Tezos (XTZ) とは?
目次
はじめに
Tezos (XTZ) とは?
Tezos (XTZ) の仕組み
Tezos (XTZ) が重要な理由
Tezos (XTZ) のガバナンス
Tezos (XTZ) の使用例
Tezos (XTZ) の保管方法
まとめ
Tezos (XTZ) とは?
ホーム記事
Tezos (XTZ) とは?

Tezos (XTZ) とは?

初心者
公開済 Jan 13, 2021更新済 Sep 23, 2022
5m

概要

Tezosは、ネットワークをアップグレードするための仕組みが組み込まれていることで、際立っているブロックチェーンプロジェクトです。Tezosブロックチェーンの変更は、一定量のTez(XTZ)所有者達によって行われたコード提案であり、同じように一定枚数のXTZ所有者によって投票されます。Tezosは自己修正的であるため、ネットワークのアップグレードはシームレスであり、ハードフォークは不要です。

はじめに

スマートコントラクトプラットフォームは、仮想通貨業界で最もプロジェクト数が多く、競争の激しい分野の1つを構成しています。空間が成熟するためには、現在の技術的な問題を解決することが重要ですが、ベースレイヤーとなるスマートコントラクトのインフラに対する高い需要を満たすためには、さまざまなアプローチがあります。

Tezosは、オーガニックな熱狂的なグローバルコミュニティの基盤となっているため、ブロックチェーン分野における著名なプレーヤーとして関心が高まっています。TezosのTez (XTZ) トークンは、分散型金融、アート、ゲームなどに従事するユーザーの成長するエコシステムで使用されています。


Tezos (XTZ) とは?

Tezosは、分散型アプリケーションとスマートコントラクトをサポートおよび実行するために構築されたブロックチェーンです。2014年に設計されたTezosメインネットは、2018年に稼働を開始し、Ethereumネットワークのライバルとしてこれまで順調な成功を収めてきました。

Tezosエコシステムは、Tezosブロックチェーンの認知度向上と普及を促進するイニシアチブを担当する非営利のスイスの団体であるTezos財団を含む、世界中のいくつかの団体によってサポートされています。

Tezosは、2017年7月にInitial Coin Offering (ICO) を実施し、$2億3200万を調達しました。これは、ブロックチェーンプロジェクトの資金調達としては最大規模のものの1つです。2018年、Tezosメインネットは弱気市場の中で成功裏にローンチし、発展してきました。

  

Tezos (XTZ) の仕組み

Tezosのスマートコントラクトは、Tezos独自のMichelsonプログラミング言語を利用しており、通常はSmartPy、Ligo、またはMichelsonにコンパイルされるArchetypeなどの高水準言語を使用して書かれています。ネットワーク上でトランザクションを行うためには、ガスを使用し、そのガスはTezosの仮想通貨であるTez (XTZ) の手数料にコンバートされます。

Tezosは、Proof of Stake (PoS) のブロックチェーンです。技術的には、PoSの一種であるDelegated Proof of Stake (DPoS) を使用していますが、その実装はTezos独自のものとなっています。

6,000Tez以上を保持している参加者は、Tezosブロックチェーンに新しいブロックを作成、署名、公開し、他のベーカーによって作成されたブロックを承認する「ベーカー」と呼ばれるデリゲーターになることができます。また、トークン所有者が6,000Tezを持っていない場合、または必要なハードウェアを自分で設定したくない場合は、コインをベーカーにデリゲートすることができます。

 

Tezos (XTZ) が重要な理由

Tezosには、ブロックチェーン分野の他のスマートコントラクトプラットフォームとの重要な違いがいくつかあります。

Tezosのオンチェーンガバナンスと自己修正メカニズムは、ブロックチェーンのアップグレードに関するコンセンサスを作成すると同時に、ハードフォークを必要とせずにそれらを実現できるように設計されました。Bitcoinの有名なハードフォークであるBitcoin Cashで起こったことを考えてみてください。Tezosはこれらのシナリオを防止することを目的としています。
自己修正のため、Tezosは刻々と変化する規制や技術の状況に容易に適応することができます。Tezosはアップグレードを実装し、Ithaca 2プロトコルのアップグレード中に発生したコンセンサスメカニズムのような基本的なコンポーネントを置き換えることさえでき、大きな中断なしに続行できます。一方、Ethereum 2.0は、Ethereumにとって大きな飛躍であり、本質的に新しい独立したブロックチェーンをスピンアップする必要があります。

 

Tezos (XTZ) のガバナンス

Tezosのアップグレードは、オンチェーンガバナンスモデルを通じて実装されます。Tezosの変更は、オンチェーンガバナンスモデルに従っています。ブロックチェーンの変更は、コードのアップデートによって代表者が送信します。その後、ステークホルダーは、その変更を承認するか否かを投票で決定することができます。

このオンチェーンガバナンスモデルのおかげで、代表者がブロックチェーンへの変更案を承認すれば、いつでも大きなアップグレードが発生する可能性があります。これには、料金の修正やベーキングのプロセス、さらにはコンセンサスアルゴリズムのような基本的なものなどのシステム変更が含まれる可能性があります。その結果、システムをより良くするための変更や新しいルールを議論するコミュニティも盛んになっています。

たとえば、2022年4月、TezosはIthaca 2アップデートを実装し、Tezosコンセンサスアルゴリズムを、Cosmosプロトコルが先進的に取り組んでいるTendermintをモデル化したアルゴリズム「Tenderbake」に置き換えました。他にも、2020年11月、TezosはDelphiのアップデートによって、ガスの消量が約75%減少しました。これらのアップグレードは、Tezosブロックチェーン上のDeFi開発にとって重要であり、オンチェーンガバナンスが新しい方向に適応するためにどのように機敏であるかを示し、ブロックチェーン業界全体の優れたアイデアを統合することさえ可能にします。

 

 

Tezos (XTZ) の使用例

他のブロックチェーンネットワークと同様に、Tezosは最小限の信頼性で金融トランザクションを迅速に検証することができます。 

2019年9月、Gendarmerieのサイバー犯罪部門 (C3N) は、司法費用の検証にTezosを使用する最初の政府機関の1つとなりました。

また、Tezosは、不動産、美術品、宝石などの非流動性資産の所有権の振替にも使用できます。例えば、MountXという会社は、メキシコの不動産のトークン化にTezosを活用しています。

Tezos NFTエコシステムは特に人気があり、マンチェスター・ユナイテッド、ユービーアイソフト、レッドブル・レーシング、マクラーレンなどの主要ブランドが参入しています。

 

Tezos (XTZ) の保管方法

Tez、またはXTZコインは、Trust Walletなどの多くのソフトウェアウォレットを含むウォレットを使用して、保管することが可能です。

XTZは、第三者のソフトウェアを使用して、ハードウェアウォレットであるLedgerまたはTrezorに保存することもできます。

XTZトークンのステーキングに興味のある方は、Binance Earnの「Locked Staking product」をご覧ください。


まとめ

TezosはEthereumのようにネットワーク活動やDApp構築のラッシュが起きていませんが、それはこのブロックチェーンにメリットがないからではありません。

Tezosはアップグレードや投票に対する独自のアプローチにより、競合他社よりも機敏なプラットフォームとなっており、これが長期的には大きな利点となる可能性があります。

Tezosは、ネットワークの分散型の性質、エネルギー効率、ユーザーコントロールの重視を重視するクリエイティブなオーガニックのコミュニティを引き付けています。

Tezosは、政府と業界の顧客の両方にアピールできるその有用性と回復力を証明しています。