メタバースに出資している企業とは?
目次
はじめに
メタバースに投資する理由とは?
大手企業によるメタバースの投資方法
メタバース投資のさまざまなレイヤー
メタバースに出資している企業とは?
まとめ
メタバースに出資している企業とは?
ホーム
記事
メタバースに出資している企業とは?

メタバースに出資している企業とは?

初心者
公開済 Oct 24, 2022更新済 Nov 11, 2022
6m

概要

インターネットは新しい時代を迎えようとしており、仮想通貨プロジェクトと一般企業の両方がメタバースの可能性を模索しています。メタバースに早くから自信を持って参入した企業もあれば、自社の技術が明らかに適合しているにもかかわらず、二の足を踏んでいる企業も存在します。こうした企業は通常、没入型ハードウェア、3D、インタラクティブプラットフォーム、コネクティビティ、ブロックチェーン、半導体、セキュリティなど、メタバースを実現するために不可欠な分野を手がけています。

はじめに

メタバースは、現在の市場構造を破壊する技術トレンドのひとつになる可能性を秘めています。また、メタバースの構築に必要な新しい技術は、新プロジェクトや公開企業、あるいは個人投資家など、誰でもこのインターネットの次のステップに参加することができる機会を提供します。

メタバースに投資する理由とは?

メタバースは短期間で大規模な人気を獲得しています。FacebookのMetaへのブランド変更は、メタバースを一過性のトレンド以上のものとして確立させた可能性があります。仮想通貨プロジェクトとは別に、数多くの大企業がメタバースをインターネットの進化の次のフェーズとして認識しはじめています。

インターネットは、その歴史の中でWeb1、Web2、Web3という大きな変化を繰り返してきました。インターネット初期は、情報のみを表示できる静的なサイトが中心でした。現在のWeb2時代は、ユーザーにはソーシャルメディアプラットフォームやデータを変更したり独自のコンテンツをアップロードできるダイナミックなウェブサイトがあります。

現在、メタバースが実現する可能性のあるWeb3の出現が予想されています。Web3は、よりオープンかつ接続性の高いインテリジェントなウェブサイトとウェブアプリケーションで構成され、ユーザーはコンテンツ所有権とその制御をより強化することができるようになります。そのため、Web3は現在のWeb2の中央集権的な大企業が持つ力を弱める可能性もあります。

メタバースと同じく、まだWeb3は実際には存在していません。しかし、その本質的な技術はあります。例えば、ブロックチェーンや仮想通貨は、Web3に分散化とデジタル経済をもたらす可能性があります。

さらに、バーチャルリアリティ (VR) や拡張現実 (AR) は、Web3プラットフォームでのオンライン・ソーシャル・インタラクションを強化する可能性があります。同時に、人工知能 (AI) は、人間が作成したコンテンツと機械が読めるデータを結びつけることができるため、Web3上での言語処理 (カスタマーサービスボット等) を改善できる可能性があります。

メタバースでは、誰もがインターネットの次のフェーズに参加するチャンスがあります。例えば、新しいプロジェクトがメタバースのコンポーネントを構築し、インターネットが現在抱えている問題を解決することも可能です。さらに、資金的な制約が少ない企業であれば、重要な技術を構築したり、現在の商品やサービスがどのようにメタバースに貢献できるかを模索したりすることができます。個人投資家でもメタバース関連企業の株を購入することで、Web3に参加することができます。

大手企業によるメタバースの投資方法

上場企業では、メタバースが自社のニーズに合うかどうかを検討するために、メタバースを利用しています。例えば、Microsoftはメタバースにおけるバーチャルオフィスや労働環境に注目しており、Googleはデジタルと現実の世界をつなぐARソリューションを開発しています。同様に、Fortniteの制作会社であるEpic Gamesは、AR、VR、3Dコンテンツを自社のプラットフォームに接続することを計画しています。

これらの開発は、その背後に存在する企業が何を実現しようとしているのかについてのビジョンをユーザーに提供します。どの企業がメタバースで成功するかを知る方法はありませんが、ユーザーはその企業の株式を購入することができます — これはユーザーがメタバースのエコシステムに参加して、その進歩を支援する方法の1つです。

企業は、技術開発など経済の根本的な変化に対応しなければ、競争優位を失うリスクがあります。このような変化は、通常、新たな支配的企業を生み出し、かつての市場リーダーがその地位を失い、あるいは市場から消滅することもあります。

メタバースへの関心が高まっているのは、企業がいわゆる次の長期トレンドとして認識している結果かもしれません。長期トレンドとは、長期間にわたって発展し続ける業界の大きな変化のことで、代表的なものとして、パソコン、モバイル機器、eコマースなどがあります。したがって、企業は、未来に向けた軌道をサポートするためにメタバースへの関与が必要であると考える可能性があります。

上場企業がメタバースに参入する、あるいは支援する方法は様々です。当記事では、没入型ハードウェア、3D制作ソフトウェア、インタラクティブプラットフォーム、コネクティビティ、ブロックチェーン、半導体、セキュリティについて掘り下げます。

メタバース投資のさまざまなレイヤー

没入型ハードウェア

現在の一般消費者向けのサービスは、視覚と聴覚に限定されています。私たちが考える未来のメタバースハードウェアも、通常はVRヘッドセットしか組み込まれていません。しかし、没入型ハードウェアは、メタバースにタッチの次元をもたらす可能性があります。例えば、潜在的な触覚デバイスは、人々が仮想世界と物理的に接続できるようにする可能性があります。 

3D製作ソフト

現実の世界をできるだけ模倣したデジタル環境を作ることは、困難であり、時間がかかるものです。しかし、3Dカメラを使用することで、3D作成ソフトがこれらの問題を解決してくれるかもしれません。

開発者は、まず自然環境をフィルムに収め、その3次元空間データを関連するソフトウェアに供給します。そして、このソフトウェアが加工して、メタバースでユーザーが構築するベースとなる仮想の二重像を生成します。

インタラクティブ・プラットフォーム

Web2時代のオンラインショッピングは、インタラクティブなツールによって、ユーザーはショッピングカートに物を入れたり、画面上の正しい場所をクリックすることでリンクを介してページ間を移動したりすることができます。同様に、ユーザーがメタバースとやり取りするためのネイティブなインタラクティブなツールや場所も必要です。インタラクティブなプラットフォームは、これを現実のものとし、メタバースにおける活動を促進します。 

接続

インターネットの登場以来、高速接続は欠かせないものとなっています。また、メタバースでは、ユーザーがリアルタイムで仕事、交流、遊びを行うために、高速な接続が必要となります。また、スムーズな接続を実現するために、コンピューターには3Dレンダリングに必要な性能も求められます。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、メタバースの基礎的なレイヤーになる可能性があります。これにより、デジタル所有権証明、デジタル収集性、ガバナンスを分散的かつ透明性の高い方法で実現することができます。また、アクセシビリティと相互運用性を促進します。 

また、仮想通貨はブロックチェーン上に構築されており、ユーザーはメタバースで仕事や交流をしながら価値を振替することができます。メタバースのブロックチェーン応用としては、他に非代替性トークン (NFT) や分散型金融 (DeFi) などがあります。 

半導体

このように、メタバースではより高い演算能力が要求されるため、半導体技術の進歩が必要になってきます。さらに、メタバースでは保存すべきデータが大量に発生するため、半導体の改良が欠かせません。

セキュリティ

メタバースはユーザーから膨大な量のデータを収集しますが、その多くは匿名を好み、自分の身元や金銭などの機密データを悪意のある者の手に渡さないことを望んでいます。そのため、メタバースではサイバーセキュリティのソリューションが必要になります。

メタバースに出資している企業とは?

Unity Software

Unity Softwareは、現在制作されている3Dコンテンツの半分が同社のソフトウェア技術を使用している、3Dソフトウェアにおける業界のリーダーです。そのため、Unity Softwareがメタバースのコンテンツ制作に携わる可能性は十分にあります。

Shopify Inc

Shopifyは、世界最大級のEコマースプラットフォームです。現在、同社のソフトウェア商品は、オンライン小売業者向けに、決済、分析、注文の完了を支援するものです。そのため、メタバースにおける商取引関係を形成する可能性があります。Shopifyはすでにベータ版でNFTプラットフォームを提供しており、同社のストアフロントを使用してNFT販売を行うことができます。また、トークンゲートのコマース・プラットフォームを持ち、クライアントがファンとつながり、販売を促進するために利用することができます。

Meta Platforms Inc

Metaは、Facebookからのブランド変更以来、メタバースコンテンツ、ソフトウェア、AR・VRヘッドセットの開発に数十億ドルを投資してきました。

Match Group Inc

Match Groupは、TinderやHingeなどの人気デートアプリの親会社です。2021年に韓国のソーシャルディスカバリーおよび動画技術のリーディングカンパニーであるHyperconnect社を買収し、国境や言語の壁を越えて人々が新しいつながりに出会い、関与できるような新しいデジタルチャンネルを創出することを目的としています。

CrowdStrike Holdings

CrowdStrike Holdingsは、侵害を阻止するためのクラウド配信による保護を提供するサイバーセキュリティ技術企業であり、メタバースのサイバーセキュリティニーズに応えることができます。

まとめ

メタバースは、まだ実際に存在していないにもかかわらず、すでに多くの企業から投資を集めているテクノロジー業界のホットな話題です。Web3は、中央集権的なWeb2の巨大企業から個々の人々へパワーをシフトする可能性があり、新しいプロジェクトや公開企業、さらには個人投資家が、その重要なインフラに投資する可能性があります。