめ
イニシャル・ゲーム・オファリング (IGO) とは?
ホーム記事
イニシャル・ゲーム・オファリング (IGO) とは?

イニシャル・ゲーム・オファリング (IGO) とは?

初心者
Published Jan 7, 2022Updated Feb 3, 2022
5m

概要

GameFiの台頭により、イニシャル・ゲーム・オファリング (IGO) が仮想通貨投資家の間で人気を集めています。IGOでは、開発初期段階のブロックチェーンゲームのNFTやトークンを事前に購入することができます。


はじめに

IGOは通常、ローンチパッド・プラットフォームを通じて組織されます。通常、ローンチパッドを利用した投資では、参加者はプラットフォームのネイティブ・トークンを一定期間ロックする必要があります。プロジェクトに応じて、参加者はゲームのトークンやNFTに早期にアクセスすることができます。IGOから取得したトークンやNFTは、ゲームエコシステムの外で分散型取引所やNFTマーケットプレイス上で取引できるケースもあります。


IGOの仕組みとは?

イニシャル・ゲーム・オファリング (IGO) は、ブロックチェーンゲームのプロジェクトが資金を調達するための手法です。これは イニシャル・コイン・オファリング (ICO) と似ていますが、仮想通貨トークンとは別に、IGOの参加者はゲームの初期開発を支援しながら、ゲーム内資産への早期アクセスの機会を得ることができます。IGOの提供資産には、ミステリーボックス、キャラクター、スキン、アクセサリー、武器などのアイテムが含まれることが多い。ほとんどの場合、これらはゲームにアクセスしたりプレイしたりするために必要なNFTです。
現在、市場にはバイナンスNFT、BSCPad、TrustSwap、EnjinStarterなど、数多くのIGOローンチパッドが存在しています。ローンチパッドによってIGOの設定は異なりますが、通常、投資家が参加するにはローンチパッドのプラットフォームのネイティブトークンを購入する必要があります。バイナンスNFTでのIGOを例にとると、投資家が参加するためには、バイナンスウォレットに一定量のBNBを保有する必要があります。

参加者は、必要なトークンを獲得した後、一定期間プールにロックする必要があります。その後、割り当てアルゴリズムに応じて、ロックされたトークンの量に応じて、プロジェクトのトークンやNFTを受け取ることになります。 

バイナンスNFTでは、参加者全員がIGOからNFT資産を手に入れる機会を平等に得られるように、報酬獲得者の選定に定期登録メカニズムを採用しています。参加者は、購入したゲーミングトークンやNFTを市場で取引する前に、しばらくの間、保有したり、ステークする必要がある場合もあります。


IGO、ICO、 IEO、IDOの違い

仮想通貨の世界では、いくつかの資金調達方法があります。人気のあるものには、イニシャル・コイン・オファリング (ICO)、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング (IEO)、イニシャル・DEX・オファリング (IDO) などがあります。どれも似たようなクラウドファンディングの手法ですが、その運用方法には一定の違いがあります。


イニシャル・コイン・オファリング (ICO)

イニシャル・コイン・オファリング (ICO) は、仮想通貨における最初の資金調達方法でした。ブロックチェーンベースのプロジェクトチームが、仮想通貨を使用して資金を調達することができます。ICOの手法は、2014年にEthereumで使用され、2018年初頭までクラウドファンディングの手段として非常に人気がありました。ICOイベントは、プロジェクトが開発の初期段階で資金援助を受けるための有効な手段となります。ICOについては、ICO (イニシャル・コイン・オファリング) とは? の記事をご参照ください。


イニシャル・エクスチェンジ・オファリング (IEO)

イニシャル・エクスチェンジ・オファリング (IEO)と他のオファリングとの主な違いは、IEOはプロジェクトのチームが直接ホストするのではなく、仮想通貨取引所の中で行われることです。評判の良い仮想通貨取引所と提携することで、プロジェクトとIEO参加者の両方にメリットがあります。ほとんどの場合、プロジェクトは取引所でホストされる前に厳格な審査を受けなければなりません。また、IEOを支えるプロジェクトチームは、取引所のユーザー層へのリーチを増やすことができます。IEOプラットフォームの代表的な例として、バイナンス・ローンチパッドがあります。


イニシャル・DEX・オファリング (IDO)

イニシャル・DEX・オファリング (IDO)は、分散型取引所 (DEX) で開催されるICOです。IDOは、ICOやIEOのモデルの欠点を解消するために生まれました。例えば、プロジェクトのトークンはDEXで発売されるため、一般的にIEOに比べてプロジェクトの上場にかかる費用は少なくて済みます。IDOはまた、トークンの流動性を即座に提供します。つまり、IDOが完了すると、トークンはほぼ即座に上場することができます。

しかし、IDOはDEX上で運営されているため、必ずしも厳格なデューデリジェンスのプロセスを経ているわけではありません。IDOプロジェクトの中には、品質が低かったり、評判が悪かったりするものがあるため、全体的なリスクが高まる可能性があります。また、多くのIDOが投資家の資金を奪う詐欺プロジェクトであることが判明しているため、ラグプルにも注意が必要です。


IGOへの参加のヒント

あらゆる投資と同様に、IGOが利益をもたらすという保証はありません。IGOにコミットする前には、必ずDYORや潜在的なリスクを考慮する必要があります。

例えば、ゲームプロジェクトのウェブサイトやソーシャルメディアをチェックして、明確な計画や開発ロードマップを提供しているかどうかを確認することができます。また、評判の良い投資家やパートナーがプロジェクトを支援しているかどうかも確認できます。


バイナンスNFTでIGOに参加する方法

バイナンスNFTでIGOに参加する場合、さまざまなゲームプロジェクトから独占的なゲーム内資産やNFTコレクションを入手することができます。

バイナンスNFTは、すべてのユーザーがIGOに参加する機会を平等に得られるよう、独自の定期登録メカニズムを採用しています。最終的なNFTの割り当ては、完全に公開され、検証可能な選択アルゴリズムに基づいて行われます。

1. バイナンスアカウントにログインし、バイナンスNFTホームページに移動します。参加を希望するIGOプロジェクトのバナーをクリック してください。

2. 定期登録ページに移動し、プロジェクトの詳細が表示されます。参加資格を得るためには、最低でもBNBの保有数を維持する必要があります。


3.バイナンスIGOには「準備」「登録」「計算」「配信」の4つのフェーズがあります。各フェーズで必要なことの詳細は、こちらのFAQ記事をご確認ください。



まとめ

IGOは、ゲーム開発者がブロックチェーン技術を利用してプロジェクトに資金を供給する革新的な方法を提供しています。IGOは、投資家が早い段階でゲームプロジェクトを支援するのに適した方法ですが、大きな財務リスクも伴います。自分の資金を危険にさらす前に、必ずデューデリジェンスを行うべきです。